「病気」に関する記事一覧

世界で続々報告 子どもの急性肝炎 原因不明で発症の75%が5歳以下

世界で続々報告 子どもの急性肝炎 原因不明で発症の75%が5歳以下

 原因不明の子どもの急性肝炎が世界各地から報告されている。原因についてはさまざまな調査が進んでいる。子どもは自分では体調の悪さを訴えにくいので、周囲の大人が子どもの様子に注意したい。AERA 2022

AERA

15時間前

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    「コロナと共存する社会の姿」 海外渡航した女医が目の当たりにした日米の違い

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「日米のコロナ対策の違い」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内

    dot.

    5/18

  • コロナ禍でも「脳動脈瘤」治療の手術数を増やした病院とは? 前年比142%の理由

    脳卒中の一つで発症すると致命的になる「くも膜下出血」は、脳動脈瘤(りゅう)とよばれる血管の瘤(こぶ)の破裂が原因となる。その破裂を予防したり、あるいは破裂した瘤の再破裂を防いだりするする治療が脳動脈瘤

    dot.

    5/17

  • 若林健史

    若林健史

    歯がしみる!「むし歯や歯周病はない」と言われたのに 歯科医院の見落とし? 歯科医の答えは

    歯科医院の定期検診で、「歯みがきはよくできていて、問題はありませんね」と言われたけれど、実は冷たいものを食べたりすると歯がしみる……。このような人はけっこういるのではないで

    dot.

    5/16

  • 「脳動脈瘤」9割超を開頭しないで治す 治療数ランキングで全国6位に躍進した病院

     脳卒中の一つで発症すると致命的になる「くも膜下出血」は、脳動脈瘤(りゅう)とよばれる血管の瘤(こぶ)の破裂が原因となる。その破裂を予防したり、あるいは破裂した瘤の再破裂を防いだりする治療が脳動脈治療

    dot.

    5/15

  • 最近注目の「がんゲノム医療」 100を超える遺伝子を解析し自分に効く薬が見つかる時代

     がんの3大療法の一つである薬物療法は、さまざまな新薬が登場し近年急速に進歩している。なかでも最近注目されているのが「がんゲノム医療」だ。好評発売中の週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』か

    dot.

    5/15

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    コロナ禍のがん治療 近畿大・大塚医師「ひとりで逝かせてしまった」という後悔

    新型コロナウイルスの流行が始まって2年以上が経ちました。その間も、がんになった患者への治療は行われており、いまも入院患者の面会制限は続いています。コロナ禍のがん治療について、近畿大学医学部皮膚科学教室

    dot.

    5/13

この人と一緒に考える

  • 「がん薬物療法」後悔しないために知っておきたいの3つの目的 根治以外は?

    がんの3大療法の一つである薬物療法は、さまざまな新薬が登場し近年急速に進歩している。しかし、がんを切り取って根治を目指す手術と違って、がん薬物療法の目的は複数ある。その目的を理解しないで治療を受けると

    dot.

    5/11

  • 子宮頸がんを切らずに治す放射線治療 治療患者数が多い全国トップ15病院

     がんの3大療法の一つである放射線治療は、その機器や技術の進歩によってさまざまながんに対象が広がっている。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、

    dot.

    5/10

  • サーフィンで全国大会出場の麻酔科医 工学系大学院→メーカー勤務から27歳で医師を目指した「覚悟」

    激務や多忙で知られる医師の仕事だが、近年は医師の「働き方改革」も推進され、ワーク・ライフ・バランスが重視されつつある。日の出とともに海へ行き、サーフィンで「心身をリセット」して日々の仕事に新たな気持ち

    dot.

    5/10

  • なぜトイレに行く回数は加齢で増えるのか? 旅行に行けない、夜中に起きて転倒リスクも

     60代以上の排尿に関する悩みのなかで、夜間頻尿は第1位、昼間の頻尿は第2位を占めている。旅行に行けない、眠りが浅いなど、QOL(生活の質)を左右する深刻な症状だ。なぜ加齢とともに頻尿が増えてくるのだ

    dot.

    5/10

  • 食道がんを食生活や声への影響少なく治せる放射線治療 治療患者数が多い全国トップ15病院

    がんの3大療法の一つである放射線治療は、その機器や技術の進歩によってさまざまながんに対象が広がっている。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病

    dot.

    5/9

  • 「遠隔ロボット手術」の実証実験の執刀医に聞いた課題と展望 30キロ離れた場所からでも可能?

    産学協同で研究開発された「遠隔ロボット手術」の実証実験が2021年5月、藤田医科大学で実施された。遠隔手術とはどのようなものか、実用化は可能なのか。好評発売中の週刊朝日ムック『いい病院2022』(朝日

    dot.

    5/9

この話題を考える

  • うつ病はいつの間にか「以前と違う状態に」 2週間以上続く症状に注意【チェックシート】

    うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の

    dot.

    5/9

  • 乳がんの再発を予防する放射線治療 治療患者数が多い全国トップ15病院

    がんの3大療法の一つである放射線治療は、その機器や技術の進歩によって治療成績が向上している。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回

    dot.

    5/8

  • 「社交不安症」人とかかわる場面で発汗や震え、吐き気も 人前で発言できずからかわれたきっかけで発症も

    うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。「社交不安症」「全般不安症」「パニック症」は、不安症に含まれます

    dot.

    5/7

  • 心臓病の手術数を増やした病院 コロナ禍でも前年比136%の理由とは?

    コロナ禍でも心臓病やがんなど、コロナ以外の病気に罹患する人はおり、手術を必要とする患者も多い。週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院2022」では、全国の病院に対して独自に調査を実施し、回答結果をもと

    dot.

    5/4

  • 100 人に約6人が経験する「うつ病」 「子どもは大人以上にストレスを感じている」精神科医が解説

     うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心

    dot.

    5/4

  • 肺がんを切らずに治す放射線治療 治療患者数が多い全国トップ15病院

    がんの3大療法の一つである放射線治療は、その機器や技術の進歩によって高精度照射が可能になっている。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から

    dot.

    5/4

1 2 3 4 5

カテゴリから探す