週刊朝日

定年「55歳」が当たり前だった時代も 「週刊朝日」が報じた騒乱と高度経済成長期
亀井洋志 亀井洋志
定年「55歳」が当たり前だった時代も 「週刊朝日」が報じた騒乱と高度経済成長期
「戦後」から脱却し、著しい経済成長を成し遂げた1960~70年代の日本。華やかなイメージの裏で、社会の抱える様々な矛盾も噴出した。「週刊朝日」の記事をひもとくと、激動の時代を熱く泥臭く生き抜いた人々の息遣いが聞こえてくる。
週刊朝日 5/27
不振のバウアー「どれだけ本気で修正を図れるか」 東尾修も注目
東尾修 東尾修
不振のバウアー「どれだけ本気で修正を図れるか」 東尾修も注目
西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修さんは、DeNAに入団したトレバー・バウアー投手の今後に注目する。
東尾修
週刊朝日 5/27
熟年離婚しないためには? AV界の巨匠・代々木忠「相手を思いやる『対人的感性』が必要不可欠」
熟年離婚しないためには? AV界の巨匠・代々木忠「相手を思いやる『対人的感性』が必要不可欠」
現代人の愛と性の悩みに回答する『人生を変えるセックス愛と性の相談室』(幻冬舎新書)が話題だ。著者は伝説のAV監督・代々木忠さん。心の奥まで写し撮るドキュメンタリーの手法でAVを撮り続け、長年、性と向き合ってきた。そんな“ヨヨチュー”の回答には、老後を変えるヒントも詰まっている。そこで、中年・熟年世代の「あるある」の悩みに回答してもらった。
週刊朝日 5/26
性暴力告発した五ノ井里奈の闘い「上の改善が必要。今でも自衛隊は好き」
性暴力告発した五ノ井里奈の闘い「上の改善が必要。今でも自衛隊は好き」
東日本大震災に遭い、被災者らを励ます自衛官に憧れた五ノ井里奈(ごのいりな)さん。自身も入隊を果たしたが、そこで絶望を味わう──。訓練中に起きた性暴力を五ノ井さんは告発し、組織との闘いの記録を『声をあげて』(小学館)にまとめた。
週刊朝日 5/26
サバイバルのはずがメイクばっちり、肌ツルツル…謎だらけの異世界ドラマ
カトリーヌあやこ カトリーヌあやこ
サバイバルのはずがメイクばっちり、肌ツルツル…謎だらけの異世界ドラマ
漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこさんが「ペンディングトレイン─8時23分、明日 君と」(TBS系金曜22:00~)をウォッチした。
カトリーヌあやこ
週刊朝日 5/26
【ペットばか】ホームセンターの里親募集で実現 2匹のヨーキーとの暮らし
【ペットばか】ホームセンターの里親募集で実現 2匹のヨーキーとの暮らし
ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、犬のライムちゃんです。
いぬ
週刊朝日 5/26
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
不動産業だけ一人勝ち? 下重暁子「神宮外苑の緑伐採、ぜひ再考を」
下重暁子 下重暁子
不動産業だけ一人勝ち? 下重暁子「神宮外苑の緑伐採、ぜひ再考を」
人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、「東京の変容」について。
下重暁子
週刊朝日 5/26
家族にのしかかる「親の延命」の判断 「多死社会」に必要な医療とは
家族にのしかかる「親の延命」の判断 「多死社会」に必要な医療とは
家族の延命治療をするか、しないか、について医師から迫られたとき、「そのまま逝かせてください」と決断できる人はどれくらいいるのだろう。記者の母(83歳・要介護5)は肺炎を機に入院したが、1カ月過ぎて「経口摂取不可」の判断が下され、「禁食」に。今後は何かしらの延命治療をするか、死を待つか判断を迫られた。家族に相談し、「もう少し生きていてほしい」という願いを本人に伝え、受け入れてもらえたが、本当に良かったのだろうか──。いつかくる、大切な人の「最終章」に備えよう。
週刊朝日 5/26
Aぇ! groupで一番天使なのは誰!?【全国ツアー“ゲームコーナー”超詳細ロングレポ】
大谷百合絵 大谷百合絵
Aぇ! groupで一番天使なのは誰!?【全国ツアー“ゲームコーナー”超詳細ロングレポ】
Aぇ! group初の全国ツアー「Aッ!!!!!!と驚き全国ツアー2023」が開催中だ。なかでも大いに会場を沸かせているのが、日ごとに内容が変わる“ゲームコーナー”。メンバー6人の卓越したお笑いスキルが凝縮した15分間の模様をお届けする。[取材は5月14日昼公演。以下、ネタバレあり]
Aぇ! groupAぇgroup佐野晶哉全ツ小島健末澤誠也正門良規福本大晴草間リチャード敬太
週刊朝日 5/25
伝説のAV監督が答えた「セックスレス解消法」 改善の絶対条件とは?
伝説のAV監督が答えた「セックスレス解消法」 改善の絶対条件とは?
「どうすれば恋愛できるの?」「セックスなしの人生は無意味?」などなど現代人の愛と性の悩みに、伝説のAV監督・代々木忠さんが回答する『人生を変えるセックス愛と性の相談室』(幻冬舎新書)が話題だ。心の奥まで写し撮るドキュメンタリーの手法でAVを撮り続け、長年、性と向き合ってきた“ヨヨチュー”の回答には、老後を変えるヒントも詰まっている。そこで、中年・熟年世代の「あるある」の悩みに回答してもらった。
週刊朝日 5/25
格差社会を生きる現代の若者へ 勇気を与える“幻だった名作”
格差社会を生きる現代の若者へ 勇気を与える“幻だった名作”
1951年から続いてきた「週刊朝日」の書評欄「週刊図書館」。本誌休刊を前に、執筆陣の方々が「次世代に遺したい一冊」を選出した。
読書
週刊朝日 5/25
伊東四朗が語る三谷幸喜への共感「喜劇には、感動も涙も啓蒙もいらない」【後編】
伊東四朗が語る三谷幸喜への共感「喜劇には、感動も涙も啓蒙もいらない」【後編】
佐藤B作さん率いる劇団・東京ヴォードヴィルショーの50周年公演に、伊東四朗さんが出演する。作品は三谷幸喜さんが31歳のときに書いた戯曲「その場しのぎの男たち」。10年ぶりの出演となるが、伊藤博文を演じる伊東さんが喜劇に込めた思いとは?
伊東四朗
週刊朝日 5/25
4 5 6 7 8
カテゴリから探す
ニュース
「2億円トイレと大阪万博の行方 『東京五輪』を繰り返さないで」東浩紀
「2億円トイレと大阪万博の行方 『東京五輪』を繰り返さないで」東浩紀
東浩紀
AERA 9時間前
教育
〈受験シーズン〉16歳で東大合格のAI研究者が語る アプリで翻訳できる時代に英語を学ぶべき3つの理由
〈受験シーズン〉16歳で東大合格のAI研究者が語る アプリで翻訳できる時代に英語を学ぶべき3つの理由
東大
dot. 9時間前
エンタメ
4度目の不倫報道でも「斉藤由貴」が絶対に“干されない”理由 すべての不倫を「生産的」にする格の違い〈突然ですが占ってもいいですか?きょう出演〉
4度目の不倫報道でも「斉藤由貴」が絶対に“干されない”理由 すべての不倫を「生産的」にする格の違い〈突然ですが占ってもいいですか?きょう出演〉
斉藤由貴
dot. 6時間前
スポーツ
中日、阪神など安泰なのは? 各球団の「クローザー事情」“新たな投手”抜擢が必要なチームも
中日、阪神など安泰なのは? 各球団の「クローザー事情」“新たな投手”抜擢が必要なチームも
プロ野球
dot. 9時間前
ヘルス
【ロボット手術】6つの機種の違いを徹底分析 ダビンチ以外も続々登場 適応を受けている領域一覧も掲載
【ロボット手術】6つの機種の違いを徹底分析 ダビンチ以外も続々登場 適応を受けている領域一覧も掲載
いい病院
dot. 10時間前
ビジネス
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均株価
dot. 2/25