「食」に関する記事一覧

朝が苦手な子どもに「バナナ」が最強の朝食になる理由 健康で賢い子が育つ7つの「食の工夫」とは

朝が苦手な子どもに「バナナ」が最強の朝食になる理由 健康で賢い子が育つ7つの「食の工夫」とは

 子どもが健康でいられて脳にいい食事とは? ちょっとした心がけで効果のある方法を精神科医の樺沢紫苑先生に聞きました。発売中の「AERA with Kids2022春号」(朝日新聞出版)から一部抜粋して

dot.

5/6

  • 黒柳徹子さんもビーフシチュー完食! 78歳料理研究家村上祥子さんのコロナ疲れに効く“レンチン1回”レシピ

     コロナ禍の外出自粛で三度三度の炊事にも疲れた……という方も多いはず。新しい生活様式でも自宅で過ごす時間は長くなりそうなので、電子レンジを使って、しかも「レンチン1回」で完

    dot.

    6/6

  • 食べていても“隠れ栄養失調”かも! 食事メニュー、外見の特徴は?

     新型コロナウイルスによる外出自粛要請の影響で、外に出ない生活が続いている人も多い。体を動かす機会も減り、偏った食事をしていないだろうか? そんな人は「隠れ栄養失調」に陥る可能性がある。栄養失調には見

    週刊朝日

    5/14

  • 丸山ゴンザレス

    丸山ゴンザレス

    オバマ来店!丸山ゴンザレスが危険地帯の“超カロリー料理”を食べてみた

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■こんな組み合わせ、アリなの!? アメリカ・ロサンゼルス在

    dot.

    3/26

  • 「宅飲み」YouTuberおっくん 吉本興業の芸人からYouTuberに転身したワケ

     差し出された器には、何やら見覚えのある料理が盛られている。一つまみいただくと、口の中にごま油とにんにくの香りが広がる。もやしのシャキシャキとした食感もまた良い。毎日のように晩酌する酒好き記者(26)

    dot.

    2/22

  • 年末年始の救急搬送は普段の10倍以上!?「なぜ、もちやお酒の死亡事故は無くならないのか」

     令和2年がスタートした。皆さん、どんな新年を迎えているのだろうか。 お正月に決まってニュースになる、高齢者がもちを詰まらせて死亡する事故。もちのほかにも、年末年始は救急搬送が増加するという。「それは

    dot.

    1/1

  • AIが選んだ2019年ラーメン店ランキング 評論家は「1位に驚いた」

     本当にうまいラーメンはどの店か。AI(人工知能)を使って集計した『AIが選ぶ本当に美味しいラーメン百名店 in 東京 2019』を、現役東大生らで構成されたベンチャー企業、株式会社TDAI Labが

    dot.

    11/30

この人と一緒に考える

  • 体によい「食」の通説17 エビデンスレベルを徹底解説!

     がんや病気に効くという食のウワサは枚挙にいとまがない。海外で活躍する医師がエビデンスレベルを判定した。AERA 2019年9月23日号から。*  *  * 医食同源という。◯◯はがん予防になる、◯◯

    AERA

    9/23

  • “さびない”“老けない”最強の食べ合わせは「アボカド&赤ピーマン」

     栄養学博士の白鳥早奈英さんは1982年に、栄養学的な視点からの「食べ合わせ」を提唱した。それから37年、クリニックや国内外のスクール、講演会で栄養指導を行ってきた。著書は100冊を超える。「きっかけ

    週刊朝日

    9/7

  • “体が若返る”食事 肉好きな人に「ナス&牛肉」がおすすめのワケ

     人間関係と同じように、食べものにも「良い相性」があり、一緒にとると、本来持っている力が「パワーアップ」するものがある。できるだけ無駄なく、効率よく栄養をとりたい。食の専門家によれば、食材の組み合わせ

    週刊朝日

    9/7

  • つくねや肝も「塩」 松尾貴史が20代から通う焼き鳥店

     著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、俳優・松尾貴史さんの「文ちゃん」の「焼き鳥」だ。*  *  * 神楽坂は昔から、好きですね。食いしん坊の大人たちが集まる

    週刊朝日

    3/22

  • 子どもが好きな「ごはんの友」1位は? 臭くて意外なアレ!

     実りの秋、おいしい新米の季節がやってきた! 小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」11月号は、米を通して日本文化と歴史や地理、農業について学べる内容になっています。今号の特集「お米を食べて考え

    AERA

    10/18

  • 「秋バテ」で冷えた腸をあたためる! 一切水を加えない「玉ねぎひたすら炒め」

     暑かったり寒かったりするこの時期。寒暖差の繰り返しで『秋バテ』を起こし、腸が冷えている人も多くいます。そのまま冬に突入してしまうと、免疫力が低下してインフルエンザにかかることもあり、季節の変わり目の

    dot.

    9/30

この話題を考える

  • 腸をあたためて「秋バテ」解消! 想像以上に黒いごま和えで免疫力アップ

     暑かったり寒かったりするこの時期。寒暖差の繰り返しで『秋バテ』を起こし、腸が冷えている人も多くいます。そのまま冬に突入してしまうと、免疫力が低下してインフルエンザにかかることもあり、季節の変わり目の

    dot.

    9/29

  • 昆虫食ブームは本物?!居酒屋で美女が激白「セミの幼虫は高級ナッツのような味」

     現在76億人の世界の人口は、2050年には100億人に迫る勢いで急増中だ。人口爆発による食糧危機を救う手段として、国連食糧農業機関(FAO)が推奨しているのが、昆虫食だ。世界各地で貴重なタンパク源と

    週刊朝日

    9/2

  • 「納豆キーマカレー」「絶品!油そば」 ツイッターで大人気リュウジの夏休み向け爆速レシピ5選

     今年も夏休みが始まって早2週間。ツイッターでは「#主婦らの夏休み戦争」というタグに宿題や遊びなど子どもと過ごすための知恵が集結している。中でも、給食という砦を失った親子の昼食は大問題だ。毎日外食する

    dot.

    8/4

  • 帯津良一

    帯津良一

    1日3食は必要なし 江戸時代にもあった「糖質制限」のすすめ

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす

    週刊朝日

    11/11

  • 戦時中の家庭にパン焼き器!? 驚きの仕組み

     ロングラン上映中のアニメーション映画「この世界の片隅に」は、監督の片渕須直さんが「昭和のくらし博物館」の館長で、『くらしの昭和史 昭和のくらし博物館から』の著者でもある小泉和子さんの講座に通って作り

    dot.

    8/14

  • 本当に夏バテ? もしかすると「亜鉛欠乏」かも…精子減少も

     このところの酷暑で、体がバテバテという人も多いのではないだろうか。だが、単なる夏バテだと思っていたら、実は「亜鉛欠乏」の可能性も。特に夏は汗で亜鉛が失われやすいので注意が必要だ。“あの食材”をプラス

    週刊朝日

    7/25

1 2 3 4 5

カテゴリから探す