「中学受験」に関する記事一覧

中学受験、みんないくらかけている? 気がつけば「多額の請求が」とならないために

中学受験、みんないくらかけている? 気がつけば「多額の請求が」とならないために

 中学受験の実情をテーマ別に“のぞき見”するAERA with Kidsの連載「きょうこ先生と中学受験のぞき見!」。今回は、誰もが気になる「中学受験のお金事情」について。長年多

dot.

11/30

  • 安浪京子 矢萩邦彦

    安浪京子 矢萩邦彦

    不登校だった小5娘が中学受験を決意 「塾を変えたほうがいい?」と悩む母にプロの答えは?

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    11/28

  • 中学受験の「失敗」が怖い親にわかってほしい現実

     中学受験のダークサイドに堕ちないために、親は何を心がけるべきか? 中学受験を描いた、漫画『二月の勝者』の作者・高瀬志帆さんと、小説『翼の翼』の作者・朝比奈あすかさん、ノンフィクション『勇者

    東洋経済

    11/23

  • 中学受験の合格校は4~5年生で決まる?「ベネッセ中学受験塾」統括が明かす「3回訪れる受験校見直し期」

    ベネッセグループ初の中学受験塾「進学館ルータス」を率いる吉田努氏に「中学受験の本質」を聞く連載の最終回。中学受験はおよそ3年間という長い時間を親子で走り抜ける。もちろんずっと全力疾走できればよいが、時

    dot.

    11/23

  • 中学受験の低年齢化が物議をかもす中で「ベネッセ中学受験塾」統括があえて「小2の2月」を勧めるワケ

    ベネッセグループ初の中学受験塾「進学館ルータス」を率いる吉田努氏に「中学受験の本質」を聞く連載の第4弾。首都圏の中学受験が過熱する中で、小学1~2年生の低学年のうちから入塾させる家庭も増えている。その

    dot.

    11/16

  • 無料「灘受験ツアー」が子どもに与える怖い影響

     中学受験のダークサイドに堕ちないために、親は何を心がけるべきか? 中学受験を描いた、漫画『二月の勝者』の作者・高瀬志帆さんと、小説『翼の翼』の作者・朝比奈あすかさん、ノンフィクション『勇者

    東洋経済

    11/15

  • 安浪京子 矢萩邦彦

    安浪京子 矢萩邦彦

    中学受験間近なのに、夫婦の意見がバラバラ 「公立一貫校1本か、私立併願か」の選択、どうしたら?

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    11/14

この人と一緒に考える

  • 「ベネッセ中学受験塾」統括が「高学年の転塾はやめるべき」と指摘する意外な理由

    ベネッセグループ初の中学受験塾「進学館ルータス」を率いる吉田努氏に「中学受験の本質」を聞く連載の第3弾。関西中学受験界をリードしてきた吉田氏は、首都圏の第1志望合格は熾烈な戦いだからこそ、塾選びが肝心

    dot.

    11/9

  • 「美 少年」那須雄登&浮所飛貴が振り返る中学受験 「朝5時に起きて計算問題を解いていた」

     現役大学生でジャニーズJr.「美 少年」のメンバーの那須雄登さん(慶應義塾大学経済学部)と浮所飛貴さん(立教大学法学部)。中学受験に挑んだふたりに小学生時代の思い出を伺いました。現在発売中の「AER

    dot.

    11/8

  • 「ベネッセ中学受験塾」統括が明かす「合格できる塾」の見分け方 過去問の“原本”の数で入試分析力がわかる

    ベネッセグループ初の中学受験塾「進学館ルータス」を率いる吉田努氏に「中学受験の本質」を聞く連載の第2弾。関西中学受験界で圧倒的な実績を残した吉田氏は、今年、そのノウハウを武器に首都圏に進出した。そんな

    dot.

    11/2

  • 安浪京子 矢萩邦彦

    安浪京子 矢萩邦彦

    「中学受験間近なのに夫婦ともに忙しく勉強が見てあげられない」と悩む父に、受験のプロのアドバイスは?

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    10/31

  • 「ベネッセ中学受験塾」統括・吉田努氏はどうやって灘中合格者を激増させたのか 「馬渕教室改革」の真相

     ここ数年、激化の一途をたどる首都圏の中学受験。受験生の親による塾選びも熱を帯びているが、関西の中学受験塾「馬渕教室」を大躍進させた吉田努氏が、東京で「ベネッセ難関中学受験塾」を始動させたことが話題と

    dot.

    10/26

  • 「中学受験沼」にハマった48歳エリート会社員の悲劇 「偏差値35」から“御三家”狙う息子に何度も手を上げた

    「沼にはまる」という言葉がある。何らかの対象に夢中なることを意味するが、時には、沼にはまりすぎて、仕事や家庭がないがしろにされ、崩壊寸前までいく人もいる。ライターの沢木文さんはそんな人々を取材して11

    dot.

    10/25

この話題を考える

  • 公立出身の父親がハマった「中学受験沼」の末路 息子は不登校&退学になり妻との関係も冷め切った

    「沼にはまる」という言葉がある。何らかの対象に夢中なることを意味するが、時には、沼にはまりすぎて、仕事や家庭がないがしろにされ、崩壊寸前までいく人もいる。ライターの沢木文さんはそんな人々を取材して11

    dot.

    10/25

  • 「難関校進学塾」経営者が「サッカー代理人」になった理由 加熱する中学受験で“兼業”の相乗効果

    都内に4校を展開する進学塾「VAMOS」は、入塾テストがないにもかかわらず、毎年、多くの難関校に生徒が合格すると評判の塾だ。同塾の代表・富永雄輔氏は中学受験に関する著書も多くキャリア豊富な塾講師だが、

    dot.

    10/19

  • 名門女子校「桜蔭学園」隣で勃発したタワマン建設騒動 学校側は「盗撮やのぞき被害」を懸念

    「文教地区」として知られる東京・文京区本郷。この一角で、閑静な街並みを一変させるタワーマンションの建設計画が持ち上がり、近隣の学校や住民が困惑している。隣接しているのは“女子御三家&rdq

    dot.

    10/18

  • 安浪京子 矢萩邦彦

    安浪京子 矢萩邦彦

    「兄に憧れて中学受験を目指しているが、塾に行く前に具合が悪くなる」 悩む小4母に3人のプロの答えは?

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    10/17

  • 中学受験の「生きる力」を問う新タイプ入試、相性のいい学校を見つけて 知窓学舎塾長・矢萩邦彦さんが語る

     中学入試に向け、わが子と相性のいい学校を見つけるにはどうすればいいのか。知窓学舎塾長・矢萩邦彦さんが語った。AERA 2022年10月10-17日合併号の記事を紹介する。*  *  * 最近、いろい

    AERA

    10/16

  • 志望校に不合格でも「親が誇りに思ってくれる」確信が財産に 教育ジャーナリスト・おおたとしまささん

     中学入試に向け、親も子も気持ちの起伏が激しくなる今の時期、改めて受験する理由について考えることも大切だ。わが子が幸せになる中学受験とは何か。教育ジャーナリスト・おおたとしまささんが語った。AERA

    AERA

    10/15

1 2 3 4 5

カテゴリから探す