大谷百合絵

大谷百合絵

プロフィール

1995年、東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。朝日新聞水戸総局で記者のキャリアをスタートした後、「週刊朝日」や「AERA dot.」編集部へ。“雑食系”記者として、身のまわりの「なぜ?」を追いかける。AERA dot.ポッドキャストのMC担当。
著者関連サイト

大谷百合絵の記事一覧

〈先週に読まれた記事ピックアップ〉元NHKアナ「神田愛花」がブレーク後に仕事を減らしたワケ 「安らぎである家庭がイライラする場所になってしまった」
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉元NHKアナ「神田愛花」がブレーク後に仕事を減らしたワケ 「安らぎである家庭がイライラする場所になってしまった」
先週に多く読まれた記事の「見逃し配信」です。ぜひ御覧ください(この記事は「AERA dot.」で2024年7月15日に配信した内容の再配信です。肩書や情報などは当時のまま)。
神田愛花
dot. 18時間前
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
先週に多く読まれた記事の「見逃し配信」です。ぜひ御覧ください(この記事は「AERA dot.」で2024年7月14日に配信した内容の再配信です。肩書や情報などは当時のまま)。
石丸伸二
dot. 7/24
筋ジストロフィー、末期がん、ALS…パートナーが難病でも「結婚」に踏み切った3組の夫婦から考える“幸せのカタチ”
筋ジストロフィー、末期がん、ALS…パートナーが難病でも「結婚」に踏み切った3組の夫婦から考える“幸せのカタチ”
日本人の生涯未婚率が増加の一途をたどるなか、「結婚に興味がない」「事実婚でよい」と、婚姻制度への疑問を持つ人たちは増えている。一方で、パートナーが難病を患っていたり余命宣告を受けたりと、大きな困難を前にしても、あえて籍を入れることを選ぶカップルもいる。病と向き合う3組の夫婦の姿から、結婚することの意義を考えてみる。
がん難病筋ジストロフィー乳がんALS
dot. 7/23
「パパは必ず、元気で、ここに帰る」妻殺害の罪でまたも有罪判決の講談社「モーニング」元次長 泣きじゃくる子らに
「パパは必ず、元気で、ここに帰る」妻殺害の罪でまたも有罪判決の講談社「モーニング」元次長 泣きじゃくる子らに
妻を殺害した容疑で2017年1月に逮捕された、講談社の漫画誌「モーニング」元編集次長(現在は退職)の朴鐘顕(パクチョンヒョン)被告(48)は、一貫して無実を訴えてきた。『GTO』などのヒット作を手がけた敏腕編集者で4児の父でもある朴被告は、キャリアも家族も捨てる覚悟で、妻・佳菜子さん(当時38歳)を手にかけたのか。事件の真相に注目が集まる中、裁判は一審・二審で有罪判決が下ったのち、最高裁が「審理が十分に尽くされていない」と東京高裁に差し戻す異例の展開に。そして今月18日。差し戻し控訴審が下した結論は、再びの「有罪」だった。
朴鐘顕差し戻し講談社
dot. 7/21
「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」〈ニュースふり返り〉
「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」〈ニュースふり返り〉
都知事選で二位に躍進した石丸伸二氏。注目の記事をふり返る。(この記事は「AERA dot.」が2024年7月14日に配信した記事の再掲です。年齢、肩書は当時のもの)。
石丸伸二
dot. 7/20
元NHKアナ「神田愛花」がブレーク後に仕事を減らしたワケ 「安らぎである家庭がイライラする場所になってしまった」
元NHKアナ「神田愛花」がブレーク後に仕事を減らしたワケ 「安らぎである家庭がイライラする場所になってしまった」
元NHKアナウンサーの神田愛花さん(44)は、ニホンモニターが発表した「2023ブレイクタレント」ランキングで1位を獲得し、今やバラエティー番組を中心に飛ぶ鳥を落とす勢いの人気タレントになった。しかし、最近ではあえて「仕事のペースを落とした」という。今まであまり語ってこなかった理想の“妻像”や、人気が出るにしたがって増えた「アンチ」との向き合い方などを、本人が赤裸々に語った。
神田愛花
dot. 7/15
バラエティーの新女王「神田愛花」がとらわれていた“怒り”とは? 「ほかのアナウンサーへの嫉妬があった」
バラエティーの新女王「神田愛花」がとらわれていた“怒り”とは? 「ほかのアナウンサーへの嫉妬があった」
元NHKアナウンサーながら、その独特な視点や珍回答でバラエティー番組を席巻しているタレントの神田愛花さん(44)。7月8日にエッセー本『王道っていう道、どこに通ってますか?』(講談社)を出版した。フリー転身後も順風満帆にみえるが、実は、元NHKアナというイメージを打ち破り、一気に“バラエティー界の新女王”に上りつめるまでには、かなりの苦難と葛藤があったという。ブレークした今でも「私にバラエティーの仕事は向いていない」と断言する神田さんが見つけた、芸能界での“生き残り策”とは――。
神田愛花
dot. 7/15
「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
今最も注目されている“政治家”といえば、東京都知事選で得票数2位となった石丸伸二氏(41)だろう。動画やSNSを駆使した巧みな選挙戦を展開し、特に20~30代の若者世代から支持を集めた。だが、選挙後に出演したテレビ番組ではコメンテーターからの質問にまともに取り合わなかったり、高圧的な態度を取ったりしたことで評価が一変。SNSでは「まるでパワハラ上司みたい」という声も多く上がった。そんな石丸氏の姿を間近で見ていたのが、広島県の安芸高田市議たちだ。同市長だった石丸氏は意見が対立する市議を議会で追い込み、その様子が“切り抜き動画”としてネット上で拡散。市政が大混乱しただけでなく、市議たちは全国から激しい誹謗中傷を受けることになった。現役の市議が明かす石丸氏の“素顔”とは――。
石丸伸二
dot. 7/14
〈2024年上半期ランキング 社会編1位〉がれきの下に消えた夫との夢 輪島塗の作品を置ける交流の場を…「ここに翔ちゃんが埋まってたんです」
〈2024年上半期ランキング 社会編1位〉がれきの下に消えた夫との夢 輪島塗の作品を置ける交流の場を…「ここに翔ちゃんが埋まってたんです」
早いもので、2024年も折り返しです。1月~6月にAERA dot.に掲載され、特に多く読まれた記事をジャンル別に、ランキング形式で紹介します。社会関係の記事の1位は「がれきの下に消えた夫との夢 輪島塗の作品を置ける交流の場を…『ここに翔ちゃんが埋まってたんです』」でした(この記事は1月13日に掲載したものの再配信です。年齢や肩書などは当時のもの)。
能登半島地震輪島2024年上半期ランキング
dot. 7/12
〈2024年上半期ランキング 社会編4位〉『セクシー田中さん』“改変”問題に漫画協会理事長「里中満智子氏」が緊急提言 「脅してくるような人にだまされないで」
〈2024年上半期ランキング 社会編4位〉『セクシー田中さん』“改変”問題に漫画協会理事長「里中満智子氏」が緊急提言 「脅してくるような人にだまされないで」
早いもので、2024年も折り返しです。1月~6月にAERA dot.に掲載され、特に多く読まれた記事をジャンル別に、ランキング形式で紹介します。社会関係の記事の4位は「『セクシー田中さん』“改変”問題に漫画協会理事長『里中満智子氏』が緊急提言 『脅してくるような人にだまされないで』」でした(この記事は2月3日に掲載したものの再配信です。年齢や肩書などは当時のもの)。
芦原妃名子セクシー田中さん里中満智子2024年上半期ランキング
dot. 7/9
1 2 3 4 5
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
カテゴリから探す
ニュース
木っ端みじんに論破する「石丸伸二的なもの」が「政治の顔」になった理由 北原みのり
木っ端みじんに論破する「石丸伸二的なもの」が「政治の顔」になった理由 北原みのり
dot. 10時間前
教育
「出張先で感じた、ここにしかないものと、そばにあるもの」ジェーン・スー
「出張先で感じた、ここにしかないものと、そばにあるもの」ジェーン・スー
ジェーン・スー
AERA 8時間前
エンタメ
〈スカイキャッスル初回きょう〉“闇金”演じる高橋メアリージュン「借金取りにトラウマあった」 貧しい幼少期や病気を明かした理由
〈スカイキャッスル初回きょう〉“闇金”演じる高橋メアリージュン「借金取りにトラウマあった」 貧しい幼少期や病気を明かした理由
高橋メアリージュン
dot. 6時間前
スポーツ
ロッテの“苦労人”がヤクルトで開花 「もっと嫌われたい」苦戦のブルペン陣支える山本大貴が目指すもの
ロッテの“苦労人”がヤクルトで開花 「もっと嫌われたい」苦戦のブルペン陣支える山本大貴が目指すもの
プロ野球
dot. 9時間前
ヘルス
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリオリンピック
dot. 7/24
ビジネス
年4回、分配金くれる投資信託の盲点「SBIアセットさん、それタコ配では?」に社長正答【新NISAで人気】
年4回、分配金くれる投資信託の盲点「SBIアセットさん、それタコ配では?」に社長正答【新NISAで人気】
AERA Money
AERA 10時間前