「トレード」に関する記事一覧

トレード期限迫る「動きそうな選手」は誰なのか 打力ある野手たちに“狙い”集中か
トレード期限迫る「動きそうな選手」は誰なのか 打力ある野手たちに“狙い”集中か

7月末のトレード期限が迫る中、各球団が最後の獲得調査に動き回っている。今季はリーグ全体で“投高打低”が顕著となっていることもあり、余剰戦力となっている打力のある野手を中心に“最後の動き”がありそうな気配もする。

dot.
〈2024年上半期ランキング スポーツ編7位〉大山、佐藤輝不振で、阪神に「緊急補強」の可能性 ささやかれる清宮幸太郎、安田尚憲の名前
今川秀悟 今川秀悟
〈2024年上半期ランキング スポーツ編7位〉大山、佐藤輝不振で、阪神に「緊急補強」の可能性 ささやかれる清宮幸太郎、安田尚憲の名前
早いもので、2024年も折り返しです。1月~6月にAERA dot.に掲載され、特に多く読まれた記事をジャンル別に、ランキング形式で紹介します。スポーツ関係の記事の7位は「大山、佐藤輝不振で、阪神に『緊急補強』の可能性 ささやかれる清宮幸太郎、安田尚憲の名前」でした(この記事は6月14日に掲載したものの再配信です。年齢や肩書などは当時のもの)。
清宮幸太郎安田尚憲阪神トレード2024年上半期ランキング
dot. 7/4
西武のエース高橋光成、貧打対策で「トレード要員」にも? 「メジャー挑戦」どころかファーム降格で崖っぷち
今川秀悟 今川秀悟
西武のエース高橋光成、貧打対策で「トレード要員」にも? 「メジャー挑戦」どころかファーム降格で崖っぷち
巨人の松原聖弥、西武の若林楽人の外野手同士の交換トレードが6月24日に両球団から発表された。西武を取材する民放テレビ関係者がトレード成立の背景を分析する。
西武高橋光成トレード
dot. 6/26
交流戦が終了、"動くチーム"は…トレードが「最もありそうな球団」は阪神? 狙う選手は誰か
dot.sports dot.sports
交流戦が終了、"動くチーム"は…トレードが「最もありそうな球団」は阪神? 狙う選手は誰か
シーズン開幕から約2カ月半が経ち、各チームに“穴”となるポジションが生まれつつある。今季は「飛ばなくなった」と言われるボールの影響もあり、想定外の苦しい戦いを余儀なくされている球団も多く、これから夏場へ向けてチーム力をアップすべくトレードを視野に入れているチームも少なくないだろう。
プロ野球トレード阪神
dot. 6/19
大山、佐藤輝不振で、阪神に「緊急補強」の可能性 ささやかれる清宮幸太郎、安田尚憲の名前
今川秀悟 今川秀悟
大山、佐藤輝不振で、阪神に「緊急補強」の可能性 ささやかれる清宮幸太郎、安田尚憲の名前
リーグ連覇を狙う阪神だが、主力選手が軒並み打撃不振という想定外の事態が起きている。
阪神トレード清宮幸太郎安田尚憲
dot. 6/14
巨人、中日はシーズン中に“禁断の動き” 勢力図に変化も「同一リーグの捕手トレード列伝」
久保田龍雄 久保田龍雄
巨人、中日はシーズン中に“禁断の動き” 勢力図に変化も「同一リーグの捕手トレード列伝」
同一リーグ内の捕手の移籍は、全投手の情報が流出することから“ヤバい”とよく言われるが、過去にはFA移籍も含めて、捕手が同一リーグのチームに移籍した例も少なくない。
プロ野球トレード捕手
dot. 6/2
トレードそろそろ起こる? 「狙い目になり得る4選手」 阪神には起用されず”もったいない男”
西尾典文 西尾典文
トレードそろそろ起こる? 「狙い目になり得る4選手」 阪神には起用されず”もったいない男”
開幕から約2カ月が経過した今年のプロ野球。セ・パ両リーグとも徐々に上位と下位の差が開きつつあるが、残り試合を考えるとまだまだ逆転が起こる可能性はあるだろう。優勝争い、クライマックスシリーズ(CS)進出争いにおいては、シーズン中に加入した選手が重要な役割を果たすケースもある。近年は外国人選手が苦戦することが多く、そうなると有効な戦力補強の手段としてはトレードとなり、水面下では既に動き出している球団もあるはずだ。そんな今シーズン途中の補強として狙い目の選手としては誰がいるのだろうか。(文中の成績はすべて5月30日終了時点)
プロ野球トレード
dot. 6/1
吉田正尚以上にトレード“あり得る選手”も メジャーで「今季移籍の可能性ある日本人」は
dot.sports dot.sports
吉田正尚以上にトレード“あり得る選手”も メジャーで「今季移籍の可能性ある日本人」は
今年の野球界の話題といえば、メジャー史上最高額の契約でドジャース入りした大谷翔平、同じく大型契約でドジャースと契約と結んだ山本由伸、そして日本時代以上の投球を見せ、現地でも話題となっているカブスの今永昇太など米国で活躍する日本人選手が中心となっている。(以下、文中の成績はすべて現地5月12日終了時点)
メジャーリーグトレード
dot. 5/13
清宮幸太郎、中村奨成もトレードささやかれる…伸び悩むドラ1選手たち
今川秀悟 今川秀悟
清宮幸太郎、中村奨成もトレードささやかれる…伸び悩むドラ1選手たち
昨年オフ、日本ハムの吉田輝星がオリックスにトレード移籍し話題になった。吉田は甲子園で「金農旋風」を巻き起こし、ドラフト1位で入団したスター選手。ファンの期待が大きかっただけに、トレードは賛否の議論を巻き起こした。同じようにドラフト上位で入団しながら伸び悩み、トレードがささやかれる選手たちがいる。
清宮幸太郎中村奨成トレード
dot. 5/5
NPB近年のトレード“勝ち組”は2球団 巨人、中日、日本ハムは積極的な動きも総合的に“戦力減”か
西尾典文 西尾典文
NPB近年のトレード“勝ち組”は2球団 巨人、中日、日本ハムは積極的な動きも総合的に“戦力減”か
レギュラーシーズンの開幕を間近に控えた3月11日、巨人の若林晃弘と日本ハムの郡拓也の交換トレードが両球団から発表された。昨年もシーズンが開幕した後に5件のトレードが成立しており、今年もこれから動く球団が出てくる可能性は高いだろう。そこで今回は近年トレードが成功している球団と、上手く機能していない球団を探ってみたいと思う。
プロ野球トレード
dot. 3/19
「生涯巨人」貫くはずが…突然放出の憂き目も 開幕前にファン驚かせた「電撃トレード列伝」
久保田龍雄 久保田龍雄
「生涯巨人」貫くはずが…突然放出の憂き目も 開幕前にファン驚かせた「電撃トレード列伝」
プロ野球のトレードは、シーズンオフの11月、12月に行われることが多いが、時にはシーズン開幕直前になって成立するものもある。ファンの記憶に残る開幕前の“駆け込みトレード”を振り返ってみよう。
プロ野球トレード
dot. 3/3
「トレードの狙い目」になり得る選手たち 所属球団で“余剰戦力”? 他球団から魅力的なのは
西尾典文 西尾典文
「トレードの狙い目」になり得る選手たち 所属球団で“余剰戦力”? 他球団から魅力的なのは
キャンプインまであと3週間を切り、各球団の補強もある程度落ち着いてきた印象を受ける。しかしキャンプ中に故障で長期離脱を余儀なくされる選手が出るなどすると、トレードで緊急補強というケースも当然出てくるだろう。そうなると狙い目となるのが、同じポジションに力のある選手が多く重なることによって生じる“余剰戦力”となっている選手だ。
プロ野球トレード
dot. 1/12
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
巨人は石川慎吾の他にも? 他球団なら飛躍の可能性、起用少なく“もったいない”セ&パの4選手
西尾典文 西尾典文
巨人は石川慎吾の他にも? 他球団なら飛躍の可能性、起用少なく“もったいない”セ&パの4選手
7月31日に今シーズンのトレード期間が終了したプロ野球。シーズン開幕後に移籍した宇佐見真吾、齋藤綱記(ともに日本ハム→中日)、郡司裕也、山本拓実(ともに中日→日本ハム)、石川慎吾(巨人→ロッテ)などは新天地で早速結果を残し、チームにとって貴重な戦力となっている。昨年オフに初めて行われた現役ドラフトでも大竹耕太郎(ソフトバンク→阪神)、細川成也(DeNA→中日)が大ブレイクし、移籍市場が活発化した印象だ。
トレード巨人プロ野球
dot. 8/2
トレードが大成功の予感も 今オフの補強で“大きな戦力”になりそうな雰囲気漂うのは
dot.sports dot.sports
トレードが大成功の予感も 今オフの補強で“大きな戦力”になりそうな雰囲気漂うのは
ともにトレード移籍となった江越大賀(阪神→日本ハム)、阿部寿樹(中日→楽天)。そして、中日に復帰した助っ人のアルモンテ、日本ハムとの契約報道があったアリエル・マルティネス(前中日)……。今オフの補強で“効果的”になりそうな雰囲気を漂わせているのが4選手だ。
トレードプロ野球
dot. 12/1
過去10年で「戦力外」→「戦力」になった男たち NPBで“選手再生”が際立つチームは
西尾典文 西尾典文
過去10年で「戦力外」→「戦力」になった男たち NPBで“選手再生”が際立つチームは
7月末でプロ野球のトレード期間は終了。7月に3件のトレードが成立したが、例年に比べると少なく、また昨年オフにFAで移籍した選手も又吉克樹(中日→ソフトバンク)の1人だけと、NPBの移籍市場は静かな動きに終始した印象だ。
トレードプロ野球巨人
dot. 8/12
「大谷以外」もエンゼルスにはトレード候補 今夏メジャーで移籍の可能性ある“大物”は
dot.sports dot.sports
「大谷以外」もエンゼルスにはトレード候補 今夏メジャーで移籍の可能性ある“大物”は
メジャーリーグでは今年も、シーズン途中に勢力図が大きく変わる可能性のあるトレード期限(今年は8月2日まで)が迫って来た。スーパースターが絡む超大型トレードが発生することも少なくないが今季はどうなるのか……。現地で報道されている情報などをもとに探ってみた。
エンゼルストレード大谷翔平
dot. 7/22
イチロー所属のマリナーズは“やらかし”を連発 MLB史に残る「大失敗トレード」がえぐい
dot.sports dot.sports
イチロー所属のマリナーズは“やらかし”を連発 MLB史に残る「大失敗トレード」がえぐい
近年は日本のプロ野球でもトレードが増えてきている印象を受けるが、海の向こうのメジャーリーグでは日本の比ではない件数のトレードが毎シーズン成立している。特にトレード期限(今年は8月2日まで)の直前には多くのチームの間でトレードが頻発する。
イチロートレードマリナーズ
dot. 7/16
「過去3年のトレード」を査定 新天地で“成功した選手”を多く獲得した球団は
西尾典文 西尾典文
「過去3年のトレード」を査定 新天地で“成功した選手”を多く獲得した球団は
トレードが可能な期間の終了まであと1カ月を切った今年のプロ野球。ここまでは動きがないが、優勝争い、CS進出争いに向けて、密かに補強を検討している球団も少なくないはずだ。そこで今回は2019年以降に成立した交換トレード、金銭トレードで見事に成功した例はどんなケースがあったのか、改めて振り返ってみたいと思う。またFAでの人的補償による移籍は今回対象外とした(今シーズンの成績は7月3日終了時点)。
トレードプロ野球
dot. 7/5
1 2
カテゴリから探す
ニュース
ネット民の「祭り」がKADOKAWAを追い詰めた 興味本位の行動で犯罪集団の思うツボに
ネット民の「祭り」がKADOKAWAを追い詰めた 興味本位の行動で犯罪集団の思うツボに
AERA 9時間前
教育
〈東大王3時間SPきょう〉ロザン宇治原が明かす 成績アップにつながった母親の一言
〈東大王3時間SPきょう〉ロザン宇治原が明かす 成績アップにつながった母親の一言
東大王
AERA with Kids+ 6時間前
エンタメ
〈科捜研の女第3話きょう〉バレンタインチョコ365個に割って毎日食べた 風間トオルの貧乏時代
〈科捜研の女第3話きょう〉バレンタインチョコ365個に割って毎日食べた 風間トオルの貧乏時代
科捜研の女season24
AERA 4時間前
スポーツ
“費用対効果”が順位に直結? プロ野球「高年俸選手」が活躍している球団、苦戦が目立つ球団
“費用対効果”が順位に直結? プロ野球「高年俸選手」が活躍している球団、苦戦が目立つ球団
プロ野球
dot. 8時間前
ヘルス
認知症の親を「訂正するのが優しさ」は勘違い 「ハッピーな最期を迎えるために」娘が選んだ言葉
認知症の親を「訂正するのが優しさ」は勘違い 「ハッピーな最期を迎えるために」娘が選んだ言葉
認知症
dot. 9時間前
ビジネス
〈きょうの料理レミ流しょうが焼き丼きょう放送〉平野レミ「家計簿はつけたことない」 銀座シャンソン歌手から料理への道
〈きょうの料理レミ流しょうが焼き丼きょう放送〉平野レミ「家計簿はつけたことない」 銀座シャンソン歌手から料理への道
平野レミ
AERA 4時間前