ランキング

  • 1

    眞子さまと小室圭さんは結婚後、皇居に足を踏み入れることはできるか “サーヤ”黒田清子さんご夫婦との違い

     秋篠宮家の長女、眞子さま(29)との結婚を控えた小室圭さん(30)は18日、秋篠宮邸がある東京都港区の赤坂御用地を訪れ、秋篠宮ご夫妻に結婚のあいさつをした。眞子さまは22日に天皇・皇后両陛下、25日に上皇・上皇后両陛下に結婚の報告をするという。皇室ジャーナリストの神田秀一氏にこれらの予定ついて、その意味を読み解いてもらった。  小室さんは18日午前8時前、横浜市内の自宅マンションからスーツ姿で出てきた。右手にはカバン、左手には白い紙袋2つを持っていた。   「秋篠宮家に持っていく手土産とご夫妻や宮内庁に見せるための書類などが入っていたのではないでしょうか。アメリカで用意した手土産かもしれませんが、どんな中身かはわかりません」   後頭部で縛っていたロン毛は短く整えられていた。  「小室さんは髪型でいろいろと騒がれましたし、秋篠宮家に正式な挨拶に行くのですから、きちんとした髪型にしたのでしょう。皇室であのような頭髪であいさつをする慣習はないんですよね。民間人が皇族に会うのですから、切らざるを得なかったのでしょう」    神田氏が着目したのは小室氏を出迎えた黒いワゴン車。午前9時15分ごろ、赤坂御用地の巽門(たつみもん)へと入って行った。  「車には、宮内庁発行の門鑑(もんかん)がステッカーとしてついていましたね。ということは宮内庁が、小室さんが秋篠宮ご夫婦に会いに行くことを認めたのです。アメリカから帰国し、結婚を進める上で、あいさつだけはしておかなければ、という小室さんの考えと、宮内庁の意見が一致したのでしょうね」    8日後に迫った結婚。秋篠宮ご夫妻は、2人の結婚を認めたのだろうか。  「憲法の規定により、日本人であれば両性の合意に基づく結婚そのものをダメだとは言えない。秋篠宮ご夫妻も宮内庁も政府も同じ考えです。しかし、結婚は認めるものの、その前に解決しなくてはいけないこと、あるいは報告を受けなければいけないことがいろいろあると思います。それは今のところ未解決のままなので、秋篠宮さまとしては『挨拶にはおいでになってもかまいません。聞くことは聞きましょう。いらっしゃるというのなら待っております』というスタンスで、そこまでは許したのだと思います」    眞子さまと小室さんは3年2カ月ぶりに再会した。  「私の得た情報では、小室さんが秋篠宮ご夫妻にあいさつしをして30分後くらいに、秋篠宮邸のどこか別室で眞子さまと小室さんが会うことを許してもらえたと聞いています。眞子さまの部屋かもしれませんね。佳子さまがいらっしゃったかもしれませんが、2人だけの可能性が高いと思います」   眞子さまは22日、皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下に結婚を報告し、25日には東京都港区の仙洞仮御所を訪れ、上皇陛下と美智子さまにも結婚を報告する予定だ。現時点でそれに小室さんが同席する予定はない。  「一般の結納にあたる『納采の儀』も行っていませんし、皇籍を離脱する際に支給されるはずの『一時金』も眞子さまは辞退なさった。小室家を巡る諸問題も解決されていないので、天皇・皇后両陛下は眞子さまからの結婚報告を受けても、『体に気をつけて、元気で』とか『健康でお幸せな日々をお祈り致します』とお伝えするのにとどまるのではないでしょうか。『おめでとう』とおっしゃることはできないと思いますよ」   眞子さまは26日に婚姻届を自治体に提出し、皇籍を離脱する予定。今後、皇室との距離はどうなるのだろうか。  「皇室としての結婚を許したわけではないけれども、2人の意思で一緒になるならば致し方ないということ。もう2度と皇居に足を踏み入れることが許されなくなる可能性はありますね。サーヤの愛称で親しまれた黒田清子(さやこ)さんも結婚して皇籍を離脱しましたが、お相手の黒田さん一家には何の問題もないし、清子さんは皇室とゆかりのある伊勢神宮の祭主を務めているので、皇籍離脱後も皇居を訪れています。けれども、眞子さまの場合は、黒田さんご夫婦と同じようにはならないでしょう」    26日に予定されている記者会見はどのようなものになるのだろうか。  「報道陣と宮内庁の係官が合わせて50人くらい集まるのではないかと聞きます。警備も、コロナ対策も万全なホテルというのは限られてきます。宮内記者会、雑誌協会、外国人記者クラブで合計3問くらいの質問ではないか。それ以上、質問の声を上げ続ける記者がいるかもしれませんが、『本日の会見は終了します』と打ち切るでしょう。政治家でも誰でも、長く話すとボロが出るものですから」   会見に先立ち提出される自治体への婚姻届けについて、神田氏は次のように推測する。  「秋篠宮家から命令を受けた職員が、小室夫妻になる2人の代理人として、自治体の戸籍係のところに持って行くというふうに聞いています」   会見後、 眞子さまは年内にも渡米し、ニューヨークで新生活を始めるとみられている。お2人の行く末は……。  「ヨーロッパの王室ではこのくらいのことはあるレベルのことのようですが、日本の皇室では前代未聞の事態で、眞子さまは離婚しても、もう皇族には戻れません。幸福になるか、不幸になるかはチャレンジしてみなければわからないですね。結果は誰にもわかりません」 (AERAdot.編集部 上田耕司』

    dot.

    10/18

  • 2

    小室圭さん帰国便同乗者が目撃した姿「彼はまるでエグゼクティブ」 自宅前では深々とお辞儀

    颯爽と歩きながら、小室圭さんがアメリカから帰国した。日本の地を踏むのは2018年8月に渡米して以来、3年2か月ぶりだ。  成田空港は多数の報道関係者が集まっており、ピリピリムード。報道陣に対して、カメラのフラッシュ禁止、声掛けも禁止といった規制が敷かれていた。報道関係者からは「どうして?」と不満の声も漏れていた。  午後3時20分過ぎ、成田空港に飛行機が到着。一般客が飛行機から降りたあと、小室さんが、報道陣の前に姿を現した。警護と思われる男性やキャビンアテンダント(CA)の女性などに囲まれていた。キャリーバックを転がしながら、白マスクに、濃紺のスーツ、ストライプの入ったシャツ、ノーネクタイといういで立ちで、髪の毛は後ろに縛っていた。  飛行機から出てきた小室さんは報道陣に一礼したあと、新型コロナウイルスの抗原検査、そして入国手続きに進んだと見られる。  小室さんは機内でどのような様子だったのか。偶然、同乗していた男性(51)に話を聞くことができた。 「私がファーストクラスで座っていると、ドアが閉まるギリギリになって小室さんが搭乗してきました。まるでエグゼクティブのようでした。後ろの髪を結っていたので、すぐに彼だとわかりましたね。彼一人に女性CAが2人くらいついて、会話しながら案内されて入ってきました」  当初はエコノミークラスのチケットを買ったと報じられていたが、この男性はこう語る。 「右の列のビジネスクラスの前方の席で、窓際に座っていましたね。私の席から右斜め後ろのほうの席でした。ただ、カーテンでファーストクラスとは仕切られていたので彼の表情などはわからなかったです」  男性は飛行機から降りた後、抗原検査のために、大きめの部屋に移ったという。40分ほどその部屋に滞在したが、そこに小室さんの姿はなかった。 「今か今かと待っていたのに、残念でした」(男性)  そのころ、到着ロビーには多数の報道陣のほか、「皇室系Youtuber」といったタスキをかけた人物や一般客も小室さんの姿を一目見ようと集まっていた。その数、50~60人ほど。  津田沼から来たという白髪交じりの一般男性は手にハンディカムを持ち、小室さんを待ち構えていた。妻に頼まれて自宅で見るために撮りに来たという。  しかし、小室さんは一般客が使う到着ロビーを通らず、地下駐車場から車に乗り込み、成田空港を後にした。「地下駐車場から空港を出たらしい」と男性に知らせると、「こんなに待っていたのに……」と不満げな様子だった。  小室さんを乗せた乗用車が向かった先は、母・佳代さんが住む横浜の自宅だった。自宅前は朝から報道陣が詰めかけ、警察は臨時の派出所を設置し、周辺警備に当たるなど、ものものしい雰囲気が漂っていた。夕方には100人を超える報道陣が押し寄せており、ベランダから様子を一目見ようとする住民の姿も見られた。  19時過ぎ、小室さんを乗せた車が到着。警察が後部座席のドアを開け、車から出てきた。小室さんは、報道陣から「どんなお気持ちですか」と声を掛けられたが、反応は示さず、自宅マンションの入り口で2回ほど深々とお辞儀をして、黒いスーツを着た男性らと中に消えていった。  近くに住む60代の男性はこう語る。 「ヘリコプターの音がすごくて『何事か』と思って見に来た。3年前の婚約会見後のときと同じような状況だと感じましたね。小室さんがニューヨークに行ってからは、静かになっていたんだけど……。またしばらく騒々しくなるのかなと思っています。どの家庭も問題を抱えていますし、小室さんと眞子さまも早くアメリカで幸せになってほしいですね」    小室さんは今後、自宅で2週間の隔離を終え、その後、記者会見に臨むと見られている。果たして何を語るか。注目が集まる。 (AERAdot.編集部/上田耕司、飯塚大和、吉崎洋夫)

    dot.

    9/27

  • 3

    眞子さまは“結婚”後、渡米までホテル暮らしか 気になる祖父・川嶋氏の容体と金銭トラブルの未解決

     10月23日、秋篠宮家の長女、眞子さまは30歳の誕生日を迎えた。皇族として最後の誕生日となる。眞子さまと小室さんの結婚は3日後に迫るが、いまだに周辺は落ち着かない。 *    *  * 深いボルドー色のニットとまとめ髪が落ち着いた雰囲気を醸し出している。  眞子さまが30歳を迎えた日、妹の佳子さまと住まいのある赤坂御用地を散策する映像が公開された。眞子さまが皇族として過ごすのは残り3日余り。名残を惜しむように姉妹は、池のほとりを歩き、優しくほほ笑みあう。  秋は皇族の誕生日が続く。3日前の10月20日は、上皇后美智子さまの87歳の誕生日だった。誕生日に際して側近の上皇職が公表した文書には、眞子さまについてこうつづられていた。 <今月26日に皇室を離れられる秋篠宮眞子さまのことは、両陛下とも常に大切に愛おしんでおられましたので、お別れはお寂しいことと拝察いたします>  結婚を祝福する直接的な言葉は見当たらない。そのため、「お寂しい」という言葉が強い響きを帯びた。  その日、紀子さまの父親で、眞子さまの祖父にあたる川嶋辰彦さん(81)が、「東京都内の病院に緊急入院していた」との速報が流れた。前日の19日、眞子さまは皇居の宮中三殿を結婚の報告のために参拝したが、その午後に、紀子さまと眞子さま、佳子さま、悠仁さまが川嶋辰彦さんのお見舞いに病院を訪れていたことが報じられたのだ。  容体によっては結婚の延期もあるのでは、と言及したワイドショーもあった。  しかし、状況はやや違うようなのだ。川嶋辰彦さんはもともと都内の病院に入院しており、19日は治療の都合に合わせて計画された転院だという。 「川嶋さんの容体はいいとはいえませんが、危篤で今日明日にもといった状況ではないと聞いています」(皇室記者)   結婚前日の25日には、眞子さまは仙洞仮御所を訪問し、私的に上皇さまと美智子さまにあいさつをする。川嶋辰彦さんへのお見舞いは、病床にある祖父への結婚のあいさつも兼ねていたと見ることもできる。  このように世間は落ち着かないものの、26日の午前中に宮内庁職員がふたりの婚姻届を自治体に提出する予定だ。眞子さまは午前のうちに住み慣れた秋篠宮邸を後にする。そして午後、眞子さまは、「小室眞子さん」として都内のホテルで小室圭さんとともに記者会見にのぞむ。  記者会見の会場は、もともとふたりが式を挙げる予定だった帝国ホテルも候補のひとつとして検討されたようだが、決まったのは別のホテル。警備の行いやすさと同時に、サービスに対して料金の手ごろさで知られる。会場費は、「小室夫妻」の私的な費用でまかなわれるが、ホームページに掲載された料金表では正規料金でも20万円程度。関係者の割引があればさらに、リーズナブルな料金となるだろう。  国民の関心が高い記者会見で、特に注目が集まるのは、小室家と母、佳代さんの元婚約者の金銭トラブルが、どのように説明されるのかである。  26日の結婚と記者会見の前に、小室家が金銭問題にある程度のめどをつけるのでは、との見方もあった。  帰国後、小室さんが外出したのは18日。秋篠宮ご夫妻に結婚のあいさつをするために、赤坂御用地内にある赤坂東邸を訪問した。午後にパラリーガルとして勤務していた奥野総合法律事務所を訪問したあとは、すんなり横浜の自宅に戻った。  果たして金銭問題は、解決に向けて話が進んでいるのだろうか。元婚約者の代理人によれば、眞子さまの複雑性PTSDが公表された直後、元婚約者は熱を出して会社も休み、ふせっていたという。 「ショックを受けた末の心労もあるのでしょう。解決金の件も進展はありません。小室さんサイドの代理人である弁護士からは、とくに解決につながる連絡はありません。連絡を待っていましたが、いま(22日)はもう金曜日の夜ですから、火曜日の記者会見までに何か動くということはないでしょう。そもそも金銭問題と眞子さまと小室さんの結婚は、別の問題ですしね」  もう一つ、国民の関心事といえば、民間人となった眞子さまが米国に出発するまでの間、どこに滞在するのか。出発までの期間がそう長くないことを考えるとマンションなどは現実的ではない。また、「儀式なし婚」のけじめをつけた父、秋篠宮さまの性格を考えると、民間人となった眞子さまを宮内庁の関連施設に滞在させる公私混同も考え難い。ホテルの滞在が現実的では、と見られている。  皇室の事情に詳しい人物がこう話す。 「会見会場は実は、雅子さまが皇太子妃時代に、友人らとお忍びで食事会をしたホテルでもあります。皇太子妃のお忍びの会場に選ばれるくらいですから、警備も手堅い。小室圭さんは、仕事の関係で早々に米国に戻るようですが、記者会見場のホテルにそのまま滞在なさるのが安全に思われます」  眞子さまの結婚は3日後に迫った。記者会見では、小室家の金銭トラブルに触れた厳しい質問も出ると見られている。 「小室夫妻」は、何を語り新しい生活へとどのようにして踏み出すのか。国民が見守っている。(AERAdot.編集部 永井貴子)

    dot.

    14時間前

  • 4

    【独自】小室圭さん、米大手事務所から断られていた 弁護士が語る“厳しい現実”

    「小室圭さんの実力では無理だと思います」 こう話すのは、全米で「トップ100」と呼ばれる大手弁護士事務所(ビッグロー)のパートナー弁護士のA氏。専門は、海外企業同士のM&Aなど。米国を拠点に世界を飛び回り、収入も桁違い。この姿こそ、小室さんが思い描く将来でもあるようだ。 昨年の秋ごろ、A氏の事務所に、働かせてほしい、と小室さんの「経歴書」のようなレジュメが別の弁護士を通じて届いたという。小室さんは、ニューヨークなど大都市での弁護士の仕事を探しており、ビッグローか、その下の規模のミッドローでM&Aなどをやりたいという。 A氏がそのレジュメを見て思ったのが、冒頭の言葉だ。なかでも、A氏が首をかしげたのがニューヨークのフォーダム大ロースクール(法科大学院)への留学の部分だ。「疑問なのは、彼がLLM(法学修士)のコースに入ったことです。しかも1年学んだ後に、JD(法務博士)コースに編入している。大きな事務所を目指してて、こんな動き方をするなんて聞いたことがない」 LLMとJDというのは、ロースクールでのコース名だ。米国の大学には法学部がなく、弁護士を目指す人は、大学卒業後にJDに入る。ここで3年間学び、事務所に入るのが一般的なパターンだという。 一方、LLMは、法律の資格を持つ外国人留学生が多いといい、「表現として正しいかわかりませんが、キャリアに“箔(はく)をつける”ようなイメージです」。 A氏によると、米国で弁護士となるのに重要なのはJDでの1年目だ。「米国での就職活動は、2年生の終わりの夏休みで終わります。事務所のサマープログラム(インターン)で働き、その後よほどのことがない限り、その事務所からオファーを受けて就職します。どの事務所のプログラムに入れるかは、1年時の成績で決まります。だから学生の競争も壮絶です。本を隠すなどの足の引っ張り合いもあります。小室さんはその1年をLLMに入っています」 ビッグローのインターンの募集は、ハーバードやエール、コロンビアといった有名大学で公募し、最初の書類選考で成績優秀者に絞り、次の面接で決まる。A氏が言う。「採用された学生には、1年目から19万数千ドル(2千万円以上)の給与が支払われます。それも5年くらいは半人前で、彼らから利益は出ません。それでも欲しい人材ということなんです。だから相当厳選します。原則でいえば、ビッグローはインターン以外の方法では採用しないです」 チャンスをつかめる学生は、ほんの一握りだ。小室さんは、そもそもLLMに入った時点で、希望するビッグローへの道は閉ざされたといっていい。なぜLLMに入ったのだろうか? A氏が話す。「こう言っては何ですが、彼の経歴に目を見張るモノはありません。あるとすれば眞子さまのフィアンセという一点。それでも奨学金を取得できたり、JDへ編入したり、弁護士が出てきて仕事を探したり。知恵をつけている人がいるんでしょう」 では、ビッグローは無理でも、M&Aは他でもできるのだろうか?「米国には約43万の事務所がありますが、M&Aの70%超は『トップ100』が扱っています。小室さんが弁護士として働くにはM&Aにこだわらないことですね。移民法の弁護士などは圧倒的に多い。日本人も多いです。もうからないので人気はないのですが」 そして、こう続けた。「詳しいことは申し上げられませんが、彼の『経歴書』を見る限り、とても“権威”が好きなんだと思います。M&Aも彼からすれば格好良く見えるんでしょうけど、実際は相当厳しい世界です。パートナー弁護士になるのは10年後くらい。それまで生き残っているのはわずかです。彼がそもそも弁護士という職業に向いているのか……。野心家だと思うので、ベンチャーのような起業家とかが向いているような気がします」(本誌・矢崎慶一)※週刊朝日  2021年9月17日号に加筆

    週刊朝日

    9/8

  • 5

    FA権取得の阪神・梅野は残留濃厚か 他球団の「意外な評価」とは

     ヤクルトと優勝争いを繰り広げている阪神。「扇の要」として梅野隆太郎が開幕からマスクをかぶり続けていたが、10月12日の巨人戦から坂本誠志郎が8試合連続でスタメン出場している。   一体何があったのだろうか。 「梅野に疲れが出てきたのでしょう。後半戦に入って精彩を欠いている。打撃で快音が聞かれなくなり、守備面も配球を相手に読まれて痛打を浴びるケースが出てきた。坂本は『第2の捕手』だが、リード面を含めて能力は非常に高い。今は坂本が稼働してチームの状態が上向いてきたが、梅野がチームの中心であることは変わりません。今季国内FA権を取得しましたが、球団はその働きぶりを高く評価している。好条件を出して全力で慰留に努めるでしょう」(スポーツ紙記者)  今オフにFA権の行使が注目される選手の1人が梅野だ。捕球技術、ブロッキングの能力が高く、14年は出場試合数が規定に達した選手で唯一の捕逸0をマーク。強肩が武器で2019年には捕手でNPB歴代最高の123補殺を記録した。東京五輪では広島・曾澤翼が当初選出されたが、故障により出場を辞退したため、梅野が追加召集されて金メダル獲得に貢献した。チャンスに強く、今季の得点圏打撃は3割を軽く超える。球界を代表する選手としての地位を確立したと言ってよいだろう。   ただ他球団の捕手事情を考えると、FAで争奪戦の様相を呈するかは微妙な状況だという。  「梅野は福岡出身ですが、ソフトバンクは侍ジャパンでも正捕手を張った甲斐拓也がいる。同じ関西を本拠地に持つオリックスも中嶋聡監督が伏見寅威、若月健矢をうまく使い分けて首位争いを演じている。他球団を見渡すと、今年は捕手の需要が高いとは言えない。ヤクルトは中村悠平、中日は木下拓哉、広島は坂倉将吾、西武は森友哉と正捕手がいるし、DeNA、日本ハム、楽天はFAで捕手の補強に乗り出すと聞いていない。梅野を最も必要としているのが阪神だし、梅野も阪神に強い愛着がある。残留が濃厚ではないでしょうか」(スポーツ紙デスク)  近年はFAで大物選手の移籍が少ない。19、20年と2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得し、昨年は自身初の沢村賞に輝いた左腕・大野雄大は昨オフにFAで争奪戦が予想されたが、中日に3年契約で残留。前人未到のトリプルスリーを3度達成したヤクルト・山田哲人も7年契約を結び、「生涯ヤクルト」を決断した。昨オフにFAで他球団に移籍したのはDeNAから巨人に移籍した梶谷隆幸、井納翔一のみだった。  「各球団がFA補強に消極的なのは、コロナ禍で球団の財政状況が厳しいというのが影響していると思います。ただそれだけではなく、FAで獲得した選手が稼働する確率が低く、チーム強化の観点からプラスアルファが少ないと判断しているケースが多い。実際に巨人が獲得した梶谷は度重なる故障で61試合出場にとどまり、井納に至っては5試合登板で防御率14.40と戦力になっていない。FAで他球団の主力を獲得するより、生え抜きの若手を育てようという考えにシフトしている傾向があるので、今年もFA移籍は少ないのではないでしょうか」(セリーグ球団の編成担当)  シーズンの戦いは続いているが、梅野は今オフの決断にも注目は集まりそうだ。(牧忠則)

    dot.

    21時間前

  • 6

    眞子さまの結婚どう思う? 瀬戸内寂聴が27歳スタッフに質問した結果

     半世紀ほど前に出会った99歳と85歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。*  *  *■横尾忠則「スジ金入りの肉体的朦朧体、大観より本格派です」 セトウチさん 耳が聴こえなくなったと言うと、「きっと作品が変るわよ」と、ベートーベンじゃあるまいし、変なことおっしゃると、その時はそう思いましたが、本当に変ったんです。その変り方が理に適(かな)っているといえば適っている。つまり聴こえないことは、音の輪郭が失くなることです。そうなると音が朦朧(もうろう)となって、横山大観の朦朧体の絵のように音がボケて聴こえるんです。耳がボケると、日常生活もボケて、曖昧模糊(あいまいもこ)となって、したことと、してないことの区別もわからなくなるんです。つまり虚実の区別ができなくなって、夢で見た仕事の依頼を、本当に依頼されたと思って、やっちゃったりするんです。ボケの症状に似てるけれど、ボケ老人になったんではなく耳のせいだと理解しているので、そこはまだ理性がコントロールしています。 ハイ、絵の話だったです。大観は思想で朦朧体を描きましたが、僕はスジ金入りの肉体的朦朧体なので、思想のようなチョロコイ考えではなく、肉体的ハンデキャップによる堂々たる自然体派です。大観よりこっちの方が本格派です。そんなわけでセトウチさんの大予言は的中しました。 先っきも言いましたが境界線が失くなるということは自由のキャパシティも拡張したことになります。近代人は何でもかんでも境界線を引いて、全てを分業化します。縄文時代はひとりの人間が、多面的に物事をこなしていました。狩猟(しゅりょう)も農業も、漁業も工芸も、子育ても、教育もひとりでするという、境界線をはずした労働生活です。現代のような役割分担などしません。正に多義的です。越境した狩猟社会です。 難聴が与えてくれた神の恩寵です。だから病気の高徳です。僕が度重なる病気によって救われてきたということはこういうことです。神は人間に色々な苦難を与えますが、病気は罪ほろぼしでもカルマ落としでもなんでもないのです。人間の進化向上のためのカリキュラムだと思えばどうでしょう。難聴のほかに、腱鞘炎(けんしょうえん)にもなりました。もう、セトウチさんの「幻花」のような繊細(せんさい)な描写の絵など描けません。今は太い筆やハケを握りしめて、キャンバスにバンバン叩きつけるように描いています。それも痛いので、左手で描きます。左手は思うような形が取れません。幼児の絵より下手くそになります。でも、デュビュッフェは幼児の絵のマネをして、幼児風に描きますが、そんな意図的なことをしなくても、僕の左手はそのまま幼児以上に下手に描けます。これもハンデキャップから来た自然体です。 今書いている手紙では、前にも同じことを書きましたかね。境界を越えると時間差もなくなって、やったことと、やらないことの区別がわからなくなるのです。いよいよ本格派老人です。100歳老人のセトウチさんにも負けていません。ただ僕はセトウチさんのように年齢には拘っていません。拘っているのは他人の方で、今行っている展覧会では「85歳、85歳」と年齢を売り物にされています。歳のことは言うな! アーティストには年齢はないのです。昨日の続きが今日、今日の続きが明日です。原始社会では年齢など無関係です。アーティストは原始人です。■瀬戸内寂聴「私もヨコオさんに負けないように!」 ヨコオさん 何だか、ずいぶん久しぶりにこの往復手紙を書いているような気がします。 それにしても相変わらずコロナは豪勢を極め日本はおろか、世界的にその力を奮っています。 コロナのせいで、人に会えず、寂庵はずっと門を閉めっぱなしです。コロナになる前はもちろん、一も二もなく門内に入ってもらっていました。 大抵遠く九州や東北から来られた人で、まだ生きている私に逢えたと言って、抱きついて泣き出します。もちろん、私は丁寧にお迎えして、写経などしてもらい、お茶菓子を一緒に食べて、しばらくその人のお話を聞きます。つきあいの人もあれば、寂庵の信者を自称する人もあり、初めて門内に入ったという人もいます。「まさか、門内に入れてもらえると思わなかった」と泣き出す人もあれば、「生きている寂聴さんに逢えた!」と、子供のように足を踏み鳴らす人もいる。「とても百歳には見えない!」と誰もが感嘆してくれるが、終日ベッドに横になり、本ばかり読んで、一日を過ごしている私の毎日の状態など話せない。私は、人に逢っている間だけは、必死になって元気らしさを演じ、声を張り上げる。客の帰る時は、長い廊下の途中で、へばってしまい、さっさと歩く客の跡がおえない。 ──だって百だもの……──と、私は廊下の途中で、ペシャンコに座り込み、つくづく、自分に向かって言う。 食事だけは時間が来ると、しゃきっと体がのび、食卓の自分の位置に早々と座り込んでいる。「あら、お昼はもう召し上がりましたよ!」 スタッフの一人が、わざと大きな声を張り上げる。「私のスパゲティは、どうしてこんなに美味しいのだろうなんて、お世辞までいただいて」「そうよ、ほんとに! でも今ここに座ったのは、食べるためでなくて、眞子さんの結婚をどう思うかって、寂庵で一番若い二十七歳のP子の意見を聞きたいのよ」「ああ、眞子さん、ほんとに、よかったですね。大体、みんなあんまりこの結婚に意地悪すぎましたよ。でも、どうして一時金を眞子さんは辞退なさるのかしら? 貰う権利のあるお金でしょう? あんまり弱気にならない方がいいと思うけど……」 ヨコオさん、今、寂庵の中は、こんなにのんびりしています。耳が聞こえないのは、私も同然です。テレビの時なんか、びっくりするほど大きな声にしてくれるので、何とか会話が出来ています。鶯も、秋の夜の虫の音も、私の耳にはさっぱり聞こえません。ヨコオさんとTELしてるのを横で聞いてる人があれば、どんなにおかしいでしょうね。耳だけでなく体のあちこちがどしどし衰えてきます。 そのうち、きっと、自分の死んだこともわからなくなって、──ヨコオさんにTELして!──など叫んでる日が来るのでしょうね。でも目がよく見えているので、一日に二冊は厚い本を読み切っています。ヨコオさんの展覧会、ますます人気上昇でおめでとうございます。私もヨコオさんに負けないよう、あっとこれまでと変わった小説を二つくらい書き残して死にたいものですね。 では、また。※週刊朝日  2021年9月17日号

    60

    週刊朝日

    9/11

  • 7

    現役引退する松坂大輔の妻・柴田倫世への誹謗中傷「度を超えている」と球界で怒りの声

    「平成の怪物」の現役最後の登板。全盛期の姿には程遠い。それでも懸命に右腕を振る西武・松坂大輔の姿に心を揺さぶられた。  19日の日本ハム戦。親交のあるEXILEの「real world」が登場曲で流れる。背番号18がマウンドに歩を進めると、スタンドから大きな拍手が注がれた。投球練習では右足でプレートの土を払う仕草。全国の野球少年がまねたルーティンを見るのもこれが最後だ。代名詞のワインドアップから投げ込む。横浜高の後輩・近藤健介に投じた5球の最速は118キロ。私たちが想像していた以上に松坂の体はボロボロだった。鮮烈なプロデビューを飾った1999年4月の日本ハム戦。片岡篤史に155キロの直球で空振り三振を奪った。引退登板でも対戦相手に思いを込めた直球を投げ、現役生活に幕を下ろした。  横浜高でエースとして3年春夏の甲子園で全国制覇を達成。98年ドラフト1位で3球団競合の末、西武に入団すると、3年連続最多勝など8年間で108勝を積み上げ、レッドソックスでも2007年に15勝、08年に18勝と、28歳の時点で通算141勝をマークした。第1回、第2回大会と連覇を飾ったWBCでも日本のエースとして2大会連続MVPに輝いた。だがその後は右肩、右ひじなど度重なる故障に苦しんだ。日本球界復帰した15年からのソフトバンク在籍3年間で未勝利。中日に移籍初年度の18年に6勝をマークしてカムバック賞を獲得したが、19年は右肩の故障が響いて未勝利に。古巣・西武に14年ぶりに復帰した昨年は7月上旬に右手のしびれを取るため、内視鏡による頸椎周辺の内視鏡手術を受けたが完治せず、昨季、今季と1軍登板なし。現役後半の13年間は度重なる故障で計29勝に終わった。  松坂は最後の登板前に行われた記者会見で、引退を決断した胸中を語っている。「キャンプが始まって、もうそろそろ打撃投手をやって、ファームの試合に投げられそうだね、というところまできた。そんな話をした矢先に、ブルペンでの投球練習の中で何の前触れもなく、右打者の頭のほうにボールが抜けた。それがちょっと抜けたんではなく、とんでもない抜け方をして。そういう時、投手は抜けそうだなと思えば指先の感覚で引っかけたりするんですけど、それができないぐらい感覚がなかった。そのたった1球でボールを投げることが怖くなってしまった」。  投げることが大好きだった男が投げることに恐怖を感じた。その苦しみは想像できないものだろう。  よどみなく話していた松坂が珍しく感情をあらわにしたのは家族に質問が及んだ時だった。しばらく言葉が出ず、目に涙があふれた。「辞めると報告したとき、泣いていた。妻に電話をしたら息子がいて『長い間お疲れさまでした』と言ってもらった。いい思いをさせてあげられたかもしれないけど、家族なりにストレスもあったと思う」  松坂が年俸に見合う働きができなかった現役後半はネット上で批判を超えた誹謗中傷のコメントが常態化して見られるようになった。松坂だけではない。04年12月に結婚した元日本テレビアナウンサー・柴田倫世さんに向けられた誹謗中傷の書き込みも多く見られた。  西武OBは松坂の心境を慮る。  「自分自身に向けられた批判なら結果を出していないからと割り切れる部分はあるが、家族に向けて見るに耐えられないコメントが大量に書き込まれるのは本当に辛かったと思う。大輔から笑顔が消えたのはケガで思うような球が投げられなかったからだけではない。奥さんや家族に対しての書き込みは明らかに度を超えていた。心もボロボロだったと思います」  松坂は引退会見でこう語っている。 「これまでは叩かれたり、批判されることに対して、それを力に変えて跳ね返してやろうってやってきたけど、最後はそれに耐えられなかった。もう最後、本当に心が折れたというか、今まではエネルギーに変えられたものが…受け止めて跳ね返す力がもうなかったですね」   西武OBのG.G.佐藤氏は19日に自身のツイッターで、「松坂大輔ほど実績があって、お金を稼いでる人でも誹謗中傷を相手に心を折る。それくらい誹謗中傷っていうのは恐ろしい。誹謗中傷は止めよう。そして、悪意がなくても投稿する前に『これは相手が傷付かないかな?』と一旦考えよう」と呼びかけた。  結果が出なければ批判されるのはスター選手の宿命といえる。ただ、松坂や家族に対して人格否定のようなコメントがSNS上で数えきれないほど見られたのも事実だ。批判と誹謗中傷は違う。SNSの無い時代だったら、これほどのストレスは受けなかっただろう。松坂が記者会見で語った言葉を受け止めなければいけない。(松木歩)

    2

    dot.

    10/21

  • 8

    城郭考古学者が選ぶ「絶対に攻めたくない山城」ベスト10! 1位は埼玉「杉山城」、2位は?

     一見、「天守や櫓がなく、土と山だけ」と思われがちな山城。しかし開発にさらされがちな平城等に比して保存状態が良く、ほぼ往時の姿をとどめている山城も多い。週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、「戦国の山城の歩き方」を特集。3人の専門家に「オススメの山城」を推薦してもらった。今回の推薦者は、城郭考古学者で山城ファンの千田嘉博さん。選定のテーマは「絶対に城攻めしたくない山城」だ。 *  *  * ――山城にもさまざまな楽しみ方があると思います。当時の武将の視点で、「絶対攻めたくない城」をご紹介ください。  城はとても美しく壮大で、鑑賞するのはとても楽しいです。しかしそもそも城は戦いのために構築されたもので、第一に求められる機能は防御・反撃力です。今回は、その点で極めて優れた山城をご紹介します。実際に足を運べば、おそらく「もう助からない」「絶対死ぬ」と感じますが、堅固な城を造って自分たちの村や所領を守ろうと努力した先人たちの思いを、ぜひ想像してみてください。  なお、山城の定義はあいまいですので、ここでご紹介する城には、一般的には平山城と言われているものも含んでいます。 ――よろしくお願いします。  まず、“戦国の土づくりの城の教科書”と呼ばれているのが、埼玉県の嵐山町にある杉山城です。それほど大きな城ではありませんが、本丸を頂点に各尾根に曲輪を階層的に設け、入口付近には必ず横矢をかけ、初期段階の馬出しも重ねています。おそらく攻めたとしても理路整然と効率的に弓矢や鉄砲の餌食になったでしょう。  福島県の会津美里町にある向羽黒山城も、ものすごい山城です。山の頂上の本丸から麓まで、まるで迷路のように横堀、竪堀を縦横無尽に巡らし、山の中段も曲輪と堀と土塁を複雑に配置している。城を守っている兵も道に迷うのではないかという複雑堅固な山城です。軍事要塞に必要な要素を全部詰め込んでいて、攻めても生きて帰れる気がしません。  見た目の凄さでいえば、群馬県東吾妻町にある岩櫃城です。太古の昔から信仰の対象となってきた巨大な岩山である岩櫃山に守られた、まさに鉄壁の城で、戦意喪失は間違いありません。 ――この険しい岩山は、とても攻められませんね。  しかし、実は城があるのはこの垂直岩盤の上ではなく横なんです。岩櫃山がある側から攻められる心配はないので、その方向は堀をあまり整備していません。しかし、その反対側を見ると、山頂の本丸の周囲には横堀をめぐらすなど、守りが重視されていますし、東側の山麓を流れる吾妻川は堀の役割を果たしています。この岩櫃城ほど、天然の地形を巧みに利用した山城は珍しいと思います。  愛知県新城市にある古宮城は、武田方の軍事拠点で、当時の技術の粋を凝らした城です。それほど高い山ではないのですが、完全に堀で囲み、山中にも縦横無尽に横堀をいれ、さらに山のほぼど真ん中に巨大な堀を設けて山を真っ二つにするという大土木工事がなされています。まさに武田流の理想の城を具現化した山城です。古宮城は、巨大勢力の境界域にあった「境目の城」でしたが、長篠合戦ののちは軍事的役割を終えて廃城となったので、武田氏当時の姿がよく保存されていて、「土の城でもこれだけスゴイことができるのか」と体感することができます。  新潟県上越市の春日山城は、全国の山城のなかでも、その巨大さ壮大さでは並ぶものがありません。行けども行けども曲輪が連なっていて、上杉謙信の毘沙門堂がある中心部まで、到底たどりつけません。山中に堀は少ないのですが、何しろ切岸の落差がものすごいので、とても攻める気にはなれません。 ――ほかに特徴的な山城で、「攻めたくない」城は?  日本列島にあった城の多様性を示す、北海道と沖縄の城も入れたいと思います。北海道上ノ国町の勝山館は蠣崎氏の拠点城郭で、和人の城としては最大級のものです。コシャマインとの戦いを経験した蠣崎氏は、防御を重視して夷王山の山上に城を移したと考えられています。山上からは中世の港だった大澗湾を見下ろす立地で、港を押さえる城でもあったことが分かります。尾根上にはいくつもの屋敷が立ち並ぶ、壮大な北の山城です。  沖縄県の今帰仁村にある今帰仁城は、沖縄を代表する山城の一つです。琉球王国成立前の三山時代に北山王が拠点とした城で、山上の断崖絶壁を利用した堅固な城です。曲線を描く城壁の石垣がひときわ美しいのですが、敵に対してあらゆる場所で横矢がきいていて、攻め手からすれば、まことに恐ろしい石垣です。 ■千田嘉博さん「城攻めしたくない山城」ベスト10 1位 杉山城土の城の芸術品ともいわれる緻密な縄張りで知られる山城。遺構の残存状態は良好で、堀や土塁、馬出しなどが一目でわかる。 2位 向羽黒山城東北地方随一の規模を誇る山城。技巧の限りを尽くした複雑な縄張りが特徴で、歴代城主の蘆名氏、蒲生氏、上杉氏の手が入っている。 3位 高崎山城別府湾を望む高崎山に築かれた城。豊後の守護大名大友氏の詰城と考えられている。山頂付近には土塁や主郭の跡が残っている。 4位 岩櫃城天険の要害である岩櫃山に築かれた山城。豪壮な岩山は見るものを圧倒する。主郭部分周辺の巨大な竪堀も見どころ。 5位 古宮城武田氏と徳川氏の勢力圏が接する境界域に築城された境目の城。白鳥神社の神域が含まれているため城跡の保存状態は良好。 6位 春日山城越後長尾(上杉)氏の居城。巨大な山城で、本丸下には無数の曲輪が段状に築かれていて、攻め落とすことは極めて難しい。 7位 今帰仁城沖縄の城(グスク)を代表する一つ。城壁に上ると、中国や西欧の城と同じく城壁で守る城であることがよくわかる。 8位 勝山館夷王山山麓の台地上に建つ山城。主郭内部には中央通路があり、その左右には掘っ立て柱建物が並んでいたことが発掘により判明した。 9位 岡豊城長宗我部氏の居城。畝状空堀群が特徴的。帯曲輪の城壁の外側は土で、内側に石垣を用いる特異な構造を見ることができる。 10位 信貴山城松永氏の居城で、織田信忠に攻め落とされたが、山頂から延びる複数の尾根に築かれた曲輪群は見事で、技術的には優れた山城である。 ◎千田嘉博(せんだ・よしひろ)/1963年生まれ。城郭考古学者。奈良大学教授。主に中近世の城郭の考古学的研究に取り組む。主な著書は『信長の城』(岩波新書)、『真田丸の謎』(NHK出版新書)、『城郭考古学の冒険』(幻冬舎新書)など。 (インタビュー構成/安田清人)

    dot.

    10/17

  • 9

    訪れるべき「戦国最強」の山城を歴史研究家が格付けランキング! 2位は信長「安土城」、1位は?

     日本全国には3~5万の城があるとされ、その多くが山城だという。週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、城関連の著書も多い歴史学者・小和田泰経氏に自身が訪れた山城を「遺構の保存状態」「防御力」「登りやすさ」「交通アクセス」の4つの基準で採点してもらい、戦国最強で「訪れるべき」山城ベスト50を選出してもらった。ここでは、同率で4位となった城からトップ5を見ていこう。 ※ランキングの採点方法日本全国に数多く残る山城。その中から、小和田氏がもう一度訪ねたいと願う「戦国の山城」を、編集部が独自に選んだ以下の4つの項目で採点してもらった(採点は、小和田氏の主観によるもので、訪れる時期や季節によっても大きく印象が変わります)。●遺構の保存状態……曲輪(郭)や石垣、石塁、土塁、空堀、堀切、切通などが良好に保存されているか否かで採点。●城の防御力……軍事要塞として築かれた山城。曲輪や空堀、土塁などが城の防御力を高める配置になっているか否かで採点。●アクセス……最寄り駅からの交通の便や、高速道路からの利便性。また、山頂部まで車で行けるかなどを総合し、多角的に採点。●登りやすさ……城内散策路の整備状況や駐車場の場所。さらに案内板の設置などを含めて採点。 *  *  *  第4位 備中松山城(岡山県/92点)天守が現存する唯一無二の山城  戦国時代に備中松山城をおさえたのは、三村家親である。しかし、三村家親は、備前の宇喜多直家と争い、暗殺されてしまう。このころ、備中には西から毛利輝元、東から織田信長の勢威が拡大してきていた。家親の子元親は毛利氏に従っていたが、元亀三年(1572)、足利義昭の仲裁で毛利氏と宇喜多氏が和睦すると、織田信長に寝返った。三村元親にとって、毛利氏についた宇喜多直家は父の仇だったためである。結局、松山城は毛利・宇喜多軍によって落とされ、以後は毛利氏の支城となる。  関ヶ原の戦い後、毛利輝元が周防・長門へ転封されると、備中は幕府領となり、総代官として入った小堀正次・政一が松山城に入って修築された。さらに、松山藩主となった水谷氏によって現在も残る天守などが建てられている。  城は高梁川の東岸にあたり、麓からの高さが350mほどの小松山に築かれている。相当な山城であるため、山上での作事が困難であったのだろう。天守と二重櫓のほか、建物はすべて平櫓である。ただし、山上の主郭部は三ノ丸・厩曲輪・二ノ丸・本丸・後曲輪・水ノ手門脇曲輪の6曲輪から構成されており、防御力は高い。しかも、麓には石垣造りの御根小屋があり、中腹には中太鼓ノ丸や下太鼓ノ丸といった出丸を構えていた。 【遺構の保存状態 24点/城の防御力 25点/交通アクセス 21点/登りやすさ 22点】 *  *  * 第4位 岩村城(岐阜県/92点)戦国時代の山城を近世城郭へと変貌させた  伝承では、鎌倉時代に加藤景廉の子景朝が築いたというが確かなことはわかっていない。戦国時代には、加藤氏の後裔にあたる遠山氏の居城となっていた。  岩村は、東濃の要衝で、信濃・三河の国境にも近い。戦国時代の城主遠山景任は、信濃から進出を図る武田信玄に攻められ、織田信長の支援を受けて抵抗を続けたが病没。そのため、城は武田氏の支配下に入り、長篠の合戦後、信長が奪取している。そして、信長の家臣河尻秀隆や森長可・忠政兄弟によって改修された。  岩村城が築かれている城山の標高は717mで、江戸時代まで存在していた山城の中では最も高い。ただし、麓からの高さは150mほどである。縄張は、頂上に本丸をおき、二之丸・八幡曲輪などを階段状に配す。本丸は櫓・多聞櫓などで囲まれるなど堅固であった。しかも、本丸の南東には出丸を設け、背後を固めている。  江戸時代には、東濃の要衝として松平(大給)氏の居城となった。ただし、居館などは山麓に移されたため、藩庁の機能は山上の主郭部には存在していない。  岩村城は、遠山氏時代の縄張を踏襲し、曲輪を石垣造りとしている。いわば、中世の縄張が生きている近世城郭だった。出丸まで林道が通っているが、遺構の破壊に配慮されているのも評価が高い。 【遺構の保存状態 24点/城の防御力 25点/交通アクセス 21点/登りやすさ 22点】 *  *  * 第3位 月山富田城(島根県/93点)毛利元就も攻め落とせなかった難攻不落の城  月山富田城は、交通アクセスが良ければ、第1位に選ばれてもおかしくない名城である。  城は、出雲の富田に所在し、麓からの高さが150mほどの月山に築かれているため、月山富田城という。この時代、富田は水上交通が盛んで、船で中海から飯梨川をさかのぼり富田城下まで来ることができたという。山陽方面に抜ける陸上交通の要衝でもあり、出雲の中心地であった。室町時代には、戦国大名となった尼子氏の居城となる。そして、出雲・石見・因幡・伯耆など11カ国を支配する拠点となった。  月山の山頂に主郭部があり、中腹に山中御殿や千畳敷、山麓に里御殿などを配置していた。南北1キロメートル、東西1キロメートルに及ぶ巨大な山城である。登城路は菅谷口・御 子守口・塩谷の三つが存在した。谷筋を通る登城路は、尾根に設けられた曲輪群によって守られており、いずれも山中御殿につながっていた。 山上の主郭部は、本丸・二ノ丸・三ノ丸が連郭式に配置されている。山中御殿から「七曲がり」とよばれる登城路を通らないと、この主郭部には到達できない。つまり、山中御殿を死守すれば、主郭部に侵入される恐れはなかったのである。  また、万が一山中御殿が攻略されても、三の丸から「七曲がり」を登る敵を迎え撃つことが可能だった。「七曲り」は文字通り、道が幾重にも折れ曲がっており、そこを側射するわけである。 主郭部は総石垣の曲輪であるため、侵入されにくい。もし三ノ丸まで侵入されても、二ノ丸と本丸の間には大きな堀切が敵を阻んだ。加えて、本丸から北東に向かう尾根筋には、多くの小曲輪があり主郭部の背後を固めていた。  月山富田城を本拠に中国地方に覇を唱えた尼子氏であったが、勢力を拡大する毛利元就が永禄八年(1565)に、3万5000で城を包囲すると、一年半におよぶ籠城のすえ、降伏開城した。  このとき、毛利軍は、菅谷口・御子守口・塩谷口の三方から月山富田城を攻撃している。これに対し、降伏はしたものの、尼子氏は城を守り切った。その攻防の舞台となった虎口は堅固に守られており、見逃せないポイントとなっている。  もっとも、現状の遺構は、尼子氏時代のものではない。尼子氏の降伏後、月山富田城は毛利氏の支配下におかれる。そして、関ヶ原の戦い後に毛利氏が退去すると、替わって堀尾吉晴が入城した。この堀尾氏の時代に城は改修され、近世城郭として完成したのである。  慶長十二年(1607)、堀尾氏は松江に居城を移す。その後、月山富田城は廃城となっている。 【遺構の保存状態 25点/城の防御力 25点/交通アクセス 20点/登りやすさ 23点】 *  *  *  第2位 安土城(滋賀県/94点)築城後わずか6年で焼失した織田信長の居城  安土城は、観音寺城を本拠とする六角氏の支城であった。実際、観音寺城が築かれた繖山の麓に位置する。しかし、六角氏は永禄十一年(1568)、織田信長による上洛に抵抗した末、観音寺城を放棄して脱出。こののち、南近江を制した信長が近世城郭として完成させた。  城は、琵琶湖に突き出た麓からの高さが100mほどの安土山に築かれている。最高所に本丸を置き、周辺に二ノ丸・三の丸を配す。そして、この本丸・二ノ丸・三ノ丸を守るように、家臣団の屋敷地が配置されていた。なお、曲輪の名称や家臣の邸宅は、江戸時代の絵図によるもので、当時、どのような曲輪名であったのかは不明であり、家臣の屋敷についても、実証されているわけではない。  本丸・二ノ丸・三ノ丸とされる曲輪群で構成される主郭部は、周囲を多門櫓で囲まれており、防御は堅い。その中央に五重六階地下一階の天主が建てられていた。こうした本格的な天主が建てられたのは、歴史上、安土城が最初とされる。  また、黒金門跡は、桝形構造となっている。これは、近世城郭における虎口の到達点であり、安土城に採用されている意味は、見逃せないポイントとなる。  本丸には、大手道・百々橋口道など、複数の登城路が通じていた。百々橋口からの登城路は、城内に創建された寺院である摠見寺の境内を通る。宗教に無関心であったとも言われる織田信長だが、仏教による守護を求めていたのは間違いあるまい。というのも、この摠見寺は、信長自身が創建したものだからである。  天正十年(1582)の本能寺の変後、安土城は焼失。織田信長の次男信雄が火を放ったともいわれるが、確証はない。すでに山崎の戦いで明智光秀が敗北したあと、安土城を守備していた光秀の家臣が敗走する際に自焼したものであろう。  なお、焼失したといっても、城域のすべてが焼失したわけではない。信長の嫡孫秀信が入城し、織田氏の居城となる。天正十三年、豊臣秀吉の養子豊臣秀次が近くに八幡山城を築城し、安土城は廃城となった。天守など建造物の遺構は失われているが、石垣の保存状態は良好なので満点としている。  現在、整備されているのは主郭部だけであり、本来の城域はもっと広い。そのうえ、観音寺城を詰の城と考えることができれば、その防御力は格段にあがるため、防御力も満点とした。 【遺構の保存状態 25点/城の防御力 25点/交通アクセス 22点/登りやすさ 22点】 *  *  *  第1位 鳥取城(鳥取県/96点)江戸時代・近世城郭へ改修された悲運の城  今回、「戦国の山城ベスト50」の第1位に選んだのは、悲劇の城として知られる鳥取城である。  天正八年(1580)、織田信長の命をうけた羽柴秀吉が因幡に侵入して鳥取城を攻撃すると、城主の山名豊国は秀吉に降伏した。しかし、これを不服とする家臣らは、安芸の毛利輝元に支援を要請し、山名豊国を追放。こうして鳥取城は、城将として派遣された吉川経家を中心に、織田方と戦うことになったのである。  羽柴秀吉は、天嶮の要害として知られていた鳥取城を力攻めすることを避け、兵糧攻めを行う。餓死者も続出したこの攻城戦は、後世、「飢え殺し」と呼ばれる。翌天正九年、3カ月ほど続いた籠城戦の末、ついに吉川経家は降伏開城した。  その後、秀吉の側近宮部継潤が城主となり、継潤の死後は子の長房が受け継ぐ。しかし、慶長五年(1600)の関ヶ原の戦いで西軍石田三成に通じたとして、鳥取城は東軍に攻められ開城した。  関ヶ原の戦い後、姫路城主となった池田輝政の弟長吉が6万石で入封し、この池田長吉によって近世城郭に改修された。さらに元和三年(1617)には池田輝政の孫光政が因幡・伯耆32 万5000石で入封し、城の規模が拡張されている。  多くの山城では、山頂付近に曲輪が集中するが、鳥取城の曲輪は山頂から麓にかけて配置されている。そのため、山頂一帯の山上ノ丸と山麓一帯の山下ノ丸という2元構造なっていた。  山上ノ丸は、麓からの高さが240mほどの久松山山頂に築かれている。天守が建てられていた本丸のほか、二ノ丸・三ノ丸といった主郭部が連郭式に連なる。さらに、この主郭部は出丸によって防御されていた。  山下ノ丸は、久松山の山麓におかれ、幅25mほどの内堀によって守られていた。実質的な本丸に相当するのが天球丸で、このほか二ノ丸・三ノ丸などが階段状に配置されている。 山上ノ丸と山下ノ丸との間にも、無数の曲輪が設けられ、さらには斜面の移動を阻む竪堀や登石垣も構築されている。山下の丸を落とさない限り、敵は山上ノ丸に攻め込むことはできなかった。こうした点も踏まえ、防御力は満点とした。  ただ、山上ノ丸は防御力が高いものの、政庁としては利用しにくい。一方、山下ノ丸は政庁としては利用しやすいが、防御力は低い。しかし、鳥取城では山上ノ丸と山下ノ丸が一体化しており、それぞれの長所を生かすことができた。鳥取城は、戦国時代から江戸時代にかけて、最先端の技術を取り入れながら改修されている。時代による石垣の積み方の違いも、この城の見どころのひとつである。 江戸時代に、山上ノ丸が重要視されることはなくなった。しかし、有事の際には、利用するつもりだったのである。 【遺構の保存状態 24点/城の防御力 25点/交通アクセス 23点/登りやすさ 23点】 ◎監修・文/小和田泰経(おわだ・やすつね)1972年、東京都生まれ。歴史研究家。國學院大學大学院文学研究科博士課程後期退学。専門は日本中世史。著書に『家康と茶屋四郎次郎』(静岡新聞社)、『戦国合戦史事典 存亡を懸けた戦国864の戦い』(新紀元社)など。 ※週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、戦国最強の山城「ベスト50」を徹底解説しています

    dot.

    10/21

  • 10

    「産まれる!」15歳の女子中学生が立ち会った保護猫の初出産 大切なことは猫が教えてくれた

     飼い主さんの目線で猫のストーリーを紡ぐ新連載「猫をたずねて三千里」。今回、お話を聞かせてくれたのは東京都在住の女子中学生たくみさん(15)。両親が保護した野良猫のお腹に思いがけず赤ちゃんが宿っていて、家でいちばん落ち着けそうな、(一人娘の)たくみさんの部屋で出産させることになったのです。お産と育児の見守りから親子の別れまで、はらはらドキドキ……。猫をめぐるひと夏の物語。 *  *  *◆帰宅したら白猫が部屋に しかもお腹には……  オリンピックで「真夏の大冒険」という解説があったけど、私もこの夏、大きな経験をしました。猫をめぐる出来事です。  5月半ば、学校から帰ってきたら、母が「あなたの部屋に白い猫がいるから」と。見にいったら、少し汚れて灰色っぽい毛の猫がいました。父の会社のビルの脇に迷い込んだ猫で、父と目が合うと追いかけて歩道に出てきて戻らなかったらしいのです。それで、父から連絡をもらった母が迎えにいきました。  その2日後、学校から帰ったら、「猫に赤ちゃんがいる」と母にいわれてびっくり。健康診断に連れていって妊娠がわかったそうです。  獣医さんがいうには、「1歳未満。野良で育った猫で、これが初産」。家族会議をして、「おうちで産ませよう」と決まりました。当面、めいちゃんは私の勉強部屋で過ごすことに。今までにも猫を保護したことはあるけど、お産は初めて。家族中でドキドキです。  ママ猫の名前は、「めい」にしました。ビルの隙間の暗い所にいたので、「明るい名にしてあげよう」と父が言い、『となりのトトロ』に出てくる女の子からもらいました。  めいちゃんは本当に人懐こく、家に来て3日目で膝にぴょんっと乗ってきました。私が寝そべると胸や背中にも乗ってくる甘えん坊さんで、とっても可愛い猫。  とにかく、めいちゃん自身が健康で“無事に産む”ことが大事ですからね。  ネットで調べると、「産箱」があると猫が落ち着いて産んで、そこでお乳もあげられるとわかり、作ることにしました。  段ボールは、父が「これどうかな」と会社から新品を持ってきてくれました。片方の側面に切り込みをいれて、扉が開くようにして、めいちゃんが自由に出入りできるようにしました。箱の中にはビニールシート、バスタオル、ふわふわな毛布を敷いてあげて、天井にバスタオルをかけて完成。  病院で「(子猫は)2匹はいる」と言われたので、産箱の“表札”にめいと2匹の子猫の絵を描きました。  ちょっと早いけど、勉強部屋の床に産箱を置いてみたら、めいちゃんが「これなに?」と興味深そうに入ってくれたので、よし!って感じでした。  出産予定日は、6月20日。 (7月前の)中間試験と重ならないといいな。学校に行ってる平日の昼でなく、休みの土日がいいと密かに願ってました。めいちゃんも初めてのお産で不安かもしれないので、立ち会ってあげたかったのです。  毎日のように写メを撮っていると、少しずつ、めいちゃんのお腹が大きくなるのがわかりました。さらに予定日が近づくと、お腹の一部の毛がぽつぽつ抜けて、おっぱいが目立ちはじめました。でも予定日になっても私には気配は感じられず。けど、ご飯はいっぱい食べていました。めいちゃんはママになる準備をしているようでした。 ◆まさかの噛みつきとリアルモミモミ  予定日から6日経ったころ、不安になって母の知り合いの猫のボランティアさんに、ラインで質問してアドバイスをもらいました。 ――お産箱は作ってタオルも敷きつめました。他に家族が準備するものはありますか?  とくにありませんが、急場の時のために、はさみと消毒液、糸などがすぐ出るようにするといいかもしれません。 ――ネットで胎盤を食べてしまわないようにと書いてありました。出産後に食べてしまうことあるのですか?  少し下痢をするかもしれないけど、食べても大丈夫だと思いますよ。  このアドバイスに従って、すぐにはさみや消毒液などのアイテムを用意しました。すると翌日の日曜、ついに「その時」が!  昼前、部屋で勉強していると、めいちゃんが急に鳴いてうろうろ歩き回って。「産まれる!」と思って両親を呼びにいきました。  私はベッドに産箱を載せて固唾を飲んで見守りました。めいちゃんはベッドの上で、苦しそうにのたうちまわるように動いている。いてもたってもいられず、「わっ、何かしなきゃ」と思わずめいちゃんの傍にいくと、私の腕にしがみつくようにして、ガブ~ッと噛んだんです。血が出て痛くて泣きそうになったけど、めいちゃんはパニックになるほど必死なんだ、子ども産むのって大変なんだ……って思いました。  ほどなくして、最初の子猫が出てきました、めいちゃんはその子をすっとくわえて産箱へ連れていきました。  それから2匹、3匹、と産箱の中で続けて産んで。めいちゃんは子猫の濡れた体を全部なめてきれいにしました。そう、2匹でなく、3匹いたんです! 「1時間くらいで無事に産まれた」とボランティアさんに報告すると、「よかったね、ママ猫が体調を崩しがちになるので、高栄養のご飯をあげてください」と返事がきました。「そうか、これからが大事なんだ!」と身がひきしまりました。  子猫はオス1匹、メス2匹でみんな黒っぽい柄。みんな可愛い。白猫が産まれるとばかり思っていたので、ちょっと意外でした。  産まれた子たちは自分でおっぱいを探して、ミルクを飲みました。その時、初めて“リアルモミモミ”を見て、感動しちゃいました。  子猫たちの体重を計るためにちょっと抱いても、めいちゃんは怒らなかったので、ほっとしました。3匹の体重は、だいたい100g前後で“標準”です。  実は、猫も母になると「強くなる」と聞いたことがあるし、めいちゃんも急に変わっちゃうかな、出産前にはそんな不安がわいて、ちょっとこわくなったりもしていたのです。  めいちゃんは、めいちゃんのまま、いいママになりました。子猫たちが寝ると産箱から出てきて床でゆっくりして、ミャアミャア鳴き声がすると、いそいでおっぱいを飲ませに箱に戻ってました。 ◆人に慣れて人を好きになるように  10日も経つと子猫の目が開いて、(ねずみっぽかったのが)だんだんと猫らしくなりました。生後3週でよちよち歩いて、4週目で部屋の探検を始めて。子猫たちが動きだすと、めいちゃんは、全員を“見渡せる”高さの机に登って見ていました。  5週目には、早走りしてドタドタ。机にも乗れるようになって、ノートにどかっと乗ったり、ペンに噛みついたり。危ないことがないように私も見守りました。膝に乗せながら勉強するのは憧れだったので、楽しかったな。  友だちやいとこも子猫を見に来ました。子猫を抱き抱えて遊ぶ様子を、めいちゃんはテーブルで“香箱座り”をしながら、じっと見張っていました。それがなかなかの貫禄なので、「ボスキャラ感がすごい」と言われたりして(笑)。  2カ月くらいして、部屋のキャットタワーを窓側に移動すると、喜んで乗ったけど、カーテンを引っ張ってビリビリにしちゃいました。本当に活発な子たち。   私も、子猫とできるだけたくさん遊んであげました。どこ(の家)にいっても大丈夫なように、人に慣れて、人を好きになるように……。  うちには先住犬と先住猫がいて、生まれた子猫みんなを飼うことができません。それで、子猫たちが生まれる前、めいちゃんのお産の準備をしている段階から、父や母の知り合いに「子猫が生まれます(欲しい方いませんか)」と声をかけて、探していました。  3匹の子猫の名前ですが、男の子はお花やさんの家にいくことになったので「お花」にして、雌は「ポンズ」と、「天(そら)」と名づけました。ポンズは父の友だちの家に行くことになりました。  天はなかなか決まらず、「うちで飼わない?」と両親に言うと賛成してくれました。いちばん最初に産まれてきたのが天なのですが、見たとたん、なぜか「この子だ(うちの子になる子だ)」と予感があったんです。めいちゃんは「おとなで貰い手がなかなかないかも」と、両親ははじめから家で迎えるつもりでいたので、結局、親子2匹が家に残ることになりました。 ◆2匹の子猫の旅立ち…めいちゃんは毅然としていた  3カ月後、2匹の子猫をついに送り出すことになりました。2匹との別れの時……私は何とも言えない気持ちになりました。  胸の奥がずーんと痛みました。もちろん、これから幸せになるためお引越しをするわけだし、新しい家族があたたかく迎えてくれることもわかっている。ただ、何もわからない子猫を裏切っているんじゃないかって気もして……。  そんな思いを救ったのは、めいちゃんでした。1匹ずつ、貰われていき、家には“残りが天ちゃん1匹”になっても冷静で、探すような素振りは見せませんでした。子猫が巣立った後も変わらず、私や母を慕ってくれました。めいちゃんの毅然とした態度もかっこよくて、落ち込んじゃだめだなって、思えたんです。  ◆   猫たちが大切なことを教えてくれた  翌日から、めいちゃんと天も先住猫と先住犬と少しずつ会わせるようにして、今は、リビングでみんな一緒に過ごしています。  めいちゃんたら、後から仲間入りしたのに勇ましく、犬のバニラ君を見てパンチ、次に猫のみー君にパンチ。でもこの男子組は陽キャラ&マイペースなので、あまり気にしてない(笑い)。元々ビビりの猫のおとちゃんは「こわ~」とばかりに、私に頼ってくっつくようになりました。それはそれで嬉しいこと。最近では、めいちゃんが穏やかになって落ちついて、動物同士のバランスもいい感じになってきました。  それにしても、濃い5カ月だったな。この出来事は、この先も記憶に残っていくと思います。  家族に馴染んで、必死に子猫を産んで、育てて、一途に見守って……とても大切なことを、勉強部屋で猫たちに教えてもらいました。  ポンズにもお花にも、ずっと元気でいてほしい。先住さんとも仲良くね。めいちゃんの子だもの、きっとだいじょうぶ! (水野マルコ) 【猫と飼い主さん募集】「猫とたずねて三千里」は猫好きの読者とともに作り上げる連載です。編集部と一緒にあなたの飼い猫のストーリーを紡ぎませんか? 2匹の猫のお母さんでもある、ペット取材歴25年のベテラン・水野マルコ記者が飼い主さんから話を聞いて、飼い主さんの目線で、猫との出会いから今までの物語をつづります。虹の橋を渡った子のお話も大歓迎です。ぜひ、あなたと猫の物語を教えてください。記事中、飼い主さんの名前は仮名でもOKです。飼い猫の簡単な紹介、お住まいの地域(都道府県)とともにこちらに連絡ください。nekosanzenri@asahi.com

    dot.

    17時間前

  • 11

    BTSを生んだ韓国の壮絶な競争社会 「努力、努力」と「レベルが違う」パフォーマンス

     世界を席巻する人気グループBTS。ファンは彼らについて「努力、努力で有名」だと話すが、その背景には韓国の熾烈な競争社会がある。AERA 2021年10月25日号から。 *  *  *  3048万回。BTS(防弾少年団)が9月20日朝に米ニューヨークの国連総会特別イベントで行った記念演説とパフォーマンスの、10月13日現在でのユーチューブ再生回数だ。  米ワシントン近郊に住む30代のコリアンアメリカン(韓国系米国人)男性は、演説直後の夜、このユーチューブを何度か再生した。「再生するたび、爆発的に回数が伸びていた。周囲の米国人でBTSを知らない人は誰もいない」と語る。  米メディアは演説の内容を次々に報道。ABCテレビは、BTSと文在寅韓国大統領をスタジオに招いてインタビューを行った。米フォックスニュースは10月3日、BTSが国連児童基金(ユニセフ)と提携した4年間で、360万ドル(約4億円)と何百万ものツイートを獲得したと報じた。BTSと所属事務所はユニセフとのパートナーシップを結び、2017年11月から韓国で「LOVE MYSELF」(私自身を愛そう)キャンペーンを展開してきた。あまりの反響に、韓国野党から「文在寅政権がBTSを政治外交ショーに利用した」というやっかみの声まで上がったほどだ。 ■勉強にもスポーツにも熾烈な競争がある  BTSは今回、若い世代に新型コロナウイルスのワクチン接種を呼びかけた。都内の私立高校に通う男子生徒(16)は、「国連という世界的な場所で、自分の好きなグループが自分に近い考えを語ってくれて感動した」と話す。都立高校に通う女子生徒(16)は9月20日夜、ユーチューブのライブ中継を見ていた。「バンタン(BTS)のパフォーマンスが終わった瞬間、視聴者の数が3分の1くらいになってびっくりした。それくらいの影響力。国連でスピーチした意味があったなと感じた。若者に人気があるグローバルスターがワクチンを打っていて、さらに勧められたら打つしかない」と話す。  この生徒にBTSの魅力を尋ねると、「グク(JUNG KOOK)とテテ(V)の圧倒的ビジュアル」「ホソク(J-HOPE)とJIMINの人を惹きつける圧倒的なダンス。基礎がありすぎてレベルが違う」と、立て板に水を流すように答えてくれた。そして「やっぱり、何より、努力、努力で有名なのがバンタンだから」と話す。 「努力」の意味は、韓国と日本では天と地ほども違う。韓国では勉強、スポーツ、芸能など、あらゆる世界が競争の場と化している。小学校高学年になれば夜10時くらいまでの学院(塾)通いは当たり前。多くの自治体が「深夜11時から朝6時まで塾の営業禁止」という条例を設けているほどだ。韓国統計庁によれば、韓国の高校生の1日の平均課外学習時間は8時間以上にも及ぶ。BTSのリーダーRMも母親が熱心に語学教育を施した結果、ネイティブ並みの英語力を身につけたという。  スポーツも、日本のような「学校教育の一環」「生涯スポーツ」という文化はない。運動部は一握りのエリートが、プロを目指して切磋琢磨する場になっている。  2010年3月、日本の文部科学省関係者が韓国を視察した。同年のバンクーバー冬季五輪で韓国チームが金メダル6個などの好成績を収めたからだ。だが、関係者は「とても日本では真似ができない」とため息をついた。韓国が五輪メダリストらに最高月額100万ウォン(約10万円)の生涯年金を支給するなどしていたからだ。  そんな競争文化を芸能分野に持ち込めばどうなるか。筆者は10年ほど前、当時最も勢いがあった4人組女性グループ「SISTAR」が所属する「STARSHIPエンターテインメント」を取材する機会があった。当時、この事務所には中学1年生から21歳までの男女15人の練習生が、合宿所と呼ばれるアパートで共同生活を送りながら、デビューの日を待ち続けていた。学校が終わるとダンスや歌の練習を午前零時ごろまで続ける。納得できなければ朝までやる。休みは平均で月1回ほどだという。それでも、デビューできずに事務所を去る子も大勢いる。デビューしても、成功するとは限らない。当時の事務所関係者は「芸能界で成功する確率は1%にも満たないかもしれない」と語っていた。 ■韓国のソフトパワーは米韓関係にも影響  こうした徹底した管理によるスター育成方法は「インキュベイティング・システム(孵化装置)」と呼ばれる。まさに、学校教育の1年から2年先を教える学院(塾)や、韓国エリートスポーツ制度そっくりだ。BTSの「レベルが違う」ダンスもこうした苦労の賜物と言える。  そして、K-POPは、海外市場を大切に扱ってきた。韓国大手紙の芸能担当記者は、その理由について「韓国市場は小さいし、国内の競争も激しいからだ」と語る。  この記者によれば、重要な海外市場は日本、中国、タイを中心とした東南アジア諸国になるという。  中国には巨大な市場がある。日本人は「一度ファンになると10年間は裏切らない」と言われるほど忠誠心が高く、CDやコンサートの関連グッズの売り上げも大きい。東南アジアの若い世代はソーシャルメディアでの貢献度が高い。BTSも数年前までは、ユーチューブの再生回数の多くを東南アジアの人々に頼っていた。  このため、韓国の各芸能事務所は競うように練習生に英語や日本語、中国語を学ばせている。BTSは元々、RM以外のメンバーは外国語に堪能ではなかった。数年前、米国のテレビに出演した際、ほとんどRMだけが発言していたほどだ。  しかし、BTSの成功で、韓国の各芸能事務所の「外国語熱」が更に過熱したことは間違いない。日本人や中国人、タイ人らのメンバーを加えているK-POPグループもある。  こうした海外戦略に支えられ、韓流文化は世界を席巻している。米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が10月5日に開いたオンラインセミナーでは、BTSのほか、世界中で大ヒットしているNetflixのオリジナル韓国ドラマ「イカゲーム」や、昨年のアカデミー作品賞や監督賞などを獲得した映画「パラサイト 半地下の家族」が話題になった。セミナーに出席したクリントン政権で国防次官補を務めたハーバード大学のジョセフ・ナイ特別功労教授は、「韓国のソフトパワーは米韓関係や金正恩(朝鮮労働党総書記)にも影響を及ぼすだろう」とまで語った。(朝日新聞記者・牧野愛博)※AERA 2021年10月25日号より抜粋

    4

    AERA

    10/22

  • 12

    V逸の楽天・石井一久監督 2年ぶりCS進出もファンの「視線が厳しい」理由とは

     楽天が19日のオリックス戦で3-6と敗れ、リーグ優勝の可能性が完全消滅した。  今季から石井一久GM兼監督が就任。2013年以来8年ぶりのリーグ優勝に向け、開幕前は前評判が高かった。日米通算177勝の田中将大が復帰し、アマ球界№1左腕の呼び声高い早大・早川隆久を4球団競合の末にドラフト1位で獲得に成功。昨季最多勝の涌井秀章、岸孝之、則本昂大とエース級が並ぶ先発陣は「黄金のローテーション」と形容された。だが、シーズンに入ると思うような戦いができない。涌井は状態が上がらずファーム落ちを経験。6勝8敗、防御率5.10で10月に1軍昇格後は救援で起用されている。田中も好投しているが打線の援護に恵まれない登板が多く4勝8敗、防御率3.11。打線も新外国人のディクソン、カスティーヨが機能せず迫力不足が否めない。爆発力がなく、シーズン終盤の優勝争いに絡めなかった。  3位で2年ぶりのCS進出はほぼ間違いない状況だが、楽天ファンの石井監督に対する風当たりは強い。これは2年前の19年に最下位から3位に押し上げた平石洋介元監督(現ソフトバンク打撃コーチ)が1年限りで退任した人事が大きく影響している。球団は翌20年から新設する「2軍統括」のポストへの就任を要請したが、平石元監督は球団を去った。 「平石さんは現役時代に目立った実績はないが、コーチ就任後は勉強熱心な姿勢と選手とのコミュニケーション能力の高さで評判が良かった。星野仙一監督も平石さんを認め、『将来の監督候補』として高く評価していました。監督就任1年目に3位は十分合格点をつけられる。ただ、さらに上を目指す上で石井さんは監督を代えた方が良いと判断したのでしょう。新たに三木肇前監督(現二軍監督)が就任し、新体制で臨む秋季練習前に石井さんが『僕の中では(3位は)3段階に分けたらBクラス』とゲキを飛ばしたことが報道されて話題になった。今ファンの間で取り上げられているのが『3位はBクラス』という2年前のコメントです」(スポーツ紙記者)  SNS、ネット上では「平石さんを『3位以下はBクラス』という理由で解任した張本人が、3位で続投する理由を説明してほしい」、「貴方が監督ならば3位はAクラス。他の人が監督なら3位はBクラス。これは明らかにおかしい。自分が言った言葉に責任を感じて欲しい。結果が出ないのなら貴方も辞めるべき」などのコメントが。  編成権も持つ「全権監督」として采配を振るう石井監督だが、2年契約最終年の来季は厳しい戦いが待ち受けている。 「楽天は選手の名前だけ見れば豪華な陣容ですが、全盛期を超えた選手ばかり。首位争いを繰り広げているロッテ、オリックスに比べて若手も育っていない。今年はBクラスに沈んでいるソフトバンク、西武も来年は目の色を変えて優勝を狙うでしょう。さらに厳しい戦いが待ち受けていると思います」(地元局の関係者)  シーズンはまだ戦いが残っている。リーグ優勝できなかった悔しさをバネに、CSを勝ち抜いて下克上を果たすことができるか。(桜庭嘉男)

    dot.

    10/22

  • 13

    渋野日向子686日ぶり涙のVに丸山茂樹「粘って、素晴らしい優勝」

     ゴルファーの丸山茂樹さんは、久々に結果を残した渋野日向子選手に期待を寄せる。 *  *  *  国内女子ツアーの「スタンレーレディス」(10月8~10日、静岡・東名CC)で、渋野日向子さん(22)が686日ぶりに優勝しました。日米通算5勝を挙げた2019年以来の優勝に、涙もありましたね。  プレーオフに持ち込んで粘って、素晴らしい優勝だったと思います。彼女は大幅なスイング改造に取り組んで苦労してきました。改造したのがよかったのか悪かったのかってのはもう、彼女の中の満足度だけが指標ですよね。言えるのは今回優勝したから改造してよかったというのではなく、今回はまず、ファーストステップとしての証しをつくったということでしょう。  あとはこのパフォーマンスが安定して続くかどうかですね。自分のスイング改造の決断が正解だったとみんなに示すには、もっと頑張らないといけないですね。2年前の全英女子オープンの優勝が衝撃的だったこともあって、渋野選手にかかってくる期待というのは、かなり大きいですから。ここからですね。  国内男子ツアーの「ブリヂストンオープン」(10月7~10日、千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦コース)では28歳の杉山知靖がツアー初優勝を飾りました。この2、3年はいいところにきてたんで、非常にいいゴルフをする選手だなと思ってました。  ここからが彼のゴルフ人生で大事になると思います。何でも一緒でしょうけど、何年も現場で地に足を着けて頑張るってことが大事なことなんで。突発的な優勝ってのは誰にでもありますし、言い方は失礼ですけど1回や2回勝てる人ってのは山ほどいるわけで。でも長年ツアーでビシッと頑張るってことの大切さをしっかりとかみしめて、飛躍していってほしいと思いますね。  母子家庭で育って、お母さんに恩返しをという気持ちが強いみたいですね。まずはプロゴルファーとしていつも戦ってる姿を見せることで、お母さんは喜んでくれると思います。いい親孝行をしていってほしいと思いますね。  さて、2年ぶりに米PGAツアーの「ZOZOチャンピオンシップ」(10月21~24日、千葉・アコーディア習志野CC)が日本で開催されます! 前回の19年はタイガー・ウッズ(45)がツアー記録に並ぶ通算82勝目を挙げて、3打差の2位に松山英樹(29)。非常に盛り上がりました。テレビの解説のお仕事でうかがいますので、いまから楽しみで仕方ないです。  米ツアーの主力選手がどれほど来るかは分からないですけど、僕は英樹以外の日本人選手にも十分チャンスがあると思います。これに優勝すれば一瞬で米ツアーにジョインできるわけですから、こんなチャンスはなかなかない。  海外の選手もそうですけど、日本人選手にとくに、とくに頑張ってもらいたいです。人生を変える試合にしてほしい。日本人選手が上に来れば来るほど、解説にも熱が入ると思います。頑張ってもらいたいですね! 丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表監督を務めた。セガサミーホールディングス所属。※週刊朝日  2021年10月29日号

    週刊朝日

    1時間前

  • 14

    心が疲れたら「行動」を変えるのが有効! 精神科医がすすめる「8つの行動習慣」とは?

     心が疲れていると感じた時、その気分は簡単に変えられませんが、行動は意識的に変えられます。心を回復させる行動を日々の習慣に取り入れてみましょう! 前編「うつ病、不安症になってない? 精神科医が教える「心の疲れ」6つのチェックポイント」に続き、後編として、心を回復させる8つの行動習慣について、精神科医の大野裕先生にお聞きしました。(セルフドクターWebより転載) *  *  * (1)毎日決まった時間に起床。暮らしにリズムを取り入れよう  心と体は一心同体。生活のリズムが上手に整えられると、心にもよい影響が出てきます。特に意識したいのは、起床時間。就寝時間を決めても簡単には寝つけません。朝起きる時間を同じにしてみましょう。毎朝、同じ時間に体内時計がリセットされることで、生活のリズムが整い、体も心も調子が整ってきます。まずはここからスタートしてみましょう!  朝食を食べることと朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。朝起きたらまずはカーテンを開けて太陽の光を浴び、朝食を食べて胃腸を働かせましょう。 (2)不安な気分が続く時は、ちょっと立ち止まってひと呼吸  ざわざわとした気分がしずまらない時や不安な気分の時は、「今ここ」に意識を集中させて心を安定させる「マインドフルネス」がおすすめです。不安になると、人は浅くて速い呼吸をする傾向があります。深くゆっくりとした腹式呼吸をすると、不安を和らげることができます。習慣的に行うと、思考や感情に振り回されにくくなる効果もあります。 <腹式呼吸のやり方>1.ゆっくり1,2,3と数えて息を吸い込む2.同じだけ息を止める3.ゆっくり1,2,3と数えて息を吐く4.息を吐き切ったら、ゆっくり1,2,3と数える間、息を止める (3)始めてみたら意外とスッキリ!体を動かしてみよう  掃除をする気力がなかったのに、いざ始めると止まらなくなり、終わってみると気分もスッキリ。そんな経験はありませんか? これぞ行動が気分を変えている証拠。気分が塞いできたら、散歩をするなど簡単に体を動かしてみましょう。でも「体を動かさないといけない」という決まりにすると、かえってストレスに。気が向いた時に取り組むぐらいの軽い心持ちでチャレンジしましょう。  疲れていて運動が難しい時はベッドの上でストレッチするだけでもOK。無理をせず、心地いいなと感じられればOKです。 (4)五感を研ぎ澄ましてリラックスしよう  いろいろ考え込んでしまい、悩みが堂々巡りしてしまうことがありますよね。そんな時は普段使っていない感覚を使ってみましょう。新しい行動や感覚を体験することで、脳は次なる動きを求めるようになります。結果、新たな視点が得られるかもしれません。例えば、食べたことのない外国の料理を食べてみる(味覚)、新しいアロマに挑戦してみる(嗅覚)などがおすすめです。  散歩中に目に入る、木や花の香り、その日の空気の香りを楽しんでみましょう。毎日続けることで、季節の移り変わりや植物の生長など、身近な変化が心地よい刺激になるかもしれません。  風の音、車の音、子どもの声。慣れているはずの街の雑踏も、聞き分けるといろいろな音が混じり合っています。音に集中することで、ざわざわした気分がすっと落ち着く瞬間を意識してみましょう。 (5)日常から離れていつもの自分と距離をとる  旅行による心の変化は、気分転換という意味だけではなく「今までの自分」と距離をとって「ちょっと違う自分」を育てる意味があります。旅先で触れた価値観によって今までの自分の考え方を客観的に捉えるきっかけにつながります。近場のお出かけでも、新しい体験になるような場所であれば旅行と同じ効果があります。  旅行が難しい時は通勤路などで「初めての道」を選んでみましょう。身近にある非日常からも、新しい発見があるかもしれません。 (6)初めてのことにトライする  仕事や子育て、介護などに精一杯取り組んでいる人は、一段落した時に無気力になってしまうことがあります。1つのことに集中するのはよいことですが、考え方が固定化して客観性がもてなくなることも。そんな時は新しい趣味や初めての習い事などにトライしてみましょう。物事の見方が広がることで、考え方にも柔軟性が生まれ、自分を客観的に見る手がかりになっていくのです。 (7)他の考え方はない?会話で考え方を点検し合おう  考え方の幅が狭くなっている時は「自分は何に傷ついたのか、その時どう感じたのか」を意識的に周りの人に話してみましょう。他の人の視点や考え方を聴き、自分の考え方の再点検を重ねると、新しい見方ができるようになります。気持ちや考え方が整理されていく過程を体感してみて。もし一人の時に悩んだらこの過程を思考の中で再現してみましょう。  オンラインコミュニケーションはすでにニューノーマルになりつつありますが、空気感や表情などのニュアンスが伝わり切らず、ストレスになることも。感染症対策をしながら、やはり直接のコミュニケーションも意識的に! (8)1日1回アウトプット  スマホやパソコンから日々たくさんの情報が得られる現代。脳はすでにオーバーフロー状態です。体だけではなく心も、入れるだけではなくしっかり出す、インプットとアウトプットの循環が必要です。常に情報が入ってくるスマホをオフにし、今日の出来事や感じたこと、自分の正直な気持ちを紙に書き出す時間を作りましょう。日記などを読み返してみると心の整理にもつながります。 【前編から続く】うつ病、不安症になってない? 精神科医が教える「心の疲れ」6つのチェックポイント 監修/大野 裕先生(おおの・ゆたか) 精神科医。1978年慶應義塾大学医学部卒業と同時に、同大学の精神神経学教室に入室。コーネル大学医学部、ペンシルべニア大学医学部を経て、慶應義塾大学教授を務めた後、2011年より独立行政法人(現・国立研究開発法人) 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター センター長に就任。現在は顧問。一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長などを務める。著書に、『心が晴れるノート』(創元社)など。 セルフドクターHP

    セルフドクター

    10/20

  • 15

    【沖昌之】防波堤の上で日の出を待つ茶トラ 今日こそきっといい日になるニャ

     主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気の猫写真家・沖昌之さん。「今週の猫しゃあしゃあ」では、そんな沖さんが出会った猫たちを紹介します。今回は「明けない夜はないって、言いますから。」をお届けします。 *  *  *  3泊4日で行った大分県・深島の撮影旅行は、天気に恵まれて毎日、朝焼けを眺めながら撮影していました。最終日のこの日、ここに乗ってくれないかなと思って、指で防波堤の上をトントンとすると、特に人懐っこい子が飛び乗ってくれて。朝日を反射してきらめいている海をバックに撮影することができました。まだあたりは暗いので、黒目が真ん丸。すばらしくかわいい茶トラさんでした。 沖昌之/猫写真家。主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気。写真集に『必死すぎるネコ』『明日はきっとうまくいく』など。※AERA 2021年10月25日号

    AERA

    14時間前

  • 16

    天龍さんが語る“殿堂入り” 吉永小百合さんにプロレス観戦を断られた過去と「圧倒的」人物とは?

     50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、2019年の小脳梗塞に続き、今度はうっ血性心不全の大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。人生の節目の70歳を超え、2021年9月には「日本プロレス殿堂会」で殿堂入りを果たした天龍さんが伝えたいことは? 今回は前回に続き「殿堂入り」をテーマに、つれづれに明るく飄々と語ってもらいました。 *  *  *  前回に続き、今回も“天龍源一郎の個人的殿堂入り”がテーマだ。今回は俳優、歌手、そしてぶっちぎりで天龍の殿堂入りの人物を紹介しよう。  俳優で個人的な殿堂入り、まずは松方弘樹さんだね。撮影が終わった後もスタッフを連れて飲みに行ったりと、いかにも“映画スター”だ。松方さんの伝説はいろいろ聞くけど、一緒に酒を飲んだ時もかっこよかった!お父さん(近衛十四郎)もスターだったから、それを引き継いだんだね。相撲で言えば、大鵬さんや北の富士さんのような大スター。一緒に飲んだときにそんな姿を見せられて、その在り方を教えられた気がするよ。  それにしても松方さんはきれない飲み方をする人だったね。人に「飲め」と強要しないで、自分のペースで、フランクに話して、心地いい空気を作るんだ。それがいかにも遊び人という雰囲気なんだよなぁ。それでいて松方さんは酒が強かったし、乱れずに、ずっと同じペースで飲んでいて、一方の俺は調子に乗って飲んで一人だけベロベロになってしまった。松方さんが後のインタビューで「酒で唯一負けたのが、天龍源一郎さん」と名前を出していただいて恐縮したけど、遠回しに「あんな乱暴な飲み方をするもんじゃないよ」と諭されたような気分だ。俺は「ほら、飲もう! 飲もう!」「誰か歌え!」という飲み方だから。後になって「あのときは無理やり飲まされて……」と批判されるんだ(苦笑)。  それから高橋英樹さん。俺が相撲に入ったばかりの中学生のころ、二所ノ関部屋の近くに日活の映画館があってよく映画を観たけど、そこで主役として活躍していたのが高橋英樹さんだ。轟由紀子さんがヤクザの女ボスで、英樹さんがその息子で組を受け継ぐ『男の紋章』シリーズだったな。英樹さんはヤクザの親分役で出ていて、ものすごい貫禄があった。中学生だった俺はてっきり、結構なベテランの役者だと思っていたが、英樹さんは俺の6歳上で、当時は20歳そこそこだ。それでいて日活の主役でヤクザの親分を演じているんだから、役者としての貫禄が桁違いだよ。今でもバラエティに出たりと、現役感がすごいよね。  高倉健さんもヤクザ映画から晩年は人情ものに出演して、しっかり役を演じ切って、幅が広い。本当の役者とはそういう人を指すのだと思う。普段と同じようにしゃべって、それを映像で見せて、それが役者だっていうのは違うよ。今の俳優は地で演じているだけで、役に入ってガラっと変わる人って少ないよね。普通のしゃべり方で、映画やドラマとテレビに出演してる時とあまり変わらないし、普段と違う役をやると映画が振るわなかったり、視聴率が悪かったりするもんね。昔の役者はどんな役でもアベレージを保っていたと思うんだよ。  それにしても、役者は雨のシーンでびしょ濡れになりながら何テイクも撮って、監督が気に入らなかったら何度もやり直しさせられて大変だよ。「何十回も撮り直しさせられて、ぶっ殺してやろうかと思った」なんてコメントもたまに聞くよね。俺たちプロレスラーは気に食わなかったらリングの上で発散することができるけど、役者はできないからかわいそうだね(笑)。  そうそう、女優さんでは吉永小百合さんも俺の殿堂入りだね。昔から、ずっとトップを走り続けて、いまだに日本でトップの女優だ。俺は吉永さんと同じジムに通っていたことがあるんだけど、吉永さんはいつも1時間くらいずっとプールで泳いでいて、厳しくシェイプしているんだなって尊敬したもんだよ。それで、ジムに通っている共通の知り合いが吉永さんに「天龍さんもいるし、プロレスを観に行きませんか?」と誘ったんだけど「私、プロレスはちょっと……」と断られたらしいんだ……。それを聞いて、俺の吉永さんのファン度が半分くらいになった。吉永さんは野球が好きで西武球場にはよく行くのに、プロレスはダメなのか、チクショー! って(笑)。あれから年齢も重ねて趣味も変わっているかもしれないから、もう一度誘ってみようかな? 吉永さん、プロレスを観に行きませんかー?(笑)。  ハリウッド俳優ではジョン・トラボルタはいい役者だよね。『サタデー・ナイト・フィーバー』でアイドル的にブレイクしたけど、今でも息の長い役者で活躍している。それから、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロも殿堂入りだ。そういえば二人とも『ゴッド・ファーザー』シリーズに出ているね。今まで何度も観ている映画だけど、テレビで放送しているとやっぱりまた観ちゃう。それぐらい彼らの演技に引き込まれてしまう。何回観てもいい映画だ。トラボルタもアル・パチーノもデ・ニーロも演じてきた役柄とリンクするように、いい感じに老けていくよね。エージェントが付いていて役柄を選んで、それをしっかり演じて、経験を積み重ねた証だろう。  俳優に続いて、歌手の殿堂入りは舟木一夫さんだ。俺が中学2年のとき、夏休みに相撲部屋に見学に来なさいと誘われたとき、舟木さんの「高校三年生」がヒットして、都会に夢を抱いた時とちょうどマッチしたんだ。初めて東京に出てきた時、この歌に後押しされて頑張ったことを今でも覚えている。この曲を聞くと「東京に行ってみたいなぁ」と思っていた俺を思い出して、懐かしい気持ちになるよ。  それから舟木さんの歌は大体聴いているね。その後、プロレスに転向して世田谷に引っ越したとき、近所に舟木さんの家があると知って、わざわざ見に行ったもん。同じく近所のユーミンの家も見に行ったし、高田延彦の家にはピンポンダッシュしに行ったよ(笑)。  最後に、天龍源一郎の圧倒的殿堂入りは、女房の嶋田まき代だ! 天龍のプロレスの伝説や逸話、功績は女房の包容力のおかげで生まれたと言ってもいいだろう。  俺が毎晩飲みに行っても、それをとがめることもなく自由にしてくれた。毎晩飲み歩いて「源ちゃん、毎晩飲んでて、奥さんは大丈夫?」なんてよく心配されたけど、「うちは大丈夫! もっと飲もう」と、いつも言えたからね。そのおかげで当時一緒に飲んでいた仲間と「あの頃は毎日朝まで飲んで楽しかったね」なんて思い出話ができる。  今にして思えば、家でもっと女房とコミュニケーションを取ればよかったんだけど、家で一緒にいると、彼女の方が物知りで、どっしり構えて度胸もあるから、俺の方が“位負け”しちゃうんだよ(苦笑)。だから夕方になると俺がそわそわし出して、女房が「飲みに行きたいんでしょ。行ってきなさいよ」って言うんだ。家では位負けしているけど、外では“プロレスラー・天龍源一郎”として名が知れていて、デカイ顔できるからね(笑)。家では女房の圧に負けるから、外で飲んで、天龍源一郎を見せつけていて、うさを晴らしていたところもあったんじゃないかな(苦笑)。  俺がそこそこ名前が売れて、車が必要だなってなったときにまず国産車を買ったんだ。そうしたら女房が「天龍源一郎なんだから」と、ベンツ560SECを買ってくれたのも嬉しかったね。プロレスラーは夢を与える職業だからって、俺のことを理解して突き進ませてくれた女房に感謝だ。まるで勝新太郎さんと中村玉緒さん夫婦のようだろう。勝新さんが好き勝手できたのも、玉緒さんがしっかり支えてくれたからだ。勝新さんも晩年は「うちの玉緒が~」と奥さんに感謝しているようだったもんね。うちと一緒だ。今の俺は春先のつららと一緒で、ぽたぽた水が垂れて先細る一方だ(笑)。  女房と結婚して俺の性格も変わったと思う。相撲からプロレスに転向して、坂道を転げ落ちそうな時、踏みとどまらせてくれたのも女房だ。もう、俺だけじゃなくてみんなの「プロレスラーの女房の殿堂」も作ればいいんだよ。そうしたら嶋田まき代は間違いなく殿堂入りだ! まさに“これがおいらの恋女房”だね。 (構成・高橋ダイスケ) 天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす。

    dot.

    1時間前

  • 17

    自民64議席減の予測 石原伸晃 下村博文、萩生田光一も当落線上か

     天下分け目の衆院選が近づきつつある。新総裁のもとでイメージを一新した自民党に、野党は今回もしてやられるのか……いや、そうとも限らない。過去のデータを分析すると、野党共闘の成立次第で勝敗はガラッと変わることがわかってきた。 *  *  *  コロナ禍の拡大で国民から総スカンを食らった菅義偉政権。衆院議員の任期満了が10月21日に迫るなか、自民党は近年では最大の危機を迎えていた。ジャーナリストの二木啓孝氏は言う。 「8月ごろに自民が実施した衆院選の情勢調査は『60議席±10減』という衝撃的な結果だった。二階俊博幹事長が8月末にその資料を持って菅義偉首相と官邸で面会。この数字が退陣の決定打になったと言われています」  次期衆院選の定数は465。過半数確保には233議席が必要だ。自民の現有議席は275で、43議席減らすと自民単独過半数割れ。また、公明党の現有議席は29。自公両党で合計72議席減ると与党過半数割れとなる。自民にとって“政権からの転落”が現実味を帯びていたのだ。  進退窮まった菅首相は9月3日に総裁選不出馬を正式表明。11月までに実施される衆院選は新しい首相・総裁のもとで実施されることとなった。その後は連日、メディアをジャックした「総裁選ショー」で菅政権の失政は“リセット”され、またも与党は安泰……という結果になるのだろうか。  だが、次の衆院選は前回と決定的に違う点がある。前出の二木氏は言う。 「2017年の衆院選で与党が圧勝したのは、選挙直前に民進党(当時)が希望の党と立憲民主党に分裂し、混乱の中で共産党との選挙協力も進まず、野党候補者が乱立したから。今回は前回ほど野党候補者の分裂選挙にはならない。自民は決して安泰ではなく、『どれだけ負けを減らせるか』の戦いになるでしょう」  そこで本誌は、17年衆院選で仮に野党候補者の一本化ができていた場合、選挙結果がどうなっていたかをシミュレーションした。なお、国会で与党寄りのスタンスをとり、立憲らと明確に距離を置く維新の会は、野党候補の票に合算していない。  その結果は衝撃的なものだった。野党の合算票が、勝利した与党候補者の票を上回った小選挙区は64。なかには、石原伸晃元幹事長(東京8区)、下村博文政調会長(東京11区)萩生田光一文部科学相(東京24区)、上川陽子法相(静岡1区)など、現職大臣や要職経験者といった“大物議員”も複数含まれていた。  さらに、17年衆院選と19年参院選で与野党が拮抗した選挙区や、保守分裂選挙になりそうな選挙区など13選挙区を抽出した。この合計77選挙区が、与党の「“落選危機”リスト」だ。仮にこれらの選挙区をすべて落とせば、「自公で過半数割れ」もあり得る。  個別の選挙区事情を見ても、与党が安泰でないことがわかる。永田町関係者は言う。 「香川1区の平井卓也デジタル担当相は、立憲の小川淳也衆院議員と拮抗している。小川氏を主人公にしたドキュメンタリー映画がヒットしたことで、メディアへの露出も増えた。与野党逆転があるかもしれない」  東京9区は菅原一秀前経産相が違法な寄付で略式起訴され自民を離党。自民は候補者を立てられず不戦敗の公算大だ。  石原伸晃氏だけではなく、弟の宏高衆院議員(東京3区)もリスト入りしている。 「東京3区は立憲の松原仁衆院議員が保守層にも浸透している。野党一本化が実現すれば、伸晃氏と一緒に兄弟で危ない」(自民党関係者)  広島3区からも目が離せない。二木氏は言う。 「河井克行元法相の選挙買収事件を受け、公明の斉藤鉄夫副代表が候補者になりましたが、選挙戦で手足になる主だった自民系地方議員のほとんどは河井氏から現金をもらっていて活動ができない。4月の参院広島選挙区の再選挙も野党候補が勝利している。斉藤氏はかなり厳しい」  野党が決して非力でないことは、次のデータからも読み取れる。  17年衆院選で全国の比例得票数は、自公が計約2553万票なのに対し、立憲・希望・社民・共産は計約2611万票で野党が上回っていた。  19年参院選の結果を見ても、リストにある宮城、秋田、長野、静岡、愛知、滋賀、京都、大分は野党の合算票のほうが多い。東京は与党が上回ったが、得票率の差はわずか1.8ポイント。同じく与党合算票が上回った千葉と神奈川も、その差は5ポイント未満だ。北海道では、知名度の高い高橋はるみ前北海道知事が自民から出馬した影響で選挙区票は与党が上回ったが、比例票は野党のほうが多かった。  もちろん、野党がその“潜在能力”を発揮するには、まだまだ突破しなければならない壁がある。  一つは自民党新総裁が誕生した際の「ご祝儀相場」だ。昨年、菅首相が誕生したときも内閣支持率は一気に6割以上まで回復した。政治アナリストの大濱崎卓真氏は言う。 「メディアでは総裁選ばかり取り上げられ、野党の存在感は埋没している。しかし、総裁選後は臨時国会が開かれ、代表質問も実施される可能性が高い。野党は総選挙に向け、早めに争点を設定しておく必要があります」  最大の問題は、野党が候補者を一本化できるかだ。現在、次期衆院選の289選挙区のうち、立憲の候補が共産、社民、れいわと競合する選挙区が70以上残っている。前出の大濱崎氏は言う。 「菅首相の不出馬表明で与党有利な状況になり、共産や国民も比例票狙いで候補者を多く立てたいという考えが強くなっている。あと1カ月程度でどの程度まとまるかです」  野党候補の一本化を目指すため、立憲の平野博文選対委員長は9月24日、同党の小沢一郎衆院議員に共産党との交渉役を依頼した。過去の失敗から学習し、力を結集できるのか。それ次第で、11月以降の政治風景は激変する。(本誌・西岡千史、池田正史) ※週刊朝日  2021年10月8日号

    週刊朝日

    9/29

  • 18

    自宅にいる作家から作品の魅力を聞けるギャラリー コロナ禍でも対話を楽しめる工夫

     新連載「アエラ to SDGs」では、2030年までに達成するべき目標として国連が定めた17のゴールSDGs(エス・ディー・ジーズ)について毎回一つずつ写真で表現し、私たちが考えるべきこと・できることは何かをテーマにお届けします。 *  *  *  東京・南青山にある写真専門ギャラリー、NADAR(ナダール)は、コロナ禍でも来場者が楽しめるよう、リモートで出展者と対話できるシステムを取り入れた。9月15~26日に個展を開いた岩本美和子さんも、自宅から作品の解説にのぞんだ。「来場していただいたお客様と距離を感じることなく、スムーズにコミュニケーションを取ることができました」と手応えあり。(写真・戸嶋日菜乃/文・米谷陽一)※AERA 2021年10月25日号

    AERA

    1時間前

  • 19

    人気102社が採用したい大学 コロナ禍での就活は早慶が「全業種」で圧倒、女子大はきめ細かさで対応

     コロナ禍が直撃した今年春の就職状況が明らかになった。採用を中止・縮小した業種もあり、翻弄された学生は多い。大学はオンラインを活用してどう対応したのか。AERA 2021年10月25日号は「採用される大学」特集。 *  *  *  2023年春の就職を目指す50人の大学3年生や大学院生が10月上旬、就業体験(インターンシップ)先を探すために東京都内の会場に集まった。就職情報サイトを運営する「学情」主催のマッチングイベントだ。休憩時間は静か。隣と話す人もいない。「新型コロナウイルス対策のためか、まだ慣れずに緊張しているからか、だと思います」(主催者)  それでも、企業に質問する姿勢は例年どおり活発だった。 「リアルなイベントはほとんどありません。貴重な機会だと思って参加しました。他の人の質問が具体的ですごいと思うところもあったし、自分が今、どの位置にいるのか確認できたと思います」(立正大学の男性) 「コロナ禍でも売り上げを伸ばし、安定している食品メーカーを志望しています。いろんなインターンシップに参加して情報収集しています」(東京理科大学大学院の女性)  イベントに出展したキッコーマンの採用担当、井元優吾さん(24)はこう語る。 「昨年の21年卒(21年春入社)の学生から面接はすべてオンライン選考です。画面越しでは実際の雰囲気と異なる場合もあるため、少し不安はありました。でも、入社した社員は例年と遜色ありませんでした」 ■状況は大きく変わらず  コロナ禍が直撃した21年卒の就活の結果を見てみよう。就活生に人気の企業102社がどの大学から何人を採用したか、大学通信の協力を得て一覧にした。その企業のなかで最も採用数が多かった大学を赤色、採用数で5番目までの大学を青色、そのほか10人以上が採用された大学を黄色で示した。ほぼ全業種で早稲田大学や慶應義塾大学が強いことなどが、ひと目で分かる。ただ、卒業者数は大学ごとに大きく異なるので、比べる際は注意してほしい。  数字をまとめた大学通信調査部長の井沢秀さんが分析する。 「状況は大きく変わっていません。メガバンクは縮小傾向ですが、自動車、電機メーカーは安定しており、難関大学から採用しています。医薬品系はやはり医学部、薬学部のある難関国立大が強い傾向です」  就職情報会社ディスコによると、10月1日時点の21年卒の内定率は88.6%と高水準で、コロナ禍前の20年卒を1.9ポイント下回った程度だった。  コロナ禍で航空・旅行業界は採用を中止したり減らしたりしたところが多い。両業種に多数の人材が輩出してきた明治大学の就職キャリア支援センター、原口善信さんは明かす。 「低学年の頃から強く志望する学生たちには特にダメージが大きかったです」  同大では、例えば全日本空輸(ANA)への就職者数は20年卒16人から21年卒1人と大幅に減った。 「21年卒は『これから航空会社にエントリーシートを出そう』というときにコロナ禍で就活が中断しました。採用があったのは、JAL(日本航空)とANAではパイロット職などに限られました。航空業界に絞っていた学生は他の業界を見ようにも人気企業はすでに選考が始まっていることが多かったです」  それでも、全業種で見ると全学部就職内定率は90%以上を維持。前年度とほぼ変わらない結果となった。コロナ禍で、大学は学内ガイダンスや個別相談をオンラインで対応し、学生を支援した。  航空業界は来春の22年卒の採用もほとんどない。原口さんは「なぜ航空会社に入りたいのか」と学生たちに問いかけてきたという。 「そうすると、別の業界でも思い描いたことをできると気づきます。例えば、人を喜ばせることが好きなのであれば、エンタメ業界なら近いことができるかもしれないと、芸能事務所、ブライダル業界、テレビ制作会社、ゲーム会社に入った学生もいました」 ■知名度にこだわらない  9月末に緊急事態宣言が解除され、10月から対面の面談を再開した。原口さんは言う。 「対面とオンラインを組み合わせて、より丁寧なフォローをしていきたいと思います」  青山学院大学も、航空・旅行業界に多くの卒業生を送り込んできた。例えば20年卒を見ると、ANAには調査対象52大学で最多の41人、JALには同3番目の32人が入社した。同大は20年4月、全4年生を対象に緊急アンケートを実施。すぐに約10%にあたる約500人から「不安で就職活動が進められず相談したい」という回答が寄せられた。進路・就職センターの祖父江健一事務部長はこう話す。 「就職活動へのモチベーションをどうしても持てない学生は例年数%はいますが、コロナ禍で10倍に。職員がすぐに電話をかけて相談を受け始めました」  一方で、学生から「隠れた良い企業はどこですか」と問われることが増えたという。 「学生は名前を聞いたことのあるBtоC(消費者向け)の企業ばかり見てきましたが、こうした企業は景気や社会の影響を受けやすいと考え、BtоB(法人向け)の企業にも目を向け始めました」  コロナ禍前、同大から10人以上就職した企業は毎年30社以上あった。だが、21年卒はその数が3分の1に減って就職先が散らばった。航空・旅行業界を目指していた21年卒の女性(23)は法人向けに顧客管理事業を展開する企業に就職し、営業職として働いている。 「行きたかった企業に挑戦することもできずに悔しかったけど、就職センターの職員さんに何度も相談に乗ってもらい、最終的には働いている方々の人柄で決めました。仕事で様々な業界に携われるのが面白いし、(働く時間を自由に決められる)フルフレックスタイム制で働きやすい。今の会社に満足しています」 ■不安のなかでも諦めず  関西学院大も航空業界に強い。20年卒のJALとANAの就職者数は計48人いた。だが、21年卒はJALへの3人にとどまった。その状況下でも国際学部4年の片山理咲子さんは、パイロット訓練生で内定を得た。 「コロナ禍で、22年卒の採用は全てなくなってしまうのではないかと思いましたが、諦めずに大学のキャリアセンターを活用して、先輩たちに話を聞きに行きました。話を聞けば聞くほど、社員一丸となって飛行機を飛ばしてお客さまに喜んでいただくという仕事の魅力に気付かされ、チームで何かを達成することにやりがいを感じる自分にフィットしていると思いました」  女子大もコロナ禍のあおりを受け、21年卒の平均実就職率(大学通信調べ)は4.3ポイントも下げた(大学全体で3.3ポイント低下)。就職情報を提供するマイナビの編集長、高橋誠人さんはこう語る。 「もともと女子大は99%以上の就職率を誇る学校があるくらい、就職の強さが売りでした。しかし、女子大で人気の航空・旅行業界はコロナ禍で就職が厳しくなりました。さらにコロナ禍前からメガバンクへの就職は、DX(デジタル化による変革)、AIの導入による無人化の方向で一般職の人数が絞られています」  例えば、同志社女子大学は21年卒の就職内定率を1ポイント以上落とした。JALやANAは毎年20人近く入社する最大の就職先だったが、21年卒は0人だった。同大を今春卒業した神奈川県在住の女性(23)も、当時は航空業界を志望していた。 「周りには航空業界を志望する人が多かったです。航空業界の就職がなくなり、燃え尽きて一時は『就活をお休みするね』という友だちもいました」  同大キャリア支援課の西岡慎介課長は、コロナ禍前からあった一般職採用の減少の影響が最も大きいと言う。 「総合職への就職は共学の学生との戦いになりますが、女子大の丁寧さを生かした支援に力を入れています。大人数のセミナーだけでなく、学生がエントリーシートを実際に書いてみる少人数講座も開いています」  東京女子大学キャリア・センター課の森田光則課長も、学生の支援に苦慮してきた。 「女子大はきめ細やかな対応が強みですが、コロナ禍で学生が学内に入れなくなりました。オンラインで説明会などを開きますが、学生とのつながりが薄くなりました。学生の今の状況が十分にわかりません」  そこで、ウェブサイトでチャット相談を開始した。 「コロナもあるから早く動く学生もいれば、どうしたらよいか分からず動けない学生もいて二極化が心配です。いつでも質問できるよう、24時間自動応答の機能にしました。込み入ったことなら、キャリアカウンセラーがチャットで応対する機能もあります。そこからオンラインの個別相談にもつなげられています」(森田課長)  写真投稿アプリ「インスタグラム」のライブ配信機能「インスタライブ」のようなイメージで、職員がオンライン上に登場して、学生たちの前でチャット相談に答えることも始めた。(編集部・井上有紀子、深澤友紀) ※AERA 2021年10月25日号より抜粋

    AERA

    10/22

  • 20

    BTS躍進の背景に「海外で働く」韓国人のルーツ 芸能関係者が「日本を羨ましがる」理由とは

     9月20日、人気グループBTS(防弾少年団)が国連総会でスピーチを行った。韓流文化が世界を席巻している背景には、朝鮮戦争後の活路のひとつとなった移民や、自国での激しい競争がある。AERA 2021年10月25日号から。 >>前編:BTSを生んだ韓国の壮絶な競争社会 「努力、努力」と「レベルが違う」パフォーマンス より続く *  *  *  韓国の人々にとって海外で働くことは、昔から慣れ親しんだ世界でもあった。  韓国は朝鮮戦争(1950~53年)で国土が廃墟と化した。60年代末ごろの韓国の1人あたりGDP(国内総生産)は日本の5分の1程度だった。極貧の生活を強いられた人々が見いだした活路の一つが、海外への出稼ぎ労働や移民だった。  戦後の激動期を描いた韓国映画「国際市場で逢いましょう」(2014年)では主人公が弟の学資を稼ぐため、西ドイツへ炭鉱労働者として出稼ぎに出る姿が描かれた。1987年11月に北朝鮮工作員により爆破された大韓航空機858便に搭乗して犠牲になった乗客104人のほとんどは、中東から祖国に戻る途中の出稼ぎ労働者だった。  そして、韓国のベテラン俳優ユン・ヨジョンが、今年のアカデミー助演女優賞に輝いた映画「ミナリ」は、1980年代の米国南部アーカンソー州を舞台に苦闘する韓国人移民のファミリーを描いた。  米国に住むコリアンアメリカンは2019年時点で、約191万人にのぼる。15年の国勢調査で約141万人だった日系米国人を上回る。戦前から移民が盛んだった日系に比べ、韓国系の人々が自由に移民できるようになったのは1960年代から70年代にかけての頃からだった。生活難に加え、朴正熙政権の軍事独裁による政情不安もあった。多くの韓国人が「自分が苦労してでも、子どもに良い教育と仕事を与えたい」と考え、米国への移民を希望したという。映画の背景になった80年代は移民が盛んな時期で、劇中でも「1年間に3万人がやってくる」という説明がある。 ■「海外で働く」が常に選択肢にある  上述した30代のコリアンアメリカンは「周囲の韓国系女性には熱狂的なARMYが何人もいる。BTSの公演やニュースがあれば、インスタグラムやツイッターを使い、英語で拡散している」と語る。  韓国で英語教育熱が高いのも、「海外で働く」ことが選択肢になっているからだ。韓国企業が入社希望者に求めるTOEICの最低スコアが700点。韓国の大学生から「良い会社に入りたかったら900点は必要だ」と聞かされたこともある。「海外で働く」選択肢を常に頭に入れている韓国の風土が、韓流文化の海外進出を下支えしている。  もちろん、だからといって世界的なスターになることは簡単ではない。上述した韓国芸能担当記者は「BTSは、世界の時代の流れにうまく乗った」と語る。この記者によれば、米ビルボードで2017年ごろ、ラテンポップが大きく躍進した。BTSの曲もラテンポップの要素が取り入れられているという。記者は「BTSの曲は良く言えば洗練されているが、やや難しいとも言える。でも、世界で好まれる音楽の流れをうまく取り入れたことが、世界的なスターになる契機になった」と語る。BTSはソーシャルメディアもうまく使いこなした。メンバーが撮影した写真を投稿することで、ファンとの距離を縮めた。  では、日本からBTSのようなスターは誕生するだろうか。  上述の記者は「日本は内需市場が強い。韓国の芸能関係者は皆、日本をうらやましがっている」と語る。  ただ、OECDによれば、2020年の日本人の実質平均年収は3万8515ドル(約450万円)。米国の6万9392ドル(約780万円)はもちろん、韓国の4万1960ドル(約470万円)にも及ばない。最近では、国際機関に出向すると給与が上がるとして喜ぶ日本政府関係者も少なくない。  岸田文雄首相は10月8日の所信表明演説で「新しい資本主義の実現」を目指すとし、「大切なのは、成長と分配の好循環です」と語った。だが、政府関係者の間からは「世界のどの国も実現できていない。単なる理念だけで終わりはしないか」と危ぶむ声が起きている。日本が経済的に行き詰まれば、米国への移民がブームだった1980年代の韓国と同じような状況が生まれるかもしれない。(朝日新聞記者・牧野愛博)※AERA 2021年10月25日号より抜粋

    19

    AERA

    19時間前

  • 1

    眞子さまと小室圭さんは結婚後、皇居に足を踏み入れることはできるか “サーヤ”黒田清子さんご夫婦との違い

     秋篠宮家の長女、眞子さま(29)との結婚を控えた小室圭さん(30)は18日、秋篠宮邸がある東京都港区の赤坂御用地を訪れ、秋篠宮ご夫妻に結婚のあいさつをした。眞子さまは22日に天皇・皇后両陛下、25日に上皇・上皇后両陛下に結婚の報告をするという。皇室ジャーナリストの神田秀一氏にこれらの予定ついて、その意味を読み解いてもらった。  小室さんは18日午前8時前、横浜市内の自宅マンションからスーツ姿で出てきた。右手にはカバン、左手には白い紙袋2つを持っていた。   「秋篠宮家に持っていく手土産とご夫妻や宮内庁に見せるための書類などが入っていたのではないでしょうか。アメリカで用意した手土産かもしれませんが、どんな中身かはわかりません」   後頭部で縛っていたロン毛は短く整えられていた。  「小室さんは髪型でいろいろと騒がれましたし、秋篠宮家に正式な挨拶に行くのですから、きちんとした髪型にしたのでしょう。皇室であのような頭髪であいさつをする慣習はないんですよね。民間人が皇族に会うのですから、切らざるを得なかったのでしょう」    神田氏が着目したのは小室氏を出迎えた黒いワゴン車。午前9時15分ごろ、赤坂御用地の巽門(たつみもん)へと入って行った。  「車には、宮内庁発行の門鑑(もんかん)がステッカーとしてついていましたね。ということは宮内庁が、小室さんが秋篠宮ご夫婦に会いに行くことを認めたのです。アメリカから帰国し、結婚を進める上で、あいさつだけはしておかなければ、という小室さんの考えと、宮内庁の意見が一致したのでしょうね」    8日後に迫った結婚。秋篠宮ご夫妻は、2人の結婚を認めたのだろうか。  「憲法の規定により、日本人であれば両性の合意に基づく結婚そのものをダメだとは言えない。秋篠宮ご夫妻も宮内庁も政府も同じ考えです。しかし、結婚は認めるものの、その前に解決しなくてはいけないこと、あるいは報告を受けなければいけないことがいろいろあると思います。それは今のところ未解決のままなので、秋篠宮さまとしては『挨拶にはおいでになってもかまいません。聞くことは聞きましょう。いらっしゃるというのなら待っております』というスタンスで、そこまでは許したのだと思います」    眞子さまと小室さんは3年2カ月ぶりに再会した。  「私の得た情報では、小室さんが秋篠宮ご夫妻にあいさつしをして30分後くらいに、秋篠宮邸のどこか別室で眞子さまと小室さんが会うことを許してもらえたと聞いています。眞子さまの部屋かもしれませんね。佳子さまがいらっしゃったかもしれませんが、2人だけの可能性が高いと思います」   眞子さまは22日、皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下に結婚を報告し、25日には東京都港区の仙洞仮御所を訪れ、上皇陛下と美智子さまにも結婚を報告する予定だ。現時点でそれに小室さんが同席する予定はない。  「一般の結納にあたる『納采の儀』も行っていませんし、皇籍を離脱する際に支給されるはずの『一時金』も眞子さまは辞退なさった。小室家を巡る諸問題も解決されていないので、天皇・皇后両陛下は眞子さまからの結婚報告を受けても、『体に気をつけて、元気で』とか『健康でお幸せな日々をお祈り致します』とお伝えするのにとどまるのではないでしょうか。『おめでとう』とおっしゃることはできないと思いますよ」   眞子さまは26日に婚姻届を自治体に提出し、皇籍を離脱する予定。今後、皇室との距離はどうなるのだろうか。  「皇室としての結婚を許したわけではないけれども、2人の意思で一緒になるならば致し方ないということ。もう2度と皇居に足を踏み入れることが許されなくなる可能性はありますね。サーヤの愛称で親しまれた黒田清子(さやこ)さんも結婚して皇籍を離脱しましたが、お相手の黒田さん一家には何の問題もないし、清子さんは皇室とゆかりのある伊勢神宮の祭主を務めているので、皇籍離脱後も皇居を訪れています。けれども、眞子さまの場合は、黒田さんご夫婦と同じようにはならないでしょう」    26日に予定されている記者会見はどのようなものになるのだろうか。  「報道陣と宮内庁の係官が合わせて50人くらい集まるのではないかと聞きます。警備も、コロナ対策も万全なホテルというのは限られてきます。宮内記者会、雑誌協会、外国人記者クラブで合計3問くらいの質問ではないか。それ以上、質問の声を上げ続ける記者がいるかもしれませんが、『本日の会見は終了します』と打ち切るでしょう。政治家でも誰でも、長く話すとボロが出るものですから」   会見に先立ち提出される自治体への婚姻届けについて、神田氏は次のように推測する。  「秋篠宮家から命令を受けた職員が、小室夫妻になる2人の代理人として、自治体の戸籍係のところに持って行くというふうに聞いています」   会見後、 眞子さまは年内にも渡米し、ニューヨークで新生活を始めるとみられている。お2人の行く末は……。  「ヨーロッパの王室ではこのくらいのことはあるレベルのことのようですが、日本の皇室では前代未聞の事態で、眞子さまは離婚しても、もう皇族には戻れません。幸福になるか、不幸になるかはチャレンジしてみなければわからないですね。結果は誰にもわかりません」 (AERAdot.編集部 上田耕司』

    dot.

    10/18

  • 2

    現役引退する松坂大輔の妻・柴田倫世への誹謗中傷「度を超えている」と球界で怒りの声

    「平成の怪物」の現役最後の登板。全盛期の姿には程遠い。それでも懸命に右腕を振る西武・松坂大輔の姿に心を揺さぶられた。  19日の日本ハム戦。親交のあるEXILEの「real world」が登場曲で流れる。背番号18がマウンドに歩を進めると、スタンドから大きな拍手が注がれた。投球練習では右足でプレートの土を払う仕草。全国の野球少年がまねたルーティンを見るのもこれが最後だ。代名詞のワインドアップから投げ込む。横浜高の後輩・近藤健介に投じた5球の最速は118キロ。私たちが想像していた以上に松坂の体はボロボロだった。鮮烈なプロデビューを飾った1999年4月の日本ハム戦。片岡篤史に155キロの直球で空振り三振を奪った。引退登板でも対戦相手に思いを込めた直球を投げ、現役生活に幕を下ろした。  横浜高でエースとして3年春夏の甲子園で全国制覇を達成。98年ドラフト1位で3球団競合の末、西武に入団すると、3年連続最多勝など8年間で108勝を積み上げ、レッドソックスでも2007年に15勝、08年に18勝と、28歳の時点で通算141勝をマークした。第1回、第2回大会と連覇を飾ったWBCでも日本のエースとして2大会連続MVPに輝いた。だがその後は右肩、右ひじなど度重なる故障に苦しんだ。日本球界復帰した15年からのソフトバンク在籍3年間で未勝利。中日に移籍初年度の18年に6勝をマークしてカムバック賞を獲得したが、19年は右肩の故障が響いて未勝利に。古巣・西武に14年ぶりに復帰した昨年は7月上旬に右手のしびれを取るため、内視鏡による頸椎周辺の内視鏡手術を受けたが完治せず、昨季、今季と1軍登板なし。現役後半の13年間は度重なる故障で計29勝に終わった。  松坂は最後の登板前に行われた記者会見で、引退を決断した胸中を語っている。「キャンプが始まって、もうそろそろ打撃投手をやって、ファームの試合に投げられそうだね、というところまできた。そんな話をした矢先に、ブルペンでの投球練習の中で何の前触れもなく、右打者の頭のほうにボールが抜けた。それがちょっと抜けたんではなく、とんでもない抜け方をして。そういう時、投手は抜けそうだなと思えば指先の感覚で引っかけたりするんですけど、それができないぐらい感覚がなかった。そのたった1球でボールを投げることが怖くなってしまった」。  投げることが大好きだった男が投げることに恐怖を感じた。その苦しみは想像できないものだろう。  よどみなく話していた松坂が珍しく感情をあらわにしたのは家族に質問が及んだ時だった。しばらく言葉が出ず、目に涙があふれた。「辞めると報告したとき、泣いていた。妻に電話をしたら息子がいて『長い間お疲れさまでした』と言ってもらった。いい思いをさせてあげられたかもしれないけど、家族なりにストレスもあったと思う」  松坂が年俸に見合う働きができなかった現役後半はネット上で批判を超えた誹謗中傷のコメントが常態化して見られるようになった。松坂だけではない。04年12月に結婚した元日本テレビアナウンサー・柴田倫世さんに向けられた誹謗中傷の書き込みも多く見られた。  西武OBは松坂の心境を慮る。  「自分自身に向けられた批判なら結果を出していないからと割り切れる部分はあるが、家族に向けて見るに耐えられないコメントが大量に書き込まれるのは本当に辛かったと思う。大輔から笑顔が消えたのはケガで思うような球が投げられなかったからだけではない。奥さんや家族に対しての書き込みは明らかに度を超えていた。心もボロボロだったと思います」  松坂は引退会見でこう語っている。 「これまでは叩かれたり、批判されることに対して、それを力に変えて跳ね返してやろうってやってきたけど、最後はそれに耐えられなかった。もう最後、本当に心が折れたというか、今まではエネルギーに変えられたものが…受け止めて跳ね返す力がもうなかったですね」   西武OBのG.G.佐藤氏は19日に自身のツイッターで、「松坂大輔ほど実績があって、お金を稼いでる人でも誹謗中傷を相手に心を折る。それくらい誹謗中傷っていうのは恐ろしい。誹謗中傷は止めよう。そして、悪意がなくても投稿する前に『これは相手が傷付かないかな?』と一旦考えよう」と呼びかけた。  結果が出なければ批判されるのはスター選手の宿命といえる。ただ、松坂や家族に対して人格否定のようなコメントがSNS上で数えきれないほど見られたのも事実だ。批判と誹謗中傷は違う。SNSの無い時代だったら、これほどのストレスは受けなかっただろう。松坂が記者会見で語った言葉を受け止めなければいけない。(松木歩)

    2

    dot.

    10/21

  • 3

    小室圭さん帰国便同乗者が目撃した姿「彼はまるでエグゼクティブ」 自宅前では深々とお辞儀

    颯爽と歩きながら、小室圭さんがアメリカから帰国した。日本の地を踏むのは2018年8月に渡米して以来、3年2か月ぶりだ。  成田空港は多数の報道関係者が集まっており、ピリピリムード。報道陣に対して、カメラのフラッシュ禁止、声掛けも禁止といった規制が敷かれていた。報道関係者からは「どうして?」と不満の声も漏れていた。  午後3時20分過ぎ、成田空港に飛行機が到着。一般客が飛行機から降りたあと、小室さんが、報道陣の前に姿を現した。警護と思われる男性やキャビンアテンダント(CA)の女性などに囲まれていた。キャリーバックを転がしながら、白マスクに、濃紺のスーツ、ストライプの入ったシャツ、ノーネクタイといういで立ちで、髪の毛は後ろに縛っていた。  飛行機から出てきた小室さんは報道陣に一礼したあと、新型コロナウイルスの抗原検査、そして入国手続きに進んだと見られる。  小室さんは機内でどのような様子だったのか。偶然、同乗していた男性(51)に話を聞くことができた。 「私がファーストクラスで座っていると、ドアが閉まるギリギリになって小室さんが搭乗してきました。まるでエグゼクティブのようでした。後ろの髪を結っていたので、すぐに彼だとわかりましたね。彼一人に女性CAが2人くらいついて、会話しながら案内されて入ってきました」  当初はエコノミークラスのチケットを買ったと報じられていたが、この男性はこう語る。 「右の列のビジネスクラスの前方の席で、窓際に座っていましたね。私の席から右斜め後ろのほうの席でした。ただ、カーテンでファーストクラスとは仕切られていたので彼の表情などはわからなかったです」  男性は飛行機から降りた後、抗原検査のために、大きめの部屋に移ったという。40分ほどその部屋に滞在したが、そこに小室さんの姿はなかった。 「今か今かと待っていたのに、残念でした」(男性)  そのころ、到着ロビーには多数の報道陣のほか、「皇室系Youtuber」といったタスキをかけた人物や一般客も小室さんの姿を一目見ようと集まっていた。その数、50~60人ほど。  津田沼から来たという白髪交じりの一般男性は手にハンディカムを持ち、小室さんを待ち構えていた。妻に頼まれて自宅で見るために撮りに来たという。  しかし、小室さんは一般客が使う到着ロビーを通らず、地下駐車場から車に乗り込み、成田空港を後にした。「地下駐車場から空港を出たらしい」と男性に知らせると、「こんなに待っていたのに……」と不満げな様子だった。  小室さんを乗せた乗用車が向かった先は、母・佳代さんが住む横浜の自宅だった。自宅前は朝から報道陣が詰めかけ、警察は臨時の派出所を設置し、周辺警備に当たるなど、ものものしい雰囲気が漂っていた。夕方には100人を超える報道陣が押し寄せており、ベランダから様子を一目見ようとする住民の姿も見られた。  19時過ぎ、小室さんを乗せた車が到着。警察が後部座席のドアを開け、車から出てきた。小室さんは、報道陣から「どんなお気持ちですか」と声を掛けられたが、反応は示さず、自宅マンションの入り口で2回ほど深々とお辞儀をして、黒いスーツを着た男性らと中に消えていった。  近くに住む60代の男性はこう語る。 「ヘリコプターの音がすごくて『何事か』と思って見に来た。3年前の婚約会見後のときと同じような状況だと感じましたね。小室さんがニューヨークに行ってからは、静かになっていたんだけど……。またしばらく騒々しくなるのかなと思っています。どの家庭も問題を抱えていますし、小室さんと眞子さまも早くアメリカで幸せになってほしいですね」    小室さんは今後、自宅で2週間の隔離を終え、その後、記者会見に臨むと見られている。果たして何を語るか。注目が集まる。 (AERAdot.編集部/上田耕司、飯塚大和、吉崎洋夫)

    dot.

    9/27

  • 4

    眞子さまの結婚どう思う? 瀬戸内寂聴が27歳スタッフに質問した結果

     半世紀ほど前に出会った99歳と85歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。*  *  *■横尾忠則「スジ金入りの肉体的朦朧体、大観より本格派です」 セトウチさん 耳が聴こえなくなったと言うと、「きっと作品が変るわよ」と、ベートーベンじゃあるまいし、変なことおっしゃると、その時はそう思いましたが、本当に変ったんです。その変り方が理に適(かな)っているといえば適っている。つまり聴こえないことは、音の輪郭が失くなることです。そうなると音が朦朧(もうろう)となって、横山大観の朦朧体の絵のように音がボケて聴こえるんです。耳がボケると、日常生活もボケて、曖昧模糊(あいまいもこ)となって、したことと、してないことの区別もわからなくなるんです。つまり虚実の区別ができなくなって、夢で見た仕事の依頼を、本当に依頼されたと思って、やっちゃったりするんです。ボケの症状に似てるけれど、ボケ老人になったんではなく耳のせいだと理解しているので、そこはまだ理性がコントロールしています。 ハイ、絵の話だったです。大観は思想で朦朧体を描きましたが、僕はスジ金入りの肉体的朦朧体なので、思想のようなチョロコイ考えではなく、肉体的ハンデキャップによる堂々たる自然体派です。大観よりこっちの方が本格派です。そんなわけでセトウチさんの大予言は的中しました。 先っきも言いましたが境界線が失くなるということは自由のキャパシティも拡張したことになります。近代人は何でもかんでも境界線を引いて、全てを分業化します。縄文時代はひとりの人間が、多面的に物事をこなしていました。狩猟(しゅりょう)も農業も、漁業も工芸も、子育ても、教育もひとりでするという、境界線をはずした労働生活です。現代のような役割分担などしません。正に多義的です。越境した狩猟社会です。 難聴が与えてくれた神の恩寵です。だから病気の高徳です。僕が度重なる病気によって救われてきたということはこういうことです。神は人間に色々な苦難を与えますが、病気は罪ほろぼしでもカルマ落としでもなんでもないのです。人間の進化向上のためのカリキュラムだと思えばどうでしょう。難聴のほかに、腱鞘炎(けんしょうえん)にもなりました。もう、セトウチさんの「幻花」のような繊細(せんさい)な描写の絵など描けません。今は太い筆やハケを握りしめて、キャンバスにバンバン叩きつけるように描いています。それも痛いので、左手で描きます。左手は思うような形が取れません。幼児の絵より下手くそになります。でも、デュビュッフェは幼児の絵のマネをして、幼児風に描きますが、そんな意図的なことをしなくても、僕の左手はそのまま幼児以上に下手に描けます。これもハンデキャップから来た自然体です。 今書いている手紙では、前にも同じことを書きましたかね。境界を越えると時間差もなくなって、やったことと、やらないことの区別がわからなくなるのです。いよいよ本格派老人です。100歳老人のセトウチさんにも負けていません。ただ僕はセトウチさんのように年齢には拘っていません。拘っているのは他人の方で、今行っている展覧会では「85歳、85歳」と年齢を売り物にされています。歳のことは言うな! アーティストには年齢はないのです。昨日の続きが今日、今日の続きが明日です。原始社会では年齢など無関係です。アーティストは原始人です。■瀬戸内寂聴「私もヨコオさんに負けないように!」 ヨコオさん 何だか、ずいぶん久しぶりにこの往復手紙を書いているような気がします。 それにしても相変わらずコロナは豪勢を極め日本はおろか、世界的にその力を奮っています。 コロナのせいで、人に会えず、寂庵はずっと門を閉めっぱなしです。コロナになる前はもちろん、一も二もなく門内に入ってもらっていました。 大抵遠く九州や東北から来られた人で、まだ生きている私に逢えたと言って、抱きついて泣き出します。もちろん、私は丁寧にお迎えして、写経などしてもらい、お茶菓子を一緒に食べて、しばらくその人のお話を聞きます。つきあいの人もあれば、寂庵の信者を自称する人もあり、初めて門内に入ったという人もいます。「まさか、門内に入れてもらえると思わなかった」と泣き出す人もあれば、「生きている寂聴さんに逢えた!」と、子供のように足を踏み鳴らす人もいる。「とても百歳には見えない!」と誰もが感嘆してくれるが、終日ベッドに横になり、本ばかり読んで、一日を過ごしている私の毎日の状態など話せない。私は、人に逢っている間だけは、必死になって元気らしさを演じ、声を張り上げる。客の帰る時は、長い廊下の途中で、へばってしまい、さっさと歩く客の跡がおえない。 ──だって百だもの……──と、私は廊下の途中で、ペシャンコに座り込み、つくづく、自分に向かって言う。 食事だけは時間が来ると、しゃきっと体がのび、食卓の自分の位置に早々と座り込んでいる。「あら、お昼はもう召し上がりましたよ!」 スタッフの一人が、わざと大きな声を張り上げる。「私のスパゲティは、どうしてこんなに美味しいのだろうなんて、お世辞までいただいて」「そうよ、ほんとに! でも今ここに座ったのは、食べるためでなくて、眞子さんの結婚をどう思うかって、寂庵で一番若い二十七歳のP子の意見を聞きたいのよ」「ああ、眞子さん、ほんとに、よかったですね。大体、みんなあんまりこの結婚に意地悪すぎましたよ。でも、どうして一時金を眞子さんは辞退なさるのかしら? 貰う権利のあるお金でしょう? あんまり弱気にならない方がいいと思うけど……」 ヨコオさん、今、寂庵の中は、こんなにのんびりしています。耳が聞こえないのは、私も同然です。テレビの時なんか、びっくりするほど大きな声にしてくれるので、何とか会話が出来ています。鶯も、秋の夜の虫の音も、私の耳にはさっぱり聞こえません。ヨコオさんとTELしてるのを横で聞いてる人があれば、どんなにおかしいでしょうね。耳だけでなく体のあちこちがどしどし衰えてきます。 そのうち、きっと、自分の死んだこともわからなくなって、──ヨコオさんにTELして!──など叫んでる日が来るのでしょうね。でも目がよく見えているので、一日に二冊は厚い本を読み切っています。ヨコオさんの展覧会、ますます人気上昇でおめでとうございます。私もヨコオさんに負けないよう、あっとこれまでと変わった小説を二つくらい書き残して死にたいものですね。 では、また。※週刊朝日  2021年9月17日号

    60

    週刊朝日

    9/11

  • 5

    【独自】小室圭さん、米大手事務所から断られていた 弁護士が語る“厳しい現実”

    「小室圭さんの実力では無理だと思います」 こう話すのは、全米で「トップ100」と呼ばれる大手弁護士事務所(ビッグロー)のパートナー弁護士のA氏。専門は、海外企業同士のM&Aなど。米国を拠点に世界を飛び回り、収入も桁違い。この姿こそ、小室さんが思い描く将来でもあるようだ。 昨年の秋ごろ、A氏の事務所に、働かせてほしい、と小室さんの「経歴書」のようなレジュメが別の弁護士を通じて届いたという。小室さんは、ニューヨークなど大都市での弁護士の仕事を探しており、ビッグローか、その下の規模のミッドローでM&Aなどをやりたいという。 A氏がそのレジュメを見て思ったのが、冒頭の言葉だ。なかでも、A氏が首をかしげたのがニューヨークのフォーダム大ロースクール(法科大学院)への留学の部分だ。「疑問なのは、彼がLLM(法学修士)のコースに入ったことです。しかも1年学んだ後に、JD(法務博士)コースに編入している。大きな事務所を目指してて、こんな動き方をするなんて聞いたことがない」 LLMとJDというのは、ロースクールでのコース名だ。米国の大学には法学部がなく、弁護士を目指す人は、大学卒業後にJDに入る。ここで3年間学び、事務所に入るのが一般的なパターンだという。 一方、LLMは、法律の資格を持つ外国人留学生が多いといい、「表現として正しいかわかりませんが、キャリアに“箔(はく)をつける”ようなイメージです」。 A氏によると、米国で弁護士となるのに重要なのはJDでの1年目だ。「米国での就職活動は、2年生の終わりの夏休みで終わります。事務所のサマープログラム(インターン)で働き、その後よほどのことがない限り、その事務所からオファーを受けて就職します。どの事務所のプログラムに入れるかは、1年時の成績で決まります。だから学生の競争も壮絶です。本を隠すなどの足の引っ張り合いもあります。小室さんはその1年をLLMに入っています」 ビッグローのインターンの募集は、ハーバードやエール、コロンビアといった有名大学で公募し、最初の書類選考で成績優秀者に絞り、次の面接で決まる。A氏が言う。「採用された学生には、1年目から19万数千ドル(2千万円以上)の給与が支払われます。それも5年くらいは半人前で、彼らから利益は出ません。それでも欲しい人材ということなんです。だから相当厳選します。原則でいえば、ビッグローはインターン以外の方法では採用しないです」 チャンスをつかめる学生は、ほんの一握りだ。小室さんは、そもそもLLMに入った時点で、希望するビッグローへの道は閉ざされたといっていい。なぜLLMに入ったのだろうか? A氏が話す。「こう言っては何ですが、彼の経歴に目を見張るモノはありません。あるとすれば眞子さまのフィアンセという一点。それでも奨学金を取得できたり、JDへ編入したり、弁護士が出てきて仕事を探したり。知恵をつけている人がいるんでしょう」 では、ビッグローは無理でも、M&Aは他でもできるのだろうか?「米国には約43万の事務所がありますが、M&Aの70%超は『トップ100』が扱っています。小室さんが弁護士として働くにはM&Aにこだわらないことですね。移民法の弁護士などは圧倒的に多い。日本人も多いです。もうからないので人気はないのですが」 そして、こう続けた。「詳しいことは申し上げられませんが、彼の『経歴書』を見る限り、とても“権威”が好きなんだと思います。M&Aも彼からすれば格好良く見えるんでしょうけど、実際は相当厳しい世界です。パートナー弁護士になるのは10年後くらい。それまで生き残っているのはわずかです。彼がそもそも弁護士という職業に向いているのか……。野心家だと思うので、ベンチャーのような起業家とかが向いているような気がします」(本誌・矢崎慶一)※週刊朝日  2021年9月17日号に加筆

    週刊朝日

    9/8

  • 6

    訪れるべき「戦国最強」の山城を歴史研究家が格付けランキング! 2位は信長「安土城」、1位は?

     日本全国には3~5万の城があるとされ、その多くが山城だという。週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、城関連の著書も多い歴史学者・小和田泰経氏に自身が訪れた山城を「遺構の保存状態」「防御力」「登りやすさ」「交通アクセス」の4つの基準で採点してもらい、戦国最強で「訪れるべき」山城ベスト50を選出してもらった。ここでは、同率で4位となった城からトップ5を見ていこう。 ※ランキングの採点方法日本全国に数多く残る山城。その中から、小和田氏がもう一度訪ねたいと願う「戦国の山城」を、編集部が独自に選んだ以下の4つの項目で採点してもらった(採点は、小和田氏の主観によるもので、訪れる時期や季節によっても大きく印象が変わります)。●遺構の保存状態……曲輪(郭)や石垣、石塁、土塁、空堀、堀切、切通などが良好に保存されているか否かで採点。●城の防御力……軍事要塞として築かれた山城。曲輪や空堀、土塁などが城の防御力を高める配置になっているか否かで採点。●アクセス……最寄り駅からの交通の便や、高速道路からの利便性。また、山頂部まで車で行けるかなどを総合し、多角的に採点。●登りやすさ……城内散策路の整備状況や駐車場の場所。さらに案内板の設置などを含めて採点。 *  *  *  第4位 備中松山城(岡山県/92点)天守が現存する唯一無二の山城  戦国時代に備中松山城をおさえたのは、三村家親である。しかし、三村家親は、備前の宇喜多直家と争い、暗殺されてしまう。このころ、備中には西から毛利輝元、東から織田信長の勢威が拡大してきていた。家親の子元親は毛利氏に従っていたが、元亀三年(1572)、足利義昭の仲裁で毛利氏と宇喜多氏が和睦すると、織田信長に寝返った。三村元親にとって、毛利氏についた宇喜多直家は父の仇だったためである。結局、松山城は毛利・宇喜多軍によって落とされ、以後は毛利氏の支城となる。  関ヶ原の戦い後、毛利輝元が周防・長門へ転封されると、備中は幕府領となり、総代官として入った小堀正次・政一が松山城に入って修築された。さらに、松山藩主となった水谷氏によって現在も残る天守などが建てられている。  城は高梁川の東岸にあたり、麓からの高さが350mほどの小松山に築かれている。相当な山城であるため、山上での作事が困難であったのだろう。天守と二重櫓のほか、建物はすべて平櫓である。ただし、山上の主郭部は三ノ丸・厩曲輪・二ノ丸・本丸・後曲輪・水ノ手門脇曲輪の6曲輪から構成されており、防御力は高い。しかも、麓には石垣造りの御根小屋があり、中腹には中太鼓ノ丸や下太鼓ノ丸といった出丸を構えていた。 【遺構の保存状態 24点/城の防御力 25点/交通アクセス 21点/登りやすさ 22点】 *  *  * 第4位 岩村城(岐阜県/92点)戦国時代の山城を近世城郭へと変貌させた  伝承では、鎌倉時代に加藤景廉の子景朝が築いたというが確かなことはわかっていない。戦国時代には、加藤氏の後裔にあたる遠山氏の居城となっていた。  岩村は、東濃の要衝で、信濃・三河の国境にも近い。戦国時代の城主遠山景任は、信濃から進出を図る武田信玄に攻められ、織田信長の支援を受けて抵抗を続けたが病没。そのため、城は武田氏の支配下に入り、長篠の合戦後、信長が奪取している。そして、信長の家臣河尻秀隆や森長可・忠政兄弟によって改修された。  岩村城が築かれている城山の標高は717mで、江戸時代まで存在していた山城の中では最も高い。ただし、麓からの高さは150mほどである。縄張は、頂上に本丸をおき、二之丸・八幡曲輪などを階段状に配す。本丸は櫓・多聞櫓などで囲まれるなど堅固であった。しかも、本丸の南東には出丸を設け、背後を固めている。  江戸時代には、東濃の要衝として松平(大給)氏の居城となった。ただし、居館などは山麓に移されたため、藩庁の機能は山上の主郭部には存在していない。  岩村城は、遠山氏時代の縄張を踏襲し、曲輪を石垣造りとしている。いわば、中世の縄張が生きている近世城郭だった。出丸まで林道が通っているが、遺構の破壊に配慮されているのも評価が高い。 【遺構の保存状態 24点/城の防御力 25点/交通アクセス 21点/登りやすさ 22点】 *  *  * 第3位 月山富田城(島根県/93点)毛利元就も攻め落とせなかった難攻不落の城  月山富田城は、交通アクセスが良ければ、第1位に選ばれてもおかしくない名城である。  城は、出雲の富田に所在し、麓からの高さが150mほどの月山に築かれているため、月山富田城という。この時代、富田は水上交通が盛んで、船で中海から飯梨川をさかのぼり富田城下まで来ることができたという。山陽方面に抜ける陸上交通の要衝でもあり、出雲の中心地であった。室町時代には、戦国大名となった尼子氏の居城となる。そして、出雲・石見・因幡・伯耆など11カ国を支配する拠点となった。  月山の山頂に主郭部があり、中腹に山中御殿や千畳敷、山麓に里御殿などを配置していた。南北1キロメートル、東西1キロメートルに及ぶ巨大な山城である。登城路は菅谷口・御 子守口・塩谷の三つが存在した。谷筋を通る登城路は、尾根に設けられた曲輪群によって守られており、いずれも山中御殿につながっていた。 山上の主郭部は、本丸・二ノ丸・三ノ丸が連郭式に配置されている。山中御殿から「七曲がり」とよばれる登城路を通らないと、この主郭部には到達できない。つまり、山中御殿を死守すれば、主郭部に侵入される恐れはなかったのである。  また、万が一山中御殿が攻略されても、三の丸から「七曲がり」を登る敵を迎え撃つことが可能だった。「七曲り」は文字通り、道が幾重にも折れ曲がっており、そこを側射するわけである。 主郭部は総石垣の曲輪であるため、侵入されにくい。もし三ノ丸まで侵入されても、二ノ丸と本丸の間には大きな堀切が敵を阻んだ。加えて、本丸から北東に向かう尾根筋には、多くの小曲輪があり主郭部の背後を固めていた。  月山富田城を本拠に中国地方に覇を唱えた尼子氏であったが、勢力を拡大する毛利元就が永禄八年(1565)に、3万5000で城を包囲すると、一年半におよぶ籠城のすえ、降伏開城した。  このとき、毛利軍は、菅谷口・御子守口・塩谷口の三方から月山富田城を攻撃している。これに対し、降伏はしたものの、尼子氏は城を守り切った。その攻防の舞台となった虎口は堅固に守られており、見逃せないポイントとなっている。  もっとも、現状の遺構は、尼子氏時代のものではない。尼子氏の降伏後、月山富田城は毛利氏の支配下におかれる。そして、関ヶ原の戦い後に毛利氏が退去すると、替わって堀尾吉晴が入城した。この堀尾氏の時代に城は改修され、近世城郭として完成したのである。  慶長十二年(1607)、堀尾氏は松江に居城を移す。その後、月山富田城は廃城となっている。 【遺構の保存状態 25点/城の防御力 25点/交通アクセス 20点/登りやすさ 23点】 *  *  *  第2位 安土城(滋賀県/94点)築城後わずか6年で焼失した織田信長の居城  安土城は、観音寺城を本拠とする六角氏の支城であった。実際、観音寺城が築かれた繖山の麓に位置する。しかし、六角氏は永禄十一年(1568)、織田信長による上洛に抵抗した末、観音寺城を放棄して脱出。こののち、南近江を制した信長が近世城郭として完成させた。  城は、琵琶湖に突き出た麓からの高さが100mほどの安土山に築かれている。最高所に本丸を置き、周辺に二ノ丸・三の丸を配す。そして、この本丸・二ノ丸・三ノ丸を守るように、家臣団の屋敷地が配置されていた。なお、曲輪の名称や家臣の邸宅は、江戸時代の絵図によるもので、当時、どのような曲輪名であったのかは不明であり、家臣の屋敷についても、実証されているわけではない。  本丸・二ノ丸・三ノ丸とされる曲輪群で構成される主郭部は、周囲を多門櫓で囲まれており、防御は堅い。その中央に五重六階地下一階の天主が建てられていた。こうした本格的な天主が建てられたのは、歴史上、安土城が最初とされる。  また、黒金門跡は、桝形構造となっている。これは、近世城郭における虎口の到達点であり、安土城に採用されている意味は、見逃せないポイントとなる。  本丸には、大手道・百々橋口道など、複数の登城路が通じていた。百々橋口からの登城路は、城内に創建された寺院である摠見寺の境内を通る。宗教に無関心であったとも言われる織田信長だが、仏教による守護を求めていたのは間違いあるまい。というのも、この摠見寺は、信長自身が創建したものだからである。  天正十年(1582)の本能寺の変後、安土城は焼失。織田信長の次男信雄が火を放ったともいわれるが、確証はない。すでに山崎の戦いで明智光秀が敗北したあと、安土城を守備していた光秀の家臣が敗走する際に自焼したものであろう。  なお、焼失したといっても、城域のすべてが焼失したわけではない。信長の嫡孫秀信が入城し、織田氏の居城となる。天正十三年、豊臣秀吉の養子豊臣秀次が近くに八幡山城を築城し、安土城は廃城となった。天守など建造物の遺構は失われているが、石垣の保存状態は良好なので満点としている。  現在、整備されているのは主郭部だけであり、本来の城域はもっと広い。そのうえ、観音寺城を詰の城と考えることができれば、その防御力は格段にあがるため、防御力も満点とした。 【遺構の保存状態 25点/城の防御力 25点/交通アクセス 22点/登りやすさ 22点】 *  *  *  第1位 鳥取城(鳥取県/96点)江戸時代・近世城郭へ改修された悲運の城  今回、「戦国の山城ベスト50」の第1位に選んだのは、悲劇の城として知られる鳥取城である。  天正八年(1580)、織田信長の命をうけた羽柴秀吉が因幡に侵入して鳥取城を攻撃すると、城主の山名豊国は秀吉に降伏した。しかし、これを不服とする家臣らは、安芸の毛利輝元に支援を要請し、山名豊国を追放。こうして鳥取城は、城将として派遣された吉川経家を中心に、織田方と戦うことになったのである。  羽柴秀吉は、天嶮の要害として知られていた鳥取城を力攻めすることを避け、兵糧攻めを行う。餓死者も続出したこの攻城戦は、後世、「飢え殺し」と呼ばれる。翌天正九年、3カ月ほど続いた籠城戦の末、ついに吉川経家は降伏開城した。  その後、秀吉の側近宮部継潤が城主となり、継潤の死後は子の長房が受け継ぐ。しかし、慶長五年(1600)の関ヶ原の戦いで西軍石田三成に通じたとして、鳥取城は東軍に攻められ開城した。  関ヶ原の戦い後、姫路城主となった池田輝政の弟長吉が6万石で入封し、この池田長吉によって近世城郭に改修された。さらに元和三年(1617)には池田輝政の孫光政が因幡・伯耆32 万5000石で入封し、城の規模が拡張されている。  多くの山城では、山頂付近に曲輪が集中するが、鳥取城の曲輪は山頂から麓にかけて配置されている。そのため、山頂一帯の山上ノ丸と山麓一帯の山下ノ丸という2元構造なっていた。  山上ノ丸は、麓からの高さが240mほどの久松山山頂に築かれている。天守が建てられていた本丸のほか、二ノ丸・三ノ丸といった主郭部が連郭式に連なる。さらに、この主郭部は出丸によって防御されていた。  山下ノ丸は、久松山の山麓におかれ、幅25mほどの内堀によって守られていた。実質的な本丸に相当するのが天球丸で、このほか二ノ丸・三ノ丸などが階段状に配置されている。 山上ノ丸と山下ノ丸との間にも、無数の曲輪が設けられ、さらには斜面の移動を阻む竪堀や登石垣も構築されている。山下の丸を落とさない限り、敵は山上ノ丸に攻め込むことはできなかった。こうした点も踏まえ、防御力は満点とした。  ただ、山上ノ丸は防御力が高いものの、政庁としては利用しにくい。一方、山下ノ丸は政庁としては利用しやすいが、防御力は低い。しかし、鳥取城では山上ノ丸と山下ノ丸が一体化しており、それぞれの長所を生かすことができた。鳥取城は、戦国時代から江戸時代にかけて、最先端の技術を取り入れながら改修されている。時代による石垣の積み方の違いも、この城の見どころのひとつである。 江戸時代に、山上ノ丸が重要視されることはなくなった。しかし、有事の際には、利用するつもりだったのである。 【遺構の保存状態 24点/城の防御力 25点/交通アクセス 23点/登りやすさ 23点】 ◎監修・文/小和田泰経(おわだ・やすつね)1972年、東京都生まれ。歴史研究家。國學院大學大学院文学研究科博士課程後期退学。専門は日本中世史。著書に『家康と茶屋四郎次郎』(静岡新聞社)、『戦国合戦史事典 存亡を懸けた戦国864の戦い』(新紀元社)など。 ※週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、戦国最強の山城「ベスト50」を徹底解説しています

    dot.

    10/21

  • 7

    眞子さまは“結婚”後、渡米までホテル暮らしか 気になる祖父・川嶋氏の容体と金銭トラブルの未解決

     10月23日、秋篠宮家の長女、眞子さまは30歳の誕生日を迎えた。皇族として最後の誕生日となる。眞子さまと小室さんの結婚は3日後に迫るが、いまだに周辺は落ち着かない。 *    *  * 深いボルドー色のニットとまとめ髪が落ち着いた雰囲気を醸し出している。  眞子さまが30歳を迎えた日、妹の佳子さまと住まいのある赤坂御用地を散策する映像が公開された。眞子さまが皇族として過ごすのは残り3日余り。名残を惜しむように姉妹は、池のほとりを歩き、優しくほほ笑みあう。  秋は皇族の誕生日が続く。3日前の10月20日は、上皇后美智子さまの87歳の誕生日だった。誕生日に際して側近の上皇職が公表した文書には、眞子さまについてこうつづられていた。 <今月26日に皇室を離れられる秋篠宮眞子さまのことは、両陛下とも常に大切に愛おしんでおられましたので、お別れはお寂しいことと拝察いたします>  結婚を祝福する直接的な言葉は見当たらない。そのため、「お寂しい」という言葉が強い響きを帯びた。  その日、紀子さまの父親で、眞子さまの祖父にあたる川嶋辰彦さん(81)が、「東京都内の病院に緊急入院していた」との速報が流れた。前日の19日、眞子さまは皇居の宮中三殿を結婚の報告のために参拝したが、その午後に、紀子さまと眞子さま、佳子さま、悠仁さまが川嶋辰彦さんのお見舞いに病院を訪れていたことが報じられたのだ。  容体によっては結婚の延期もあるのでは、と言及したワイドショーもあった。  しかし、状況はやや違うようなのだ。川嶋辰彦さんはもともと都内の病院に入院しており、19日は治療の都合に合わせて計画された転院だという。 「川嶋さんの容体はいいとはいえませんが、危篤で今日明日にもといった状況ではないと聞いています」(皇室記者)   結婚前日の25日には、眞子さまは仙洞仮御所を訪問し、私的に上皇さまと美智子さまにあいさつをする。川嶋辰彦さんへのお見舞いは、病床にある祖父への結婚のあいさつも兼ねていたと見ることもできる。  このように世間は落ち着かないものの、26日の午前中に宮内庁職員がふたりの婚姻届を自治体に提出する予定だ。眞子さまは午前のうちに住み慣れた秋篠宮邸を後にする。そして午後、眞子さまは、「小室眞子さん」として都内のホテルで小室圭さんとともに記者会見にのぞむ。  記者会見の会場は、もともとふたりが式を挙げる予定だった帝国ホテルも候補のひとつとして検討されたようだが、決まったのは別のホテル。警備の行いやすさと同時に、サービスに対して料金の手ごろさで知られる。会場費は、「小室夫妻」の私的な費用でまかなわれるが、ホームページに掲載された料金表では正規料金でも20万円程度。関係者の割引があればさらに、リーズナブルな料金となるだろう。  国民の関心が高い記者会見で、特に注目が集まるのは、小室家と母、佳代さんの元婚約者の金銭トラブルが、どのように説明されるのかである。  26日の結婚と記者会見の前に、小室家が金銭問題にある程度のめどをつけるのでは、との見方もあった。  帰国後、小室さんが外出したのは18日。秋篠宮ご夫妻に結婚のあいさつをするために、赤坂御用地内にある赤坂東邸を訪問した。午後にパラリーガルとして勤務していた奥野総合法律事務所を訪問したあとは、すんなり横浜の自宅に戻った。  果たして金銭問題は、解決に向けて話が進んでいるのだろうか。元婚約者の代理人によれば、眞子さまの複雑性PTSDが公表された直後、元婚約者は熱を出して会社も休み、ふせっていたという。 「ショックを受けた末の心労もあるのでしょう。解決金の件も進展はありません。小室さんサイドの代理人である弁護士からは、とくに解決につながる連絡はありません。連絡を待っていましたが、いま(22日)はもう金曜日の夜ですから、火曜日の記者会見までに何か動くということはないでしょう。そもそも金銭問題と眞子さまと小室さんの結婚は、別の問題ですしね」  もう一つ、国民の関心事といえば、民間人となった眞子さまが米国に出発するまでの間、どこに滞在するのか。出発までの期間がそう長くないことを考えるとマンションなどは現実的ではない。また、「儀式なし婚」のけじめをつけた父、秋篠宮さまの性格を考えると、民間人となった眞子さまを宮内庁の関連施設に滞在させる公私混同も考え難い。ホテルの滞在が現実的では、と見られている。  皇室の事情に詳しい人物がこう話す。 「会見会場は実は、雅子さまが皇太子妃時代に、友人らとお忍びで食事会をしたホテルでもあります。皇太子妃のお忍びの会場に選ばれるくらいですから、警備も手堅い。小室圭さんは、仕事の関係で早々に米国に戻るようですが、記者会見場のホテルにそのまま滞在なさるのが安全に思われます」  眞子さまの結婚は3日後に迫った。記者会見では、小室家の金銭トラブルに触れた厳しい質問も出ると見られている。 「小室夫妻」は、何を語り新しい生活へとどのようにして踏み出すのか。国民が見守っている。(AERAdot.編集部 永井貴子)

    dot.

    12時間前

  • 8

    FA権取得の阪神・梅野は残留濃厚か 他球団の「意外な評価」とは

     ヤクルトと優勝争いを繰り広げている阪神。「扇の要」として梅野隆太郎が開幕からマスクをかぶり続けていたが、10月12日の巨人戦から坂本誠志郎が8試合連続でスタメン出場している。   一体何があったのだろうか。 「梅野に疲れが出てきたのでしょう。後半戦に入って精彩を欠いている。打撃で快音が聞かれなくなり、守備面も配球を相手に読まれて痛打を浴びるケースが出てきた。坂本は『第2の捕手』だが、リード面を含めて能力は非常に高い。今は坂本が稼働してチームの状態が上向いてきたが、梅野がチームの中心であることは変わりません。今季国内FA権を取得しましたが、球団はその働きぶりを高く評価している。好条件を出して全力で慰留に努めるでしょう」(スポーツ紙記者)  今オフにFA権の行使が注目される選手の1人が梅野だ。捕球技術、ブロッキングの能力が高く、14年は出場試合数が規定に達した選手で唯一の捕逸0をマーク。強肩が武器で2019年には捕手でNPB歴代最高の123補殺を記録した。東京五輪では広島・曾澤翼が当初選出されたが、故障により出場を辞退したため、梅野が追加召集されて金メダル獲得に貢献した。チャンスに強く、今季の得点圏打撃は3割を軽く超える。球界を代表する選手としての地位を確立したと言ってよいだろう。   ただ他球団の捕手事情を考えると、FAで争奪戦の様相を呈するかは微妙な状況だという。  「梅野は福岡出身ですが、ソフトバンクは侍ジャパンでも正捕手を張った甲斐拓也がいる。同じ関西を本拠地に持つオリックスも中嶋聡監督が伏見寅威、若月健矢をうまく使い分けて首位争いを演じている。他球団を見渡すと、今年は捕手の需要が高いとは言えない。ヤクルトは中村悠平、中日は木下拓哉、広島は坂倉将吾、西武は森友哉と正捕手がいるし、DeNA、日本ハム、楽天はFAで捕手の補強に乗り出すと聞いていない。梅野を最も必要としているのが阪神だし、梅野も阪神に強い愛着がある。残留が濃厚ではないでしょうか」(スポーツ紙デスク)  近年はFAで大物選手の移籍が少ない。19、20年と2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得し、昨年は自身初の沢村賞に輝いた左腕・大野雄大は昨オフにFAで争奪戦が予想されたが、中日に3年契約で残留。前人未到のトリプルスリーを3度達成したヤクルト・山田哲人も7年契約を結び、「生涯ヤクルト」を決断した。昨オフにFAで他球団に移籍したのはDeNAから巨人に移籍した梶谷隆幸、井納翔一のみだった。  「各球団がFA補強に消極的なのは、コロナ禍で球団の財政状況が厳しいというのが影響していると思います。ただそれだけではなく、FAで獲得した選手が稼働する確率が低く、チーム強化の観点からプラスアルファが少ないと判断しているケースが多い。実際に巨人が獲得した梶谷は度重なる故障で61試合出場にとどまり、井納に至っては5試合登板で防御率14.40と戦力になっていない。FAで他球団の主力を獲得するより、生え抜きの若手を育てようという考えにシフトしている傾向があるので、今年もFA移籍は少ないのではないでしょうか」(セリーグ球団の編成担当)  シーズンの戦いは続いているが、梅野は今オフの決断にも注目は集まりそうだ。(牧忠則)

    dot.

    19時間前

  • 9

    大瀬良、梅野のFA移籍はあるか…残留が基本線だが“ダブル獲得”に動く球団も?

     今季はセ・パ両リーグともに激しい優勝争いが繰り広げられているが、ストーブリーグにも興味が移ってくる時期にもなった。今シーズン終了後は複数の目玉FA(フリーエージェント)選手がいるが、最も熱い視線が注がれているのが広島・大瀬良大地と、阪神・梅野隆太郎の2人だ。ともに残留の可能性が高いとも見られているが果たして……。 「(今季は)両リーグともに面白いシーズンです。東京五輪があり、大谷翔平(エンゼルス)も大活躍。NPBの人気も心配されたが、かつてないほどの混戦状態で盛り上がっている。関係者の間では優勝争いの話題で持ちきりのように思われるが、実はそれだけではない。今オフ移籍市場の話題が既に出始め、様々な予想が繰り広げられている。話の中心は大瀬良と梅野です」(在京テレビ局スポーツ担当)  大瀬良は13年のドラフト1位で九州共立大から広島に入団。1年目の14年に10勝8敗、防御率4.05をマークして新人王を獲得。18年には15勝7敗で最多勝、最高勝率(.682)のタイトルを獲得するなど、球界を代表する右腕となった。また、投手としての能力に加え、真面目で実直な人柄でチーム愛も強く、広島ファンに大人気の選手だ。 「うれしく思います。これまで良い時も悪い時もたくさんの人に支えられた。そのおかげで取得できた。支えてくださった人に、本当に感謝します」(大瀬良)  4月14日に国内FA権の資格取得条件を満たした際には、笑顔で周囲への感謝を口にした。 「広島は16年からのリーグ3連覇時には黄金時代到来と言われた。しかし、今ではレギュラー陣の年齢が上がり、若手との入れ替えの時期に差し掛かっている。そんな中、昨年まで2年連続でBクラスになってしまったが、大瀬良は黙々と投げている。結果だけでなく存在そのものが欠かせない。球団は必死で引き止めるだろうし本人もチーム愛が強く広島残留が確実視されています」(広島担当記者)  一方、梅野は13年ドラフト4位で福岡大から阪神に入団し、1年目の14年から92試合に出場。「梅ちゃんバズーカ」と呼ばれる強肩と捕球技術は球界屈指で、18年から3年連続ゴールデングラブ賞を獲得している。チャンスに強い打撃も評価が高く、今や攻守に欠かせない存在だ。 「一番は大きなケガもなく、強い体に生んで育ててくれた親に感謝しています。また、チームメイトや体のケアなど、周りの方々の支えがあったからこそ、この日を迎えられたと思います」(梅野/5月13日)  FA権獲得時はチームも首位を独走している時期だったが、浮かれることなく謙虚なコメントを残した。 「打てて守れる捕手。阪神の大黒柱であり流出してしまった場合の損失は計り知れない。阪神は多くのFA選手を破格条件で獲得しているが、それに劣らない条件提示をするだろう。捕手出身で重要性を誰より感じている矢野燿大監督が自ら説得に名乗り出るはずで、残留が基本線と見られています」(阪神担当記者)  広島はローテーション投手の九里亜蓮が同じく国内FA権を獲得している。森下暢仁など若手も育っているが、大瀬良と九里の両投手残留が今後のチーム編成を大きく左右する。梅野もこれまでは併用されるケースも見かけたが今季は正捕手として固定された。センターラインの核ができたことでチームの安定感が高まったのは間違いない。両球団とも、“代えの効かない”選手に対して最大限の誠意を持って交渉に当たるはずだ。 「大瀬良、梅野ともに残留が濃厚です。大瀬良は2度日本シリーズ(16年日本ハム、18年ソフトバンク)で敗れており、広島での日本一にこだわりがある。梅野もドラフト4位から育ててくれた阪神球団に恩義があり、関西地区にも愛着を感じている。2人ともハートでプレーする選手なので余程のことがない限り移籍はない。しかし生まれ育った地元・九州のソフトバンクが誠意を尽くし最高条件を用意すればわからない」(在京テレビ局スポーツ担当)  ソフトバンクが2人の同時獲得に動いているという情報が流れている。大瀬良は長崎県、梅野は福岡県出身でありいわば『地元球団』である。17年から日本シリーズ4連覇中の強豪だが、今季は故障者が出るなどして投打が噛み合わず苦戦が続いている。 「孫正義オーナーの大号令の元、勝ち続けるのが至上命令。日本シリーズ4連覇中もリーグ優勝は2度で満足できる状況ではない。今季の戦い方を見てもチーム全体の底上げが急務。千賀滉大とともに投手陣の柱となる大瀬良、正捕手・甲斐拓也と併用ができてDHでも起用できる梅野。莫大な資金力をバックに獲得に動くメリットは大きい」(ソフトバンク担当記者)  昨年は国内FA権を行使しての移籍は梶谷隆幸と井納翔一(ともにDeNAから巨人へ)の2人だけと静かなオフとなった。新型コロナウイルスの収束もかすかに見え始めてきた中、プロ野球界全体がここから巻き返しを図らないといけない。各チームがそろそろ積極的に動き始めそうな気配もある。大瀬良、梅野クラスの選手がFA権を行使すれば、欲しい球団はいくつもあるはずだ。2人ともに大方の予想では残留の可能性が高いと見られているが、資金力豊富なソフトバンクが動くのか。シーズン後の動向に注目したい。

    1

    dot.

    9/27

  • 10

    城郭考古学者が選ぶ「絶対に攻めたくない山城」ベスト10! 1位は埼玉「杉山城」、2位は?

     一見、「天守や櫓がなく、土と山だけ」と思われがちな山城。しかし開発にさらされがちな平城等に比して保存状態が良く、ほぼ往時の姿をとどめている山城も多い。週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、「戦国の山城の歩き方」を特集。3人の専門家に「オススメの山城」を推薦してもらった。今回の推薦者は、城郭考古学者で山城ファンの千田嘉博さん。選定のテーマは「絶対に城攻めしたくない山城」だ。 *  *  * ――山城にもさまざまな楽しみ方があると思います。当時の武将の視点で、「絶対攻めたくない城」をご紹介ください。  城はとても美しく壮大で、鑑賞するのはとても楽しいです。しかしそもそも城は戦いのために構築されたもので、第一に求められる機能は防御・反撃力です。今回は、その点で極めて優れた山城をご紹介します。実際に足を運べば、おそらく「もう助からない」「絶対死ぬ」と感じますが、堅固な城を造って自分たちの村や所領を守ろうと努力した先人たちの思いを、ぜひ想像してみてください。  なお、山城の定義はあいまいですので、ここでご紹介する城には、一般的には平山城と言われているものも含んでいます。 ――よろしくお願いします。  まず、“戦国の土づくりの城の教科書”と呼ばれているのが、埼玉県の嵐山町にある杉山城です。それほど大きな城ではありませんが、本丸を頂点に各尾根に曲輪を階層的に設け、入口付近には必ず横矢をかけ、初期段階の馬出しも重ねています。おそらく攻めたとしても理路整然と効率的に弓矢や鉄砲の餌食になったでしょう。  福島県の会津美里町にある向羽黒山城も、ものすごい山城です。山の頂上の本丸から麓まで、まるで迷路のように横堀、竪堀を縦横無尽に巡らし、山の中段も曲輪と堀と土塁を複雑に配置している。城を守っている兵も道に迷うのではないかという複雑堅固な山城です。軍事要塞に必要な要素を全部詰め込んでいて、攻めても生きて帰れる気がしません。  見た目の凄さでいえば、群馬県東吾妻町にある岩櫃城です。太古の昔から信仰の対象となってきた巨大な岩山である岩櫃山に守られた、まさに鉄壁の城で、戦意喪失は間違いありません。 ――この険しい岩山は、とても攻められませんね。  しかし、実は城があるのはこの垂直岩盤の上ではなく横なんです。岩櫃山がある側から攻められる心配はないので、その方向は堀をあまり整備していません。しかし、その反対側を見ると、山頂の本丸の周囲には横堀をめぐらすなど、守りが重視されていますし、東側の山麓を流れる吾妻川は堀の役割を果たしています。この岩櫃城ほど、天然の地形を巧みに利用した山城は珍しいと思います。  愛知県新城市にある古宮城は、武田方の軍事拠点で、当時の技術の粋を凝らした城です。それほど高い山ではないのですが、完全に堀で囲み、山中にも縦横無尽に横堀をいれ、さらに山のほぼど真ん中に巨大な堀を設けて山を真っ二つにするという大土木工事がなされています。まさに武田流の理想の城を具現化した山城です。古宮城は、巨大勢力の境界域にあった「境目の城」でしたが、長篠合戦ののちは軍事的役割を終えて廃城となったので、武田氏当時の姿がよく保存されていて、「土の城でもこれだけスゴイことができるのか」と体感することができます。  新潟県上越市の春日山城は、全国の山城のなかでも、その巨大さ壮大さでは並ぶものがありません。行けども行けども曲輪が連なっていて、上杉謙信の毘沙門堂がある中心部まで、到底たどりつけません。山中に堀は少ないのですが、何しろ切岸の落差がものすごいので、とても攻める気にはなれません。 ――ほかに特徴的な山城で、「攻めたくない」城は?  日本列島にあった城の多様性を示す、北海道と沖縄の城も入れたいと思います。北海道上ノ国町の勝山館は蠣崎氏の拠点城郭で、和人の城としては最大級のものです。コシャマインとの戦いを経験した蠣崎氏は、防御を重視して夷王山の山上に城を移したと考えられています。山上からは中世の港だった大澗湾を見下ろす立地で、港を押さえる城でもあったことが分かります。尾根上にはいくつもの屋敷が立ち並ぶ、壮大な北の山城です。  沖縄県の今帰仁村にある今帰仁城は、沖縄を代表する山城の一つです。琉球王国成立前の三山時代に北山王が拠点とした城で、山上の断崖絶壁を利用した堅固な城です。曲線を描く城壁の石垣がひときわ美しいのですが、敵に対してあらゆる場所で横矢がきいていて、攻め手からすれば、まことに恐ろしい石垣です。 ■千田嘉博さん「城攻めしたくない山城」ベスト10 1位 杉山城土の城の芸術品ともいわれる緻密な縄張りで知られる山城。遺構の残存状態は良好で、堀や土塁、馬出しなどが一目でわかる。 2位 向羽黒山城東北地方随一の規模を誇る山城。技巧の限りを尽くした複雑な縄張りが特徴で、歴代城主の蘆名氏、蒲生氏、上杉氏の手が入っている。 3位 高崎山城別府湾を望む高崎山に築かれた城。豊後の守護大名大友氏の詰城と考えられている。山頂付近には土塁や主郭の跡が残っている。 4位 岩櫃城天険の要害である岩櫃山に築かれた山城。豪壮な岩山は見るものを圧倒する。主郭部分周辺の巨大な竪堀も見どころ。 5位 古宮城武田氏と徳川氏の勢力圏が接する境界域に築城された境目の城。白鳥神社の神域が含まれているため城跡の保存状態は良好。 6位 春日山城越後長尾(上杉)氏の居城。巨大な山城で、本丸下には無数の曲輪が段状に築かれていて、攻め落とすことは極めて難しい。 7位 今帰仁城沖縄の城(グスク)を代表する一つ。城壁に上ると、中国や西欧の城と同じく城壁で守る城であることがよくわかる。 8位 勝山館夷王山山麓の台地上に建つ山城。主郭内部には中央通路があり、その左右には掘っ立て柱建物が並んでいたことが発掘により判明した。 9位 岡豊城長宗我部氏の居城。畝状空堀群が特徴的。帯曲輪の城壁の外側は土で、内側に石垣を用いる特異な構造を見ることができる。 10位 信貴山城松永氏の居城で、織田信忠に攻め落とされたが、山頂から延びる複数の尾根に築かれた曲輪群は見事で、技術的には優れた山城である。 ◎千田嘉博(せんだ・よしひろ)/1963年生まれ。城郭考古学者。奈良大学教授。主に中近世の城郭の考古学的研究に取り組む。主な著書は『信長の城』(岩波新書)、『真田丸の謎』(NHK出版新書)、『城郭考古学の冒険』(幻冬舎新書)など。 (インタビュー構成/安田清人)

    dot.

    10/17

  • 11

    自民64議席減の予測 石原伸晃 下村博文、萩生田光一も当落線上か

     天下分け目の衆院選が近づきつつある。新総裁のもとでイメージを一新した自民党に、野党は今回もしてやられるのか……いや、そうとも限らない。過去のデータを分析すると、野党共闘の成立次第で勝敗はガラッと変わることがわかってきた。 *  *  *  コロナ禍の拡大で国民から総スカンを食らった菅義偉政権。衆院議員の任期満了が10月21日に迫るなか、自民党は近年では最大の危機を迎えていた。ジャーナリストの二木啓孝氏は言う。 「8月ごろに自民が実施した衆院選の情勢調査は『60議席±10減』という衝撃的な結果だった。二階俊博幹事長が8月末にその資料を持って菅義偉首相と官邸で面会。この数字が退陣の決定打になったと言われています」  次期衆院選の定数は465。過半数確保には233議席が必要だ。自民の現有議席は275で、43議席減らすと自民単独過半数割れ。また、公明党の現有議席は29。自公両党で合計72議席減ると与党過半数割れとなる。自民にとって“政権からの転落”が現実味を帯びていたのだ。  進退窮まった菅首相は9月3日に総裁選不出馬を正式表明。11月までに実施される衆院選は新しい首相・総裁のもとで実施されることとなった。その後は連日、メディアをジャックした「総裁選ショー」で菅政権の失政は“リセット”され、またも与党は安泰……という結果になるのだろうか。  だが、次の衆院選は前回と決定的に違う点がある。前出の二木氏は言う。 「2017年の衆院選で与党が圧勝したのは、選挙直前に民進党(当時)が希望の党と立憲民主党に分裂し、混乱の中で共産党との選挙協力も進まず、野党候補者が乱立したから。今回は前回ほど野党候補者の分裂選挙にはならない。自民は決して安泰ではなく、『どれだけ負けを減らせるか』の戦いになるでしょう」  そこで本誌は、17年衆院選で仮に野党候補者の一本化ができていた場合、選挙結果がどうなっていたかをシミュレーションした。なお、国会で与党寄りのスタンスをとり、立憲らと明確に距離を置く維新の会は、野党候補の票に合算していない。  その結果は衝撃的なものだった。野党の合算票が、勝利した与党候補者の票を上回った小選挙区は64。なかには、石原伸晃元幹事長(東京8区)、下村博文政調会長(東京11区)萩生田光一文部科学相(東京24区)、上川陽子法相(静岡1区)など、現職大臣や要職経験者といった“大物議員”も複数含まれていた。  さらに、17年衆院選と19年参院選で与野党が拮抗した選挙区や、保守分裂選挙になりそうな選挙区など13選挙区を抽出した。この合計77選挙区が、与党の「“落選危機”リスト」だ。仮にこれらの選挙区をすべて落とせば、「自公で過半数割れ」もあり得る。  個別の選挙区事情を見ても、与党が安泰でないことがわかる。永田町関係者は言う。 「香川1区の平井卓也デジタル担当相は、立憲の小川淳也衆院議員と拮抗している。小川氏を主人公にしたドキュメンタリー映画がヒットしたことで、メディアへの露出も増えた。与野党逆転があるかもしれない」  東京9区は菅原一秀前経産相が違法な寄付で略式起訴され自民を離党。自民は候補者を立てられず不戦敗の公算大だ。  石原伸晃氏だけではなく、弟の宏高衆院議員(東京3区)もリスト入りしている。 「東京3区は立憲の松原仁衆院議員が保守層にも浸透している。野党一本化が実現すれば、伸晃氏と一緒に兄弟で危ない」(自民党関係者)  広島3区からも目が離せない。二木氏は言う。 「河井克行元法相の選挙買収事件を受け、公明の斉藤鉄夫副代表が候補者になりましたが、選挙戦で手足になる主だった自民系地方議員のほとんどは河井氏から現金をもらっていて活動ができない。4月の参院広島選挙区の再選挙も野党候補が勝利している。斉藤氏はかなり厳しい」  野党が決して非力でないことは、次のデータからも読み取れる。  17年衆院選で全国の比例得票数は、自公が計約2553万票なのに対し、立憲・希望・社民・共産は計約2611万票で野党が上回っていた。  19年参院選の結果を見ても、リストにある宮城、秋田、長野、静岡、愛知、滋賀、京都、大分は野党の合算票のほうが多い。東京は与党が上回ったが、得票率の差はわずか1.8ポイント。同じく与党合算票が上回った千葉と神奈川も、その差は5ポイント未満だ。北海道では、知名度の高い高橋はるみ前北海道知事が自民から出馬した影響で選挙区票は与党が上回ったが、比例票は野党のほうが多かった。  もちろん、野党がその“潜在能力”を発揮するには、まだまだ突破しなければならない壁がある。  一つは自民党新総裁が誕生した際の「ご祝儀相場」だ。昨年、菅首相が誕生したときも内閣支持率は一気に6割以上まで回復した。政治アナリストの大濱崎卓真氏は言う。 「メディアでは総裁選ばかり取り上げられ、野党の存在感は埋没している。しかし、総裁選後は臨時国会が開かれ、代表質問も実施される可能性が高い。野党は総選挙に向け、早めに争点を設定しておく必要があります」  最大の問題は、野党が候補者を一本化できるかだ。現在、次期衆院選の289選挙区のうち、立憲の候補が共産、社民、れいわと競合する選挙区が70以上残っている。前出の大濱崎氏は言う。 「菅首相の不出馬表明で与党有利な状況になり、共産や国民も比例票狙いで候補者を多く立てたいという考えが強くなっている。あと1カ月程度でどの程度まとまるかです」  野党候補の一本化を目指すため、立憲の平野博文選対委員長は9月24日、同党の小沢一郎衆院議員に共産党との交渉役を依頼した。過去の失敗から学習し、力を結集できるのか。それ次第で、11月以降の政治風景は激変する。(本誌・西岡千史、池田正史) ※週刊朝日  2021年10月8日号

    週刊朝日

    9/29

  • 12

    「まさかの落選危機も…」官邸と与党が心配する岸田内閣の現職3閣僚

     自民党は衆院選に向けて、第2次公認を発表した。二階派と清和政策研究会(細田派)、麻生派などで保守分裂か、と注目されていた群馬1区や福岡5区などの小選挙区の候補者が決定している。  党内で公認争いが激化していた小選挙区の調整は、甘利明幹事長と遠藤利明選対本部長が中心になっていた。だが、公認直前には麻生太郎副総裁も加わった。 「15日に官邸で麻生氏、甘利氏、遠藤氏が岸田首相と断続的に会談して、候補者を調整していました。岸田首相はずっと険しい表情でしたね」(自民党幹部)  岸田内閣が発足し、わずか10日で解散となり、選挙に突入するという異例の短期決戦。組閣から間がないので、現職閣僚が苦戦している小選挙区がいくつもある。  特に自民党、官邸が「負けたら大変なことになる」と力を入れるのが、初入閣した大臣たちの選挙区だ。  西銘恒三郎・復興相(竹下派)の沖縄4区、山際大志郎・経済再生担当相(麻生派)の神奈川18区だという。  西銘氏は当選5回で父親の順治氏は沖縄県知事、衆院議員を務めた政治一家だ。しかし、地元の自民党県議は険しい表情だ。 「西銘氏が復興相になったのは追い風だ。これで挽回したい」    自民党が10月に実施した世論調査では西銘氏と立憲民主党の新人、金城徹氏は差がわずかで、大接戦となっている。立憲の世論調査の数字では、金城氏が西銘氏に対し、わずかに優勢という数字だった。西銘氏は過去5回の当選の中で、4回は小選挙区で当選、1回は比例復活している。 ◆西銘復興相と「オ-ル沖縄」立憲新人が接戦の沖縄4区  2009年に旧民主党政権が誕生した選挙では、比例復活もできなかった。相手の金城氏は元那覇市議で議長も務めた。元沖縄県知事の翁長雄志氏(故人)と近く、市議時代は自民党から出馬したこともあった。保守と革新が呉越同舟の「オール沖縄」からの支援も受けている。 「もともとは西銘氏の強固な地盤でしたが、沖縄で強い革新票は確実に金城氏がとるでしょう。金城氏は自民党にいたこともあり、西銘氏支援の保守層にも食い込んでいる。それが接戦になっている要因の一つです」(立憲幹部)  17年の衆院選で自公政権が圧勝した中でも、沖縄は小選挙区4つのうち1つしかとれなかった。それを死守したのが、西銘氏だった。今回もデッドヒートを勝ち抜くことができるのか?  一方、経済再生担当相の山際氏の地盤、神奈川18区は、立憲元職の三村和也氏と日本維新の会の新人、横田光弘氏の3人が争う構図だ。 ◆山際経済再生担当相と立憲元職が激戦  山際氏は当選5回。自民党の世論調査では山際氏が立憲の三村氏や維新の横田氏より優勢となっている。しかし、山際氏と三村氏には、わずかな差しかないという。また立憲の世論調査では、山際氏と三村氏は接戦となっている。17年の衆院選では、山際氏が希望の党から出馬した三村氏に5万票ほどの差をつけて圧勝した。 「前回のように、圧勝してほしいですが、現状では1票差でもいいので小選挙区当選が目標です」(山際陣営の地方議員)  立憲の三村氏はかつて菅義偉前首相の神奈川2区が地盤だった。09年に民主党と政権交代を果たした選挙では、菅氏を約500票差まで追い込み、比例復活当選を果たし、バッジをつけた。  その後、選挙区を何度か変更し、今回は前回(希望の党)と同じ神奈川18区から出馬となった。 「これまで選挙区が定まらなかったが、神奈川18区で連続しての出馬となり、三村氏の名前が浸透してきた。また野党共闘で共産党候補がいない。世論調査でも立憲や共産党の支持者から確実に数字がとれている。神奈川18区の政党支持率も自民と立憲の差はわずかで、いい勝負をしている。山際氏という現職閣僚に勝てる小選挙区として重点を置いている」(立憲の幹部)  神奈川18区は川崎市高津区など北部に位置するが、8月の横浜市長選が微妙に影響している。菅氏が必勝を期して送り込んだ、小此木八郎氏が落選し、立憲が推した山中竹春氏が勝利した。 「川崎市は横浜市に隣接する都市部。まだ8月の横浜ショックが尾を引いて自民党と訴えても反応が鈍い。山際氏は経済再生担当相とコロナも担当する。多忙でしょうが、頻繁に地元に帰ってもらわないと厳しい」(山際陣営の地方議員)  そして現職閣僚でもう一人、苦しい選挙戦となっているのが、連立与党・公明党の斉藤鉄夫国交相だ。これまで斉藤氏は比例中国ブロック選出だった。  だが、19年の参院選で自民党の河井克行、案里夫妻が広島県選挙区の地方議員や有権者に計2900万円をばらまいた公職選挙法違反事件が起こった。法相まで務めた克行被告は、1審の有罪判決で議員辞職。そこに名乗りを上げたのが斉藤氏だった。広島3区で当選してきた克行被告は、約8万5千票を獲得していた。 ◆議員辞職した河井元法相の広島3区 自民動かず、焦る公明  17年の衆院選で公明党が広島3区の比例代表でとったのは、約2万5500票。広島市議選などの結果からも公明党の基礎票は2万5千票とみられる。そこに6万票の上積みが必要で自民党の協力なくして、当選はない。  また、公明党の小選挙区立候補は原則、比例代表との重複立候補はしないので、斉藤氏は勝ち抜くしかないのだ。  最新の自民党の世論調査を見ると、斉藤氏が立憲の新人、ライアン真由美氏に大きな差をつけている。だが、今夏の世論調査ではライアン氏が僅差だが斉藤氏を上回っていた。  立憲の世論調査では、斉藤氏とライアン氏はまったくの横並びだった。公明党幹部は浮かない顔でこう話す。 「斉藤氏が勝つには自民党さんに頑張ってもらうしかない。だが、河井夫妻の事件があって正直、動きは鈍い」  自民党広島県連から河井夫妻の事件に関与した県議や市議らに対し、「一切、衆院選には関わるな」とお達しが出ているという。 「岸田首相も以前、河井夫妻の事件に関係した地方議員は処分という趣旨の話をしている。公明党が何を言っても動きようがありません。岸田首相が手のひら返しで斉藤氏を応援しろと言っても、やる気はしませんね。有権者の目線も冷たいです」(自民党の広島県議)  だが、斉藤氏も黙っていることもできず、河井夫妻の事件に関与した地方議員にも声をかけて応援を要請するという歪な展開になっている。  立憲幹部は自信ありげに言う。 「自民党は動いていない。それで公明党は必死になっており、政権与党の足並みが乱れている。ライアン氏は広島3区で長く活動しており、国交相を新人が破るという大番狂わせも十分、可能性がある」  広島3区からは他にも日本維新の会が新人の瀬木寛親氏、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の矢島秀平氏、無所属の大山宏氏と玉田憲勲氏も立候補を表明している。広島3区は中選挙区時代、岸田首相の地元でもあった。  そこで指導力を発揮できなければ、「自公政権に亀裂が入りかねない」(自民党幹部)という声もでている。 (AERAdot.編集部 今西憲之)

    dot.

    10/17

  • 13

    人気102社が採用したい大学 コロナ禍での就活は早慶が「全業種」で圧倒、女子大はきめ細かさで対応

     コロナ禍が直撃した今年春の就職状況が明らかになった。採用を中止・縮小した業種もあり、翻弄された学生は多い。大学はオンラインを活用してどう対応したのか。AERA 2021年10月25日号は「採用される大学」特集。 *  *  *  2023年春の就職を目指す50人の大学3年生や大学院生が10月上旬、就業体験(インターンシップ)先を探すために東京都内の会場に集まった。就職情報サイトを運営する「学情」主催のマッチングイベントだ。休憩時間は静か。隣と話す人もいない。「新型コロナウイルス対策のためか、まだ慣れずに緊張しているからか、だと思います」(主催者)  それでも、企業に質問する姿勢は例年どおり活発だった。 「リアルなイベントはほとんどありません。貴重な機会だと思って参加しました。他の人の質問が具体的ですごいと思うところもあったし、自分が今、どの位置にいるのか確認できたと思います」(立正大学の男性) 「コロナ禍でも売り上げを伸ばし、安定している食品メーカーを志望しています。いろんなインターンシップに参加して情報収集しています」(東京理科大学大学院の女性)  イベントに出展したキッコーマンの採用担当、井元優吾さん(24)はこう語る。 「昨年の21年卒(21年春入社)の学生から面接はすべてオンライン選考です。画面越しでは実際の雰囲気と異なる場合もあるため、少し不安はありました。でも、入社した社員は例年と遜色ありませんでした」 ■状況は大きく変わらず  コロナ禍が直撃した21年卒の就活の結果を見てみよう。就活生に人気の企業102社がどの大学から何人を採用したか、大学通信の協力を得て一覧にした。その企業のなかで最も採用数が多かった大学を赤色、採用数で5番目までの大学を青色、そのほか10人以上が採用された大学を黄色で示した。ほぼ全業種で早稲田大学や慶應義塾大学が強いことなどが、ひと目で分かる。ただ、卒業者数は大学ごとに大きく異なるので、比べる際は注意してほしい。  数字をまとめた大学通信調査部長の井沢秀さんが分析する。 「状況は大きく変わっていません。メガバンクは縮小傾向ですが、自動車、電機メーカーは安定しており、難関大学から採用しています。医薬品系はやはり医学部、薬学部のある難関国立大が強い傾向です」  就職情報会社ディスコによると、10月1日時点の21年卒の内定率は88.6%と高水準で、コロナ禍前の20年卒を1.9ポイント下回った程度だった。  コロナ禍で航空・旅行業界は採用を中止したり減らしたりしたところが多い。両業種に多数の人材が輩出してきた明治大学の就職キャリア支援センター、原口善信さんは明かす。 「低学年の頃から強く志望する学生たちには特にダメージが大きかったです」  同大では、例えば全日本空輸(ANA)への就職者数は20年卒16人から21年卒1人と大幅に減った。 「21年卒は『これから航空会社にエントリーシートを出そう』というときにコロナ禍で就活が中断しました。採用があったのは、JAL(日本航空)とANAではパイロット職などに限られました。航空業界に絞っていた学生は他の業界を見ようにも人気企業はすでに選考が始まっていることが多かったです」  それでも、全業種で見ると全学部就職内定率は90%以上を維持。前年度とほぼ変わらない結果となった。コロナ禍で、大学は学内ガイダンスや個別相談をオンラインで対応し、学生を支援した。  航空業界は来春の22年卒の採用もほとんどない。原口さんは「なぜ航空会社に入りたいのか」と学生たちに問いかけてきたという。 「そうすると、別の業界でも思い描いたことをできると気づきます。例えば、人を喜ばせることが好きなのであれば、エンタメ業界なら近いことができるかもしれないと、芸能事務所、ブライダル業界、テレビ制作会社、ゲーム会社に入った学生もいました」 ■知名度にこだわらない  9月末に緊急事態宣言が解除され、10月から対面の面談を再開した。原口さんは言う。 「対面とオンラインを組み合わせて、より丁寧なフォローをしていきたいと思います」  青山学院大学も、航空・旅行業界に多くの卒業生を送り込んできた。例えば20年卒を見ると、ANAには調査対象52大学で最多の41人、JALには同3番目の32人が入社した。同大は20年4月、全4年生を対象に緊急アンケートを実施。すぐに約10%にあたる約500人から「不安で就職活動が進められず相談したい」という回答が寄せられた。進路・就職センターの祖父江健一事務部長はこう話す。 「就職活動へのモチベーションをどうしても持てない学生は例年数%はいますが、コロナ禍で10倍に。職員がすぐに電話をかけて相談を受け始めました」  一方で、学生から「隠れた良い企業はどこですか」と問われることが増えたという。 「学生は名前を聞いたことのあるBtоC(消費者向け)の企業ばかり見てきましたが、こうした企業は景気や社会の影響を受けやすいと考え、BtоB(法人向け)の企業にも目を向け始めました」  コロナ禍前、同大から10人以上就職した企業は毎年30社以上あった。だが、21年卒はその数が3分の1に減って就職先が散らばった。航空・旅行業界を目指していた21年卒の女性(23)は法人向けに顧客管理事業を展開する企業に就職し、営業職として働いている。 「行きたかった企業に挑戦することもできずに悔しかったけど、就職センターの職員さんに何度も相談に乗ってもらい、最終的には働いている方々の人柄で決めました。仕事で様々な業界に携われるのが面白いし、(働く時間を自由に決められる)フルフレックスタイム制で働きやすい。今の会社に満足しています」 ■不安のなかでも諦めず  関西学院大も航空業界に強い。20年卒のJALとANAの就職者数は計48人いた。だが、21年卒はJALへの3人にとどまった。その状況下でも国際学部4年の片山理咲子さんは、パイロット訓練生で内定を得た。 「コロナ禍で、22年卒の採用は全てなくなってしまうのではないかと思いましたが、諦めずに大学のキャリアセンターを活用して、先輩たちに話を聞きに行きました。話を聞けば聞くほど、社員一丸となって飛行機を飛ばしてお客さまに喜んでいただくという仕事の魅力に気付かされ、チームで何かを達成することにやりがいを感じる自分にフィットしていると思いました」  女子大もコロナ禍のあおりを受け、21年卒の平均実就職率(大学通信調べ)は4.3ポイントも下げた(大学全体で3.3ポイント低下)。就職情報を提供するマイナビの編集長、高橋誠人さんはこう語る。 「もともと女子大は99%以上の就職率を誇る学校があるくらい、就職の強さが売りでした。しかし、女子大で人気の航空・旅行業界はコロナ禍で就職が厳しくなりました。さらにコロナ禍前からメガバンクへの就職は、DX(デジタル化による変革)、AIの導入による無人化の方向で一般職の人数が絞られています」  例えば、同志社女子大学は21年卒の就職内定率を1ポイント以上落とした。JALやANAは毎年20人近く入社する最大の就職先だったが、21年卒は0人だった。同大を今春卒業した神奈川県在住の女性(23)も、当時は航空業界を志望していた。 「周りには航空業界を志望する人が多かったです。航空業界の就職がなくなり、燃え尽きて一時は『就活をお休みするね』という友だちもいました」  同大キャリア支援課の西岡慎介課長は、コロナ禍前からあった一般職採用の減少の影響が最も大きいと言う。 「総合職への就職は共学の学生との戦いになりますが、女子大の丁寧さを生かした支援に力を入れています。大人数のセミナーだけでなく、学生がエントリーシートを実際に書いてみる少人数講座も開いています」  東京女子大学キャリア・センター課の森田光則課長も、学生の支援に苦慮してきた。 「女子大はきめ細やかな対応が強みですが、コロナ禍で学生が学内に入れなくなりました。オンラインで説明会などを開きますが、学生とのつながりが薄くなりました。学生の今の状況が十分にわかりません」  そこで、ウェブサイトでチャット相談を開始した。 「コロナもあるから早く動く学生もいれば、どうしたらよいか分からず動けない学生もいて二極化が心配です。いつでも質問できるよう、24時間自動応答の機能にしました。込み入ったことなら、キャリアカウンセラーがチャットで応対する機能もあります。そこからオンラインの個別相談にもつなげられています」(森田課長)  写真投稿アプリ「インスタグラム」のライブ配信機能「インスタライブ」のようなイメージで、職員がオンライン上に登場して、学生たちの前でチャット相談に答えることも始めた。(編集部・井上有紀子、深澤友紀) ※AERA 2021年10月25日号より抜粋

    AERA

    10/22

  • 14

    「産まれる!」15歳の女子中学生が立ち会った保護猫の初出産 大切なことは猫が教えてくれた

     飼い主さんの目線で猫のストーリーを紡ぐ新連載「猫をたずねて三千里」。今回、お話を聞かせてくれたのは東京都在住の女子中学生たくみさん(15)。両親が保護した野良猫のお腹に思いがけず赤ちゃんが宿っていて、家でいちばん落ち着けそうな、(一人娘の)たくみさんの部屋で出産させることになったのです。お産と育児の見守りから親子の別れまで、はらはらドキドキ……。猫をめぐるひと夏の物語。 *  *  *◆帰宅したら白猫が部屋に しかもお腹には……  オリンピックで「真夏の大冒険」という解説があったけど、私もこの夏、大きな経験をしました。猫をめぐる出来事です。  5月半ば、学校から帰ってきたら、母が「あなたの部屋に白い猫がいるから」と。見にいったら、少し汚れて灰色っぽい毛の猫がいました。父の会社のビルの脇に迷い込んだ猫で、父と目が合うと追いかけて歩道に出てきて戻らなかったらしいのです。それで、父から連絡をもらった母が迎えにいきました。  その2日後、学校から帰ったら、「猫に赤ちゃんがいる」と母にいわれてびっくり。健康診断に連れていって妊娠がわかったそうです。  獣医さんがいうには、「1歳未満。野良で育った猫で、これが初産」。家族会議をして、「おうちで産ませよう」と決まりました。当面、めいちゃんは私の勉強部屋で過ごすことに。今までにも猫を保護したことはあるけど、お産は初めて。家族中でドキドキです。  ママ猫の名前は、「めい」にしました。ビルの隙間の暗い所にいたので、「明るい名にしてあげよう」と父が言い、『となりのトトロ』に出てくる女の子からもらいました。  めいちゃんは本当に人懐こく、家に来て3日目で膝にぴょんっと乗ってきました。私が寝そべると胸や背中にも乗ってくる甘えん坊さんで、とっても可愛い猫。  とにかく、めいちゃん自身が健康で“無事に産む”ことが大事ですからね。  ネットで調べると、「産箱」があると猫が落ち着いて産んで、そこでお乳もあげられるとわかり、作ることにしました。  段ボールは、父が「これどうかな」と会社から新品を持ってきてくれました。片方の側面に切り込みをいれて、扉が開くようにして、めいちゃんが自由に出入りできるようにしました。箱の中にはビニールシート、バスタオル、ふわふわな毛布を敷いてあげて、天井にバスタオルをかけて完成。  病院で「(子猫は)2匹はいる」と言われたので、産箱の“表札”にめいと2匹の子猫の絵を描きました。  ちょっと早いけど、勉強部屋の床に産箱を置いてみたら、めいちゃんが「これなに?」と興味深そうに入ってくれたので、よし!って感じでした。  出産予定日は、6月20日。 (7月前の)中間試験と重ならないといいな。学校に行ってる平日の昼でなく、休みの土日がいいと密かに願ってました。めいちゃんも初めてのお産で不安かもしれないので、立ち会ってあげたかったのです。  毎日のように写メを撮っていると、少しずつ、めいちゃんのお腹が大きくなるのがわかりました。さらに予定日が近づくと、お腹の一部の毛がぽつぽつ抜けて、おっぱいが目立ちはじめました。でも予定日になっても私には気配は感じられず。けど、ご飯はいっぱい食べていました。めいちゃんはママになる準備をしているようでした。 ◆まさかの噛みつきとリアルモミモミ  予定日から6日経ったころ、不安になって母の知り合いの猫のボランティアさんに、ラインで質問してアドバイスをもらいました。 ――お産箱は作ってタオルも敷きつめました。他に家族が準備するものはありますか?  とくにありませんが、急場の時のために、はさみと消毒液、糸などがすぐ出るようにするといいかもしれません。 ――ネットで胎盤を食べてしまわないようにと書いてありました。出産後に食べてしまうことあるのですか?  少し下痢をするかもしれないけど、食べても大丈夫だと思いますよ。  このアドバイスに従って、すぐにはさみや消毒液などのアイテムを用意しました。すると翌日の日曜、ついに「その時」が!  昼前、部屋で勉強していると、めいちゃんが急に鳴いてうろうろ歩き回って。「産まれる!」と思って両親を呼びにいきました。  私はベッドに産箱を載せて固唾を飲んで見守りました。めいちゃんはベッドの上で、苦しそうにのたうちまわるように動いている。いてもたってもいられず、「わっ、何かしなきゃ」と思わずめいちゃんの傍にいくと、私の腕にしがみつくようにして、ガブ~ッと噛んだんです。血が出て痛くて泣きそうになったけど、めいちゃんはパニックになるほど必死なんだ、子ども産むのって大変なんだ……って思いました。  ほどなくして、最初の子猫が出てきました、めいちゃんはその子をすっとくわえて産箱へ連れていきました。  それから2匹、3匹、と産箱の中で続けて産んで。めいちゃんは子猫の濡れた体を全部なめてきれいにしました。そう、2匹でなく、3匹いたんです! 「1時間くらいで無事に産まれた」とボランティアさんに報告すると、「よかったね、ママ猫が体調を崩しがちになるので、高栄養のご飯をあげてください」と返事がきました。「そうか、これからが大事なんだ!」と身がひきしまりました。  子猫はオス1匹、メス2匹でみんな黒っぽい柄。みんな可愛い。白猫が産まれるとばかり思っていたので、ちょっと意外でした。  産まれた子たちは自分でおっぱいを探して、ミルクを飲みました。その時、初めて“リアルモミモミ”を見て、感動しちゃいました。  子猫たちの体重を計るためにちょっと抱いても、めいちゃんは怒らなかったので、ほっとしました。3匹の体重は、だいたい100g前後で“標準”です。  実は、猫も母になると「強くなる」と聞いたことがあるし、めいちゃんも急に変わっちゃうかな、出産前にはそんな不安がわいて、ちょっとこわくなったりもしていたのです。  めいちゃんは、めいちゃんのまま、いいママになりました。子猫たちが寝ると産箱から出てきて床でゆっくりして、ミャアミャア鳴き声がすると、いそいでおっぱいを飲ませに箱に戻ってました。 ◆人に慣れて人を好きになるように  10日も経つと子猫の目が開いて、(ねずみっぽかったのが)だんだんと猫らしくなりました。生後3週でよちよち歩いて、4週目で部屋の探検を始めて。子猫たちが動きだすと、めいちゃんは、全員を“見渡せる”高さの机に登って見ていました。  5週目には、早走りしてドタドタ。机にも乗れるようになって、ノートにどかっと乗ったり、ペンに噛みついたり。危ないことがないように私も見守りました。膝に乗せながら勉強するのは憧れだったので、楽しかったな。  友だちやいとこも子猫を見に来ました。子猫を抱き抱えて遊ぶ様子を、めいちゃんはテーブルで“香箱座り”をしながら、じっと見張っていました。それがなかなかの貫禄なので、「ボスキャラ感がすごい」と言われたりして(笑)。  2カ月くらいして、部屋のキャットタワーを窓側に移動すると、喜んで乗ったけど、カーテンを引っ張ってビリビリにしちゃいました。本当に活発な子たち。   私も、子猫とできるだけたくさん遊んであげました。どこ(の家)にいっても大丈夫なように、人に慣れて、人を好きになるように……。  うちには先住犬と先住猫がいて、生まれた子猫みんなを飼うことができません。それで、子猫たちが生まれる前、めいちゃんのお産の準備をしている段階から、父や母の知り合いに「子猫が生まれます(欲しい方いませんか)」と声をかけて、探していました。  3匹の子猫の名前ですが、男の子はお花やさんの家にいくことになったので「お花」にして、雌は「ポンズ」と、「天(そら)」と名づけました。ポンズは父の友だちの家に行くことになりました。  天はなかなか決まらず、「うちで飼わない?」と両親に言うと賛成してくれました。いちばん最初に産まれてきたのが天なのですが、見たとたん、なぜか「この子だ(うちの子になる子だ)」と予感があったんです。めいちゃんは「おとなで貰い手がなかなかないかも」と、両親ははじめから家で迎えるつもりでいたので、結局、親子2匹が家に残ることになりました。 ◆2匹の子猫の旅立ち…めいちゃんは毅然としていた  3カ月後、2匹の子猫をついに送り出すことになりました。2匹との別れの時……私は何とも言えない気持ちになりました。  胸の奥がずーんと痛みました。もちろん、これから幸せになるためお引越しをするわけだし、新しい家族があたたかく迎えてくれることもわかっている。ただ、何もわからない子猫を裏切っているんじゃないかって気もして……。  そんな思いを救ったのは、めいちゃんでした。1匹ずつ、貰われていき、家には“残りが天ちゃん1匹”になっても冷静で、探すような素振りは見せませんでした。子猫が巣立った後も変わらず、私や母を慕ってくれました。めいちゃんの毅然とした態度もかっこよくて、落ち込んじゃだめだなって、思えたんです。  ◆   猫たちが大切なことを教えてくれた  翌日から、めいちゃんと天も先住猫と先住犬と少しずつ会わせるようにして、今は、リビングでみんな一緒に過ごしています。  めいちゃんたら、後から仲間入りしたのに勇ましく、犬のバニラ君を見てパンチ、次に猫のみー君にパンチ。でもこの男子組は陽キャラ&マイペースなので、あまり気にしてない(笑い)。元々ビビりの猫のおとちゃんは「こわ~」とばかりに、私に頼ってくっつくようになりました。それはそれで嬉しいこと。最近では、めいちゃんが穏やかになって落ちついて、動物同士のバランスもいい感じになってきました。  それにしても、濃い5カ月だったな。この出来事は、この先も記憶に残っていくと思います。  家族に馴染んで、必死に子猫を産んで、育てて、一途に見守って……とても大切なことを、勉強部屋で猫たちに教えてもらいました。  ポンズにもお花にも、ずっと元気でいてほしい。先住さんとも仲良くね。めいちゃんの子だもの、きっとだいじょうぶ! (水野マルコ) 【猫と飼い主さん募集】「猫とたずねて三千里」は猫好きの読者とともに作り上げる連載です。編集部と一緒にあなたの飼い猫のストーリーを紡ぎませんか? 2匹の猫のお母さんでもある、ペット取材歴25年のベテラン・水野マルコ記者が飼い主さんから話を聞いて、飼い主さんの目線で、猫との出会いから今までの物語をつづります。虹の橋を渡った子のお話も大歓迎です。ぜひ、あなたと猫の物語を教えてください。記事中、飼い主さんの名前は仮名でもOKです。飼い猫の簡単な紹介、お住まいの地域(都道府県)とともにこちらに連絡ください。nekosanzenri@asahi.com

    dot.

    15時間前

  • 15

    BTSを生んだ韓国の壮絶な競争社会 「努力、努力」と「レベルが違う」パフォーマンス

     世界を席巻する人気グループBTS。ファンは彼らについて「努力、努力で有名」だと話すが、その背景には韓国の熾烈な競争社会がある。AERA 2021年10月25日号から。 *  *  *  3048万回。BTS(防弾少年団)が9月20日朝に米ニューヨークの国連総会特別イベントで行った記念演説とパフォーマンスの、10月13日現在でのユーチューブ再生回数だ。  米ワシントン近郊に住む30代のコリアンアメリカン(韓国系米国人)男性は、演説直後の夜、このユーチューブを何度か再生した。「再生するたび、爆発的に回数が伸びていた。周囲の米国人でBTSを知らない人は誰もいない」と語る。  米メディアは演説の内容を次々に報道。ABCテレビは、BTSと文在寅韓国大統領をスタジオに招いてインタビューを行った。米フォックスニュースは10月3日、BTSが国連児童基金(ユニセフ)と提携した4年間で、360万ドル(約4億円)と何百万ものツイートを獲得したと報じた。BTSと所属事務所はユニセフとのパートナーシップを結び、2017年11月から韓国で「LOVE MYSELF」(私自身を愛そう)キャンペーンを展開してきた。あまりの反響に、韓国野党から「文在寅政権がBTSを政治外交ショーに利用した」というやっかみの声まで上がったほどだ。 ■勉強にもスポーツにも熾烈な競争がある  BTSは今回、若い世代に新型コロナウイルスのワクチン接種を呼びかけた。都内の私立高校に通う男子生徒(16)は、「国連という世界的な場所で、自分の好きなグループが自分に近い考えを語ってくれて感動した」と話す。都立高校に通う女子生徒(16)は9月20日夜、ユーチューブのライブ中継を見ていた。「バンタン(BTS)のパフォーマンスが終わった瞬間、視聴者の数が3分の1くらいになってびっくりした。それくらいの影響力。国連でスピーチした意味があったなと感じた。若者に人気があるグローバルスターがワクチンを打っていて、さらに勧められたら打つしかない」と話す。  この生徒にBTSの魅力を尋ねると、「グク(JUNG KOOK)とテテ(V)の圧倒的ビジュアル」「ホソク(J-HOPE)とJIMINの人を惹きつける圧倒的なダンス。基礎がありすぎてレベルが違う」と、立て板に水を流すように答えてくれた。そして「やっぱり、何より、努力、努力で有名なのがバンタンだから」と話す。 「努力」の意味は、韓国と日本では天と地ほども違う。韓国では勉強、スポーツ、芸能など、あらゆる世界が競争の場と化している。小学校高学年になれば夜10時くらいまでの学院(塾)通いは当たり前。多くの自治体が「深夜11時から朝6時まで塾の営業禁止」という条例を設けているほどだ。韓国統計庁によれば、韓国の高校生の1日の平均課外学習時間は8時間以上にも及ぶ。BTSのリーダーRMも母親が熱心に語学教育を施した結果、ネイティブ並みの英語力を身につけたという。  スポーツも、日本のような「学校教育の一環」「生涯スポーツ」という文化はない。運動部は一握りのエリートが、プロを目指して切磋琢磨する場になっている。  2010年3月、日本の文部科学省関係者が韓国を視察した。同年のバンクーバー冬季五輪で韓国チームが金メダル6個などの好成績を収めたからだ。だが、関係者は「とても日本では真似ができない」とため息をついた。韓国が五輪メダリストらに最高月額100万ウォン(約10万円)の生涯年金を支給するなどしていたからだ。  そんな競争文化を芸能分野に持ち込めばどうなるか。筆者は10年ほど前、当時最も勢いがあった4人組女性グループ「SISTAR」が所属する「STARSHIPエンターテインメント」を取材する機会があった。当時、この事務所には中学1年生から21歳までの男女15人の練習生が、合宿所と呼ばれるアパートで共同生活を送りながら、デビューの日を待ち続けていた。学校が終わるとダンスや歌の練習を午前零時ごろまで続ける。納得できなければ朝までやる。休みは平均で月1回ほどだという。それでも、デビューできずに事務所を去る子も大勢いる。デビューしても、成功するとは限らない。当時の事務所関係者は「芸能界で成功する確率は1%にも満たないかもしれない」と語っていた。 ■韓国のソフトパワーは米韓関係にも影響  こうした徹底した管理によるスター育成方法は「インキュベイティング・システム(孵化装置)」と呼ばれる。まさに、学校教育の1年から2年先を教える学院(塾)や、韓国エリートスポーツ制度そっくりだ。BTSの「レベルが違う」ダンスもこうした苦労の賜物と言える。  そして、K-POPは、海外市場を大切に扱ってきた。韓国大手紙の芸能担当記者は、その理由について「韓国市場は小さいし、国内の競争も激しいからだ」と語る。  この記者によれば、重要な海外市場は日本、中国、タイを中心とした東南アジア諸国になるという。  中国には巨大な市場がある。日本人は「一度ファンになると10年間は裏切らない」と言われるほど忠誠心が高く、CDやコンサートの関連グッズの売り上げも大きい。東南アジアの若い世代はソーシャルメディアでの貢献度が高い。BTSも数年前までは、ユーチューブの再生回数の多くを東南アジアの人々に頼っていた。  このため、韓国の各芸能事務所は競うように練習生に英語や日本語、中国語を学ばせている。BTSは元々、RM以外のメンバーは外国語に堪能ではなかった。数年前、米国のテレビに出演した際、ほとんどRMだけが発言していたほどだ。  しかし、BTSの成功で、韓国の各芸能事務所の「外国語熱」が更に過熱したことは間違いない。日本人や中国人、タイ人らのメンバーを加えているK-POPグループもある。  こうした海外戦略に支えられ、韓流文化は世界を席巻している。米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が10月5日に開いたオンラインセミナーでは、BTSのほか、世界中で大ヒットしているNetflixのオリジナル韓国ドラマ「イカゲーム」や、昨年のアカデミー作品賞や監督賞などを獲得した映画「パラサイト 半地下の家族」が話題になった。セミナーに出席したクリントン政権で国防次官補を務めたハーバード大学のジョセフ・ナイ特別功労教授は、「韓国のソフトパワーは米韓関係や金正恩(朝鮮労働党総書記)にも影響を及ぼすだろう」とまで語った。(朝日新聞記者・牧野愛博)※AERA 2021年10月25日号より抜粋

    4

    AERA

    10/22

  • 16

    映画「なぜ君」の続編は小川淳也氏vs.平井卓也氏を描く 同じ地盤でも対照的な2人

     立憲民主党の小川淳也氏を追ったドキュメンタリーで注目を浴びた、大島新監督。続編では来たる総選挙でのライバルとの戦いを描く。AERA 2021年10月25日号では大島監督にインタビューした。 *  *  * ──映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」の続編「香川1区」の制作に入ったそうですね。 「なぜ君」は予想もしない反響を呼び、続編を望む声が多く届きました。ただ、小川淳也衆議院議員を追い続けるにしても、少なくとも4~5年、場合によっては10年スパンの撮影を考えていました。舞台挨拶で半ば冗談、半ば本気で「これからも長く小川氏の撮影を続け、次回作のタイトルが『まさか君が総理大臣になるとは』になるといいなぁと思っています」などと話していたくらいです。 ──続編を撮ろうと思ったきっかけは、2020年9月の野党合流による新しい立憲民主党の結成と、菅義偉政権の誕生だったと聞いています。  この時、一部の中堅・若手議員から「小川氏を合流新党の代表選挙に」との声が上がりました。結果として小川氏は「自分は選挙区で当選していない」として名乗りを上げず、枝野幸男氏と泉健太氏の一騎打ちになりました。その過程で、小川氏は改めて選挙区で勝っていないという弱点を意識せざるを得なくなりました。党内で「選挙区で勝ったか否か」は、影響力が雲泥の差なのです。  一方、菅政権が誕生すると、小川氏のライバルである自民党の平井卓也氏がデジタル改革担当大臣に就任したのです。驚きました。同じ選挙区で戦う相手が菅政権の看板大臣になるとは、小川氏にとって青天の霹靂だったと思います。保守地盤の香川県では「大臣」の名前は絶大です。映画が少々ヒットして話題になった程度では、とても太刀打ちできない。実際、小川氏はこの時期「人生と書いて試練と読む、という思いです」と私にこぼしていましたから。 ■同じ地盤だが対照的 ──そもそも、同じ香川1区を地盤にしながら、これほど対照的な政治家も珍しいですよね。二人の選挙戦を、今回は平井陣営にもカメラを向けて取材を行えば、日本の有権者の意識というものが見えてくるのではないか……。そう思われたのですね。  平井氏は3世議員で、祖父も父も大臣を務めた政界のサラブレッド。加えて平井家は、県内のシェア6割強を誇る四国新聞や、西日本放送のオーナー一族で、「香川のメディア王」でもあります。美術館や私立高校の経営も一族が担うなど、影響力は絶大です。平井氏自身も、大学卒業後は大手広告会社の電通に勤務し、その後、29歳の若さで西日本放送の社長に就任します。いわば“銀の匙をくわえて生まれてきた”人物です。 ──一方の小川氏は、自称「パーマ屋のせがれ」で、選挙に必要とされる「地盤・看板・カバン」はありませんでした。  名門・県立高松高校を卒業して東京大学に入学。卒業後は自治省(現・総務省)に入りました。03年に当時の民主党から“無謀な”出馬をし、05年に比例復活で初当選しました。現在5期目ですが、平井氏相手の選挙は1勝5敗です。 ■統計不正問題で脚光  何しろ小川氏は政治家の資質に必要とされる“清濁併せ呑む”といった面がまるでありません。党内での出世争いにも関心が薄く、議員同士の社交や遊泳術もまったく下手。永田町では真っすぐ過ぎる性格ゆえに「修行僧」と呼ばれ、珍種扱いを受けています。けれども、渾身の正論で居並ぶ閣僚たちに迫り、聞く者の心を奪った19年の統計不正問題の追及によって、「こんな政治家がいたのか」と、熱い期待を寄せられています。 ──今年6月11日、平井氏がIT総合戦略室の会議で、東京五輪・パラリンピックで使う健康管理アプリの開発を巡り、請負先の企業を「脅しておいた方がよい」「完全に干す」などと発言していたという朝日新聞のスクープが報じられました。  平井氏は釈明に追われましたが、四国新聞には「税金の無駄なくすための発言」との見出しが躍りました。その5日後、文春オンラインが新たな音声を公開し、平井氏の発言が官製談合防止法に違反する疑いがあると報じました。これらの報道によって、盤石と思われた立場も揺らぎ、香川1区は全国でも屈指の注目選挙区となったのです。 ■平井氏は“ザ・政治家” ──大島監督は今回、平井陣営や平井氏本人にも取材をしています。直接会ってみて、平井氏とはどんな人物なのですか?  まさか取材を受けてくれるとは思いませんでした。東京の議員会館で30分だけのインタビューでした。「なぜ君」について、「小川さんの知名度が上がったので、平井さんにとって迷惑ではなかったですか?」と聞くと、「タイトルもキャッチーだし、政治に関心を持つ層が増えるのは良いこと」と、大人の対応でした。 「脅しておいて」「完全に干す」発言に触れた時には語気が強くなる場面もありましたが、全体としては隙を見せず、“ザ・政治家”という印象でした。 ──これまで平井氏が勝ち続けてきたのは、有権者に選ばれたからです。平井氏に投票した人はどんな思いなのでしょうか? 「なぜ君」の監督ですから、警戒されるのでしょうか。平井陣営への取材は難航しています。それでも何度か香川に通ううちに、数人ではありますが話をしてくれる人に出会えました。ある建設会社の経営者は「ウチは公共工事の割合が大きいから政権与党に入れるのは当たり前」と正直に語っていました。高松市中心部で30年以上、商店を営む人は「この街で商売をしている以上、取材などで付き合いがある四国新聞は敵に回せないんです」と話していました。 ■「現状維持」か「変革」か  撮影はNGでしたが、商店街の顔役は「正直国会議員が誰か、ということは商売にあまり関係がないんだけど、県議会議員や市議会議員との結びつきが強く、そのほとんどが自民党だから」との答えでした。 ──なるほど。共通するのは「現状維持」を望むという空気だったのですね。  そもそも保守という概念は、理屈ではなく、これまで培われてきた伝統や価値観に意味を見いだす態度であり、現状維持を基本として、時代の変化に合わせて微修正していく考え方です。  一方のリベラルは、理想や理念によって変革を求める政治姿勢であり、社会は変えられる、あるいは変えなければならない、という考え方ではないでしょうか。小川氏は特にその傾向が強く、これまでの日本の政治体制や政策体系を、ドラスティックに変えるという考えを持っています。  その視野は気候変動への対応や、脱経済成長社会を目指すなど、世界の統治体制にまで及んでいる。大きく言えば、この選挙は「現状維持」か「変革」かを問う闘いなのです。おそらくこれは香川1区だけでなく、日本中の多くの選挙区で見られる現象だと思っています。 ──小川氏にとっては7回目の対決になります。選挙区で勝てますか?  こればかりは本当にわかりません。政権の支持率にもよります。ただ、前回以上のいい勝負になる可能性が高いと思いますし、無党派層の投票率が上がれば、勝機も出てくるでしょう。 (構成/編集部・中原一歩)※AERA 2021年10月25日号

    AERA

    20時間前

  • 17

    小室圭さんはひと足先に米国へ 眞子さまの病状説明で宮内庁はなぜ「批判」と言わず、「誹謗中傷」と強調したのか

     秋篠宮家の長女、眞子さま(29)と小室圭さん(30)は、今月26日に婚姻届を提出し、記者会見を行う。結婚の日が迫るなか、小室家と小室さんの母、佳代さんの元婚約者との間の金銭トラブルは解決しておらず、儀式なし一時金なしの異例の結婚。だが、宮内庁の空気は明るいようなのだ。 *      *  *  18日午前、小室圭さんが秋篠宮ご夫妻へのあいさつのため赤坂御用地にある秋篠宮邸を訪れる。この日に眞子さまとも3年2カ月ぶりに再会するという。  眞子さまと小室さんの結婚は、女性皇族の結婚時に通例行われる結婚に伴う儀式は行わず、皇籍を離脱するに伴う一時金も受け取らない「異例婚」だ。  秋篠宮さまは、昨年の誕生日の記者会見で、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と定めた憲法を引き合いに出し、結婚を認めると発言した。   一方で、金銭トラブルに対して国民が納得し、祝福する状況にはない以上、「納采の儀」など家同士の儀式にあたることを行わないというのが、一貫したスタンスだった。  黒田清子さんと黒田慶樹さんのように結婚後も晩さん会や祭祀に夫婦で出席するような親戚づきあいは、小室家とは行わないのではないか、とみられていた。    それだけに、小室さんが秋篠宮ご夫妻に直接会い、あいさつを行うか否かは、関心事のひとつでもあった。 「意思を通したけじめはつけるべきだ、というのが秋篠宮さまのお考え。一方で、眞子さまが後ろ指をさされることのないよう、ご両親としてできることはしてあげたいということでしょう」(宮内庁OB)  もうひとつの関心事は、米国への出発の日だ。  26日の結婚と記者会見を終えたら、小室さんは早々に日本を発ち米国での勤務に戻る――。そうした見方が有力になっている。  眞子さまは、皇籍から抜けて民間人となったあとにパスポート取得の手続きに入るため、2週間程度は日本に滞在する必要がある。小室さんが先に出発したあとは、眞子さまはひとりで出発までの準備を行うことになりそうだ。  26日に眞子さまは結婚の手続きを済ませた後、「小室眞子さん」として記者会見に臨むことになる。予定されているのは、都内の老舗ホテルだ。  思い起こせば、05年に黒田清子さんと黒田慶樹さんが挙式と披露宴、記者会見を行ったのは、帝国ホテルだった。白のシルクのロングドレスに真珠のネックレスをつけた清子さんは、「扇の間」で会見に望んだ。黒田さんとほほ笑みながら見つめ合い、こう述べた。 「黒田家の一人として、新しい生活に臨んで参りたいと思います」   清子さんの場合と異なり、眞子さまと小室さんの記者会見では、場所の選定は重要なポイントになる。金銭トラブルが解決しないまま結婚することに、国民感情として納得がいかないという空気が強いからだ。 「そうした国民感情に配慮したなかでの記者会見だけに、紀宮さまと同じ帝国ホテルで行えば、ぜいたくと批判されかねない。かといって、参加するテレビや大手メディア、雑誌や外国のプレスに対応できる会場である必要がある。『身の丈に合っている』と受け止められる場所であることが重要です」(前出のOB) そもそも天皇や皇族の記者会見は、宮内記者会があらかじめ提出した質問に対して準備した内容を回答する。その場で自由に質疑ができる関連質問もあるものの、そう厳しい質問が出ることはないのが一般的だ。 眞子さまと小室さんの記者会見は、小室さんの母親と元婚約者との金銭トラブルの説明の場としてもとらえられている。  その金銭トラブルは、結婚まで2週間を切ったいまも解決にはほど遠い状況だ。  小室家の代理人弁護士が、一部メディアの取材に、<圭さんが母親に代わってX氏と話をすることを提案し、先日お返事をいただいたので方法等について調整中です>  と回答すれば、元婚約者サイドは、「了承はしていない」とのコメントを公表するなど、事態は泥沼化する一方だ。    だが宮内庁は、金銭トラブルなど、もはや気にもかけていないような空気だという。  皇室の事情に詳しい人物は、こう明かす。 「結婚の日取りも決まって、やれやれホッとしたという空気に満ちていた。『結婚前に金銭問題にめどをつけなければいけない』といった焦りはまるで感じなかった」  この宮内庁の様子について、次のように分析する。 「というのも、金銭問題に対して国民の納得と結婚への祝福を得られていないまま突き進むことへのけじめが、異例の『儀式なし婚』となった訳です。すでにある種のペナルティを課したうえで結婚を決めた。だとすれば、何が何でも結婚前に、解決しなければならない理由はなくなったということです」  加えて、会見自体はそう厳しいものにはならないとみられている。  布石になっているのは、10月1日の会見だ。  永井良三皇室医務主管と精神科医でNTT東日本関東病院の秋山剛医師が同席し、「複雑性PTSD」と診断されたと公表した。 小室圭さんの母親の金銭トラブルに対する批判が続く中、眞子さまが、結婚に関するご自身や家族、相手とその家族への誹謗(ひぼう)中傷と感じられるできごとを長期にわたり反復的に体験したことが原因だという。眞子さまに診断を下した秋山医師は「結婚されることで、誹謗中傷と感じられる出来事がなくなれば改善が進む」と話した。  この説明に対して、一部の国民は「誹謗中傷」という言葉に敏感に反応した。誹謗中傷とは、<根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つけること>を指すからだ。  宮内庁の会見に同席した医師は、眞子さまが「誹謗中傷と感じる出来事」について「週刊誌報道」「ネット上のコメント」が含まれると述べているが、具体的にどの部分が「事実に基づかない誹謗中傷」であるのかを明らかにしていない。   また、宮内庁は出した眞子さまの病状と診断について説明した文章では、「批判」という言葉を一度も使っていない。  代わりに、「誹謗中傷」の単語を6度用いている。  なぜ、宮内庁は、「批判」ではなく「誹謗中傷」という言葉を選んだのか。  思い起こされるのは、1993年、皇后であった美智子さまが59歳の誕生日に公表した文書回答だ。  昭和から平成の世に移るなかで、平成流皇室に対する批判の矛先は、美智子さまに向けられた。  10月20日、誕生日の祝賀行事に出発しようとしていた美智子さまは、突然倒れて声を失った。  最終的な引き金となったのは、皇太子妃決定過程に関連した人物からの手紙という指摘もあり、皇后バッシングで声を失ったという単純な構図ではないようだ。  それでも、バッシングは美智子さまを苦悩に追いやった原因のひとつだ。   宮内記者会からの、「最近目立っている皇室批判記事についてどう思われますか」という質問に対して、美智子さまは文書でこう回答を寄せた。 <どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います。今までに私の配慮が充分でなかったり、どのようなことでも、私の言葉が人を傷つけておりましたら、許して頂きたいと思います。 しかし事実でない報道には、大きな悲しみと戸惑いを覚えます。批判の許されない社会であってはなりませんが、事実に基づかない批判が、繰り返し許される社会であって欲しくはありません。幾つかの事例についてだけでも、関係者の説明がなされ、人々の納得を得られれば幸せに思います。>   「批判」とは、<人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること>(大辞泉)。対して、「バッシング」は、<打ちのめすこと。手厳しく非難すること>(同)。「批判」は、ある程度の事実に基づいた意見であり、「バッシング」は、ちょっとした根拠をもとに相手を打ちのめすニュアンスだ。  美智子さまは文書回答で、「どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います」と答えている。 「つまり、今回、眞子さまが複雑性PTSDと診断された背景について、宮内庁が『批判』という言葉を使えば、『ある程度、耳を傾け、受け止めなければならない』という含みを持ってしまう。宮内庁は、『批判』ではないと強調したかったのでしょう。だが、誹謗中傷という言葉は報道や国民を萎縮させる表現で、宮内庁がたやすく使ってよい言葉ではなかった」(前出の人物)  26日に行われる、「小室眞子さん」と小室圭さんの記者会見。メディアと「小室夫妻」のやり取りが、表面をなぞったような言葉で終わってほしくはない。 ふたりから、金銭問題について国民が納得のゆく説明がなされるのか。眞子さまは、「ねえね」と慕った黒田清子さんのようにほほ笑んで、「新しい生活に臨んで参りたいと思います」と口にすることができるのか。  眞子さまは、内親王として歩んだ30年の矜持を胸に会見に臨む。 (AERAdot.編集部 永井貴子)

    dot.

    10/16

  • 18

    V逸の楽天・石井一久監督 2年ぶりCS進出もファンの「視線が厳しい」理由とは

     楽天が19日のオリックス戦で3-6と敗れ、リーグ優勝の可能性が完全消滅した。  今季から石井一久GM兼監督が就任。2013年以来8年ぶりのリーグ優勝に向け、開幕前は前評判が高かった。日米通算177勝の田中将大が復帰し、アマ球界№1左腕の呼び声高い早大・早川隆久を4球団競合の末にドラフト1位で獲得に成功。昨季最多勝の涌井秀章、岸孝之、則本昂大とエース級が並ぶ先発陣は「黄金のローテーション」と形容された。だが、シーズンに入ると思うような戦いができない。涌井は状態が上がらずファーム落ちを経験。6勝8敗、防御率5.10で10月に1軍昇格後は救援で起用されている。田中も好投しているが打線の援護に恵まれない登板が多く4勝8敗、防御率3.11。打線も新外国人のディクソン、カスティーヨが機能せず迫力不足が否めない。爆発力がなく、シーズン終盤の優勝争いに絡めなかった。  3位で2年ぶりのCS進出はほぼ間違いない状況だが、楽天ファンの石井監督に対する風当たりは強い。これは2年前の19年に最下位から3位に押し上げた平石洋介元監督(現ソフトバンク打撃コーチ)が1年限りで退任した人事が大きく影響している。球団は翌20年から新設する「2軍統括」のポストへの就任を要請したが、平石元監督は球団を去った。 「平石さんは現役時代に目立った実績はないが、コーチ就任後は勉強熱心な姿勢と選手とのコミュニケーション能力の高さで評判が良かった。星野仙一監督も平石さんを認め、『将来の監督候補』として高く評価していました。監督就任1年目に3位は十分合格点をつけられる。ただ、さらに上を目指す上で石井さんは監督を代えた方が良いと判断したのでしょう。新たに三木肇前監督(現二軍監督)が就任し、新体制で臨む秋季練習前に石井さんが『僕の中では(3位は)3段階に分けたらBクラス』とゲキを飛ばしたことが報道されて話題になった。今ファンの間で取り上げられているのが『3位はBクラス』という2年前のコメントです」(スポーツ紙記者)  SNS、ネット上では「平石さんを『3位以下はBクラス』という理由で解任した張本人が、3位で続投する理由を説明してほしい」、「貴方が監督ならば3位はAクラス。他の人が監督なら3位はBクラス。これは明らかにおかしい。自分が言った言葉に責任を感じて欲しい。結果が出ないのなら貴方も辞めるべき」などのコメントが。  編成権も持つ「全権監督」として采配を振るう石井監督だが、2年契約最終年の来季は厳しい戦いが待ち受けている。 「楽天は選手の名前だけ見れば豪華な陣容ですが、全盛期を超えた選手ばかり。首位争いを繰り広げているロッテ、オリックスに比べて若手も育っていない。今年はBクラスに沈んでいるソフトバンク、西武も来年は目の色を変えて優勝を狙うでしょう。さらに厳しい戦いが待ち受けていると思います」(地元局の関係者)  シーズンはまだ戦いが残っている。リーグ優勝できなかった悔しさをバネに、CSを勝ち抜いて下克上を果たすことができるか。(桜庭嘉男)

    dot.

    10/22

  • 19

    BTS躍進の背景に「海外で働く」韓国人のルーツ 芸能関係者が「日本を羨ましがる」理由とは

     9月20日、人気グループBTS(防弾少年団)が国連総会でスピーチを行った。韓流文化が世界を席巻している背景には、朝鮮戦争後の活路のひとつとなった移民や、自国での激しい競争がある。AERA 2021年10月25日号から。 >>前編:BTSを生んだ韓国の壮絶な競争社会 「努力、努力」と「レベルが違う」パフォーマンス より続く *  *  *  韓国の人々にとって海外で働くことは、昔から慣れ親しんだ世界でもあった。  韓国は朝鮮戦争(1950~53年)で国土が廃墟と化した。60年代末ごろの韓国の1人あたりGDP(国内総生産)は日本の5分の1程度だった。極貧の生活を強いられた人々が見いだした活路の一つが、海外への出稼ぎ労働や移民だった。  戦後の激動期を描いた韓国映画「国際市場で逢いましょう」(2014年)では主人公が弟の学資を稼ぐため、西ドイツへ炭鉱労働者として出稼ぎに出る姿が描かれた。1987年11月に北朝鮮工作員により爆破された大韓航空機858便に搭乗して犠牲になった乗客104人のほとんどは、中東から祖国に戻る途中の出稼ぎ労働者だった。  そして、韓国のベテラン俳優ユン・ヨジョンが、今年のアカデミー助演女優賞に輝いた映画「ミナリ」は、1980年代の米国南部アーカンソー州を舞台に苦闘する韓国人移民のファミリーを描いた。  米国に住むコリアンアメリカンは2019年時点で、約191万人にのぼる。15年の国勢調査で約141万人だった日系米国人を上回る。戦前から移民が盛んだった日系に比べ、韓国系の人々が自由に移民できるようになったのは1960年代から70年代にかけての頃からだった。生活難に加え、朴正熙政権の軍事独裁による政情不安もあった。多くの韓国人が「自分が苦労してでも、子どもに良い教育と仕事を与えたい」と考え、米国への移民を希望したという。映画の背景になった80年代は移民が盛んな時期で、劇中でも「1年間に3万人がやってくる」という説明がある。 ■「海外で働く」が常に選択肢にある  上述した30代のコリアンアメリカンは「周囲の韓国系女性には熱狂的なARMYが何人もいる。BTSの公演やニュースがあれば、インスタグラムやツイッターを使い、英語で拡散している」と語る。  韓国で英語教育熱が高いのも、「海外で働く」ことが選択肢になっているからだ。韓国企業が入社希望者に求めるTOEICの最低スコアが700点。韓国の大学生から「良い会社に入りたかったら900点は必要だ」と聞かされたこともある。「海外で働く」選択肢を常に頭に入れている韓国の風土が、韓流文化の海外進出を下支えしている。  もちろん、だからといって世界的なスターになることは簡単ではない。上述した韓国芸能担当記者は「BTSは、世界の時代の流れにうまく乗った」と語る。この記者によれば、米ビルボードで2017年ごろ、ラテンポップが大きく躍進した。BTSの曲もラテンポップの要素が取り入れられているという。記者は「BTSの曲は良く言えば洗練されているが、やや難しいとも言える。でも、世界で好まれる音楽の流れをうまく取り入れたことが、世界的なスターになる契機になった」と語る。BTSはソーシャルメディアもうまく使いこなした。メンバーが撮影した写真を投稿することで、ファンとの距離を縮めた。  では、日本からBTSのようなスターは誕生するだろうか。  上述の記者は「日本は内需市場が強い。韓国の芸能関係者は皆、日本をうらやましがっている」と語る。  ただ、OECDによれば、2020年の日本人の実質平均年収は3万8515ドル(約450万円)。米国の6万9392ドル(約780万円)はもちろん、韓国の4万1960ドル(約470万円)にも及ばない。最近では、国際機関に出向すると給与が上がるとして喜ぶ日本政府関係者も少なくない。  岸田文雄首相は10月8日の所信表明演説で「新しい資本主義の実現」を目指すとし、「大切なのは、成長と分配の好循環です」と語った。だが、政府関係者の間からは「世界のどの国も実現できていない。単なる理念だけで終わりはしないか」と危ぶむ声が起きている。日本が経済的に行き詰まれば、米国への移民がブームだった1980年代の韓国と同じような状況が生まれるかもしれない。(朝日新聞記者・牧野愛博)※AERA 2021年10月25日号より抜粋

    19

    AERA

    17時間前

  • 20

    心が疲れたら「行動」を変えるのが有効! 精神科医がすすめる「8つの行動習慣」とは?

     心が疲れていると感じた時、その気分は簡単に変えられませんが、行動は意識的に変えられます。心を回復させる行動を日々の習慣に取り入れてみましょう! 前編「うつ病、不安症になってない? 精神科医が教える「心の疲れ」6つのチェックポイント」に続き、後編として、心を回復させる8つの行動習慣について、精神科医の大野裕先生にお聞きしました。(セルフドクターWebより転載) *  *  * (1)毎日決まった時間に起床。暮らしにリズムを取り入れよう  心と体は一心同体。生活のリズムが上手に整えられると、心にもよい影響が出てきます。特に意識したいのは、起床時間。就寝時間を決めても簡単には寝つけません。朝起きる時間を同じにしてみましょう。毎朝、同じ時間に体内時計がリセットされることで、生活のリズムが整い、体も心も調子が整ってきます。まずはここからスタートしてみましょう!  朝食を食べることと朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。朝起きたらまずはカーテンを開けて太陽の光を浴び、朝食を食べて胃腸を働かせましょう。 (2)不安な気分が続く時は、ちょっと立ち止まってひと呼吸  ざわざわとした気分がしずまらない時や不安な気分の時は、「今ここ」に意識を集中させて心を安定させる「マインドフルネス」がおすすめです。不安になると、人は浅くて速い呼吸をする傾向があります。深くゆっくりとした腹式呼吸をすると、不安を和らげることができます。習慣的に行うと、思考や感情に振り回されにくくなる効果もあります。 <腹式呼吸のやり方>1.ゆっくり1,2,3と数えて息を吸い込む2.同じだけ息を止める3.ゆっくり1,2,3と数えて息を吐く4.息を吐き切ったら、ゆっくり1,2,3と数える間、息を止める (3)始めてみたら意外とスッキリ!体を動かしてみよう  掃除をする気力がなかったのに、いざ始めると止まらなくなり、終わってみると気分もスッキリ。そんな経験はありませんか? これぞ行動が気分を変えている証拠。気分が塞いできたら、散歩をするなど簡単に体を動かしてみましょう。でも「体を動かさないといけない」という決まりにすると、かえってストレスに。気が向いた時に取り組むぐらいの軽い心持ちでチャレンジしましょう。  疲れていて運動が難しい時はベッドの上でストレッチするだけでもOK。無理をせず、心地いいなと感じられればOKです。 (4)五感を研ぎ澄ましてリラックスしよう  いろいろ考え込んでしまい、悩みが堂々巡りしてしまうことがありますよね。そんな時は普段使っていない感覚を使ってみましょう。新しい行動や感覚を体験することで、脳は次なる動きを求めるようになります。結果、新たな視点が得られるかもしれません。例えば、食べたことのない外国の料理を食べてみる(味覚)、新しいアロマに挑戦してみる(嗅覚)などがおすすめです。  散歩中に目に入る、木や花の香り、その日の空気の香りを楽しんでみましょう。毎日続けることで、季節の移り変わりや植物の生長など、身近な変化が心地よい刺激になるかもしれません。  風の音、車の音、子どもの声。慣れているはずの街の雑踏も、聞き分けるといろいろな音が混じり合っています。音に集中することで、ざわざわした気分がすっと落ち着く瞬間を意識してみましょう。 (5)日常から離れていつもの自分と距離をとる  旅行による心の変化は、気分転換という意味だけではなく「今までの自分」と距離をとって「ちょっと違う自分」を育てる意味があります。旅先で触れた価値観によって今までの自分の考え方を客観的に捉えるきっかけにつながります。近場のお出かけでも、新しい体験になるような場所であれば旅行と同じ効果があります。  旅行が難しい時は通勤路などで「初めての道」を選んでみましょう。身近にある非日常からも、新しい発見があるかもしれません。 (6)初めてのことにトライする  仕事や子育て、介護などに精一杯取り組んでいる人は、一段落した時に無気力になってしまうことがあります。1つのことに集中するのはよいことですが、考え方が固定化して客観性がもてなくなることも。そんな時は新しい趣味や初めての習い事などにトライしてみましょう。物事の見方が広がることで、考え方にも柔軟性が生まれ、自分を客観的に見る手がかりになっていくのです。 (7)他の考え方はない?会話で考え方を点検し合おう  考え方の幅が狭くなっている時は「自分は何に傷ついたのか、その時どう感じたのか」を意識的に周りの人に話してみましょう。他の人の視点や考え方を聴き、自分の考え方の再点検を重ねると、新しい見方ができるようになります。気持ちや考え方が整理されていく過程を体感してみて。もし一人の時に悩んだらこの過程を思考の中で再現してみましょう。  オンラインコミュニケーションはすでにニューノーマルになりつつありますが、空気感や表情などのニュアンスが伝わり切らず、ストレスになることも。感染症対策をしながら、やはり直接のコミュニケーションも意識的に! (8)1日1回アウトプット  スマホやパソコンから日々たくさんの情報が得られる現代。脳はすでにオーバーフロー状態です。体だけではなく心も、入れるだけではなくしっかり出す、インプットとアウトプットの循環が必要です。常に情報が入ってくるスマホをオフにし、今日の出来事や感じたこと、自分の正直な気持ちを紙に書き出す時間を作りましょう。日記などを読み返してみると心の整理にもつながります。 【前編から続く】うつ病、不安症になってない? 精神科医が教える「心の疲れ」6つのチェックポイント 監修/大野 裕先生(おおの・ゆたか) 精神科医。1978年慶應義塾大学医学部卒業と同時に、同大学の精神神経学教室に入室。コーネル大学医学部、ペンシルべニア大学医学部を経て、慶應義塾大学教授を務めた後、2011年より独立行政法人(現・国立研究開発法人) 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター センター長に就任。現在は顧問。一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長などを務める。著書に、『心が晴れるノート』(創元社)など。 セルフドクターHP

    セルフドクター

    10/20

  • 1

    自民64議席減の予測 石原伸晃 下村博文、萩生田光一も当落線上か

     天下分け目の衆院選が近づきつつある。新総裁のもとでイメージを一新した自民党に、野党は今回もしてやられるのか……いや、そうとも限らない。過去のデータを分析すると、野党共闘の成立次第で勝敗はガラッと変わることがわかってきた。 *  *  *  コロナ禍の拡大で国民から総スカンを食らった菅義偉政権。衆院議員の任期満了が10月21日に迫るなか、自民党は近年では最大の危機を迎えていた。ジャーナリストの二木啓孝氏は言う。 「8月ごろに自民が実施した衆院選の情勢調査は『60議席±10減』という衝撃的な結果だった。二階俊博幹事長が8月末にその資料を持って菅義偉首相と官邸で面会。この数字が退陣の決定打になったと言われています」  次期衆院選の定数は465。過半数確保には233議席が必要だ。自民の現有議席は275で、43議席減らすと自民単独過半数割れ。また、公明党の現有議席は29。自公両党で合計72議席減ると与党過半数割れとなる。自民にとって“政権からの転落”が現実味を帯びていたのだ。  進退窮まった菅首相は9月3日に総裁選不出馬を正式表明。11月までに実施される衆院選は新しい首相・総裁のもとで実施されることとなった。その後は連日、メディアをジャックした「総裁選ショー」で菅政権の失政は“リセット”され、またも与党は安泰……という結果になるのだろうか。  だが、次の衆院選は前回と決定的に違う点がある。前出の二木氏は言う。 「2017年の衆院選で与党が圧勝したのは、選挙直前に民進党(当時)が希望の党と立憲民主党に分裂し、混乱の中で共産党との選挙協力も進まず、野党候補者が乱立したから。今回は前回ほど野党候補者の分裂選挙にはならない。自民は決して安泰ではなく、『どれだけ負けを減らせるか』の戦いになるでしょう」  そこで本誌は、17年衆院選で仮に野党候補者の一本化ができていた場合、選挙結果がどうなっていたかをシミュレーションした。なお、国会で与党寄りのスタンスをとり、立憲らと明確に距離を置く維新の会は、野党候補の票に合算していない。  その結果は衝撃的なものだった。野党の合算票が、勝利した与党候補者の票を上回った小選挙区は64。なかには、石原伸晃元幹事長(東京8区)、下村博文政調会長(東京11区)萩生田光一文部科学相(東京24区)、上川陽子法相(静岡1区)など、現職大臣や要職経験者といった“大物議員”も複数含まれていた。  さらに、17年衆院選と19年参院選で与野党が拮抗した選挙区や、保守分裂選挙になりそうな選挙区など13選挙区を抽出した。この合計77選挙区が、与党の「“落選危機”リスト」だ。仮にこれらの選挙区をすべて落とせば、「自公で過半数割れ」もあり得る。  個別の選挙区事情を見ても、与党が安泰でないことがわかる。永田町関係者は言う。 「香川1区の平井卓也デジタル担当相は、立憲の小川淳也衆院議員と拮抗している。小川氏を主人公にしたドキュメンタリー映画がヒットしたことで、メディアへの露出も増えた。与野党逆転があるかもしれない」  東京9区は菅原一秀前経産相が違法な寄付で略式起訴され自民を離党。自民は候補者を立てられず不戦敗の公算大だ。  石原伸晃氏だけではなく、弟の宏高衆院議員(東京3区)もリスト入りしている。 「東京3区は立憲の松原仁衆院議員が保守層にも浸透している。野党一本化が実現すれば、伸晃氏と一緒に兄弟で危ない」(自民党関係者)  広島3区からも目が離せない。二木氏は言う。 「河井克行元法相の選挙買収事件を受け、公明の斉藤鉄夫副代表が候補者になりましたが、選挙戦で手足になる主だった自民系地方議員のほとんどは河井氏から現金をもらっていて活動ができない。4月の参院広島選挙区の再選挙も野党候補が勝利している。斉藤氏はかなり厳しい」  野党が決して非力でないことは、次のデータからも読み取れる。  17年衆院選で全国の比例得票数は、自公が計約2553万票なのに対し、立憲・希望・社民・共産は計約2611万票で野党が上回っていた。  19年参院選の結果を見ても、リストにある宮城、秋田、長野、静岡、愛知、滋賀、京都、大分は野党の合算票のほうが多い。東京は与党が上回ったが、得票率の差はわずか1.8ポイント。同じく与党合算票が上回った千葉と神奈川も、その差は5ポイント未満だ。北海道では、知名度の高い高橋はるみ前北海道知事が自民から出馬した影響で選挙区票は与党が上回ったが、比例票は野党のほうが多かった。  もちろん、野党がその“潜在能力”を発揮するには、まだまだ突破しなければならない壁がある。  一つは自民党新総裁が誕生した際の「ご祝儀相場」だ。昨年、菅首相が誕生したときも内閣支持率は一気に6割以上まで回復した。政治アナリストの大濱崎卓真氏は言う。 「メディアでは総裁選ばかり取り上げられ、野党の存在感は埋没している。しかし、総裁選後は臨時国会が開かれ、代表質問も実施される可能性が高い。野党は総選挙に向け、早めに争点を設定しておく必要があります」  最大の問題は、野党が候補者を一本化できるかだ。現在、次期衆院選の289選挙区のうち、立憲の候補が共産、社民、れいわと競合する選挙区が70以上残っている。前出の大濱崎氏は言う。 「菅首相の不出馬表明で与党有利な状況になり、共産や国民も比例票狙いで候補者を多く立てたいという考えが強くなっている。あと1カ月程度でどの程度まとまるかです」  野党候補の一本化を目指すため、立憲の平野博文選対委員長は9月24日、同党の小沢一郎衆院議員に共産党との交渉役を依頼した。過去の失敗から学習し、力を結集できるのか。それ次第で、11月以降の政治風景は激変する。(本誌・西岡千史、池田正史) ※週刊朝日  2021年10月8日号

    週刊朝日

    9/29

  • 2

    「まさかの落選危機も…」官邸と与党が心配する岸田内閣の現職3閣僚

     自民党は衆院選に向けて、第2次公認を発表した。二階派と清和政策研究会(細田派)、麻生派などで保守分裂か、と注目されていた群馬1区や福岡5区などの小選挙区の候補者が決定している。  党内で公認争いが激化していた小選挙区の調整は、甘利明幹事長と遠藤利明選対本部長が中心になっていた。だが、公認直前には麻生太郎副総裁も加わった。 「15日に官邸で麻生氏、甘利氏、遠藤氏が岸田首相と断続的に会談して、候補者を調整していました。岸田首相はずっと険しい表情でしたね」(自民党幹部)  岸田内閣が発足し、わずか10日で解散となり、選挙に突入するという異例の短期決戦。組閣から間がないので、現職閣僚が苦戦している小選挙区がいくつもある。  特に自民党、官邸が「負けたら大変なことになる」と力を入れるのが、初入閣した大臣たちの選挙区だ。  西銘恒三郎・復興相(竹下派)の沖縄4区、山際大志郎・経済再生担当相(麻生派)の神奈川18区だという。  西銘氏は当選5回で父親の順治氏は沖縄県知事、衆院議員を務めた政治一家だ。しかし、地元の自民党県議は険しい表情だ。 「西銘氏が復興相になったのは追い風だ。これで挽回したい」    自民党が10月に実施した世論調査では西銘氏と立憲民主党の新人、金城徹氏は差がわずかで、大接戦となっている。立憲の世論調査の数字では、金城氏が西銘氏に対し、わずかに優勢という数字だった。西銘氏は過去5回の当選の中で、4回は小選挙区で当選、1回は比例復活している。 ◆西銘復興相と「オ-ル沖縄」立憲新人が接戦の沖縄4区  2009年に旧民主党政権が誕生した選挙では、比例復活もできなかった。相手の金城氏は元那覇市議で議長も務めた。元沖縄県知事の翁長雄志氏(故人)と近く、市議時代は自民党から出馬したこともあった。保守と革新が呉越同舟の「オール沖縄」からの支援も受けている。 「もともとは西銘氏の強固な地盤でしたが、沖縄で強い革新票は確実に金城氏がとるでしょう。金城氏は自民党にいたこともあり、西銘氏支援の保守層にも食い込んでいる。それが接戦になっている要因の一つです」(立憲幹部)  17年の衆院選で自公政権が圧勝した中でも、沖縄は小選挙区4つのうち1つしかとれなかった。それを死守したのが、西銘氏だった。今回もデッドヒートを勝ち抜くことができるのか?  一方、経済再生担当相の山際氏の地盤、神奈川18区は、立憲元職の三村和也氏と日本維新の会の新人、横田光弘氏の3人が争う構図だ。 ◆山際経済再生担当相と立憲元職が激戦  山際氏は当選5回。自民党の世論調査では山際氏が立憲の三村氏や維新の横田氏より優勢となっている。しかし、山際氏と三村氏には、わずかな差しかないという。また立憲の世論調査では、山際氏と三村氏は接戦となっている。17年の衆院選では、山際氏が希望の党から出馬した三村氏に5万票ほどの差をつけて圧勝した。 「前回のように、圧勝してほしいですが、現状では1票差でもいいので小選挙区当選が目標です」(山際陣営の地方議員)  立憲の三村氏はかつて菅義偉前首相の神奈川2区が地盤だった。09年に民主党と政権交代を果たした選挙では、菅氏を約500票差まで追い込み、比例復活当選を果たし、バッジをつけた。  その後、選挙区を何度か変更し、今回は前回(希望の党)と同じ神奈川18区から出馬となった。 「これまで選挙区が定まらなかったが、神奈川18区で連続しての出馬となり、三村氏の名前が浸透してきた。また野党共闘で共産党候補がいない。世論調査でも立憲や共産党の支持者から確実に数字がとれている。神奈川18区の政党支持率も自民と立憲の差はわずかで、いい勝負をしている。山際氏という現職閣僚に勝てる小選挙区として重点を置いている」(立憲の幹部)  神奈川18区は川崎市高津区など北部に位置するが、8月の横浜市長選が微妙に影響している。菅氏が必勝を期して送り込んだ、小此木八郎氏が落選し、立憲が推した山中竹春氏が勝利した。 「川崎市は横浜市に隣接する都市部。まだ8月の横浜ショックが尾を引いて自民党と訴えても反応が鈍い。山際氏は経済再生担当相とコロナも担当する。多忙でしょうが、頻繁に地元に帰ってもらわないと厳しい」(山際陣営の地方議員)  そして現職閣僚でもう一人、苦しい選挙戦となっているのが、連立与党・公明党の斉藤鉄夫国交相だ。これまで斉藤氏は比例中国ブロック選出だった。  だが、19年の参院選で自民党の河井克行、案里夫妻が広島県選挙区の地方議員や有権者に計2900万円をばらまいた公職選挙法違反事件が起こった。法相まで務めた克行被告は、1審の有罪判決で議員辞職。そこに名乗りを上げたのが斉藤氏だった。広島3区で当選してきた克行被告は、約8万5千票を獲得していた。 ◆議員辞職した河井元法相の広島3区 自民動かず、焦る公明  17年の衆院選で公明党が広島3区の比例代表でとったのは、約2万5500票。広島市議選などの結果からも公明党の基礎票は2万5千票とみられる。そこに6万票の上積みが必要で自民党の協力なくして、当選はない。  また、公明党の小選挙区立候補は原則、比例代表との重複立候補はしないので、斉藤氏は勝ち抜くしかないのだ。  最新の自民党の世論調査を見ると、斉藤氏が立憲の新人、ライアン真由美氏に大きな差をつけている。だが、今夏の世論調査ではライアン氏が僅差だが斉藤氏を上回っていた。  立憲の世論調査では、斉藤氏とライアン氏はまったくの横並びだった。公明党幹部は浮かない顔でこう話す。 「斉藤氏が勝つには自民党さんに頑張ってもらうしかない。だが、河井夫妻の事件があって正直、動きは鈍い」  自民党広島県連から河井夫妻の事件に関与した県議や市議らに対し、「一切、衆院選には関わるな」とお達しが出ているという。 「岸田首相も以前、河井夫妻の事件に関係した地方議員は処分という趣旨の話をしている。公明党が何を言っても動きようがありません。岸田首相が手のひら返しで斉藤氏を応援しろと言っても、やる気はしませんね。有権者の目線も冷たいです」(自民党の広島県議)  だが、斉藤氏も黙っていることもできず、河井夫妻の事件に関与した地方議員にも声をかけて応援を要請するという歪な展開になっている。  立憲幹部は自信ありげに言う。 「自民党は動いていない。それで公明党は必死になっており、政権与党の足並みが乱れている。ライアン氏は広島3区で長く活動しており、国交相を新人が破るという大番狂わせも十分、可能性がある」  広島3区からは他にも日本維新の会が新人の瀬木寛親氏、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の矢島秀平氏、無所属の大山宏氏と玉田憲勲氏も立候補を表明している。広島3区は中選挙区時代、岸田首相の地元でもあった。  そこで指導力を発揮できなければ、「自公政権に亀裂が入りかねない」(自民党幹部)という声もでている。 (AERAdot.編集部 今西憲之)

    dot.

    10/17

  • 3

    眞子さまの結婚どう思う? 瀬戸内寂聴が27歳スタッフに質問した結果

     半世紀ほど前に出会った99歳と85歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。*  *  *■横尾忠則「スジ金入りの肉体的朦朧体、大観より本格派です」 セトウチさん 耳が聴こえなくなったと言うと、「きっと作品が変るわよ」と、ベートーベンじゃあるまいし、変なことおっしゃると、その時はそう思いましたが、本当に変ったんです。その変り方が理に適(かな)っているといえば適っている。つまり聴こえないことは、音の輪郭が失くなることです。そうなると音が朦朧(もうろう)となって、横山大観の朦朧体の絵のように音がボケて聴こえるんです。耳がボケると、日常生活もボケて、曖昧模糊(あいまいもこ)となって、したことと、してないことの区別もわからなくなるんです。つまり虚実の区別ができなくなって、夢で見た仕事の依頼を、本当に依頼されたと思って、やっちゃったりするんです。ボケの症状に似てるけれど、ボケ老人になったんではなく耳のせいだと理解しているので、そこはまだ理性がコントロールしています。 ハイ、絵の話だったです。大観は思想で朦朧体を描きましたが、僕はスジ金入りの肉体的朦朧体なので、思想のようなチョロコイ考えではなく、肉体的ハンデキャップによる堂々たる自然体派です。大観よりこっちの方が本格派です。そんなわけでセトウチさんの大予言は的中しました。 先っきも言いましたが境界線が失くなるということは自由のキャパシティも拡張したことになります。近代人は何でもかんでも境界線を引いて、全てを分業化します。縄文時代はひとりの人間が、多面的に物事をこなしていました。狩猟(しゅりょう)も農業も、漁業も工芸も、子育ても、教育もひとりでするという、境界線をはずした労働生活です。現代のような役割分担などしません。正に多義的です。越境した狩猟社会です。 難聴が与えてくれた神の恩寵です。だから病気の高徳です。僕が度重なる病気によって救われてきたということはこういうことです。神は人間に色々な苦難を与えますが、病気は罪ほろぼしでもカルマ落としでもなんでもないのです。人間の進化向上のためのカリキュラムだと思えばどうでしょう。難聴のほかに、腱鞘炎(けんしょうえん)にもなりました。もう、セトウチさんの「幻花」のような繊細(せんさい)な描写の絵など描けません。今は太い筆やハケを握りしめて、キャンバスにバンバン叩きつけるように描いています。それも痛いので、左手で描きます。左手は思うような形が取れません。幼児の絵より下手くそになります。でも、デュビュッフェは幼児の絵のマネをして、幼児風に描きますが、そんな意図的なことをしなくても、僕の左手はそのまま幼児以上に下手に描けます。これもハンデキャップから来た自然体です。 今書いている手紙では、前にも同じことを書きましたかね。境界を越えると時間差もなくなって、やったことと、やらないことの区別がわからなくなるのです。いよいよ本格派老人です。100歳老人のセトウチさんにも負けていません。ただ僕はセトウチさんのように年齢には拘っていません。拘っているのは他人の方で、今行っている展覧会では「85歳、85歳」と年齢を売り物にされています。歳のことは言うな! アーティストには年齢はないのです。昨日の続きが今日、今日の続きが明日です。原始社会では年齢など無関係です。アーティストは原始人です。■瀬戸内寂聴「私もヨコオさんに負けないように!」 ヨコオさん 何だか、ずいぶん久しぶりにこの往復手紙を書いているような気がします。 それにしても相変わらずコロナは豪勢を極め日本はおろか、世界的にその力を奮っています。 コロナのせいで、人に会えず、寂庵はずっと門を閉めっぱなしです。コロナになる前はもちろん、一も二もなく門内に入ってもらっていました。 大抵遠く九州や東北から来られた人で、まだ生きている私に逢えたと言って、抱きついて泣き出します。もちろん、私は丁寧にお迎えして、写経などしてもらい、お茶菓子を一緒に食べて、しばらくその人のお話を聞きます。つきあいの人もあれば、寂庵の信者を自称する人もあり、初めて門内に入ったという人もいます。「まさか、門内に入れてもらえると思わなかった」と泣き出す人もあれば、「生きている寂聴さんに逢えた!」と、子供のように足を踏み鳴らす人もいる。「とても百歳には見えない!」と誰もが感嘆してくれるが、終日ベッドに横になり、本ばかり読んで、一日を過ごしている私の毎日の状態など話せない。私は、人に逢っている間だけは、必死になって元気らしさを演じ、声を張り上げる。客の帰る時は、長い廊下の途中で、へばってしまい、さっさと歩く客の跡がおえない。 ──だって百だもの……──と、私は廊下の途中で、ペシャンコに座り込み、つくづく、自分に向かって言う。 食事だけは時間が来ると、しゃきっと体がのび、食卓の自分の位置に早々と座り込んでいる。「あら、お昼はもう召し上がりましたよ!」 スタッフの一人が、わざと大きな声を張り上げる。「私のスパゲティは、どうしてこんなに美味しいのだろうなんて、お世辞までいただいて」「そうよ、ほんとに! でも今ここに座ったのは、食べるためでなくて、眞子さんの結婚をどう思うかって、寂庵で一番若い二十七歳のP子の意見を聞きたいのよ」「ああ、眞子さん、ほんとに、よかったですね。大体、みんなあんまりこの結婚に意地悪すぎましたよ。でも、どうして一時金を眞子さんは辞退なさるのかしら? 貰う権利のあるお金でしょう? あんまり弱気にならない方がいいと思うけど……」 ヨコオさん、今、寂庵の中は、こんなにのんびりしています。耳が聞こえないのは、私も同然です。テレビの時なんか、びっくりするほど大きな声にしてくれるので、何とか会話が出来ています。鶯も、秋の夜の虫の音も、私の耳にはさっぱり聞こえません。ヨコオさんとTELしてるのを横で聞いてる人があれば、どんなにおかしいでしょうね。耳だけでなく体のあちこちがどしどし衰えてきます。 そのうち、きっと、自分の死んだこともわからなくなって、──ヨコオさんにTELして!──など叫んでる日が来るのでしょうね。でも目がよく見えているので、一日に二冊は厚い本を読み切っています。ヨコオさんの展覧会、ますます人気上昇でおめでとうございます。私もヨコオさんに負けないよう、あっとこれまでと変わった小説を二つくらい書き残して死にたいものですね。 では、また。※週刊朝日  2021年9月17日号

    60

    週刊朝日

    9/11

  • 4

    小室圭さん帰国便同乗者が目撃した姿「彼はまるでエグゼクティブ」 自宅前では深々とお辞儀

    颯爽と歩きながら、小室圭さんがアメリカから帰国した。日本の地を踏むのは2018年8月に渡米して以来、3年2か月ぶりだ。  成田空港は多数の報道関係者が集まっており、ピリピリムード。報道陣に対して、カメラのフラッシュ禁止、声掛けも禁止といった規制が敷かれていた。報道関係者からは「どうして?」と不満の声も漏れていた。  午後3時20分過ぎ、成田空港に飛行機が到着。一般客が飛行機から降りたあと、小室さんが、報道陣の前に姿を現した。警護と思われる男性やキャビンアテンダント(CA)の女性などに囲まれていた。キャリーバックを転がしながら、白マスクに、濃紺のスーツ、ストライプの入ったシャツ、ノーネクタイといういで立ちで、髪の毛は後ろに縛っていた。  飛行機から出てきた小室さんは報道陣に一礼したあと、新型コロナウイルスの抗原検査、そして入国手続きに進んだと見られる。  小室さんは機内でどのような様子だったのか。偶然、同乗していた男性(51)に話を聞くことができた。 「私がファーストクラスで座っていると、ドアが閉まるギリギリになって小室さんが搭乗してきました。まるでエグゼクティブのようでした。後ろの髪を結っていたので、すぐに彼だとわかりましたね。彼一人に女性CAが2人くらいついて、会話しながら案内されて入ってきました」  当初はエコノミークラスのチケットを買ったと報じられていたが、この男性はこう語る。 「右の列のビジネスクラスの前方の席で、窓際に座っていましたね。私の席から右斜め後ろのほうの席でした。ただ、カーテンでファーストクラスとは仕切られていたので彼の表情などはわからなかったです」  男性は飛行機から降りた後、抗原検査のために、大きめの部屋に移ったという。40分ほどその部屋に滞在したが、そこに小室さんの姿はなかった。 「今か今かと待っていたのに、残念でした」(男性)  そのころ、到着ロビーには多数の報道陣のほか、「皇室系Youtuber」といったタスキをかけた人物や一般客も小室さんの姿を一目見ようと集まっていた。その数、50~60人ほど。  津田沼から来たという白髪交じりの一般男性は手にハンディカムを持ち、小室さんを待ち構えていた。妻に頼まれて自宅で見るために撮りに来たという。  しかし、小室さんは一般客が使う到着ロビーを通らず、地下駐車場から車に乗り込み、成田空港を後にした。「地下駐車場から空港を出たらしい」と男性に知らせると、「こんなに待っていたのに……」と不満げな様子だった。  小室さんを乗せた乗用車が向かった先は、母・佳代さんが住む横浜の自宅だった。自宅前は朝から報道陣が詰めかけ、警察は臨時の派出所を設置し、周辺警備に当たるなど、ものものしい雰囲気が漂っていた。夕方には100人を超える報道陣が押し寄せており、ベランダから様子を一目見ようとする住民の姿も見られた。  19時過ぎ、小室さんを乗せた車が到着。警察が後部座席のドアを開け、車から出てきた。小室さんは、報道陣から「どんなお気持ちですか」と声を掛けられたが、反応は示さず、自宅マンションの入り口で2回ほど深々とお辞儀をして、黒いスーツを着た男性らと中に消えていった。  近くに住む60代の男性はこう語る。 「ヘリコプターの音がすごくて『何事か』と思って見に来た。3年前の婚約会見後のときと同じような状況だと感じましたね。小室さんがニューヨークに行ってからは、静かになっていたんだけど……。またしばらく騒々しくなるのかなと思っています。どの家庭も問題を抱えていますし、小室さんと眞子さまも早くアメリカで幸せになってほしいですね」    小室さんは今後、自宅で2週間の隔離を終え、その後、記者会見に臨むと見られている。果たして何を語るか。注目が集まる。 (AERAdot.編集部/上田耕司、飯塚大和、吉崎洋夫)

    dot.

    9/27

  • 5

    小泉進次郎氏は「ぬるま湯」、山本太郎氏は苦戦? 関東の選挙区の行方は

     解散から投開票まで17日という戦後最短の短期決戦となる今回の衆院選。政治ジャーナリストの野上忠興氏と角谷浩一氏に、北海道・東北地方・関東地方の選挙区の情勢を聞いた。 *  *  * ■北海道・東北  それでは、全国の選挙区の情勢を見ていこう。  北海道では自民が苦戦を余儀なくされそうだ。もともと旧民主党系の候補が強い傾向があるが、前回の衆院選で自民は全12選挙区のうち半分の6議席を獲得した。今回は、野上氏はわずか3勝、角谷氏も4勝止まりに終わると見る。 「共産が独自候補を立てていた3、4、9区は、最終的に擁立を見送りました。共産は比例北海道ブロックでの議席確保が悲願ですから、立憲系の労働組合が比例で共産の協力に回るという棲み分けができると早くから聞いていました」(野上氏)  維新の鈴木宗男参院議員の長女で、自民の比例代表選出の貴子氏は7区で出馬を検討したが、候補者調整の結果、今回も比例に回ることになった。  角谷氏がこう語る。 「安泰なのは12区の武部新氏だけです。4、5、7区は自民が僅差でとれそう。9区の元スピードスケート選手、堀井学氏は失速気味です。もともと元民主党代表の鳩山由紀夫氏の選挙区で踏ん張ってきたが、この間の政府の支持率低下のあおりと野党が一本化したことから、このままいけば立憲に明け渡すことになりそうです」  東北は近年、TPP(環太平洋経済連携協定)の批准問題や農協改革などを巡って、たびたび“農家の反乱”が起き、自民の候補者は苦杯をなめさせられてきた。自民が苦戦する選挙では、県都を取りこぼす「1区現象」が起きやすいが、岩手、宮城、福島の各1区で立憲候補が優勢に選挙戦を進めている。  注目選挙区は、秋田2区。法相を務めた際に国会での答弁能力の欠如が批判された金田勝年氏は前回、わずか1672票差で緑川貴士氏に競り勝った。だが、1万3642票を獲得した共産が候補擁立を見送ったため、落選の危機だ。  農村地帯においては、コロナ禍による外食産業の営業自粛で、業務用野菜の需要が激減。さらにコメの値下がりが見込まれ、減収を心配する生産者の不満が高まっている。野上氏がこう予測する。 「160万票とされる農民票の自民党離れが加速する可能性があります。農家の反乱は東北のみならず、米作地帯の北海道や北信越にも広がるかもしれません。政府の対策は後手に回っており、衆院選を前に慌てて支援策に乗り出しています」 ■関東  北関東は、群馬4区では自民の総務会長に抜擢された福田達夫氏が堅調だ。群馬5区は組織運動本部長に就いた小渕優子氏も敵なしの状況。  立憲の枝野幸男氏は地元・埼玉でどれだけ仲間を勝たせられるかが正念場となる。前回は15選挙区のうち自民が12選挙区を制したが、今回は圧勝とはいかないようだ。5区の枝野氏のほか、6区の大島敦氏、7区の小宮山泰子氏らが安定した戦いを見せている。1区の自民・村井英樹氏は前回、立憲の武正公一氏に約3万票差をつけて当選した。だが、今回不出馬の共産候補が約3万3600票を集めており、武正氏に上乗せすると逆転する。  神奈川は、麻生自民党副総裁の側近として知られる1区の松本純氏が注目される。緊急事態宣言下に銀座のクラブに繰り出した“銀座3兄弟”の長男格。自民を離党し、無所属で立つため比例復活を当てにすることもできず、苦戦を強いられることになりそうだ。  11区の小泉進次郎氏は、総裁選で河野太郎氏を支持したことで、岸田文雄政権では当面、冷遇か。ただし、選挙では相変わらず盤石のようだ。 「環境相として実力不足が露呈して、評価を落としました。レジ袋の有料化にはプラごみ削減の効果はないと自分で認めてしまった。強固な地盤に守られ、地元でちやほやされて厳しい審判に晒されない。政治家として伸びないのは、そのせいではないか」(角谷氏)  首都・東京では「石原兄弟」の当選に黄信号がともる。3区の宏高氏は前回、立憲の松原仁氏に約1万3千票差で逃げ切ったが、約4万5千票を取った共産が立候補を取り下げると、形勢は一気に逆転する。  8区は、伸晃氏と吉田晴美氏の事実上の一騎打ちとなった。この間、れいわ新選組の山本太郎代表が参戦しかけたが、撤回。続いて、共産も候補を取り下げた。角谷氏が舞台裏を解説する。 「山本氏は実際に立憲と話がついていました。当初、吉田氏と共産の話し合いが進んでおらず、山本氏ならば共産も乗りやすいだろうということでしたが、完全に立憲側の調整ミス。山本氏は頼まれたのに追い出された格好で恥をかかされた」  山本氏は結局、比例東京ブロックからの出馬に。 「小選挙区での参戦なら野党の重点選挙区の一つになっていたと思うと、もったいない。比例で票を集めるのは一筋縄ではいかない。当落はボーダーラインというところでしょう」  東京9区は、公職選挙法違反事件で公民権停止となった菅原一秀氏の後釜に、自民は比例東京の安藤高夫氏を据えた。だが立憲の新人、山岸一生氏が優勢か。  15区は、カジノ汚職事件で収賄などの罪に問われ、東京地裁で懲役4年の実刑判決が言い渡された秋元司氏が立候補する注目選挙区。無所属の柿沢未途氏が優勢だが、首相指名選挙で岸田氏に票を投じ、「立憲民主・無所属」の会派から退会したばかり。今回、自民が無所属の今村洋史氏とともに推薦を決めた。自民幹部の一人がこう語る。 「柿沢氏には誘いの声をかけていますが、本人も自民に来たいという気持ちがあるのか、まんざらでもない様子です」  18区の菅直人氏vs.長島昭久氏の旧民主党対決も火花を散らす。19年に自民入りした長島氏が、首相経験者の地元に“討ち入り”をかける構図だ。 「前回、次点候補をわずか1046票差でしのいだ菅氏にとっては、長島氏は手ごわい相手にちがいありませんが、首相経験者の菅氏がやや有利と見ます」(野上氏) (本誌・亀井洋志、秦正理、池田正史) ※獲得議席予測、各選挙区の当落予測については調査の結果ではありません。公示日前に識者2人が予想しました。※週刊朝日  2021年10月29日号より抜粋

    週刊朝日

    10/20

  • 6

    現役引退する松坂大輔の妻・柴田倫世への誹謗中傷「度を超えている」と球界で怒りの声

    「平成の怪物」の現役最後の登板。全盛期の姿には程遠い。それでも懸命に右腕を振る西武・松坂大輔の姿に心を揺さぶられた。  19日の日本ハム戦。親交のあるEXILEの「real world」が登場曲で流れる。背番号18がマウンドに歩を進めると、スタンドから大きな拍手が注がれた。投球練習では右足でプレートの土を払う仕草。全国の野球少年がまねたルーティンを見るのもこれが最後だ。代名詞のワインドアップから投げ込む。横浜高の後輩・近藤健介に投じた5球の最速は118キロ。私たちが想像していた以上に松坂の体はボロボロだった。鮮烈なプロデビューを飾った1999年4月の日本ハム戦。片岡篤史に155キロの直球で空振り三振を奪った。引退登板でも対戦相手に思いを込めた直球を投げ、現役生活に幕を下ろした。  横浜高でエースとして3年春夏の甲子園で全国制覇を達成。98年ドラフト1位で3球団競合の末、西武に入団すると、3年連続最多勝など8年間で108勝を積み上げ、レッドソックスでも2007年に15勝、08年に18勝と、28歳の時点で通算141勝をマークした。第1回、第2回大会と連覇を飾ったWBCでも日本のエースとして2大会連続MVPに輝いた。だがその後は右肩、右ひじなど度重なる故障に苦しんだ。日本球界復帰した15年からのソフトバンク在籍3年間で未勝利。中日に移籍初年度の18年に6勝をマークしてカムバック賞を獲得したが、19年は右肩の故障が響いて未勝利に。古巣・西武に14年ぶりに復帰した昨年は7月上旬に右手のしびれを取るため、内視鏡による頸椎周辺の内視鏡手術を受けたが完治せず、昨季、今季と1軍登板なし。現役後半の13年間は度重なる故障で計29勝に終わった。  松坂は最後の登板前に行われた記者会見で、引退を決断した胸中を語っている。「キャンプが始まって、もうそろそろ打撃投手をやって、ファームの試合に投げられそうだね、というところまできた。そんな話をした矢先に、ブルペンでの投球練習の中で何の前触れもなく、右打者の頭のほうにボールが抜けた。それがちょっと抜けたんではなく、とんでもない抜け方をして。そういう時、投手は抜けそうだなと思えば指先の感覚で引っかけたりするんですけど、それができないぐらい感覚がなかった。そのたった1球でボールを投げることが怖くなってしまった」。  投げることが大好きだった男が投げることに恐怖を感じた。その苦しみは想像できないものだろう。  よどみなく話していた松坂が珍しく感情をあらわにしたのは家族に質問が及んだ時だった。しばらく言葉が出ず、目に涙があふれた。「辞めると報告したとき、泣いていた。妻に電話をしたら息子がいて『長い間お疲れさまでした』と言ってもらった。いい思いをさせてあげられたかもしれないけど、家族なりにストレスもあったと思う」  松坂が年俸に見合う働きができなかった現役後半はネット上で批判を超えた誹謗中傷のコメントが常態化して見られるようになった。松坂だけではない。04年12月に結婚した元日本テレビアナウンサー・柴田倫世さんに向けられた誹謗中傷の書き込みも多く見られた。  西武OBは松坂の心境を慮る。  「自分自身に向けられた批判なら結果を出していないからと割り切れる部分はあるが、家族に向けて見るに耐えられないコメントが大量に書き込まれるのは本当に辛かったと思う。大輔から笑顔が消えたのはケガで思うような球が投げられなかったからだけではない。奥さんや家族に対しての書き込みは明らかに度を超えていた。心もボロボロだったと思います」  松坂は引退会見でこう語っている。 「これまでは叩かれたり、批判されることに対して、それを力に変えて跳ね返してやろうってやってきたけど、最後はそれに耐えられなかった。もう最後、本当に心が折れたというか、今まではエネルギーに変えられたものが…受け止めて跳ね返す力がもうなかったですね」   西武OBのG.G.佐藤氏は19日に自身のツイッターで、「松坂大輔ほど実績があって、お金を稼いでる人でも誹謗中傷を相手に心を折る。それくらい誹謗中傷っていうのは恐ろしい。誹謗中傷は止めよう。そして、悪意がなくても投稿する前に『これは相手が傷付かないかな?』と一旦考えよう」と呼びかけた。  結果が出なければ批判されるのはスター選手の宿命といえる。ただ、松坂や家族に対して人格否定のようなコメントがSNS上で数えきれないほど見られたのも事実だ。批判と誹謗中傷は違う。SNSの無い時代だったら、これほどのストレスは受けなかっただろう。松坂が記者会見で語った言葉を受け止めなければいけない。(松木歩)

    2

    dot.

    10/21

  • 7

    【独自】小室圭さん、米大手事務所から断られていた 弁護士が語る“厳しい現実”

    「小室圭さんの実力では無理だと思います」 こう話すのは、全米で「トップ100」と呼ばれる大手弁護士事務所(ビッグロー)のパートナー弁護士のA氏。専門は、海外企業同士のM&Aなど。米国を拠点に世界を飛び回り、収入も桁違い。この姿こそ、小室さんが思い描く将来でもあるようだ。 昨年の秋ごろ、A氏の事務所に、働かせてほしい、と小室さんの「経歴書」のようなレジュメが別の弁護士を通じて届いたという。小室さんは、ニューヨークなど大都市での弁護士の仕事を探しており、ビッグローか、その下の規模のミッドローでM&Aなどをやりたいという。 A氏がそのレジュメを見て思ったのが、冒頭の言葉だ。なかでも、A氏が首をかしげたのがニューヨークのフォーダム大ロースクール(法科大学院)への留学の部分だ。「疑問なのは、彼がLLM(法学修士)のコースに入ったことです。しかも1年学んだ後に、JD(法務博士)コースに編入している。大きな事務所を目指してて、こんな動き方をするなんて聞いたことがない」 LLMとJDというのは、ロースクールでのコース名だ。米国の大学には法学部がなく、弁護士を目指す人は、大学卒業後にJDに入る。ここで3年間学び、事務所に入るのが一般的なパターンだという。 一方、LLMは、法律の資格を持つ外国人留学生が多いといい、「表現として正しいかわかりませんが、キャリアに“箔(はく)をつける”ようなイメージです」。 A氏によると、米国で弁護士となるのに重要なのはJDでの1年目だ。「米国での就職活動は、2年生の終わりの夏休みで終わります。事務所のサマープログラム(インターン)で働き、その後よほどのことがない限り、その事務所からオファーを受けて就職します。どの事務所のプログラムに入れるかは、1年時の成績で決まります。だから学生の競争も壮絶です。本を隠すなどの足の引っ張り合いもあります。小室さんはその1年をLLMに入っています」 ビッグローのインターンの募集は、ハーバードやエール、コロンビアといった有名大学で公募し、最初の書類選考で成績優秀者に絞り、次の面接で決まる。A氏が言う。「採用された学生には、1年目から19万数千ドル(2千万円以上)の給与が支払われます。それも5年くらいは半人前で、彼らから利益は出ません。それでも欲しい人材ということなんです。だから相当厳選します。原則でいえば、ビッグローはインターン以外の方法では採用しないです」 チャンスをつかめる学生は、ほんの一握りだ。小室さんは、そもそもLLMに入った時点で、希望するビッグローへの道は閉ざされたといっていい。なぜLLMに入ったのだろうか? A氏が話す。「こう言っては何ですが、彼の経歴に目を見張るモノはありません。あるとすれば眞子さまのフィアンセという一点。それでも奨学金を取得できたり、JDへ編入したり、弁護士が出てきて仕事を探したり。知恵をつけている人がいるんでしょう」 では、ビッグローは無理でも、M&Aは他でもできるのだろうか?「米国には約43万の事務所がありますが、M&Aの70%超は『トップ100』が扱っています。小室さんが弁護士として働くにはM&Aにこだわらないことですね。移民法の弁護士などは圧倒的に多い。日本人も多いです。もうからないので人気はないのですが」 そして、こう続けた。「詳しいことは申し上げられませんが、彼の『経歴書』を見る限り、とても“権威”が好きなんだと思います。M&Aも彼からすれば格好良く見えるんでしょうけど、実際は相当厳しい世界です。パートナー弁護士になるのは10年後くらい。それまで生き残っているのはわずかです。彼がそもそも弁護士という職業に向いているのか……。野心家だと思うので、ベンチャーのような起業家とかが向いているような気がします」(本誌・矢崎慶一)※週刊朝日  2021年9月17日号に加筆

    週刊朝日

    9/8

  • 8

    うつ病、不安症になってない? 精神科医が教える「心の疲れ」6つのチェックポイント

     新型コロナウイルスの流行によって社会が大きく変化し、職場や家庭環境が大きく変わった方も多いでしょう。変化は心に負担をかけるため、自分では気づかなくても、心に疲れがたまっている人もいるのではないでしょうか。今回は心の疲れの解消法について、精神科医の大野裕先生にお聞きしました。前編・後編にわたってお伝えします。(セルフドクターWebより転載) *  *  * 環境変化で負荷がかかる心の健康に目を凝らして  新型コロナウイルスの流行により「新しい生活様式」が提唱されるなど、社会が大きな変化を迫られました。それに伴い、職場や家庭環境が大きく変わった方も多いのではないでしょうか。  環境が揺れ動く時期に気をつけたいのが「心の健康」です。特別疲れることをしていないのになぜか気持ちが暗くなる… …そんなことはありませんか? 今までは旅行で日常を離れたり、友達とのおしゃべりでストレスを発散していたりする人も多いでしょう。でも最近は、今までと同じ形で気分転換をすることが難しくなり、気分が塞いでしまうという声も耳にします。  心の疲れはなかなか自覚するのが難しいものです。ストレスがたまってきたなと感じたら、「どんな物事で気分が塞ぎ、何があると気分が晴れるのか」など、自分の心の動きをキャッチし、認識することが第一歩となります。私たちには、心の疲れを回復させる力が備わっています。この力は日々の暮らしに取り入れ習慣化することで、鍛えることもできます。ストレスが多い暮らしの中でも、心の回復力を高める習慣を身につけ、スーッと軽やかな日々を過ごしましょう。 <心の疲れをチェックしてみよう> 過去30日の間にどれくらいの頻度で次のことがありましたか。(全くない=0点、少しだけ=1点、ときどき=2点、たいてい=3点、いつも=4点) 1.自分が神経過敏になっていると感じましたか? (  点) 2.自分がそわそわ、落ち着かなくなっていると感じましたか?(  点) 3.気分が沈み込んで、何が起こっても気が晴れないように感じましたか? (  点) 4.何をするのも面倒だと感じましたか?(  点) 5.絶望的だと感じましたか?(  点) 6.自分は価値のない人間だと感じましたか?(  点) 合計9点以上の人は、うつ病や不安症の可能性が高いと考えられます。 引用:大野裕他「一般人口中の精神疾患の簡便なスクリーニングに関する研究」※うつ病や不安症の診断は、専門医による診察が必須です。このチェックリストはあくまで参考とし、心配な方は近隣の医療機関(精神科や心療内科など)を受診してください。 自分のことを「もっと知る」ことが心の疲れを取るファーストステップ  新しい出来事が起きた時、その捉え方には人それぞれの個性があります。楽観的な人がいれば心配性な人もいます。同じ人でもその時の体調などの影響を受けて捉え方が変化します。  環境の変化や新しい出来事に遭遇すると、人はまずマイナス面を認知する習性があります。人間は古の歴史の中で、新しい出来事に慎重になることで自分を脅かす存在を回避し、生命を維持してきたのです。しかし、マイナス面を認知した後、別の新しい情報をキャッチして整理していくことで、可能性や切り抜け方が見えてきます。マイナス思考は人間として自然なことですが、うつ病や不安症ではその思考から抜け出せず、苦しくなって生活に支障が出てくるのです。大野先生は「お互いに寄り添って自分の気持ちや考えを話し合い、別の視点を得ることで心が和らぐ。それが会話がもたらすよい影響です」と話します。  しかし新型コロナウイルスの影響もあり、今までのように人と気兼ねなく会話をするのが難しいのが現状です。そんな時に試してもらいたいのが、出来事と感情を関連づけてメモしていく方法です(図「7つのコラム」参照)。人と会えない時も、物事を客観的な視点で捉えることで、心の疲れの原因に気づくきっかけとなります。繰り返すことで悲観的な考えへのとらわれに気づき、心の疲れにも少しずつ対処できるようになります。 <「7つのコラム」の書き方>  落ち込みや不安がある時は、原因となることの発生から素直な思考を下の図の順番に書き出してみましょう。誰かに相談しているような客観的な視点を得るための方法の1つです。 「笑う門には福来る」は本当! 行動が意識を変える  心が疲れると「もう何もしたくない」と無気力になることがあります。これ以上傷つかないように自分の中に閉じこもり、行動を起こさないようにしてしまうのです。心の疲れは精神のエネルギー不足の状態なので休息が必要なこともありますが「少し落ち着いたら、体を動かしてみると、心が上向きになっていきます」と大野先生。うつ病の治療の1つに「行動活性化」という方法があります。これは気分転換になる行動をとることで心を元気にする方法です。「脳は、行動をして初めて次のことをする意欲が湧くようになっています。気分を意識的に変えるのは難しいですが、行動はすぐにでも変えられる。まず行動すれば、心は後からついてくる。これが行動活性化です」。 <行動と心の関連メモ> 「朝起きて顔を洗い、朝食を食べた」。このような当たり前の生活には普段意識を向けないものです。しかし、日々の行動を意識すると「〇〇をしたら気分が明るくなることが多い」などの傾向が見えてくるはず。観察を繰り返していると「自分の気分を明るくする行動」が選び取れるようになるのです。日々のなんでもない行動が? と思うかもしれませんが、意外と行動と気持ちは連動しているもの。手帳やスマホで行動と心の動きをチェックして、新たな発見をしてみましょう! 【後編に続く】心が疲れたら「行動」を変えるのが有効! 精神科医がすすめる「8つの行動習慣」とは? 監修/大野 裕先生(おおの・ゆたか)精神科医。1978年慶應義塾大学医学部卒業と同時に、同大学の精神神経学教室に入室。コーネル大学医学部、ペンシルべニア大学医学部を経て、慶應義塾大学教授を務めた後、2011年より独立行政法人(現・国立研究開発法人) 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター センター長に就任。現在は顧問。一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長などを務める。著書に、『心が晴れるノート』(創元社)など。 セルフドクターHP

    セルフドクター

    10/20

  • 9

    自民党はどれだけ身内に甘いのか 暴言でも杉田水脈氏を比例公認から透けて見える本音

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、総選挙の比例代表公認から浮かび上がる自民党の姿勢について。 *  *  *「LGBTには生産性がない」「女性はいくらでも嘘をつける」などの暴言が大問題になった杉田水脈氏が、今回も、自民党の比例代表公認に名を連ねていて驚いた。立憲民主党の本多平直議員が、「14歳と性交して罪に問われるのはおかしい」と発言したことが問われ議員辞職にまで追い込まれたことを考えると、自民党はどれだけ身内に甘いのだろう。杉田氏の発言を本気で問題だと考えていたら、公認の選択はないはずだ。 「女性だけれど女性に厳しい」ことを売りにする政治家は、日本では珍しくない。というか、  今の自民党を見ていると、そういう女性議員が候補者に選ばれるのだということが分かる。杉田氏もそもそも、「慰安婦」にさせられた女性たちに対する暴言などで安倍元首相に引き上げられた人だと思われる。一貫して、性暴力問題に関しては被害者の声を「嘘」と決めつける発言を繰り返してきた。  私が杉田氏の国会質問を初めてきちんと見たのは、AV出演強要被害者に対する発言だった。AV出演強要被害や、JKビジネスの被害、若年層が性産業に取り込まれていく問題に政府がようやく取り組もうとしていることに対し、これは左翼のプロパガンダだと反対する声をあげていた。2018年3月9日の衆議院内閣委員会でのことだ。杉田氏は、AV出演強要がそもそも嘘であるかのように、こう語っている。 「この職業に就きたいという女性は多いんですよ。引く手あまたで(ここで杉田氏は笑っている)、すごく狭き門なんだそうです。(業者は)わざわざ嫌がる女の子を出すなんてことしない。そんなことする業者は必ずつぶれるわけで。やってるのは小さな業者。必ずしも相談件数全てが、だまされてひどい目にあった人ばかりではない」 「被害を受けた」と相談してくる女性のなかにも嘘をついている人がいると、杉田氏は国会で発言したのだった。  杉田氏が言うようにAVが「憧れの職業に就いた女性が自主的に自己表現をしている作品」であれば、どんなに良いだろうと私も思う。残念ながらそれは、長い時をかけてAV業界や、AVを観ている人たちが築き上げてきた妄想に過ぎない。  現実は残酷だ。モデルとしての将来をちらつかされ、気がつけば全くノーを言えない状況に追い込まれ死を願うような現実のなか、自傷するようにカメラの前で裸になる女性が無数にいる。そもそも「女性を強制出演させた」業者が簡単につぶれるような業界ではなく、だいたいが「強制」の概念そのものが都合よく解釈されている。たとえば、女性が業者と契約する時にはカメラが回るようになっている。これは「強制ではない」ことを証明するためのものだが、強制とは殴る蹴るなどの行為だけではない。心理的に追いつめられ、選択肢が他にない圧倒的に不利な状況に追いつめられることも「強制」だ。そして多くの被害者は、「怖くてノーを言えない」状況で被害にあっている。  杉田氏の発言は徹底的に業者に寄り添い、AVを観て、JKを「買う」側の立場に寄り添ったものだ。いったいそれは、何のためなのだろう。  杉田氏の著作は、単著も対談本も含めほぼ全て読んできた。もちろん最初から「こんな人」だったわけではない。1967年生まれの超バブル世代。就職にも苦労することなく、退職した後は西宮市の職員として、公務員として働きはじめる。政治的な関心が特に強かったわけではないが、当時の女性の多くがそうだったように土井たか子さんに憧れ、市役所前で演説をしていた土井さんに声をかけ妊娠中のお腹に触ってもらったエピソードなどもある。もともと自民党から出馬したわけでもなく、そもそも歴史問題を専門にしていたわけでもない。いったい、いつからだったのか。「『慰安婦』問題は左翼のねつ造だ! 日本を貶めるな」と声をあげる女性たちが、世に受け入れられ、ついには政権与党に認められるほどにまでになったのは。  「男女平等は、絶対に実現しえない反道徳の妄想」とまで言い切っている杉田水脈氏を、自民党はまた、公認する。日本の右傾化とぴったり寄り添い、歩みを揃えて自らもどんどん出世していった杉田氏は、これからも自民党に守られていくのだろうか。  ところで、杉田氏と同い年の女性国会議員に蓮舫氏がいる。杉田氏は蓮舫氏を意識しているのか、自著では蓮舫氏の振る舞い、発言、着物の着方についてまで厳しい意見を述べている。蓮舫氏が着物の胸に議員バッジをつけていたことに「高価な絹を使った着物に穴をあけるなんて」と大げさに驚き、「いくら日本人を装うとしても、にわか仕立てではボロがでる」とあざ笑う。そんな風にあらゆる方面で率先して、「女性の敵は女性」との役割を買ってでることで地位を安定させる戦略で、杉田氏は生き延びてきた。こういう人を大切に守ろうとする自民党に、ジェンダー平等など、はなからやる気のないテーマであることは明らかだ。

    dot.

    10/18

  • 10

    ドレスで旅立った母 新田恵利が在宅介護で6年半、頑張れた理由

     6年半もの間、母親を在宅で介護したタレントの新田恵利さん。介護中のエピソードや、頑張ることができた理由を明かす。 *  *  *  今年3月に母(享年92)を見送りました。腰椎(ようつい)の圧迫骨折がきっかけで要介護4になり、2014年の秋に始まった母の介護。家をリフォームしたり、おむつフィッターという資格を取ったり、介護と向き合って頑張ってきましたが、介護7年目の春に旅立ってしまいました。  天真らんまんの正直もので甘えん坊。私は結婚する際に夫に言いました。「私と結婚したらもれなく母と犬がついてきますよ」と。夫は快く承諾し、在宅介護に協力してくれました。母は夫のことが大好きでした。彼の言うことはよく聞いていました。食の好みも似ています。  在宅介護は大変です。何度も母とぶつかって互いに嫌な思いをしました。母娘だから遠慮がない。寝たきりの母を何度泣かせたことか。けんかした後は2階に上がり、夫に「また泣かせちゃったよ」。  本当は30分後ぐらいに下りたいけれど私にも意地がある(笑)。2時間後ぐらいに「じゃ、様子見てくる」って下りていく。母はけろっとしていますよ。  今年の1月はお雑煮も食べられましたが、2月になって少しずつ物が食べられなくなって、会話も単語だけに。傾眠が続くようになりました。  生命力が徐々に落ちていくのがわかりました。受け止めたくはなかったけれど、別れが近づいているなと。そこで2月から「エンディングドレス」を作り始めました。 「最期はウェディングドレスで旅立ちたい」という母との約束をかなえたくて。日々衰えていく母の介護をしながらエンディングドレスを作っていく日々はつらくて悲しくて。仕上げたら逝ってしまうようで。亡くなった日に作り上げました。  母がもし「施設に入りたい」と言えばそうしたかもしれませんが、最期まで家で良かったと思います。最期まで私たちを認識してくれていたのは救いでした。  ここまで介護を頑張れたのは、もちろん母のことが大好きだったのが一番ですが、三つあります。  一つ目は「(母が間違えたことをしても)決してたださず、ありのままを受け止める。母のやりたいようにさせた」ということ。無理に押し付けると遠回りになる。母には笑っていてほしかったから、お菓子しか食べないというときは「はい、はい」と受け入れました。  二つ目は、兄と協力し、一人で抱え込まずにすんだことです。  そして三つ目が「徹底して味方となる存在に愚痴を聞いてもらう」です。夫には「何にも言わないで。聞いてくれるだけでいい」と頼みました(笑)。解決策を聞きたいわけじゃない。ただただ聞いてほしいときに人生の味方がそばにいるというのは本当に救いです。どんなときも否定せず、「うん。うん」と笑顔で私を受け止めてくれた夫には感謝しかありません。  母を送ったばかりの今はまだまだ寂しいけれど、2人でこれから楽しい老後を送ろうね、と話しています。 >>【関連記事/元おニャン子・新田恵利さん 母親の介護を支えた夫の気づき 助言より「黙って聞く」】はこちら※週刊朝日  2021年10月22日号

    週刊朝日

    10/17

  • 11

    眞子さまと小室圭さんは結婚後、皇居に足を踏み入れることはできるか “サーヤ”黒田清子さんご夫婦との違い

     秋篠宮家の長女、眞子さま(29)との結婚を控えた小室圭さん(30)は18日、秋篠宮邸がある東京都港区の赤坂御用地を訪れ、秋篠宮ご夫妻に結婚のあいさつをした。眞子さまは22日に天皇・皇后両陛下、25日に上皇・上皇后両陛下に結婚の報告をするという。皇室ジャーナリストの神田秀一氏にこれらの予定ついて、その意味を読み解いてもらった。  小室さんは18日午前8時前、横浜市内の自宅マンションからスーツ姿で出てきた。右手にはカバン、左手には白い紙袋2つを持っていた。   「秋篠宮家に持っていく手土産とご夫妻や宮内庁に見せるための書類などが入っていたのではないでしょうか。アメリカで用意した手土産かもしれませんが、どんな中身かはわかりません」   後頭部で縛っていたロン毛は短く整えられていた。  「小室さんは髪型でいろいろと騒がれましたし、秋篠宮家に正式な挨拶に行くのですから、きちんとした髪型にしたのでしょう。皇室であのような頭髪であいさつをする慣習はないんですよね。民間人が皇族に会うのですから、切らざるを得なかったのでしょう」    神田氏が着目したのは小室氏を出迎えた黒いワゴン車。午前9時15分ごろ、赤坂御用地の巽門(たつみもん)へと入って行った。  「車には、宮内庁発行の門鑑(もんかん)がステッカーとしてついていましたね。ということは宮内庁が、小室さんが秋篠宮ご夫婦に会いに行くことを認めたのです。アメリカから帰国し、結婚を進める上で、あいさつだけはしておかなければ、という小室さんの考えと、宮内庁の意見が一致したのでしょうね」    8日後に迫った結婚。秋篠宮ご夫妻は、2人の結婚を認めたのだろうか。  「憲法の規定により、日本人であれば両性の合意に基づく結婚そのものをダメだとは言えない。秋篠宮ご夫妻も宮内庁も政府も同じ考えです。しかし、結婚は認めるものの、その前に解決しなくてはいけないこと、あるいは報告を受けなければいけないことがいろいろあると思います。それは今のところ未解決のままなので、秋篠宮さまとしては『挨拶にはおいでになってもかまいません。聞くことは聞きましょう。いらっしゃるというのなら待っております』というスタンスで、そこまでは許したのだと思います」    眞子さまと小室さんは3年2カ月ぶりに再会した。  「私の得た情報では、小室さんが秋篠宮ご夫妻にあいさつしをして30分後くらいに、秋篠宮邸のどこか別室で眞子さまと小室さんが会うことを許してもらえたと聞いています。眞子さまの部屋かもしれませんね。佳子さまがいらっしゃったかもしれませんが、2人だけの可能性が高いと思います」   眞子さまは22日、皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下に結婚を報告し、25日には東京都港区の仙洞仮御所を訪れ、上皇陛下と美智子さまにも結婚を報告する予定だ。現時点でそれに小室さんが同席する予定はない。  「一般の結納にあたる『納采の儀』も行っていませんし、皇籍を離脱する際に支給されるはずの『一時金』も眞子さまは辞退なさった。小室家を巡る諸問題も解決されていないので、天皇・皇后両陛下は眞子さまからの結婚報告を受けても、『体に気をつけて、元気で』とか『健康でお幸せな日々をお祈り致します』とお伝えするのにとどまるのではないでしょうか。『おめでとう』とおっしゃることはできないと思いますよ」   眞子さまは26日に婚姻届を自治体に提出し、皇籍を離脱する予定。今後、皇室との距離はどうなるのだろうか。  「皇室としての結婚を許したわけではないけれども、2人の意思で一緒になるならば致し方ないということ。もう2度と皇居に足を踏み入れることが許されなくなる可能性はありますね。サーヤの愛称で親しまれた黒田清子(さやこ)さんも結婚して皇籍を離脱しましたが、お相手の黒田さん一家には何の問題もないし、清子さんは皇室とゆかりのある伊勢神宮の祭主を務めているので、皇籍離脱後も皇居を訪れています。けれども、眞子さまの場合は、黒田さんご夫婦と同じようにはならないでしょう」    26日に予定されている記者会見はどのようなものになるのだろうか。  「報道陣と宮内庁の係官が合わせて50人くらい集まるのではないかと聞きます。警備も、コロナ対策も万全なホテルというのは限られてきます。宮内記者会、雑誌協会、外国人記者クラブで合計3問くらいの質問ではないか。それ以上、質問の声を上げ続ける記者がいるかもしれませんが、『本日の会見は終了します』と打ち切るでしょう。政治家でも誰でも、長く話すとボロが出るものですから」   会見に先立ち提出される自治体への婚姻届けについて、神田氏は次のように推測する。  「秋篠宮家から命令を受けた職員が、小室夫妻になる2人の代理人として、自治体の戸籍係のところに持って行くというふうに聞いています」   会見後、 眞子さまは年内にも渡米し、ニューヨークで新生活を始めるとみられている。お2人の行く末は……。  「ヨーロッパの王室ではこのくらいのことはあるレベルのことのようですが、日本の皇室では前代未聞の事態で、眞子さまは離婚しても、もう皇族には戻れません。幸福になるか、不幸になるかはチャレンジしてみなければわからないですね。結果は誰にもわかりません」 (AERAdot.編集部 上田耕司』

    dot.

    10/18

  • 12

    岸田首相の大誤算 衆院選で「自民40議席」減、単独過半数割れの予測も

     第49回衆議院議員選挙(10月19日公示、31日投開票)がついに幕を開けた。岸田文雄新首相を誕生させ「看板掛け替え」からの「奇襲解散」に打って出た自公政権に対し、野党は候補者を一本化させる共闘体制で臨む。新政権が長期政権となるか、短命に終わるかを占うことにもなりそうなこの一戦、全289小選挙区の勝敗を予測した。 *  *  *  岸田文雄首相は内閣発足からわずか10日後の10月14日、衆議院を解散した。解散から31日の投開票まで17日間という戦後最短の短期決戦となる。  選挙を急ぐ理由について、岸田氏は会見などで、「できるだけ早くコロナ対策、経済対策を行うために一日も早く国民の審判を仰がなければならない」と説明している。  だが、この言葉を額面どおりに受け取る者はいないだろう。政権の顔を変え、内閣支持率が前政権よりも上昇する「ご祝儀相場」が下がらないうちに、大慌てで選挙戦に持ち込んだのだ。新型コロナの流行がいったん収まっているタイミングも岸田氏にとっては天の恵みだ。  とはいえ、朝日新聞の世論調査では、岸田内閣の支持率は45%。政権発足当初としては、この20年間で最低水準だ。30%を切った前政権からは多少回復したとはいえ、“奇襲作戦”も目論見どおり「追い風」にまではなりそうにない。  ご祝儀相場効果が不発に終わった要因は、言うまでもなく党・閣僚人事が響いている。安倍晋三元首相や麻生太郎副総裁への配慮と、総裁選の論功行賞を重視。金銭授受疑惑を抱える甘利明幹事長を含めた「3A」支配に、国民がウンザリしているからだろう。  政治ジャーナリストの野上忠興氏が指摘する。 「政権発足当初の内閣支持率は60%程度が相場ですから、岸田丸は船出から前途多難です。人事の問題もありますが、岸田氏自身のインパクトの弱さが影響しています。コロナ対策や経済政策にしても、もっと国民にわかりやすい言葉で具体的な政策を語ればいいのですが、学者か評論家のような固い話ばかりです」  相変わらずの「国会軽視」も露呈した。衆院選を控え、岸田内閣の政治姿勢を国民に詳らかにするため、野党は予算委員会開催を求めたが、政府・与党は拒否した。  野上氏が続ける。 「予算委員会を開けば、甘利氏の『政治とカネ』の問題はじめ、森友・加計問題や桜を見る会などの疑惑を野党は徹底的に追及してくるでしょう。格差是正の観点から、総裁選で看板政策に掲げた金融所得課税の強化について、『当面は触ることを考えていない』と早々に引っ込めたことも問われることになる。イメージダウンを恐れたのではないでしょうか」  所信表明演説に対する代表質問で、岸田氏はアベノミクスを評価し、「民主党政権の失敗から学んだ」などとくり返した。立憲の森ゆうこ副代表に「まるで安倍元総理が乗り移っているように見えた」と一喝される始末だ。  では、衆院選ではどのような結果が待ち受けているのか。本誌は政治ジャーナリストの野上氏と角谷浩一氏に、各政党の獲得議席数と全選挙区の当落予測を依頼した。  その結果、自民は「37議席減」(野上氏)、「33議席減」(角谷氏)と、いずれも大きく議席を減らす予想となった。 「コロナ禍で行われる今回の選挙は、集会が行えるかなど通常と条件がかなり異なる。それだけ、予想外の結果が出る可能性があります」(角谷氏)  今後の情勢次第では40議席減、よもやの単独過半数(233議席)割れも視野に入る。  岸田氏は9月末の自民党総裁就任会見で、衆院選の勝敗ラインを「与党で過半数」と設定して予防線を張ったが、40議席も減らしたら「勝利宣言」などあり得ず、大誤算というほかないだろう。角谷氏がこう話す。 「コロナ禍で生活が苦しくなった人は数多くいますが、第6波を前に、岸田政権はコロナ対策について明確な処方箋を出せていない。大盤振る舞いした東京五輪は、収支すらよくわかっていない。安倍・菅政権のツケは支払われておらず、有権者の怒りは都市部を中心に根強い。岸田氏は『未来選択選挙』と言っていますが、誰もそうは捉えていないのではないか」  自民と連立を組む公明は、九つの選挙区に立てた候補者全員の当選と、比例区で800万票の獲得を目標に据える。  だが、党勢の陰りは明らかで、2017年の衆院選では比例区の獲得票数は697万票と、現行の選挙制度で初めて700万票を割った。支持母体の創価学会がコロナ禍で政治活動を制限せざるを得なくなり、フレンド票の発掘もままならない。公明の全盛期を支えた学会員の高齢化も進む。  岸田氏が安全保障政策で“タカ派”路線を打ち出したことも、公明=学会票離れを加速させる可能性がある。対中国強硬姿勢に加えて敵基地攻撃能力の保有の容認、憲法改正にも言及するなど「アベ化」が止まらない。  公明の元幹部が語る。 「自公が対峙していた時代でも、宏池会の大平正芳氏や木曜クラブ(田中派)の田中角栄氏とは関係がよかった。両派閥ともハト派でしたからね。学会の集票力の低下に加え、いまの岸田氏の主張には乗りにくいですよね。自民への支援票を棄権する人は少なくないはず」  一方の野党は、立憲民主が議席を伸ばし、「27議席増」(野上、角谷両氏)となった。野党共闘のために多くの選挙区での独自候補の擁立を見送った共産は比例区で議席増が見込まれそうだ。日本維新の会は大阪を中心に自民と互角以上に戦い、議席を大きく増やしそうだ。  だが、特に野党第1党の立憲に望まれるのは“善戦”ではなく、政権交代を目指す“激戦”だ。  にもかかわらず、立憲の枝野幸男代表はテレビの報道番組で、司会者から衆院選で政権交代を実現する確率を聞かれると、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手を引き合いに「大谷選手の打率(2割5分7厘)ぐらいの可能性はあるというつもりで頑張っている」と語った。角谷氏が厳しい目を向ける。 「本気で勝つ気があるのか。何が何でも勝つという気概がなければならないのに、これでは政権が取れるわけがない。野党第1党のポジションが居心地いいということなのでしょう。衆院選で勝つためには、菅義偉氏を総理の椅子から引きずり下ろし、総裁選でお祭りムードを盛り上げた自民のほうがよほど努力しています。本気度のちがいが出てしまっています」  つまるところは、勝者なき衆院選になるのか。(本誌・亀井洋志、秦正理、池田正史) ※獲得議席予測、各選挙区の当落予測については調査の結果ではありません。公示日前に識者2人が予想しました。※週刊朝日  2021年10月29日号より抜粋

    週刊朝日

    10/20

  • 13

    訪れるべき「戦国最強」の山城を歴史研究家が格付けランキング! 2位は信長「安土城」、1位は?

     日本全国には3~5万の城があるとされ、その多くが山城だという。週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、城関連の著書も多い歴史学者・小和田泰経氏に自身が訪れた山城を「遺構の保存状態」「防御力」「登りやすさ」「交通アクセス」の4つの基準で採点してもらい、戦国最強で「訪れるべき」山城ベスト50を選出してもらった。ここでは、同率で4位となった城からトップ5を見ていこう。 ※ランキングの採点方法日本全国に数多く残る山城。その中から、小和田氏がもう一度訪ねたいと願う「戦国の山城」を、編集部が独自に選んだ以下の4つの項目で採点してもらった(採点は、小和田氏の主観によるもので、訪れる時期や季節によっても大きく印象が変わります)。●遺構の保存状態……曲輪(郭)や石垣、石塁、土塁、空堀、堀切、切通などが良好に保存されているか否かで採点。●城の防御力……軍事要塞として築かれた山城。曲輪や空堀、土塁などが城の防御力を高める配置になっているか否かで採点。●アクセス……最寄り駅からの交通の便や、高速道路からの利便性。また、山頂部まで車で行けるかなどを総合し、多角的に採点。●登りやすさ……城内散策路の整備状況や駐車場の場所。さらに案内板の設置などを含めて採点。 *  *  *  第4位 備中松山城(岡山県/92点)天守が現存する唯一無二の山城  戦国時代に備中松山城をおさえたのは、三村家親である。しかし、三村家親は、備前の宇喜多直家と争い、暗殺されてしまう。このころ、備中には西から毛利輝元、東から織田信長の勢威が拡大してきていた。家親の子元親は毛利氏に従っていたが、元亀三年(1572)、足利義昭の仲裁で毛利氏と宇喜多氏が和睦すると、織田信長に寝返った。三村元親にとって、毛利氏についた宇喜多直家は父の仇だったためである。結局、松山城は毛利・宇喜多軍によって落とされ、以後は毛利氏の支城となる。  関ヶ原の戦い後、毛利輝元が周防・長門へ転封されると、備中は幕府領となり、総代官として入った小堀正次・政一が松山城に入って修築された。さらに、松山藩主となった水谷氏によって現在も残る天守などが建てられている。  城は高梁川の東岸にあたり、麓からの高さが350mほどの小松山に築かれている。相当な山城であるため、山上での作事が困難であったのだろう。天守と二重櫓のほか、建物はすべて平櫓である。ただし、山上の主郭部は三ノ丸・厩曲輪・二ノ丸・本丸・後曲輪・水ノ手門脇曲輪の6曲輪から構成されており、防御力は高い。しかも、麓には石垣造りの御根小屋があり、中腹には中太鼓ノ丸や下太鼓ノ丸といった出丸を構えていた。 【遺構の保存状態 24点/城の防御力 25点/交通アクセス 21点/登りやすさ 22点】 *  *  * 第4位 岩村城(岐阜県/92点)戦国時代の山城を近世城郭へと変貌させた  伝承では、鎌倉時代に加藤景廉の子景朝が築いたというが確かなことはわかっていない。戦国時代には、加藤氏の後裔にあたる遠山氏の居城となっていた。  岩村は、東濃の要衝で、信濃・三河の国境にも近い。戦国時代の城主遠山景任は、信濃から進出を図る武田信玄に攻められ、織田信長の支援を受けて抵抗を続けたが病没。そのため、城は武田氏の支配下に入り、長篠の合戦後、信長が奪取している。そして、信長の家臣河尻秀隆や森長可・忠政兄弟によって改修された。  岩村城が築かれている城山の標高は717mで、江戸時代まで存在していた山城の中では最も高い。ただし、麓からの高さは150mほどである。縄張は、頂上に本丸をおき、二之丸・八幡曲輪などを階段状に配す。本丸は櫓・多聞櫓などで囲まれるなど堅固であった。しかも、本丸の南東には出丸を設け、背後を固めている。  江戸時代には、東濃の要衝として松平(大給)氏の居城となった。ただし、居館などは山麓に移されたため、藩庁の機能は山上の主郭部には存在していない。  岩村城は、遠山氏時代の縄張を踏襲し、曲輪を石垣造りとしている。いわば、中世の縄張が生きている近世城郭だった。出丸まで林道が通っているが、遺構の破壊に配慮されているのも評価が高い。 【遺構の保存状態 24点/城の防御力 25点/交通アクセス 21点/登りやすさ 22点】 *  *  * 第3位 月山富田城(島根県/93点)毛利元就も攻め落とせなかった難攻不落の城  月山富田城は、交通アクセスが良ければ、第1位に選ばれてもおかしくない名城である。  城は、出雲の富田に所在し、麓からの高さが150mほどの月山に築かれているため、月山富田城という。この時代、富田は水上交通が盛んで、船で中海から飯梨川をさかのぼり富田城下まで来ることができたという。山陽方面に抜ける陸上交通の要衝でもあり、出雲の中心地であった。室町時代には、戦国大名となった尼子氏の居城となる。そして、出雲・石見・因幡・伯耆など11カ国を支配する拠点となった。  月山の山頂に主郭部があり、中腹に山中御殿や千畳敷、山麓に里御殿などを配置していた。南北1キロメートル、東西1キロメートルに及ぶ巨大な山城である。登城路は菅谷口・御 子守口・塩谷の三つが存在した。谷筋を通る登城路は、尾根に設けられた曲輪群によって守られており、いずれも山中御殿につながっていた。 山上の主郭部は、本丸・二ノ丸・三ノ丸が連郭式に配置されている。山中御殿から「七曲がり」とよばれる登城路を通らないと、この主郭部には到達できない。つまり、山中御殿を死守すれば、主郭部に侵入される恐れはなかったのである。  また、万が一山中御殿が攻略されても、三の丸から「七曲がり」を登る敵を迎え撃つことが可能だった。「七曲り」は文字通り、道が幾重にも折れ曲がっており、そこを側射するわけである。 主郭部は総石垣の曲輪であるため、侵入されにくい。もし三ノ丸まで侵入されても、二ノ丸と本丸の間には大きな堀切が敵を阻んだ。加えて、本丸から北東に向かう尾根筋には、多くの小曲輪があり主郭部の背後を固めていた。  月山富田城を本拠に中国地方に覇を唱えた尼子氏であったが、勢力を拡大する毛利元就が永禄八年(1565)に、3万5000で城を包囲すると、一年半におよぶ籠城のすえ、降伏開城した。  このとき、毛利軍は、菅谷口・御子守口・塩谷口の三方から月山富田城を攻撃している。これに対し、降伏はしたものの、尼子氏は城を守り切った。その攻防の舞台となった虎口は堅固に守られており、見逃せないポイントとなっている。  もっとも、現状の遺構は、尼子氏時代のものではない。尼子氏の降伏後、月山富田城は毛利氏の支配下におかれる。そして、関ヶ原の戦い後に毛利氏が退去すると、替わって堀尾吉晴が入城した。この堀尾氏の時代に城は改修され、近世城郭として完成したのである。  慶長十二年(1607)、堀尾氏は松江に居城を移す。その後、月山富田城は廃城となっている。 【遺構の保存状態 25点/城の防御力 25点/交通アクセス 20点/登りやすさ 23点】 *  *  *  第2位 安土城(滋賀県/94点)築城後わずか6年で焼失した織田信長の居城  安土城は、観音寺城を本拠とする六角氏の支城であった。実際、観音寺城が築かれた繖山の麓に位置する。しかし、六角氏は永禄十一年(1568)、織田信長による上洛に抵抗した末、観音寺城を放棄して脱出。こののち、南近江を制した信長が近世城郭として完成させた。  城は、琵琶湖に突き出た麓からの高さが100mほどの安土山に築かれている。最高所に本丸を置き、周辺に二ノ丸・三の丸を配す。そして、この本丸・二ノ丸・三ノ丸を守るように、家臣団の屋敷地が配置されていた。なお、曲輪の名称や家臣の邸宅は、江戸時代の絵図によるもので、当時、どのような曲輪名であったのかは不明であり、家臣の屋敷についても、実証されているわけではない。  本丸・二ノ丸・三ノ丸とされる曲輪群で構成される主郭部は、周囲を多門櫓で囲まれており、防御は堅い。その中央に五重六階地下一階の天主が建てられていた。こうした本格的な天主が建てられたのは、歴史上、安土城が最初とされる。  また、黒金門跡は、桝形構造となっている。これは、近世城郭における虎口の到達点であり、安土城に採用されている意味は、見逃せないポイントとなる。  本丸には、大手道・百々橋口道など、複数の登城路が通じていた。百々橋口からの登城路は、城内に創建された寺院である摠見寺の境内を通る。宗教に無関心であったとも言われる織田信長だが、仏教による守護を求めていたのは間違いあるまい。というのも、この摠見寺は、信長自身が創建したものだからである。  天正十年(1582)の本能寺の変後、安土城は焼失。織田信長の次男信雄が火を放ったともいわれるが、確証はない。すでに山崎の戦いで明智光秀が敗北したあと、安土城を守備していた光秀の家臣が敗走する際に自焼したものであろう。  なお、焼失したといっても、城域のすべてが焼失したわけではない。信長の嫡孫秀信が入城し、織田氏の居城となる。天正十三年、豊臣秀吉の養子豊臣秀次が近くに八幡山城を築城し、安土城は廃城となった。天守など建造物の遺構は失われているが、石垣の保存状態は良好なので満点としている。  現在、整備されているのは主郭部だけであり、本来の城域はもっと広い。そのうえ、観音寺城を詰の城と考えることができれば、その防御力は格段にあがるため、防御力も満点とした。 【遺構の保存状態 25点/城の防御力 25点/交通アクセス 22点/登りやすさ 22点】 *  *  *  第1位 鳥取城(鳥取県/96点)江戸時代・近世城郭へ改修された悲運の城  今回、「戦国の山城ベスト50」の第1位に選んだのは、悲劇の城として知られる鳥取城である。  天正八年(1580)、織田信長の命をうけた羽柴秀吉が因幡に侵入して鳥取城を攻撃すると、城主の山名豊国は秀吉に降伏した。しかし、これを不服とする家臣らは、安芸の毛利輝元に支援を要請し、山名豊国を追放。こうして鳥取城は、城将として派遣された吉川経家を中心に、織田方と戦うことになったのである。  羽柴秀吉は、天嶮の要害として知られていた鳥取城を力攻めすることを避け、兵糧攻めを行う。餓死者も続出したこの攻城戦は、後世、「飢え殺し」と呼ばれる。翌天正九年、3カ月ほど続いた籠城戦の末、ついに吉川経家は降伏開城した。  その後、秀吉の側近宮部継潤が城主となり、継潤の死後は子の長房が受け継ぐ。しかし、慶長五年(1600)の関ヶ原の戦いで西軍石田三成に通じたとして、鳥取城は東軍に攻められ開城した。  関ヶ原の戦い後、姫路城主となった池田輝政の弟長吉が6万石で入封し、この池田長吉によって近世城郭に改修された。さらに元和三年(1617)には池田輝政の孫光政が因幡・伯耆32 万5000石で入封し、城の規模が拡張されている。  多くの山城では、山頂付近に曲輪が集中するが、鳥取城の曲輪は山頂から麓にかけて配置されている。そのため、山頂一帯の山上ノ丸と山麓一帯の山下ノ丸という2元構造なっていた。  山上ノ丸は、麓からの高さが240mほどの久松山山頂に築かれている。天守が建てられていた本丸のほか、二ノ丸・三ノ丸といった主郭部が連郭式に連なる。さらに、この主郭部は出丸によって防御されていた。  山下ノ丸は、久松山の山麓におかれ、幅25mほどの内堀によって守られていた。実質的な本丸に相当するのが天球丸で、このほか二ノ丸・三ノ丸などが階段状に配置されている。 山上ノ丸と山下ノ丸との間にも、無数の曲輪が設けられ、さらには斜面の移動を阻む竪堀や登石垣も構築されている。山下の丸を落とさない限り、敵は山上ノ丸に攻め込むことはできなかった。こうした点も踏まえ、防御力は満点とした。  ただ、山上ノ丸は防御力が高いものの、政庁としては利用しにくい。一方、山下ノ丸は政庁としては利用しやすいが、防御力は低い。しかし、鳥取城では山上ノ丸と山下ノ丸が一体化しており、それぞれの長所を生かすことができた。鳥取城は、戦国時代から江戸時代にかけて、最先端の技術を取り入れながら改修されている。時代による石垣の積み方の違いも、この城の見どころのひとつである。 江戸時代に、山上ノ丸が重要視されることはなくなった。しかし、有事の際には、利用するつもりだったのである。 【遺構の保存状態 24点/城の防御力 25点/交通アクセス 23点/登りやすさ 23点】 ◎監修・文/小和田泰経(おわだ・やすつね)1972年、東京都生まれ。歴史研究家。國學院大學大学院文学研究科博士課程後期退学。専門は日本中世史。著書に『家康と茶屋四郎次郎』(静岡新聞社)、『戦国合戦史事典 存亡を懸けた戦国864の戦い』(新紀元社)など。 ※週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、戦国最強の山城「ベスト50」を徹底解説しています

    dot.

    10/21

  • 14

    元おニャン子・新田恵利さん 母親の介護を支えた夫の気づき 助言より「黙って聞く」

     親の介護をするとき、夫婦はどんな形が望ましいのか。自身の母親の介護を6年半続けたタレントの新田恵利さん(53)は、介護中の悩みや怒り、つらさ、悲しみなどを乗り越えられたのは、「夫の存在が大きかった」と言います。新田さんの地元、神奈川県の逗子海岸で、新田さんと夫の長山雅之さん(52)が、そろって介護の時の様子について語ってくれました。 ―1年前の新田さんへの取材では、「母が旅立った時、後悔しないように、そう思ってやっている」とおっしゃっていました。終わってみてどうですか? 新田恵利(以下、新田):はい。最後に温泉に連れて行ってあげたかったな、とか重箱の隅をつつくように振り返れば小さな悔いは出てきますが、でも「悔いはありません」。そう言い切れます。17歳の時、父が急死したので、それからずっと母を大切にしよう、母を守ろう、母が亡くなるその瞬間まで大切にしようと、そう生きてきました。 ―夫婦で旅行する時はいつもお母様がご一緒だったのですよね。 新田:母に「来る?」と聞くと、元気なときは100%「うん」でしたからね。母は夫のことが大好きで、夫も母を大好き。日々の生活も旅行も、いつも私たちは一緒でした。夫と付き合っている時から、「私と結婚したらもれなく母とワンコがついてくるよ」と彼には伝えていましたし(笑)、それを理解した上で私を受け入れ、母も私も大切にしてくれました。 長山雅之(以下、長山):(新田さんとお母さんの関係は)もう別物でしたからねー。私の母は実業家で恵利のお母さんとはタイプが違う。早くに離婚して、必死でした。私は家政婦に育てられたような感じです。ですから、いわゆる家庭のお母さんの愛情というのを、義母からいっぱい注いでもらった感じです。まだそばにいるような気がして、不思議な気持ちです。恵利と買い物に行っても「お母さんの分は?」というのがなくなってしまった今、とても寂しいです。 新田:母と夫は食の好みも一緒でした。母は彼をすごく信頼していて、私の話よりも素直に聞くんです。だいぶ前になりますが、彼が入院した時は、私の代わりに「枕をもっていってあげたい」とお見舞いに行って、戻ってから家で泣いていました。かわいそう、かわいそうって。母も不安だったんでしょうね。 ―そんな長山さんは、お母さまの旅立ちまで、恵利さんの介護に寄り添われました。 新田:私たち夫婦と兄、母は同じ一軒家に暮らしていました。1階に母と兄、2階が私たち夫婦です。母のために「顔出して」と言うと、夫はいつだって、「お母さん、どう?」とすぐに下りてくれました。それだけで母のテンションが上がったんです。 ―長山さんは、2年前までテレビ局にお勤めでしたね。 長山:はい。いまは独立してフリーの水中VRカメラマンです。 新田:夫は会社員時代も、仕事がある日でも、母の通院に付き添ってくれて、私が話を聞いて欲しい時は、翌朝が仕事で早い日も、私が「明日でいい、大丈夫」と言っても、「いいよいいよ。今話を聞くよ」と夜遅くまで聞いてくれました。私が大変な時は一番近くで見ているからわかるんでしょうね。何よりも優先してくれました。私も甘えて、何でも話していました。私のストレスのはけ口が夫でした(笑)。 長山:我慢したり苦しんだりする姿を見たくなかったからです。結婚したばかりの頃の恵利はすごく我慢をしていて、夜中の就寝中に「ざっけんじゃねーよ」なんて、昼間のうっぷんが寝言で出てきていたこともありました(笑)。それがその後は、「あなた間違ってる! 聞くだけでいいの。黙って聞いてて」て言うようになりましたからね~。 新田:解決策とか求めていないから、ただ聞いてくれるだけでよかったの。 ―長山さんはあえて何も言わずに聞いていたんですね。 長山:最初のうちは、どうしたらいいんだろうと、解決策ばかりを考えて聞いていましたが、だんだんそれよりも、「ちゃんと聞く」に集中する方がよっぽどいいと気づきました。 新田:そうそう。 長山:今日3回目の「くそばばあ」かな、て思いながら聞いていました(笑)。 新田:「(母を)泣かせてきた!」と言っても、驚きもせず笑顔で聞いてくれたよね。 長山:はい。聞きましたよ。 新田:たとえ私が悪かったとしても私の味方をしてくれるのがありがたくて。おかげで介護に煮詰まらず、やり遂げました。介護は大変です。一人で抱え込んでしまったら続かない。近くに理解者や、愚痴を言える相手をキープして、日々の悩みや苦しみをため込まないことが大切です。適切なアドバイスは、ケアマネジャーさんだったり、介護従事者の方だったりがしてくれます。日々の悩みは夫や家族などに、聞いてもらうのが一番だと思います。 長山:黙って聞く、だよね。 新田:はい。そうです。 長山:人を変えようとすべきではない。過去と人は変えられない。ならば今できることをやろう。そうやって生きるべきだと思っています。 ―長山さんは、恵利さんの介護から学ばれたことはありますか? 長山:恵利のやり切っている感じを見て、自分の方が悔いが残るな、と思いました。自分の母親(87)は、今は赤坂で一人暮らしをしています。義母を見送った体験を生かして、悔いのないようにしたいと思いました。恵利のおかげで、遠かった母親との距離が縮まり、隔週で赤坂に行くようになり、25年続いています。家族の愛を知り、人生の理想的な終わり方や見送り方を知り、大切な人との切ないながらも愛のある別れを体験しました。 新田:夫にも親を大事にしてほしい、と私が提案しました。それだけは強く言いました。これはすべての人に伝えたいのですが、介護でつながる絆があるということ、介護を通して見えるものがたくさんあるということ。これに気づいてほしいと思っています。 ―「おニャン子クラブ」のメンバーたちも介護の問題がふりかかる年頃ですね。 新田:私がぶっちぎりで早くに体験しましたが、みんなそろそろですね。私たち、そんな年になったんですよね。昔は10代だったファンの方も今は介護世代。楽しく「介護トーク」をしていますよ。これからもみんなで明るく楽しく年を重ね、介護を乗り越えていきたいですね。 ―6年半をふり返り、このほど出版された「悔いなし介護」(主婦の友社)には、「新田恵利流」の悔いなし介護の心得が詰まっていますね。  新田:「悔いなし介護」は、母が生きている時にほぼ書き終わっていて、見届けた話を最後に加えてまとめました。在宅でのみとりの魅力とか、見送った後のことは、これから発信していきたいと思っています。オフィシャルブログ「E-AREA」でも介護相談に乗っています。コロナが落ち着いたら少しずつ介護に絡めた講演活動も復活させていく予定です。 (聞き手/本誌・大崎百紀) >>【関連記事/ドレスで旅立った母 新田恵利が在宅介護で6年半、頑張れた理由】はこちら *週刊朝日オンライン限定記事

    週刊朝日

    10/17

  • 15

    心が疲れたら「行動」を変えるのが有効! 精神科医がすすめる「8つの行動習慣」とは?

     心が疲れていると感じた時、その気分は簡単に変えられませんが、行動は意識的に変えられます。心を回復させる行動を日々の習慣に取り入れてみましょう! 前編「うつ病、不安症になってない? 精神科医が教える「心の疲れ」6つのチェックポイント」に続き、後編として、心を回復させる8つの行動習慣について、精神科医の大野裕先生にお聞きしました。(セルフドクターWebより転載) *  *  * (1)毎日決まった時間に起床。暮らしにリズムを取り入れよう  心と体は一心同体。生活のリズムが上手に整えられると、心にもよい影響が出てきます。特に意識したいのは、起床時間。就寝時間を決めても簡単には寝つけません。朝起きる時間を同じにしてみましょう。毎朝、同じ時間に体内時計がリセットされることで、生活のリズムが整い、体も心も調子が整ってきます。まずはここからスタートしてみましょう!  朝食を食べることと朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。朝起きたらまずはカーテンを開けて太陽の光を浴び、朝食を食べて胃腸を働かせましょう。 (2)不安な気分が続く時は、ちょっと立ち止まってひと呼吸  ざわざわとした気分がしずまらない時や不安な気分の時は、「今ここ」に意識を集中させて心を安定させる「マインドフルネス」がおすすめです。不安になると、人は浅くて速い呼吸をする傾向があります。深くゆっくりとした腹式呼吸をすると、不安を和らげることができます。習慣的に行うと、思考や感情に振り回されにくくなる効果もあります。 <腹式呼吸のやり方>1.ゆっくり1,2,3と数えて息を吸い込む2.同じだけ息を止める3.ゆっくり1,2,3と数えて息を吐く4.息を吐き切ったら、ゆっくり1,2,3と数える間、息を止める (3)始めてみたら意外とスッキリ!体を動かしてみよう  掃除をする気力がなかったのに、いざ始めると止まらなくなり、終わってみると気分もスッキリ。そんな経験はありませんか? これぞ行動が気分を変えている証拠。気分が塞いできたら、散歩をするなど簡単に体を動かしてみましょう。でも「体を動かさないといけない」という決まりにすると、かえってストレスに。気が向いた時に取り組むぐらいの軽い心持ちでチャレンジしましょう。  疲れていて運動が難しい時はベッドの上でストレッチするだけでもOK。無理をせず、心地いいなと感じられればOKです。 (4)五感を研ぎ澄ましてリラックスしよう  いろいろ考え込んでしまい、悩みが堂々巡りしてしまうことがありますよね。そんな時は普段使っていない感覚を使ってみましょう。新しい行動や感覚を体験することで、脳は次なる動きを求めるようになります。結果、新たな視点が得られるかもしれません。例えば、食べたことのない外国の料理を食べてみる(味覚)、新しいアロマに挑戦してみる(嗅覚)などがおすすめです。  散歩中に目に入る、木や花の香り、その日の空気の香りを楽しんでみましょう。毎日続けることで、季節の移り変わりや植物の生長など、身近な変化が心地よい刺激になるかもしれません。  風の音、車の音、子どもの声。慣れているはずの街の雑踏も、聞き分けるといろいろな音が混じり合っています。音に集中することで、ざわざわした気分がすっと落ち着く瞬間を意識してみましょう。 (5)日常から離れていつもの自分と距離をとる  旅行による心の変化は、気分転換という意味だけではなく「今までの自分」と距離をとって「ちょっと違う自分」を育てる意味があります。旅先で触れた価値観によって今までの自分の考え方を客観的に捉えるきっかけにつながります。近場のお出かけでも、新しい体験になるような場所であれば旅行と同じ効果があります。  旅行が難しい時は通勤路などで「初めての道」を選んでみましょう。身近にある非日常からも、新しい発見があるかもしれません。 (6)初めてのことにトライする  仕事や子育て、介護などに精一杯取り組んでいる人は、一段落した時に無気力になってしまうことがあります。1つのことに集中するのはよいことですが、考え方が固定化して客観性がもてなくなることも。そんな時は新しい趣味や初めての習い事などにトライしてみましょう。物事の見方が広がることで、考え方にも柔軟性が生まれ、自分を客観的に見る手がかりになっていくのです。 (7)他の考え方はない?会話で考え方を点検し合おう  考え方の幅が狭くなっている時は「自分は何に傷ついたのか、その時どう感じたのか」を意識的に周りの人に話してみましょう。他の人の視点や考え方を聴き、自分の考え方の再点検を重ねると、新しい見方ができるようになります。気持ちや考え方が整理されていく過程を体感してみて。もし一人の時に悩んだらこの過程を思考の中で再現してみましょう。  オンラインコミュニケーションはすでにニューノーマルになりつつありますが、空気感や表情などのニュアンスが伝わり切らず、ストレスになることも。感染症対策をしながら、やはり直接のコミュニケーションも意識的に! (8)1日1回アウトプット  スマホやパソコンから日々たくさんの情報が得られる現代。脳はすでにオーバーフロー状態です。体だけではなく心も、入れるだけではなくしっかり出す、インプットとアウトプットの循環が必要です。常に情報が入ってくるスマホをオフにし、今日の出来事や感じたこと、自分の正直な気持ちを紙に書き出す時間を作りましょう。日記などを読み返してみると心の整理にもつながります。 【前編から続く】うつ病、不安症になってない? 精神科医が教える「心の疲れ」6つのチェックポイント 監修/大野 裕先生(おおの・ゆたか) 精神科医。1978年慶應義塾大学医学部卒業と同時に、同大学の精神神経学教室に入室。コーネル大学医学部、ペンシルべニア大学医学部を経て、慶應義塾大学教授を務めた後、2011年より独立行政法人(現・国立研究開発法人) 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター センター長に就任。現在は顧問。一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長などを務める。著書に、『心が晴れるノート』(創元社)など。 セルフドクターHP

    セルフドクター

    10/20

  • 16

    育休中「復職したくない、専業主婦は特権階級」と言い出す妻 不満な夫にアドバイスは?

     育休から復職したがらない妻に夫は不満。専業主婦は「特権階級」か。「論語パパ」こと中国文献学者の山口謠司先生が、『論語』から格言を選んで現代の親の悩みに答える本連載。今回の父親へのアドバイスはいかに。 *  *  * 【相談者:2歳の息子を持つ30代の父親】 2歳の息子を持つ30代の父親です。育休中の妻が「パパ(私)の収入だけで暮らしていけそうだから、復職せずに専業主婦になりたい」と口にし始めています。私は会社勤務、年収800万円ほどで、世帯収入としては暮らしていけるのかもしれませんが、思いとどまらせたいです。妻は、育児中心の生活にすっかり慣れてしまい、働きたくなくなってしまったのです。  さらに、妻・母親としての世間の評価が気になるようで、「働かずに済む家庭は裕福な特権階級」とさえ思っているようです。私は実家が商売をやっていたために「健康な大人は働くべきだ」と教えられてきたので、「働かない人=怠け者」に思えます。「家事を完璧にして内助の功に尽くしたい」と妻は言いますが、毎日の食事や掃除、日用品の買い物などはそもそも妻の育休中から私が担当しており、仕事を辞めてまですることではありません。「良妻」の定義は昔と変わっています。妻を復職させたく、どう説得すればいいでしょうか。 【論語パパが選んだ言葉は?】 ・「幼にして孫弟(そんてい)ならず。長じて述べらるる無(な)く、老いて死せず。是(こ)れを賊と為す」(憲問第十四) ・「人にして仁ならずば、礼を如何(いかん)。人にして仁ならずば、楽(がく)を如何」(八イツ第三) ・「如(も)し周公の才の美有りとも、驕(おご)りて且(か)つ吝(やぶさ)かならしめば、其の余は観るに足らざるのみ」 (泰伯第八) 【現代語訳】 ・「幼いころは、目上の人に従順でなく、大人になっても何一つよいことをせず、年をとってからも、いたずらに生をむさぼっている。そういう人を『泥棒』と言うのだ」 ・「人として最も大切な愛情がないなら、礼儀をちゃんと守っても音楽をうまく奏でても、それが何になろうか」 ・「たとえ、完全無欠の才能があったとしても、人に対して驕(おご)り、卑しくけちな心を持っていたら、論ずるに足りない人物としか言えない」 【解説】 お答えします。妻が「復職せずに主婦業に専念したい」と願うのであれば、そうさせてあげてください。今、何を優先すべきかを考えたとき、夫婦にとって最も大切なものは、2歳の息子さんであると拝察します。息子さんの将来を考えて妻が育児に専念したいということなら、妻と力を合わせて、たくさんの愛情を大切な息子さんに注いでください。 『論語』には、孔子が、激しい言葉で、旧友の原壌(げんじょう)をなじった言葉がのこされています。「幼にして孫弟(そんてい)ならず。長じて述べらるる無(な)く、老いて死せず。是(こ)れを賊と為す」(憲問第十四)  あるとき、原壌は孔子と待ち合わせるのに、立膝をして待っていました。旧友を待つにしても無作法です。そこで孔子は言いました。 「幼いころは、目上の人に従順でなく、大人になっても何一つよいことをせず、年をとってからも、いたずらに生をむさぼっている。そういう人を『泥棒』と言うのだ」 「人生、100年」という時代、生まれたばかりの息子さんには、100年の人生が待っています。相談者さんは、息子さんが原壌のような「賊人」とならないようにすることを考えてください。その基本は、家族の絆です。その絆は、愛情によってしかつくることができません。  原壌には、母親に対する愛情さえ欠けていました。礼儀や慣習について書かれた『礼記』には、原壌の母が亡くなったとき、孔子が代理となって葬式を出してあげたのに、棺桶によじ登って歌をうたっていた、と記されています。  相談者さんは「働かない人=怠け者」という価値観からは脱皮すべきです。むしろ「愛情を持たない人=怠け者」と考えてみてはいかがでしょうか。人は、他人との関係の中で生きています。商売でも会社でも、礼儀はもちろん、信頼、感謝、尊敬、謙譲など、心からの「愛情」を抱いて人に接していかなければ、うまく発展させることはできません。これは、親が教えてあげなければならないことなのです。  孔子はこうも言います。「人にして仁ならずば、礼を如何(いかん)。人にして仁ならずば、楽(がく)を如何」(八イツ第三)。これは、「人として最も大切な愛情がないなら、礼儀をちゃんと守っても音楽をうまく奏でても、それが何になろうか」という意味です。  もし、相談者さんの妻が専業主婦として、夫を支え、息子さんにたっぷりの愛情を注ぐことができれば、きっと息子さんは原壌のような「賊人」と呼ばれる人にはならずに済むでしょう。子どもの時に得た愛情は、形には見えなくても、人の一生に深く大きく根を張ってくれるものです。専業主婦は、家族間の愛情を育む根源的な仕事だと考えれば、相談者さんが妻に対して敬意を抱くことにもなるのではないでしょうか。  最後に「働かずに済む家庭は裕福な特権階級」という妻の考えについて、一言付け加えておきます。「裕福」「特権」とは、「働かなくても済む」ことではありませんよ。「裕福な特権階級」とは、同時に「社会に対する責任」が重くなることです。 『論語』には、「如(も)し周公の才の美有りとも、驕(おご)り且(か)つ吝(やぶさ)かならしめば、其の余は観るに足らざるのみ」と記されています。 「たとえ、周王朝の政治と文化の創始者である周公ほどの完全無欠の才能があったとしても、人に対して驕(おご)り、卑しくけちな心を持っていたら、論ずるに足りない人物としか言えない」ということを言った言葉です。  相談者さんの家庭が、世間から見て裕福なのかはわかりませんが、本当の意味で裕福で、特権的地位、階級を持っている人たちは、「驕らない」「卑吝でない(自己の善意を出し惜しみしない)」ということを強く自らに課して、社会的責任を果たしてきました。相談者さんの妻は、「専業主婦」という職業を選んだのだと思って、家族の絆を結びつけ、世界中の「裕福」で「特権」を持った人たちと好きにお付き合いをされるといいのではないかと思います。 【まとめ】妻は「専業主婦」という職業を選んだと思って家族の絆を育てよう。ただし、「働かなくて済む」ことは「裕福さ」や「特権」ではない 山口謠司(やまぐち・ようじ)/中国文献学者。大東文化大学教授。1963年、長崎県生まれ。同大学大学院、英ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、現職。NHK番組「チコちゃんに叱られる!」やラジオ番組での簡潔かつユーモラスな解説が人気を集める。2017年、著書『日本語を作った男 上田万年とその時代』で第29回和辻哲郎文化賞受賞。著書や監修に『ステップアップ  0歳音読』(さくら舎)『眠れなくなるほど面白い 図解論語』(日本文芸社)など多数。母親向けの論語講座も。フランス人の妻と、大学生の息子の3人家族。

    dot.

    10/17

  • 17

    小室圭さんはひと足先に米国へ 眞子さまの病状説明で宮内庁はなぜ「批判」と言わず、「誹謗中傷」と強調したのか

     秋篠宮家の長女、眞子さま(29)と小室圭さん(30)は、今月26日に婚姻届を提出し、記者会見を行う。結婚の日が迫るなか、小室家と小室さんの母、佳代さんの元婚約者との間の金銭トラブルは解決しておらず、儀式なし一時金なしの異例の結婚。だが、宮内庁の空気は明るいようなのだ。 *      *  *  18日午前、小室圭さんが秋篠宮ご夫妻へのあいさつのため赤坂御用地にある秋篠宮邸を訪れる。この日に眞子さまとも3年2カ月ぶりに再会するという。  眞子さまと小室さんの結婚は、女性皇族の結婚時に通例行われる結婚に伴う儀式は行わず、皇籍を離脱するに伴う一時金も受け取らない「異例婚」だ。  秋篠宮さまは、昨年の誕生日の記者会見で、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と定めた憲法を引き合いに出し、結婚を認めると発言した。   一方で、金銭トラブルに対して国民が納得し、祝福する状況にはない以上、「納采の儀」など家同士の儀式にあたることを行わないというのが、一貫したスタンスだった。  黒田清子さんと黒田慶樹さんのように結婚後も晩さん会や祭祀に夫婦で出席するような親戚づきあいは、小室家とは行わないのではないか、とみられていた。    それだけに、小室さんが秋篠宮ご夫妻に直接会い、あいさつを行うか否かは、関心事のひとつでもあった。 「意思を通したけじめはつけるべきだ、というのが秋篠宮さまのお考え。一方で、眞子さまが後ろ指をさされることのないよう、ご両親としてできることはしてあげたいということでしょう」(宮内庁OB)  もうひとつの関心事は、米国への出発の日だ。  26日の結婚と記者会見を終えたら、小室さんは早々に日本を発ち米国での勤務に戻る――。そうした見方が有力になっている。  眞子さまは、皇籍から抜けて民間人となったあとにパスポート取得の手続きに入るため、2週間程度は日本に滞在する必要がある。小室さんが先に出発したあとは、眞子さまはひとりで出発までの準備を行うことになりそうだ。  26日に眞子さまは結婚の手続きを済ませた後、「小室眞子さん」として記者会見に臨むことになる。予定されているのは、都内の老舗ホテルだ。  思い起こせば、05年に黒田清子さんと黒田慶樹さんが挙式と披露宴、記者会見を行ったのは、帝国ホテルだった。白のシルクのロングドレスに真珠のネックレスをつけた清子さんは、「扇の間」で会見に望んだ。黒田さんとほほ笑みながら見つめ合い、こう述べた。 「黒田家の一人として、新しい生活に臨んで参りたいと思います」   清子さんの場合と異なり、眞子さまと小室さんの記者会見では、場所の選定は重要なポイントになる。金銭トラブルが解決しないまま結婚することに、国民感情として納得がいかないという空気が強いからだ。 「そうした国民感情に配慮したなかでの記者会見だけに、紀宮さまと同じ帝国ホテルで行えば、ぜいたくと批判されかねない。かといって、参加するテレビや大手メディア、雑誌や外国のプレスに対応できる会場である必要がある。『身の丈に合っている』と受け止められる場所であることが重要です」(前出のOB) そもそも天皇や皇族の記者会見は、宮内記者会があらかじめ提出した質問に対して準備した内容を回答する。その場で自由に質疑ができる関連質問もあるものの、そう厳しい質問が出ることはないのが一般的だ。 眞子さまと小室さんの記者会見は、小室さんの母親と元婚約者との金銭トラブルの説明の場としてもとらえられている。  その金銭トラブルは、結婚まで2週間を切ったいまも解決にはほど遠い状況だ。  小室家の代理人弁護士が、一部メディアの取材に、<圭さんが母親に代わってX氏と話をすることを提案し、先日お返事をいただいたので方法等について調整中です>  と回答すれば、元婚約者サイドは、「了承はしていない」とのコメントを公表するなど、事態は泥沼化する一方だ。    だが宮内庁は、金銭トラブルなど、もはや気にもかけていないような空気だという。  皇室の事情に詳しい人物は、こう明かす。 「結婚の日取りも決まって、やれやれホッとしたという空気に満ちていた。『結婚前に金銭問題にめどをつけなければいけない』といった焦りはまるで感じなかった」  この宮内庁の様子について、次のように分析する。 「というのも、金銭問題に対して国民の納得と結婚への祝福を得られていないまま突き進むことへのけじめが、異例の『儀式なし婚』となった訳です。すでにある種のペナルティを課したうえで結婚を決めた。だとすれば、何が何でも結婚前に、解決しなければならない理由はなくなったということです」  加えて、会見自体はそう厳しいものにはならないとみられている。  布石になっているのは、10月1日の会見だ。  永井良三皇室医務主管と精神科医でNTT東日本関東病院の秋山剛医師が同席し、「複雑性PTSD」と診断されたと公表した。 小室圭さんの母親の金銭トラブルに対する批判が続く中、眞子さまが、結婚に関するご自身や家族、相手とその家族への誹謗(ひぼう)中傷と感じられるできごとを長期にわたり反復的に体験したことが原因だという。眞子さまに診断を下した秋山医師は「結婚されることで、誹謗中傷と感じられる出来事がなくなれば改善が進む」と話した。  この説明に対して、一部の国民は「誹謗中傷」という言葉に敏感に反応した。誹謗中傷とは、<根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つけること>を指すからだ。  宮内庁の会見に同席した医師は、眞子さまが「誹謗中傷と感じる出来事」について「週刊誌報道」「ネット上のコメント」が含まれると述べているが、具体的にどの部分が「事実に基づかない誹謗中傷」であるのかを明らかにしていない。   また、宮内庁は出した眞子さまの病状と診断について説明した文章では、「批判」という言葉を一度も使っていない。  代わりに、「誹謗中傷」の単語を6度用いている。  なぜ、宮内庁は、「批判」ではなく「誹謗中傷」という言葉を選んだのか。  思い起こされるのは、1993年、皇后であった美智子さまが59歳の誕生日に公表した文書回答だ。  昭和から平成の世に移るなかで、平成流皇室に対する批判の矛先は、美智子さまに向けられた。  10月20日、誕生日の祝賀行事に出発しようとしていた美智子さまは、突然倒れて声を失った。  最終的な引き金となったのは、皇太子妃決定過程に関連した人物からの手紙という指摘もあり、皇后バッシングで声を失ったという単純な構図ではないようだ。  それでも、バッシングは美智子さまを苦悩に追いやった原因のひとつだ。   宮内記者会からの、「最近目立っている皇室批判記事についてどう思われますか」という質問に対して、美智子さまは文書でこう回答を寄せた。 <どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います。今までに私の配慮が充分でなかったり、どのようなことでも、私の言葉が人を傷つけておりましたら、許して頂きたいと思います。 しかし事実でない報道には、大きな悲しみと戸惑いを覚えます。批判の許されない社会であってはなりませんが、事実に基づかない批判が、繰り返し許される社会であって欲しくはありません。幾つかの事例についてだけでも、関係者の説明がなされ、人々の納得を得られれば幸せに思います。>   「批判」とは、<人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること>(大辞泉)。対して、「バッシング」は、<打ちのめすこと。手厳しく非難すること>(同)。「批判」は、ある程度の事実に基づいた意見であり、「バッシング」は、ちょっとした根拠をもとに相手を打ちのめすニュアンスだ。  美智子さまは文書回答で、「どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います」と答えている。 「つまり、今回、眞子さまが複雑性PTSDと診断された背景について、宮内庁が『批判』という言葉を使えば、『ある程度、耳を傾け、受け止めなければならない』という含みを持ってしまう。宮内庁は、『批判』ではないと強調したかったのでしょう。だが、誹謗中傷という言葉は報道や国民を萎縮させる表現で、宮内庁がたやすく使ってよい言葉ではなかった」(前出の人物)  26日に行われる、「小室眞子さん」と小室圭さんの記者会見。メディアと「小室夫妻」のやり取りが、表面をなぞったような言葉で終わってほしくはない。 ふたりから、金銭問題について国民が納得のゆく説明がなされるのか。眞子さまは、「ねえね」と慕った黒田清子さんのようにほほ笑んで、「新しい生活に臨んで参りたいと思います」と口にすることができるのか。  眞子さまは、内親王として歩んだ30年の矜持を胸に会見に臨む。 (AERAdot.編集部 永井貴子)

    dot.

    10/16

  • 18

    城郭考古学者が選ぶ「絶対に攻めたくない山城」ベスト10! 1位は埼玉「杉山城」、2位は?

     一見、「天守や櫓がなく、土と山だけ」と思われがちな山城。しかし開発にさらされがちな平城等に比して保存状態が良く、ほぼ往時の姿をとどめている山城も多い。週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、「戦国の山城の歩き方」を特集。3人の専門家に「オススメの山城」を推薦してもらった。今回の推薦者は、城郭考古学者で山城ファンの千田嘉博さん。選定のテーマは「絶対に城攻めしたくない山城」だ。 *  *  * ――山城にもさまざまな楽しみ方があると思います。当時の武将の視点で、「絶対攻めたくない城」をご紹介ください。  城はとても美しく壮大で、鑑賞するのはとても楽しいです。しかしそもそも城は戦いのために構築されたもので、第一に求められる機能は防御・反撃力です。今回は、その点で極めて優れた山城をご紹介します。実際に足を運べば、おそらく「もう助からない」「絶対死ぬ」と感じますが、堅固な城を造って自分たちの村や所領を守ろうと努力した先人たちの思いを、ぜひ想像してみてください。  なお、山城の定義はあいまいですので、ここでご紹介する城には、一般的には平山城と言われているものも含んでいます。 ――よろしくお願いします。  まず、“戦国の土づくりの城の教科書”と呼ばれているのが、埼玉県の嵐山町にある杉山城です。それほど大きな城ではありませんが、本丸を頂点に各尾根に曲輪を階層的に設け、入口付近には必ず横矢をかけ、初期段階の馬出しも重ねています。おそらく攻めたとしても理路整然と効率的に弓矢や鉄砲の餌食になったでしょう。  福島県の会津美里町にある向羽黒山城も、ものすごい山城です。山の頂上の本丸から麓まで、まるで迷路のように横堀、竪堀を縦横無尽に巡らし、山の中段も曲輪と堀と土塁を複雑に配置している。城を守っている兵も道に迷うのではないかという複雑堅固な山城です。軍事要塞に必要な要素を全部詰め込んでいて、攻めても生きて帰れる気がしません。  見た目の凄さでいえば、群馬県東吾妻町にある岩櫃城です。太古の昔から信仰の対象となってきた巨大な岩山である岩櫃山に守られた、まさに鉄壁の城で、戦意喪失は間違いありません。 ――この険しい岩山は、とても攻められませんね。  しかし、実は城があるのはこの垂直岩盤の上ではなく横なんです。岩櫃山がある側から攻められる心配はないので、その方向は堀をあまり整備していません。しかし、その反対側を見ると、山頂の本丸の周囲には横堀をめぐらすなど、守りが重視されていますし、東側の山麓を流れる吾妻川は堀の役割を果たしています。この岩櫃城ほど、天然の地形を巧みに利用した山城は珍しいと思います。  愛知県新城市にある古宮城は、武田方の軍事拠点で、当時の技術の粋を凝らした城です。それほど高い山ではないのですが、完全に堀で囲み、山中にも縦横無尽に横堀をいれ、さらに山のほぼど真ん中に巨大な堀を設けて山を真っ二つにするという大土木工事がなされています。まさに武田流の理想の城を具現化した山城です。古宮城は、巨大勢力の境界域にあった「境目の城」でしたが、長篠合戦ののちは軍事的役割を終えて廃城となったので、武田氏当時の姿がよく保存されていて、「土の城でもこれだけスゴイことができるのか」と体感することができます。  新潟県上越市の春日山城は、全国の山城のなかでも、その巨大さ壮大さでは並ぶものがありません。行けども行けども曲輪が連なっていて、上杉謙信の毘沙門堂がある中心部まで、到底たどりつけません。山中に堀は少ないのですが、何しろ切岸の落差がものすごいので、とても攻める気にはなれません。 ――ほかに特徴的な山城で、「攻めたくない」城は?  日本列島にあった城の多様性を示す、北海道と沖縄の城も入れたいと思います。北海道上ノ国町の勝山館は蠣崎氏の拠点城郭で、和人の城としては最大級のものです。コシャマインとの戦いを経験した蠣崎氏は、防御を重視して夷王山の山上に城を移したと考えられています。山上からは中世の港だった大澗湾を見下ろす立地で、港を押さえる城でもあったことが分かります。尾根上にはいくつもの屋敷が立ち並ぶ、壮大な北の山城です。  沖縄県の今帰仁村にある今帰仁城は、沖縄を代表する山城の一つです。琉球王国成立前の三山時代に北山王が拠点とした城で、山上の断崖絶壁を利用した堅固な城です。曲線を描く城壁の石垣がひときわ美しいのですが、敵に対してあらゆる場所で横矢がきいていて、攻め手からすれば、まことに恐ろしい石垣です。 ■千田嘉博さん「城攻めしたくない山城」ベスト10 1位 杉山城土の城の芸術品ともいわれる緻密な縄張りで知られる山城。遺構の残存状態は良好で、堀や土塁、馬出しなどが一目でわかる。 2位 向羽黒山城東北地方随一の規模を誇る山城。技巧の限りを尽くした複雑な縄張りが特徴で、歴代城主の蘆名氏、蒲生氏、上杉氏の手が入っている。 3位 高崎山城別府湾を望む高崎山に築かれた城。豊後の守護大名大友氏の詰城と考えられている。山頂付近には土塁や主郭の跡が残っている。 4位 岩櫃城天険の要害である岩櫃山に築かれた山城。豪壮な岩山は見るものを圧倒する。主郭部分周辺の巨大な竪堀も見どころ。 5位 古宮城武田氏と徳川氏の勢力圏が接する境界域に築城された境目の城。白鳥神社の神域が含まれているため城跡の保存状態は良好。 6位 春日山城越後長尾(上杉)氏の居城。巨大な山城で、本丸下には無数の曲輪が段状に築かれていて、攻め落とすことは極めて難しい。 7位 今帰仁城沖縄の城(グスク)を代表する一つ。城壁に上ると、中国や西欧の城と同じく城壁で守る城であることがよくわかる。 8位 勝山館夷王山山麓の台地上に建つ山城。主郭内部には中央通路があり、その左右には掘っ立て柱建物が並んでいたことが発掘により判明した。 9位 岡豊城長宗我部氏の居城。畝状空堀群が特徴的。帯曲輪の城壁の外側は土で、内側に石垣を用いる特異な構造を見ることができる。 10位 信貴山城松永氏の居城で、織田信忠に攻め落とされたが、山頂から延びる複数の尾根に築かれた曲輪群は見事で、技術的には優れた山城である。 ◎千田嘉博(せんだ・よしひろ)/1963年生まれ。城郭考古学者。奈良大学教授。主に中近世の城郭の考古学的研究に取り組む。主な著書は『信長の城』(岩波新書)、『真田丸の謎』(NHK出版新書)、『城郭考古学の冒険』(幻冬舎新書)など。 (インタビュー構成/安田清人)

    dot.

    10/17

  • 19

    華原朋美が47歳でバースデー婚 会見が「アムロちゃんと同じ衣装」だった真意

     90年代を代表する歌姫“朋ちゃん”こと歌手の華原朋美が47歳の誕生日を迎えた8月17日、結婚を発表した。お相手は華原の専属マネジャーで、マネジメントを手がける事務所の40代社長で、オンラインで行われた記者会見では冒頭から「毎日が幸せですね。抱き合った時に、肌と肌が合う!」と幸せ全開で報告した。 夫とは2018年のイベントの仕事で知り合い、昨年8月に前所属事務所を辞めフリーになった後に連絡をもらい、11月に再会したという。「(夫のアプローチが)すごく情熱的だった。情熱的な心を感じたので会うことにした」といい、「そして会ってみると“一瞬でこの人となら”と。『この人と手をつないで、いろんなところに行ったら楽しいんだろうな』とか『この人と一緒においしいご飯を食べに行ったら、もっとおいしくなるのかな』とか『うちの息子も喜ぶんだろうな』とか、そういうことばっかり考えた。実は話は聞いてなかった」と“ひと目ぼれ”だったと告白。 その後は乗馬に行くなどして距離を縮め、今年2月に「結婚も前提として」と告げられ、華原も「優しさも含めて、本当にこんなことあるんだ。この人しかいないと思って」交際をスタートさせた。2歳になる長男もとても懐いているそうで「パパと一緒に遊ぶのが大好き」だという。 1995年にデビューし「I BELIEVE」「I’m proud」などミリオンヒットを連発し、紅白歌合戦にも5度出場した輝かしい時代から一転、度重なる騒動を経て2000年には休養。「07年には所属事務所から契約解除され、復帰するまで5年もかかりました。その間、睡眠導入剤や精神安定剤などに依存していたとも報じられ、緊急搬送騒動や恋愛スキャンダル、激太りなど、いつしかスキャンダルでしか話題にならないお騒がせタレントのような存在になってしまっていました」(スポーツ紙記者) それでも母親になってからは、必死に子育てをして仕事も一生懸命しようとしていたという。「頑張ろうとすればするほど、気持ちが前のめりになって、ちょっと不安定になってしまうこともあり、それがまた誤解されることもあって、本人は心細く辛い時期もあったようです。そんな彼女を支えてくれたのがマネジャーだったということでしょうね」(同前) 今年デビュー26周年を迎えるにあたって、華原はこう抱負を語った。「26年間の中でいろいろなことがあって、でも今はすべて幸せに思える自分が生まれました。すごく悔しい、悲しい、つらいとかありましたけど今は全く結婚したことで自分の人生が、こんなふうに急展開するんだという気持ちになっています」 ちなみにツイッターでは、華原の会見での衣装が24年前の安室奈美恵&SAMの結婚会見の時とそっくりと話題になった。「黒のタートルにバーバリーのミニスカートというほぼ同じコーディネート。かつての“ライバル”だったアムロちゃんと同じ衣装にしたのは、まだどこか対抗心というか、意識している部分を残しているのかもしれません。本人は会見で『7キロダイエットはうそ、ホントは2キロだけ』とも明かしていたように、自分の気持ちをストレートに表現してしまう性格は変わっていないと思いました」(女性誌記者) 親子3人で過ごすのがうれしくて、料理をするのも楽しいと話す華原。今度こそ、朋ちゃんスマイルがずっと続くことを願いたい。(坂口友香)

    dot.

    8/17

  • 20

    河北麻友子、初対面の出川哲朗に「本番以外では、テッちゃんって呼ぶ!」

     今年1月に結婚し、幸せいっぱいのモデル河北麻友子さん。作家・林真理子さんとの対談では、これからの目標を明かしてくれました。 【河北麻友子の人生の分岐点「ニューヨークで育って、死ぬと思っていた」】より続く *  *  * 林:河北さんがブレークしたのは「ViVi」ですよね。 河北:たぶんそうだと思います。 林:最近、人気になる女性の有名人って、女性誌から火がつく方、多いですね。私服がカワイイとか、私物がカワイイとか。 河北:「ViVi」の専属モデルをやってたときは、私服企画とかが年に2回ぐらいありました。 林:ニューヨーク風着こなしをしなきゃいけないとか、期待度大きいですよね。 河北:ああ、そうかもしれないですね。 林:ニューヨークの女の子って、どういう格好してるんですか。 河北:ニューヨークは日本ほどトレンド、トレンドというわけじゃなくて、わりとみんな自由なんです。日本って「こういうのがはやってる」ってなると、街なか全員それ一色になるじゃないですか。あっちはみんな個性的なので、その人に合った格好をするという傾向が強いですね。 林:ジーンズも多いですか。 河北:基本的にカジュアルな服装が多いです。日本人はふだんからヒールはいたりとかしてますけど、あんまりそういう人は多くない気がします。 林:私、バラエティー番組で河北さんを見て、対応の仕方が物おじせずハキハキしてて、今までの子とはなんか違うなと思ってましたけど、ニューヨーク生まれのニューヨーク育ちだと聞いて、なるほどなと思いました。大御所にもぜんぜん臆することなく。 河北:ラッキーでした。出川(哲朗)さんと初めてお会いしたときに、「私、本番以外では、テッちゃんって呼ぶ!」みたいなことを言った覚えがあって。今思えば「なんだ、この小娘」と思われてもおかしくないのに、出川さんは「おまえ、おもしろいな」みたいな感じで受け止めてくださって、出会いに恵まれました。 林:日本の芸能界ってどうでした? なじめました? 河北:なじめてるかどうかわからないですけど、でもまあ、何とかやれてます。「あの子はニューヨークにいたから」とか「帰国子女だから」とかいうのが、ある種バリアーとして働いてくれているというか、それに守られてる感じはしますね。 林:なるほど。英語の番組もやってるし、ニューヨーク帰りってなると、日本人は「ははッ、参りました」って感じになるから、ちょっと別枠になるんでしょうね。このあいだ、このページに美波さんという女優さんにゲストで出ていただいたんですけど、いま公開中の「MINAMATA」という映画で、ジョニー・デップと共演してるんです。 河北:え~っ、すごい! 林:彼女はお父さんがフランス人で、英語もできるので、奈良橋陽子さんにすすめられてオーディションを受けて、ジョニー・デップの相手役に決まったそうです。河北さんもニューヨークで育って、英語ペラペラなんだから、オーディションを受けてハリウッドに、という考えはあるんですか。 河北:オーディションは少しずつ受けさせていただいてます。英語を使っていろいろお仕事ができたらいいなと思ってますね。 林:日本の芸能界で英語をしゃべれる人って、大人になって勉強した方はわりといらっしゃるけど、ネイティブな人ってそんなにいませんよね。 河北:少ないかも、ですね。 林:河北さんは強力な武器を持ってるんですから、ぜひ世界に挑戦してほしいですよ。 河北:したいですね、チャンスがあれば。 林:美波さんがおっしゃってたのは、今、海外の映画はアジア人の需要がすごく多いって。有色人種を何パーセント出さなきゃいけない、みたいな決まりがあったりするみたいですね。だから河北さんみたいに、言葉の壁がない人にとってはすごいチャンスですよね。 河北:そうですね。私も頑張りたいです。 林:でも、海外のお仕事は何カ月も留守にしなきゃいけないから、ご主人、ちょっと寂しいかも。 河北:相談してみます、半分一緒に来てくれないかって(笑)。彼にもお仕事があるので、そう簡単にはいかないと思いますけど。 林:日本でもドラマや映画、ガンガンやっていくつもりですか。 河北:やりたいです。チャンスがあれば。 林:プライベートで奥さんになったし、演技の幅が広がっていろんな役ができそうな気がするけど。 河北:(事務所のスタッフに)そうおっしゃってますので、お願いします(笑)。 (構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木敏雄) 河北麻友子(かわきた・まゆこ)/1991年、アメリカ・ニューヨーク出身。オスカープロモーション所属。2003年、第9回全日本国民的美少女コンテストでグランプリ・マルチメディア賞W受賞。モデルや女優など、幅広く活躍。「世界の果てまでイッテQ!」「BeauTV~VOCE」などのテレビ番組、「河北麻友子のマユコレ!」などのラジオ番組のほか、太田胃散「太田胃散整腸薬」、ライオン「Ban」、青山商事「ザ・スーツカンパニー2021春夏レディス」などCM出演も多数。※週刊朝日  2021年10月22日号より抜粋

    週刊朝日

    10/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す