「新型コロナウイルス」に関する記事一覧

突然、全校生徒の1/3がインフルに なぜ9月に流行?「驚くほどの感染力」で体育祭も中止 
突然、全校生徒の1/3がインフルに なぜ9月に流行?「驚くほどの感染力」で体育祭も中止 

例年なら11~12月ごろから感染が広がるインフルエンザ。しかし、今年はまだ残暑の厳しい9月から、学校を中心に感染者が急激に増えている。しかも、小中学生よりも免疫が高いと見られる高校生の間でも流行。愛知県では高校の休校が相次ぎ、それは文化祭や体育祭の直後に起きていた。専門家によると、コロナ禍の間にインフルの流行がなかったことで、免疫が低下していることが原因と見られるという。

dot.
コロナ禍の球児は今「あの夏を取り戻せ」クラウドファンディングで資金を募る
コロナ禍の球児は今「あの夏を取り戻せ」クラウドファンディングで資金を募る
3年前の2020年夏、新型コロナウイルスの流行で選手権大会は中止となり、当時の3年生は夢や目標を絶たれた。今なおもがき前を向こうとする者、次の舞台へと舵を切った者。コロナ以前の夏に戻りつつある今、そんな彼らの声に耳を傾けたい。「甲子園2023」(AERA増刊)の記事を紹介する。
高校野球コロナ禍新型コロナウイルスクラウドファンディング
AERA 8/19
【独自】神奈川県に突然出現したデルタ株は「間違いだった」 なぜシステムエラーで“変異”した?
吉崎洋夫 吉崎洋夫
【独自】神奈川県に突然出現したデルタ株は「間違いだった」 なぜシステムエラーで“変異”した?
新型コロナウイルスの第5波で猛威を振るい、現在の主流であるオミクロン株よりも重症化しやすいとされる「デルタ株」が、神奈川県で検出されたーー。そんな情報が9日、SNS上に流れ、医師や専門家らの間でも「今後の感染の状況を注視するべき」と懸念の声が広がった。しかし、この情報を公開した研究機関は「間違いだった」と削除。本来はオミクロン株のはずが、なぜかデルタ株に「変異」するシステムエラーが起きていたことが、編集部の取材でわかった。いったい何が起きていたのか。
新型コロナウイルス
dot. 7/11
コロナワクチン後遺症、40代女性の受診が最多 欧米人体重基準の投与量や女性ホルモンの影響か
渡辺豪 渡辺豪
コロナワクチン後遺症、40代女性の受診が最多 欧米人体重基準の投与量や女性ホルモンの影響か
新型コロナワクチン接種後の副反応に関する厚生労働省の調査結果が公表された。「40代女性」の受診が最多だった理由や、留意すべき点とは。AERA 2023年6月12日号より紹介する。
新型コロナウイルス
AERA 6/7
春節に3億800万人が国内旅行 経済回復急ぐ中国、停止していた日本人のビザ発給も再開
春節に3億800万人が国内旅行 経済回復急ぐ中国、停止していた日本人のビザ発給も再開
ゼロコロナ政策を唐突に転換し、移動制限や隔離措置を大幅に緩めた中国。地方の医療体制や中国製ワクチンの有用性の問題など、備えを欠いたウィズコロナ社会移行の影響は。AERA2023年2月13日号の記事を紹介する。
新型コロナウイルス
AERA 2/9
コロナ禍で増えた“マスク頭痛” 対策は「節度ある行動の上で」マスクを外すこと
コロナ禍で増えた“マスク頭痛” 対策は「節度ある行動の上で」マスクを外すこと
コロナ禍になって3年、マスクを外すことに違和感を持つようになった人も多いだろう。そんな中、マスクの着用によって頭痛が悪化した人が増えてきている。AERA 2023年2月13日号の記事を紹介する。
新型コロナウイルス
AERA 2/8
自宅でのコロナ死者カウントせず火葬場はフル稼働 “ゼロコロナ後”中国の実態
自宅でのコロナ死者カウントせず火葬場はフル稼働 “ゼロコロナ後”中国の実態
中国では新型コロナウイルスを封じ込めるゼロコロナ政策の幕引き後、感染者が爆発的に増えた。一方で徹底的な検査や隔離がなくなり、市民の日常生活の回復が進んでいる。AERA2023年2月13日号の記事を紹介する。
新型コロナウイルス
AERA 2/7
「呼吸追いつかずぶっ倒れるきつさ」でもマスクは外さない 「マスクはもはや顔の一部」と専門家
「呼吸追いつかずぶっ倒れるきつさ」でもマスクは外さない 「マスクはもはや顔の一部」と専門家
政府は、5月8日に新型コロナを5類感染症に引き下げると発表した。マスク着用は「個人の判断に委ねる」方針。外す、外さない、あなたはどうする? AERA 2023年2月13日号の記事を紹介する。
新型コロナウイルス
AERA 2/7
国内コロナ BA5の次はBA.2.75かXBBか 米国で流行する「XBB.1.5」の懸念 
国内コロナ BA5の次はBA.2.75かXBBか 米国で流行する「XBB.1.5」の懸念 
新たなオミクロン株の亜系統が次々と出現するなか、どの亜系統が主流になるか注目されている。中でも「XBB.1.5」は、米国を中心に主流の亜系統になりつつある。どんな性質を持っているのか。AERA 2023年1月30日号から。
新型コロナウイルス
AERA 1/26
マスクなんてうんざり 「コロナ疲れ」の米国でマスク復活はクリスマス前の一時期のみ
マスクなんてうんざり 「コロナ疲れ」の米国でマスク復活はクリスマス前の一時期のみ
米国でマスク姿の人は少ないが、新型コロナウイルスの流行が終わったわけではない。医療体制は逼迫し、閉店したままの店舗も。コロナに疲れ切った人が少なくない。AERA 2023年1月30日号の記事を紹介する。
新型コロナウイルス
AERA 1/24
ワクチン接種妨害を正当化する陰謀論の恐ろしさ 「神真都Q会」の正体を探る
ワクチン接種妨害を正当化する陰謀論の恐ろしさ 「神真都Q会」の正体を探る
陰謀論が世界にはびこっている。私たちの足元を、民主主義を揺さぶる。社会をむしばみ、刑事事件にまで発展する。誰が、なぜ。長期間にわたり、日米で取材を重ねた。AERA 2023年1月16日号の記事を紹介する。
Qアノン新型コロナウイルス
AERA 1/12
中国「ゼロコロナ」政策転換後の混乱と恐怖 市民は感染者がいることが日常になった
中国「ゼロコロナ」政策転換後の混乱と恐怖 市民は感染者がいることが日常になった
中国の厳しすぎる新型コロナウイルス対策が今月、大幅に緩められた。極端な変化によって、市民はウィズコロナの世界に放り出された状態だ。2022年12月26日号の記事を紹介する。
新型コロナウイルス
AERA 12/20
都医師会会長「『5類相当』という新たな選択肢を」 コロナ分類見直しですべきこと
都医師会会長「『5類相当』という新たな選択肢を」 コロナ分類見直しですべきこと
政府は新型コロナの感染症法上の位置づけを見直し、「2類相当」から「5類」への引き下げを検討している。分類の変更についてどう考えるのか。東京都医師会・尾崎治夫会長に意見をうかがった。2022年12月19日号から。
新型コロナウイルス
AERA 12/14
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
都医師会会長に聞いた年末のコロナ対策 ワクチン接種と検査キットの活用法
都医師会会長に聞いた年末のコロナ対策 ワクチン接種と検査キットの活用法
年明けに新型コロナウイルスの感染者が増えるという予測がある。忘年会や冬休み、帰省などのある年末、どう対策したらいいのか。東京都医師会・尾崎治夫会長に聞いた。2022年12月19日号から。
新型コロナウイルス
AERA 12/13
妊娠中に予防接種を避ける必要はない…赤ちゃんまで守られる可能性がある3つのワクチン
妊娠中に予防接種を避ける必要はない…赤ちゃんまで守られる可能性がある3つのワクチン
今年、新型コロナウイルス感染症によって軽症で済むと考えられていた子供の命が失われ、根絶間際と思われていたポリオがイギリスやアメリカで検出された。小児科医の森戸やすみさんは「ワクチンで子供を守ることが大切。しかも妊婦さんが接種すると、おなかの子にも抗体移行するものもある」という――。
新型コロナウイルス
プレジデントオンライン 12/9
軽症者も使える「ゾコーバ」 コロナ「後遺症」予防に役立つ可能性
軽症者も使える「ゾコーバ」 コロナ「後遺症」予防に役立つ可能性
重症化リスクの低い軽症の人に使える飲み薬「エンシトレルビル フマル酸(販売名・ゾコーバ)」が緊急承認された。日本の製薬企業が開発した初の新型コロナウイルス感染症治療薬だ。一方で、効果や必要性については疑問の声も上がる。 2022年12月12日号から。
新型コロナウイルス
AERA 12/7
症状の改善1日早める新型コロナ薬「ゾコーバ」 緊急承認の背景
症状の改善1日早める新型コロナ薬「ゾコーバ」 緊急承認の背景
新型コロナウイルスの「第8波」が迫るなか、塩野義製薬が開発した感染症の経口薬「ゾコーバ」が緊急承認された。国産初の治療薬として期待がかかるが、どんな人が処方の対象になり、どのような効果があるのか。2022年12月12日号の記事を紹介する。
新型コロナウイルス
AERA 12/6
オミクロン亜系統と「再感染」を警戒すべき本当の理由 重症化・後遺症リスクの捉え方
オミクロン亜系統と「再感染」を警戒すべき本当の理由 重症化・後遺症リスクの捉え方
オミクロン株の新しい亜系統が増え、再感染が懸念される。再感染により死亡や入院のリスクが高まる恐れのあることが米国の研究チームの分析でわかった。2022年12月5日号から。
新型コロナウイルス
AERA 11/29
「目を見て話せない」「なぜ今この勉強を…」 学生からの悲痛な声に大空幸星さんが考える”孤独”
「目を見て話せない」「なぜ今この勉強を…」 学生からの悲痛な声に大空幸星さんが考える”孤独”
<コロナ禍でのオンライン授業、引きこもり生活……最近、直接、人と会う機会があっても、全く目を見て話せない、言葉が上手く出てこなくなりました> <この生活がずっと続くなら、もう死んでしまいたいと思ってしまう自分がいます> <「なぜ今この勉強をしているのか、自分が本当にやりたいことはこれなんだろうか」と悩むようになり、勉強に対するやる気が衰退してしまった>
新型コロナウイルス
AERA 11/18
1 2 3 4 5
カテゴリから探す
ニュース
〈見逃し配信〉交通安全「ピカチュウ」ワッペンを巡る大誤解 「転売続出」でも保護者が知っておくべきこと
〈見逃し配信〉交通安全「ピカチュウ」ワッペンを巡る大誤解 「転売続出」でも保護者が知っておくべきこと
ピカチュウ
dot. 7時間前
教育
夏休み、小学生が“英語漬け”で過ごすのにぴったりな「地方のインターナショナルスクール」とは?
夏休み、小学生が“英語漬け”で過ごすのにぴったりな「地方のインターナショナルスクール」とは?
英語教育
AERA with Kids+ 4時間前
エンタメ
かわいすぎる48歳「内田有紀」 29年前の「とんがりビキニ」から“恐ろしいほど変わらない”魅力
かわいすぎる48歳「内田有紀」 29年前の「とんがりビキニ」から“恐ろしいほど変わらない”魅力
内田有紀
dot. 4時間前
スポーツ
佐々木朗希がシーズンオフでトレードされる可能性は「ある」 メジャー強行突破が許されない理由
佐々木朗希がシーズンオフでトレードされる可能性は「ある」 メジャー強行突破が許されない理由
佐々木朗希
dot. 1時間前
ヘルス
【股関節の痛み】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は船橋整形外科病院、2位は玉川病院
【股関節の痛み】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は船橋整形外科病院、2位は玉川病院
いい病院
dot. 6/16
ビジネス
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉新NISA「まとまったお金=100万円あっても積立投資がベストか」40年検証でわかった良い選択肢
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉新NISA「まとまったお金=100万円あっても積立投資がベストか」40年検証でわかった良い選択肢
AERA Money
AERA 8時間前