「介護」に関する記事一覧

「もう何年も2階に上がっていない」自宅は高齢者に安全? 転倒場所の6割が自宅というデータも

「もう何年も2階に上がっていない」自宅は高齢者に安全? 転倒場所の6割が自宅というデータも

高齢になった親にとって、自宅は安全な場所だろうか?東京消防庁の調べでは「65歳以上の高齢者の事故の約8割は転倒。転倒場所は6割近くが自宅」だそうだ。週刊朝日ムック『早めの住み替えを考える高齢者ホーム2023』では、高齢者が安全で快適に生活できる住宅に早めに住み替えることは、健康寿命を延ばすとしている。

dot.
高齢の親の実家の片付けはなぜ失敗する? プロが教える3つの注意点と13のNGワード

高齢の親の実家の片付けはなぜ失敗する? プロが教える3つの注意点と13のNGワード

親のためにも子どものためにも、いつかは必ず着手せねばならない実家の片付け。しかし考えなしに手をつけると、親と揉めたりトラブルが発生したりと、意外な落とし穴も多い。失敗しない実家の片付けとは。短期連載でお伝えする。(こちらの記事は「週刊朝日」2023年3月10日号から再編集したものです。)
老親と実家をどうする介護
週刊朝日 9/18
「俺はお客だぞ」在宅介護で介護職にパワハラ 利用者が権利主張 なぜ起きてしまう?

「俺はお客だぞ」在宅介護で介護職にパワハラ 利用者が権利主張 なぜ起きてしまう?

介護サービスの利用者からの要望が、ときにはエスカレートすることがあります。また、「サービスを受ける親の快適な生活のため」という目的を見失って、介護スタッフに不満や怒りをぶつけるケースも。とくに在宅介護ではこのような、利用者から介護スタッフに対する「パワハラ」が起きつつあるといいます。介護アドバイザーの髙口光子さんに現状をうかがいました。
介護パワハラ
dot. 9/17
親が年を取ったことに気づくべきタイミングとは? 「お母さん、しっかりしてよ!」は親の老化のサイン

親が年を取ったことに気づくべきタイミングとは? 「お母さん、しっかりしてよ!」は親の老化のサイン

自分が50代60代になっても『親はいつまでも元気で頼れる存在』という認識のままの人は多いのではないだろうか。50代60代は、自分の親の老いに直面し始める時期だ。親が頼んだ物を買い忘れたなど、うっかりしたミスをするようになったら、親が年を取っているサイン。「『お母さん、しっかりしてよ!』の言葉が出たら、認識を改めるきっかけにしてほしい」と介護アドバイザーの高口光子さんは話す。親に甘える立場ではなく、親をサポートする立場に認識を変えるには、どのようにすれば良いのだろうか?高口さんにくわしくお話をうかがった。
介護病気高齢者シニア老親と実家をどうする
dot. 9/16
親が入居した老人ホームの対応がひどい! 退去を考えてもいい4つのこととは? プロが指摘

親が入居した老人ホームの対応がひどい! 退去を考えてもいい4つのこととは? プロが指摘

老いた親が施設に入居してからも、事故や病気など、親の身辺にはいろいろなことが起こり得ます。子どもたちは施設からの連絡を受けて、そのたびに対処法を考えることになりますが、場合によっては施設側の対応に「あれ?」と疑問を感じることも。「こんなサインが続いたら、退去を考えて」と介護アドバイザーの髙口光子さんは言います。そのサインとは?
介護高齢者ホーム
dot. 8/11
高齢化によって「母娘問題」は長期化 団塊ジュニア世代の娘が弱ってきた母の介護に直面
中村千晶 中村千晶

高齢化によって「母娘問題」は長期化 団塊ジュニア世代の娘が弱ってきた母の介護に直面

子どもの頃、母と格闘した嵐のような日々。就職や結婚でそうした毎日から逃れた団塊ジュニアの女性たちが、弱ってきた老母の介護の問題に直面している。高齢化によって長期化している母娘問題。どうしたらいいのか。AERA 2023年7月31日号の記事を紹介する。
介護母娘問題うまくいかない母娘
AERA 7/30
弱ってきた老母を放っておけず23年ぶりに同居 80代と50代の「母娘」闘いの日々
中村千晶 中村千晶

弱ってきた老母を放っておけず23年ぶりに同居 80代と50代の「母娘」闘いの日々

子どもの頃から母との関係がうまくいかず、結婚や就職を機に距離を置いていた40代後半~50代の女性たちがいま、弱ってきた老母に呼び戻されている。女性たちは母にどのように向き合っているのか。AERA 2023年7月31日号の記事を紹介する。
介護母娘問題うまくいかない母娘
AERA 7/29
企業も勘違いしている「介護休業」 意外とハードルは低い?

企業も勘違いしている「介護休業」 意外とハードルは低い?

両親の介護は人生の中でも避けて通れないもののひとつ。だが、介護休業や介護休業給付金などの公的制度があるにもかかわらず、利用者は対象者の10%に満たない。その原因は、企業にも利用者にも「誤解」があるからだという。ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の井戸美枝氏が制度の正しい理解を解説する。(朝日新書『親の終活 夫婦の老活インフレに負けない「安心家計術」』から一部を抜粋、再編集)
介護書籍朝日新聞出版の本終活
dot. 5/31
平均580万円かかる親の介護 お金に困らないために知るべき3つの制度

平均580万円かかる親の介護 お金に困らないために知るべき3つの制度

両親を介護することになると、頭を悩まさせるのが介護費用。費用はだれがどれだけ負担するのか、両親の財産からはいくら出すのか、足りなくなったらその負担は誰がするのか。悩みは尽きない。ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の井戸美枝氏が介護にかかわる費用や負担の軽減策など解説した。(朝日新書『親の終活 夫婦の老活インフレに負けない「安心家計術」』から一部を抜粋、再編集)
介護書籍朝日新聞出版の本終活
dot. 5/30
老親の老人ホーム選びで「決められない」のはなぜ? 親が緊急搬送、退院が迫って子が考えるべきこと

老親の老人ホーム選びで「決められない」のはなぜ? 親が緊急搬送、退院が迫って子が考えるべきこと

親が病気やけがで病院に運ばれ、退院後の一人暮らしは無理といわれたときから、ばたばたと老人ホームなどの入居施設選びが始まるケースは多いようです。どの家族も施設のパンフレットを手に入れ、見学に訪れ、職員との面談を希望します。しかし、「その前にやっておいてほしいことがある」と介護アドバイザーの高口光子さんは言います。それがなければ施設選びは不可能だとも。どのようなことなのでしょうか。
介護病気病院
dot. 5/21
猫よりも犬の飼育がフレイル・介護予防に! 最新研究で「介護費抑制にも効果的」と判明

猫よりも犬の飼育がフレイル・介護予防に! 最新研究で「介護費抑制にも効果的」と判明

永遠に終わらない論争の一つに「犬派」対「猫派」がある。昨今の猫ブームにやや押されがちだが、実は犬派のほうが健康面では優位に立っていることが近年の研究で明らかになっている。犬を飼うことは、高齢者の介護・認知症予防にどのように効果的に働くのか。研究員に話を聞いた。
ペット介護病気
dot. 4/5
親のヘルパーの交代を要求してもいい? 介護職の自宅での働きに不満 プロの答えは

親のヘルパーの交代を要求してもいい? 介護職の自宅での働きに不満 プロの答えは

自宅での介護が始まると、ケアマネジャーやヘルパーなど、介護のプロとのつきあいが深くなっていきます。介護するあなたや家族が、あるいは介護を受けている親本人が、介護職の働きぶりについて疑問や不満を抱く事態も起きてきます。そんなとき、どのように対処すれば気持ちのよい介護生活を続けることができるのでしょうか。介護アドバイザーの高口光子さんにうかがいました。
介護
dot. 2/9
親の介護「いつまで、何のために?」と苦悩 長期化で「私の人生を犠牲にしていいの?」と疑問に

親の介護「いつまで、何のために?」と苦悩 長期化で「私の人生を犠牲にしていいの?」と疑問に

親の介護をしている、またはしたことがある人から、異口同音に聞かれるのは「自宅(在宅)での介護は大変!」というフレーズです。なぜ、大変と感じるのでしょうか。そこには、「介護をするあなたの、人生への疑問がある」と介護アドバイザーの高口光子さんは言います。介護と「人生への疑問」、いったいどんな関係があるのでしょうか。
介護
dot. 1/21
「俺はまだ元気だから他人の世話にはならない」老いた親からの抵抗 要介護認定を上手に勧めるコツは?

「俺はまだ元気だから他人の世話にはならない」老いた親からの抵抗 要介護認定を上手に勧めるコツは?

日常生活で親の行動に頼りなさが現れ始めたら、要介護認定の申請を考えるタイミングです。しかし、当の親は「まだ自分たちだけで大丈夫」「私もおとうさんもしっかりしているのに、なぜ申請するの?」などと言って、申請をしぶるケースも少なくありません。さらに、要支援・要介護認定されたのに、サービスを受けたがらないケースも。親の気持ちを尊重しながら上手に介護サービスを受けていくコツを、介護アドバイザーの高口光子氏に教えていただきました。
介護
dot. 12/30
50代記者の介護体験記「介護の司令塔ケアマネの支え」 救われたシンプルな一文

50代記者の介護体験記「介護の司令塔ケアマネの支え」 救われたシンプルな一文

老老介護の両親の生活に本格介入するも特養(特別養護老人ホーム)へ→体調悪化で退去→在宅介護再び→コロナにより母だけ施設入居……。これが前回まで。そして、とうとう父までまた施設に入れてしまった。その前後の葛藤をまとめる。
介護
週刊朝日 12/12
50代記者の介護体験記 「在宅か施設か」で悩み特養へ、罪悪感の果てに

50代記者の介護体験記 「在宅か施設か」で悩み特養へ、罪悪感の果てに

東京都内の実家で暮らす80代の認知症の両親を50代の娘が介護する本誌記者の体験記第2弾。実家で老老介護を続けてきた両親の生活に本格介入するまでのストーリーが前回。今回は両親を「施設」に入れる前と後の葛藤の日々をまとめる。
介護
週刊朝日 12/5
「要介護3と思っていたら要介護1」で起きる施設トラブル 親の要介護認定申請を考えるべきチェックリスト

「要介護3と思っていたら要介護1」で起きる施設トラブル 親の要介護認定申請を考えるべきチェックリスト

親が脳卒中で救急搬送され、命をとりとめてほっとしたのもつかの間、急性期病院からは1カ月程度で退院を告げられます。後遺症が残った、寝たきりになった状態の親に、「家では世話ができない」と、急いで介護施設を頼ろうとしても、要介護認定を受けていないとスムーズに事は運びません。なかには、認定をめぐってトラブルになるケースも。介護アドバイザーの高口光子氏は「親が元気なうちから、要介護認定の申請を考えてほしい」と話します。そこで、申請を考えるきっかけとなる親の行動の変化をいくつか挙げてもらいました。
介護
dot. 11/11
このまま自宅に住み続けていいの? 住み替えるなら「素敵な人」の近くで刺激し合うことが理想

このまま自宅に住み続けていいの? 住み替えるなら「素敵な人」の近くで刺激し合うことが理想

「高齢になっても、最後まで自分らしくアクティブに暮らしたい」。その思いを実現するためには、まず自宅・住環境を見直すこと、そしてリスクや不安が大きければ、思い切った住み替えが勧められます。好評発売中の週刊朝日ムック『早めの住み替えを考える高齢者ホーム2023』では、「このまま自宅に住み続けていいの?」と考える高齢者に向けて、充実した生活を送るための住まいについて解説しています。
介護病気高齢者ホーム
dot. 9/21
「もう何年も2階に上がっていない」自宅は高齢者には不便 転倒場所の6割が自宅というデータも

「もう何年も2階に上がっていない」自宅は高齢者には不便 転倒場所の6割が自宅というデータも

加齢に伴う心身の変化によって、住み慣れたわが家にはリスクや不便さが増えてくるといいます。好評発売中の週刊朝日ムック『早めの住み替えを考える高齢者ホーム2023』では、最後まで安全で快適な生活を送るために勧められる早めの住み替えについて解説しています。
介護病気高齢者ホーム
dot. 9/20
1 2 3

カテゴリから探す

ニュース

愛子さまが手づくり?愛犬「由莉」に「おにぎり柄」のバンダナ 絆の証のリンクコーデ

愛子さまが手づくり?愛犬「由莉」に「おにぎり柄」のバンダナ 絆の証のリンクコーデ

愛子さま
dot. 12時間前

教育

千葉港で頷いた「海の男の血」 評論より実践へ サントリーホールディングス・新浪剛史社長

千葉港で頷いた「海の男の血」 評論より実践へ サントリーホールディングス・新浪剛史社長

トップの源流
AERA 3時間前

エンタメ

指原莉乃MCの2番組打ち切り「司会者として落ち目なのか?」お笑い評論家の考察

指原莉乃MCの2番組打ち切り「司会者として落ち目なのか?」お笑い評論家の考察

指原莉乃
dot. 10時間前

スポーツ

苦しむ甲子園V投手も 大学・社会人に進んだ「高校生ドラフト候補」順調に成長しているのは

苦しむ甲子園V投手も 大学・社会人に進んだ「高校生ドラフト候補」順調に成長しているのは

ドラフト
dot. 4時間前

ヘルス

SNSが子どものメンタルヘルスに与える悪影響 2時間以上はうつ病のリスク高める 3万人調査

SNSが子どものメンタルヘルスに与える悪影響 2時間以上はうつ病のリスク高める 3万人調査

SNS
dot. 13時間前

ビジネス

女性社長の名前 12年連続「和子」が最多はなぜ? 背景に日本企業の深刻な事情も

女性社長の名前 12年連続「和子」が最多はなぜ? 背景に日本企業の深刻な事情も

女性社長
dot. 9/21