「ヤクルト」に関する記事一覧

ヤクルト、“優良助っ人”サンタナ&オスナと早期の契約延長 球団の判断に“賛辞の声”集まるワケ
ヤクルト、“優良助っ人”サンタナ&オスナと早期の契約延長 球団の判断に“賛辞の声”集まるワケ

6月21日、ヤクルトはドミンゴ・サンタナ、ホセ・オスナの2人との契約延長を発表した。近年はどの球団も好成績を収める野手助っ人の獲得に苦戦しており、今季も“優良ぶり”が目立つ2人を早い段階で囲い込んだ形だ。(以下、文中の成績は7月4日終了時点)

dot.
ヤクルト・村上のメジャー挑戦に黄信号 「筒香と重なる」と厳しい評価 「生涯日本で」と望む声も
今川秀悟 今川秀悟
ヤクルト・村上のメジャー挑戦に黄信号 「筒香と重なる」と厳しい評価 「生涯日本で」と望む声も
今シーズンのプロ野球は「投高打低」が顕著になっている中、日本を代表するスラッガーのヤクルト・村上宗隆も打率がなかなか上がってこない。70試合出場で打率.230、14本塁打、33打点(6月27日時点)。リーグトップの本塁打数はさすがだが、日本選手最多記録の56本塁打を放ち、「令和初の三冠王」に輝いた2年前と比べると物足りなさは否めない。
ヤクルト村上宗隆
dot. 6/28
古巣・西武だけなく中日、ヤクルトも候補か 辻発彦監督待望論、“育てて勝つ人物”として高評価
dot.sports dot.sports
古巣・西武だけなく中日、ヤクルトも候補か 辻発彦監督待望論、“育てて勝つ人物”として高評価
2022年シーズン終了後に西武の監督を退いた辻発彦氏が、再びNPB球団を指揮する日は近いのだろうか……。苦しむ古巣・西武のみでなく、これまでプレーしたチームなど“ゆかりのある球団”から声がかかる可能性が浮上しているという。
プロ野球監督西武中日ヤクルト
dot. 6/12
ヤクルトの優良助っ人コンビ「オスナ」と「サンタナ」に複数球団が争奪戦必至 巨人、阪神が参戦か
今川秀悟 今川秀悟
ヤクルトの優良助っ人コンビ「オスナ」と「サンタナ」に複数球団が争奪戦必至 巨人、阪神が参戦か
最下位からの巻き返しを狙うヤクルト。村上宗隆、長岡秀樹と共にチームを引っ張るのがホセ・オスナとドミンゴ・サンタナの助っ人コンビだ。
ヤクルトオスナサンタナ
dot. 6/4
ヤクルト高橋奎二 「このままではトレード要員」 WBC後は殻を突き破れず乱調続き
今川秀悟 今川秀悟
ヤクルト高橋奎二 「このままではトレード要員」 WBC後は殻を突き破れず乱調続き
借金8を抱え、最下位で交流戦に突入したヤクルト。大きな誤算はプロ9年目左腕・高橋奎二(27)の伸び悩みだ。
高橋奎二ヤクルト
dot. 5/28
ヤクルト奥川恭伸、プロ3年目以降は“ケガ続き”で苦戦 今季こそ“完全復活”できるのか
dot.sports dot.sports
ヤクルト奥川恭伸、プロ3年目以降は“ケガ続き”で苦戦 今季こそ“完全復活”できるのか
ヤクルト・奥川恭伸は完全復活できるのだろうか……。プロ入り2シーズン目となる2021年にはチームの日本一にも貢献した若き右腕の快投を、ヤクルトファンだけではなく、野球ファンたちが心待ちにしている。
奥川恭伸プロ野球ヤクルト
dot. 1/20
助っ人の苦戦目立つ中、ヤクルトだけは“別” サンタナ&オスナの優良ぶり 活躍の裏に感じる「燕愛」
助っ人の苦戦目立つ中、ヤクルトだけは“別” サンタナ&オスナの優良ぶり 活躍の裏に感じる「燕愛」
球団初のセ・リーグ3連覇を目指しながら、今シーズンは3年ぶりのBクラスとなる5位に沈んだヤクルト。両リーグワーストのチーム防御率3.66に終わった投手陣だけでなく、打線もリーグ5位のチーム打率.239と苦しんだが、そのバッター陣にあって気を吐いたのがドミンゴ・サンタナ(31歳)とホセ・オスナ(31歳)の両外国人である。
ヤクルト助っ人サンタナオスナ
dot. 12/26
西川遥輝はヤクルトで輝き取り戻せるか 成功のカギは“やる気”? 新天地との相性は
dot.sports dot.sports
西川遥輝はヤクルトで輝き取り戻せるか 成功のカギは“やる気”? 新天地との相性は
今オフに楽天から戦力外となった西川遥輝は、新天地・ヤクルトでかつての輝きを取り戻せるのだろうか……。球界屈指のスピードスターにとって2024年は選手生命をかけた1年になる。「もうひと花咲かせられるようにやっていけたら」と西川本人が入団会見で語ったように、再び日本ハム時代に見せていたようなパフォーマンスを披露したいところだ。
西川遥輝ヤクルト
dot. 12/21
青木宣親は将来的に「ヤクルト監督」に? 今オフは大減俸も、変わらぬ相思相愛の関係性
dot.sports dot.sports
青木宣親は将来的に「ヤクルト監督」に? 今オフは大減俸も、変わらぬ相思相愛の関係性
ヤクルト青木宣親は来季プロ21年目のシーズンを迎える。メジャーリーグでのプレーを挟んだとはいえ球団生え抜きとも言えるレジェンドには将来的に監督就任も期待されているという。
青木宣親ヤクルトヤクルトスワローズ
dot. 12/16
田口麗斗もヤクルトだからこそ飛躍? 主力FA選手の残留続く「ファミリー球団」の魅力
dot.sports dot.sports
田口麗斗もヤクルトだからこそ飛躍? 主力FA選手の残留続く「ファミリー球団」の魅力
ヤクルトは選手にとってなぜ“離れがたい”チームなのか。ここ数シーズンは多くの主力がフリーエージェント(FA)の権利を取得し、移籍の可能性が大きく報じられたケースもあったが、最終的に残留する選手が続いている。
ヤクルト田口麗斗ファミリー球団
dot. 11/30
ヤクルト山田哲人はこのままでは終わらない 打撃コーチが語る「不振の原因」と「復活の余地」
ヤクルト山田哲人はこのままでは終わらない 打撃コーチが語る「不振の原因」と「復活の余地」
セ・リーグ3連覇の夢破れ、Bクラスの5位に終わった今シーズンのヤクルト。2020年から指揮を執る髙津臣吾監督の下で2021年に日本シリーズ制覇、2022年はリーグ連覇を成し遂げ、今年も前評判は決して悪くなかった。
ヤクルト山田哲人
dot. 11/27
ヤクルト村上宗隆、さらなる成長のカギは? 米国では評価急落か 打撃以上に“気になる点”も
dot.sports dot.sports
ヤクルト村上宗隆、さらなる成長のカギは? 米国では評価急落か 打撃以上に“気になる点”も
ヤクルト・村上宗隆はこれからどのような成長曲線を描くのだろうか。今季は苦しんだ印象も受けるが来季以降のさらなる飛躍、そして将来的なメジャーでの成功のカギは……。
村上宗隆ヤクルトメジャーリーグ
dot. 10/23
巨人、ヤクルト、中日がドラフトで欲しいのは? 佐々木麟太郎は指名すべきか、2位以下の戦略は
西尾典文 西尾典文
巨人、ヤクルト、中日がドラフトで欲しいのは? 佐々木麟太郎は指名すべきか、2位以下の戦略は
今年のドラフト会議まであと1か月を切った。ここからスカウト会議の機会も増え、候補選手を絞り込んでいくことになるが、各球団が狙うべき選手をチーム事情などから探ってみたいと思う。今回はセ・リーグBクラスの3球団だ(9月28日終了時点)。
ドラフト巨人ヤクルト中日
dot. 10/1
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
ヤクルト、中日、西武、日本ハム 5位以下の低迷4チーム、来季に向けての“明るい光”は
西尾典文 西尾典文
ヤクルト、中日、西武、日本ハム 5位以下の低迷4チーム、来季に向けての“明るい光”は
セ・パ両リーグともペナントレースの優勝チームが決まり、残るレギュラーシーズンはAクラス争いが焦点となっている。セ・リーグ4位の巨人とパ・リーグ4位のロッテはまだAクラス入りの望みが残されているが、5位以下に沈む4チームはいわゆる“消化試合”に突入した感が強い。オフの動きも気になるところだが、来季に向けて明るい話題はあるのだろうか。
ヤクルト中日西武日本ハム
dot. 9/26
ヤクルトが来季“巻き返す”ためのカギ 苦しいシーズンの中で見えた「投打の光明」
ヤクルトが来季“巻き返す”ためのカギ 苦しいシーズンの中で見えた「投打の光明」
球団史上初のセ・リーグ3連覇を目指しながら、9月に入ってリーグ優勝、クライマックスシリーズ進出ともに可能性が消滅したヤクルト。現在は借金25を抱え、中日と5位を争う状況になっている。
ヤクルトプロ野球小澤怜史内山壮真
dot. 9/20
首位快走の阪神を支える野手も! 今季“良い意味”で予想を裏切っている選手たち
西尾典文 西尾典文
首位快走の阪神を支える野手も! 今季“良い意味”で予想を裏切っている選手たち
セ・リーグでは阪神、パ・リーグではオリックスが一歩抜け出し、いよいよペナントレースも最終盤を迎える時期となった。毎年のことではあるが、シーズン前の予想、目論見通りに進むことはなく、オフの補強が上手く機能していない球団も少なくない。しかしその一方で、開幕前の期待はそれほど大きくなかったものの、意外な活躍を見せている選手がいることも確かだ。6月のこのテーマの記事では関根大気(DeNA)、細川成也(中日)、頓宮裕真(オリックス)、西村天裕(ロッテ)の4人を紹介したが、今回はさらに追加で4人を取り上げる(成績は8月27日終了時点)。
プロ野球阪神ヤクルト
dot. 8/29
村上宗隆らと結んだ複数年契約が裏目に?  2連覇から低迷のヤクルト、“緩み”が苦戦の原因か
dot.sports dot.sports
村上宗隆らと結んだ複数年契約が裏目に? 2連覇から低迷のヤクルト、“緩み”が苦戦の原因か
ヤクルト低迷の原因に長期契約の弊害が指摘されている。セ・リーグ連覇を果たし黄金期突入とも思われたチームは「落とし穴」にハマってしまったようにも見える。
ヤクルト
dot. 8/26
まさかの低迷ヤクルト、高津監督の求心力も低下か “次期指揮官”として名前挙がるのは
dot.sports dot.sports
まさかの低迷ヤクルト、高津監督の求心力も低下か “次期指揮官”として名前挙がるのは
2年連続でセ・リーグを制覇(2021年は日本一)し、今季も優勝候補筆頭と言われていたヤクルト。しかし、もうすぐ夏も終わるというのに低空飛行から抜け出せず、3連覇は絶望的な状況となっている。
ヤクルトプロ野球
dot. 8/22
巨人は動くか、地元・広島入りも? 早くも去就注目、ヤクルト田口麗斗が“選びそうな”球団は
dot.sports dot.sports
巨人は動くか、地元・広島入りも? 早くも去就注目、ヤクルト田口麗斗が“選びそうな”球団は
今シーズン国内フリーエージェント(FA)の権利を取得したヤクルト・田口麗斗の去就が早くも注目されている。
ヤクルトFA田口麗斗
dot. 8/1
1 2 3
カテゴリから探す
ニュース
不同意性交容疑で逮捕のサッカー日本代表・佐野海舟…「天才」で「極度の人見知り」、酒で羽目を外す一面も
不同意性交容疑で逮捕のサッカー日本代表・佐野海舟…「天才」で「極度の人見知り」、酒で羽目を外す一面も
サッカー
dot. 2時間前
教育
「猫、猫を飼おう!」妻をつなぎとめた夫 フリーランスの生活を一緒に支えていく安心感
「猫、猫を飼おう!」妻をつなぎとめた夫 フリーランスの生活を一緒に支えていく安心感
はたらく夫婦カンケイ
AERA 5時間前
エンタメ
〈酒のツマミになる話きょう出演〉売れっ子デザイナーになった「篠原ともえ」 しっとりとしたビジュアルに若者からは「見とれる美しさ」と絶賛の声
〈酒のツマミになる話きょう出演〉売れっ子デザイナーになった「篠原ともえ」 しっとりとしたビジュアルに若者からは「見とれる美しさ」と絶賛の声
篠原ともえ
dot. 1時間前
スポーツ
他球団に移籍なら飛躍も? 巨大戦力ソフトバンクで埋もれる「もったいない3選手」
他球団に移籍なら飛躍も? 巨大戦力ソフトバンクで埋もれる「もったいない3選手」
プロ野球
dot. 5時間前
ヘルス
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉世界の5大長寿地域・沖縄の秘訣は塩分と糖分だった ライフスタイルが寿命を延ばす
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉世界の5大長寿地域・沖縄の秘訣は塩分と糖分だった ライフスタイルが寿命を延ばす
エイジング革命
dot. 14時間前
ビジネス