井荻稔

井荻稔

プロフィール

ライター。福岡県出身。大手新聞社で主にサツ回りとしてキャリアを積んだあと、主に週刊誌やネットメディアで記事を執筆。フィールドはカルチャーから政治まで広いがゆえに、逆に得意分野はなし。趣味は映画鑑賞と暴飲暴食。

井荻稔の記事一覧

松本人志の「とうとう出たね」が煽った性被害者への個人攻撃 同じケースで伊藤詩織氏は訴えて勝訴も
松本人志の「とうとう出たね」が煽った性被害者への個人攻撃 同じケースで伊藤詩織氏は訴えて勝訴も
22日、「週刊文春」で性加害疑惑を報じられたダウンタウンの松本人志は、発行元の文藝春秋に対して名誉棄損による損害賠償などを求めて提訴したと発表された。ここに至るまで、文春報道に関する松本の対応には批判も多く上がったが、最も悪手だったのは1月5日のXへの投稿だろう。
松本人志損害賠償週刊文春性加害
dot. 1/23
なぜ「味の素」論争は過熱してしまうのか かつて老舗高級和食店の料理人が残していた“納得の言葉”
なぜ「味の素」論争は過熱してしまうのか かつて老舗高級和食店の料理人が残していた“納得の言葉”
昨年、うま味調味料の「味の素」をめぐって、批判派と肯定派の議論が過熱する場面があった。
リュウジ味の素うま味調味料
dot. 1/11
「女将軍」と呼ばれる金正恩氏の娘・ジュエ氏 “後継者”とささやかれ今年はさらに表舞台に登場か
「女将軍」と呼ばれる金正恩氏の娘・ジュエ氏 “後継者”とささやかれ今年はさらに表舞台に登場か
2024年は「女将軍」が一層の注目を集める年になりそうだ。
金正恩キム・ジュエ北朝鮮
dot. 1/6
【2024年の政局】自民党内の“岸田おろし”の命運を握るのは「安倍チルドレン」の下剋上
【2024年の政局】自民党内の“岸田おろし”の命運を握るのは「安倍チルドレン」の下剋上
12月13日、臨時国会が閉会したことにともない、岸田文雄首相は官邸で記者会見を行った。その際、記者が内閣総辞職の可能性と2024年秋に行われる自民党総裁選に立候補する可能性について問うたが、岸田首相は「今はそうした先のことを考えている余裕はないと思っています」とかわした。
安倍晋三岸田文雄安倍チルドレン
dot. 1/3
【2023年10月に読まれた記事③】世界中があきれた「サッカー北朝鮮代表」の蛮行 なぜ選手は日本代表の「ドリンク強奪」までしたのか
【2023年10月に読まれた記事③】世界中があきれた「サッカー北朝鮮代表」の蛮行 なぜ選手は日本代表の「ドリンク強奪」までしたのか
まもなく暮れる2023年を、AERA dot.で読まれた記事で振り返ります。10月は、将棋の藤井聡太氏が「八冠」を達成。大リーグの大谷翔平選手は、アジア人として初の本塁打王に輝きました。また、イスラエルではハマスが奇襲攻撃、現在も戦闘は続いています。AERA dot.では、中国で開催されたサッカー・アジア大会での北朝鮮選手たちによる「ラフプレー」と、その背景を伝える記事「世界中があきれた『サッカー北朝鮮代表』の蛮行 なぜ選手は日本代表の『ドリンク強奪』までしたのか」が読まれました(肩書や年齢等は配信時のまま)。
北朝鮮サッカーアジア大会2023年に読まれた記事
dot. 12/29
安倍派はなぜ「裏金作り」に全力を注いだのか 安倍一強政治の“おごり”が生んだ不幸な結末
安倍派はなぜ「裏金作り」に全力を注いだのか 安倍一強政治の“おごり”が生んだ不幸な結末
12月12日、朝日新聞の朝刊一面に「安倍派裏金5億円か所属議員大半に還流派閥側の立件、不可避」との見出しが踊った。5億円もの裏金づくりを行っていたとされる「安倍派」に対して国民の反発は一層強くなり、安倍派出身の閣僚は全員が辞任する事態になった。なぜ安倍派だけが突出して金額が大きく、ここまで“裏金づくり”に熱心だったのか。自民党本部元職員で政治アナリストの伊藤惇夫氏らの指摘を基に分析した。
安倍晋三安倍派裏金パーティー券
dot. 12/16
なぜ東京地検特捜部は「政治家」にメスを入れ始めたのか 元検事は「安倍氏の辞任と無関係とは言えない」
なぜ東京地検特捜部は「政治家」にメスを入れ始めたのか 元検事は「安倍氏の辞任と無関係とは言えない」
自民党5派閥の政治団体が資金集めのパーティー収入計約4千万円を政治資金収支報告書に記載していなかった問題は、政治家の「裏金づくり」の温床として疑獄事件になりつつある。
東京地検特捜部政治資金パーティー安倍派
dot. 12/9
日大「アメフト部」廃部は「澤田副学長」だけの責任なのか 巨大私学にいまだ巣くう“不祥事”の温床
日大「アメフト部」廃部は「澤田副学長」だけの責任なのか 巨大私学にいまだ巣くう“不祥事”の温床
1940年の創部以来、「フェニックス(不死鳥)」の愛称で全国に名をとどろかせた名門・日本大学アメリカンフットボール部の廃部が決定した。11月29日、日刊スポーツ電子版が未明に「日大アメフト部廃部決定」との一報を出すと、大手メディアも続々と「廃部へ」という記事を配信した。
日大澤田康広日大アメフト部
dot. 12/1
ついに「いじめ件数」が刑法犯を超える異常事態に 「宝塚」事件でも露呈した“いじめた側”への配慮
ついに「いじめ件数」が刑法犯を超える異常事態に 「宝塚」事件でも露呈した“いじめた側”への配慮
公表されたのは、衝撃的な数字だった。文部科学省は10月4日、「令和4年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果の概要(いじめ関連部分抜粋版)」を公開した。
宝塚歌劇団いじめ
dot. 11/26
木目田氏と澤田氏「2人のヤメ検」はなぜ危機管理に失敗したのか 木目田氏を知る弁護士が見た“弱点”
木目田氏と澤田氏「2人のヤメ検」はなぜ危機管理に失敗したのか 木目田氏を知る弁護士が見た“弱点”
2023年も残るところ、あと2カ月強。今年の不祥事を振り返ると、危機管理に最も失敗したケースとして、日本大学とジャニーズ事務所(現・SMILE-UP.)の名前が挙がるのは必然だろう。
澤田康広木目田裕ヤメ検ジャニーズ事務所日大
dot. 10/23
1 2
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
カテゴリから探す
ニュース
ぐんま国際アカデミーでの小中高12年間で身につけられる1+10  のチカラ 卒業生の声も紹介
ぐんま国際アカデミーでの小中高12年間で身につけられる1+10 のチカラ 卒業生の声も紹介
1時間前
教育
徳田拳士四段「長所はそこそこ、顔がいいところです」 「北斗の拳」の主人公にちなんで父がつけた名前
徳田拳士四段「長所はそこそこ、顔がいいところです」 「北斗の拳」の主人公にちなんで父がつけた名前
徳田拳士
AERA 1時間前
エンタメ
〈上田と女が吠える夜きょう出演〉「24時間マラソン」完走した中高年の星「ヒロミ」 復帰10年目で得た大称賛
〈上田と女が吠える夜きょう出演〉「24時間マラソン」完走した中高年の星「ヒロミ」 復帰10年目で得た大称賛
ヒロミ
dot. 14時間前
スポーツ
国内でも若手が台頭 瀬戸大也、パリへの切符も“盤石”ではない 「五輪の借り」は返せるのか
国内でも若手が台頭 瀬戸大也、パリへの切符も“盤石”ではない 「五輪の借り」は返せるのか
瀬戸大也
dot. 18時間前
ヘルス
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」
いい病院
dot. 19時間前
ビジネス
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均株価
dot. 2/25