週刊朝日

横尾忠則「猫は自らを殺すことで自らを生かすことを知らない」
横尾忠則 横尾忠則
横尾忠則「猫は自らを殺すことで自らを生かすことを知らない」
芸術家として国内外で活躍する横尾忠則さんの連載「シン・老人のナイショ話」。今回は、「猫」について。
横尾忠則
週刊朝日 5/27
大河ドラマ「光る君へ」に脚本家が不安のワケ「危険な企画だと思った」【後編】
大河ドラマ「光る君へ」に脚本家が不安のワケ「危険な企画だと思った」【後編】
大河ドラマ「功名が辻」(2006年)、「セカンドバージン」(10年)、「家売るオンナ」(16年)、「星降る夜に」(23年)など、数多くの人気ドラマの脚本を手がけてきた脚本家の大石静さん。6月22日から、宮藤官九郎さんとの共同作「離婚しようよ」がNetflixで配信されます。さらに、来年の大河ドラマ「光る君へ」の脚本を担当する大石さん。作家の林真理子さんが、まさにいま、執筆中である「光る君へ」の舞台裏に迫りました。
林真理子
週刊朝日 5/27
宮藤官九郎は「すごくコワかった」 大石静が“嘆願”した意外な内容【前編】
宮藤官九郎は「すごくコワかった」 大石静が“嘆願”した意外な内容【前編】
来年の大河「光る君へ」を担当する脚本家の大石静さん。最近では、クドカンこと宮藤官九郎さんとの共同作を手がけるなど、古希を迎えてなお話題作を生み出し続けています。作家の林真理子さんとの対談で、大石さんはクドカンとの制作秘話を明かしました。
林真理子
週刊朝日 5/27
定年「55歳」が当たり前だった時代も 「週刊朝日」が報じた騒乱と高度経済成長期
亀井洋志 亀井洋志
定年「55歳」が当たり前だった時代も 「週刊朝日」が報じた騒乱と高度経済成長期
「戦後」から脱却し、著しい経済成長を成し遂げた1960~70年代の日本。華やかなイメージの裏で、社会の抱える様々な矛盾も噴出した。「週刊朝日」の記事をひもとくと、激動の時代を熱く泥臭く生き抜いた人々の息遣いが聞こえてくる。
週刊朝日 5/27
不振のバウアー「どれだけ本気で修正を図れるか」 東尾修も注目
東尾修 東尾修
不振のバウアー「どれだけ本気で修正を図れるか」 東尾修も注目
西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修さんは、DeNAに入団したトレバー・バウアー投手の今後に注目する。
東尾修
週刊朝日 5/27
熟年離婚しないためには? AV界の巨匠・代々木忠「相手を思いやる『対人的感性』が必要不可欠」
熟年離婚しないためには? AV界の巨匠・代々木忠「相手を思いやる『対人的感性』が必要不可欠」
現代人の愛と性の悩みに回答する『人生を変えるセックス 愛と性の相談室』(幻冬舎新書)が話題だ。著者は伝説のAV監督・代々木忠さん。心の奥まで写し撮るドキュメンタリーの手法でAVを撮り続け、長年、性と向き合ってきた。そんな“ヨヨチュー”の回答には、老後を変えるヒントも詰まっている。そこで、中年・熟年世代の「あるある」の悩みに回答してもらった。
週刊朝日 5/26
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
性暴力告発した五ノ井里奈の闘い「上の改善が必要。今でも自衛隊は好き」
性暴力告発した五ノ井里奈の闘い「上の改善が必要。今でも自衛隊は好き」
東日本大震災に遭い、被災者らを励ます自衛官に憧れた五ノ井里奈(ごのいりな)さん。自身も入隊を果たしたが、そこで絶望を味わう──。訓練中に起きた性暴力を五ノ井さんは告発し、組織との闘いの記録を『声をあげて』(小学館)にまとめた。
週刊朝日 5/26
サバイバルのはずがメイクばっちり、肌ツルツル…謎だらけの異世界ドラマ
カトリーヌあやこ カトリーヌあやこ
サバイバルのはずがメイクばっちり、肌ツルツル…謎だらけの異世界ドラマ
漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこさんが「ペンディングトレイン─8時23分、明日 君と」(TBS系 金曜22:00~)をウォッチした。
カトリーヌあやこ
週刊朝日 5/26
【ペットばか】ホームセンターの里親募集で実現 2匹のヨーキーとの暮らし
【ペットばか】ホームセンターの里親募集で実現 2匹のヨーキーとの暮らし
ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、犬のライムちゃんです。
いぬ
週刊朝日 5/26
不動産業だけ一人勝ち? 下重暁子「神宮外苑の緑伐採、ぜひ再考を」
下重暁子 下重暁子
不動産業だけ一人勝ち? 下重暁子「神宮外苑の緑伐採、ぜひ再考を」
人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、「東京の変容」について。
下重暁子
週刊朝日 5/26
家族にのしかかる「親の延命」の判断 「多死社会」に必要な医療とは
家族にのしかかる「親の延命」の判断 「多死社会」に必要な医療とは
家族の延命治療をするか、しないか、について医師から迫られたとき、「そのまま逝かせてください」と決断できる人はどれくらいいるのだろう。記者の母(83歳・要介護5)は肺炎を機に入院したが、1カ月過ぎて「経口摂取不可」の判断が下され、「禁食」に。今後は何かしらの延命治療をするか、死を待つか判断を迫られた。家族に相談し、「もう少し生きていてほしい」という願いを本人に伝え、受け入れてもらえたが、本当に良かったのだろうか──。いつかくる、大切な人の「最終章」に備えよう。
週刊朝日 5/26
Aぇ! groupで一番天使なのは誰!?【全国ツアー“ゲームコーナー”超詳細ロングレポ】
大谷百合絵 大谷百合絵
Aぇ! groupで一番天使なのは誰!?【全国ツアー“ゲームコーナー”超詳細ロングレポ】
Aぇ! group初の全国ツアー「Aッ!!!!!!と驚き全国ツアー2023」が開催中だ。なかでも大いに会場を沸かせているのが、日ごとに内容が変わる“ゲームコーナー”。メンバー6人の卓越したお笑いスキルが凝縮した15分間の模様をお届けする。[取材は5月14日昼公演。以下、ネタバレあり]
Aぇ! groupAぇgroup佐野晶哉全ツ小島健末澤誠也正門良規福本大晴草間リチャード敬太
週刊朝日 5/25
5 6 7 8 9
カテゴリから探す
ニュース
〈見逃し配信〉交通安全「ピカチュウ」ワッペンを巡る大誤解 「転売続出」でも保護者が知っておくべきこと
〈見逃し配信〉交通安全「ピカチュウ」ワッペンを巡る大誤解 「転売続出」でも保護者が知っておくべきこと
ピカチュウ
dot. 4時間前
教育
夏休み、小学生が“英語漬け”で過ごすのにぴったりな「地方のインターナショナルスクール」とは?
夏休み、小学生が“英語漬け”で過ごすのにぴったりな「地方のインターナショナルスクール」とは?
英語教育
AERA with Kids+ 1時間前
エンタメ
かわいすぎる48歳「内田有紀」 29年前の「とんがりビキニ」から“恐ろしいほど変わらない”魅力
かわいすぎる48歳「内田有紀」 29年前の「とんがりビキニ」から“恐ろしいほど変わらない”魅力
内田有紀
dot. 1時間前
スポーツ
〈見逃し配信〉西武・松井監督の電撃休養、他球団に“連鎖”? 低迷なら今季中に“見切り”あり得る3球団
〈見逃し配信〉西武・松井監督の電撃休養、他球団に“連鎖”? 低迷なら今季中に“見切り”あり得る3球団
プロ野球
dot. 4時間前
ヘルス
【股関節の痛み】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は船橋整形外科病院、2位は玉川病院
【股関節の痛み】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は船橋整形外科病院、2位は玉川病院
いい病院
dot. 6/16
ビジネス
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉新NISA「まとまったお金=100万円あっても積立投資がベストか」40年検証でわかった良い選択肢
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉新NISA「まとまったお金=100万円あっても積立投資がベストか」40年検証でわかった良い選択肢
AERA Money
AERA 5時間前