「がん」に関する記事一覧

【前立腺がん治療数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は神奈川県立がんセンター、2位は茨城県立中央病院
【前立腺がん治療数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は神奈川県立がんセンター、2位は茨城県立中央病院

前立腺がんは男性に最も多いがんで、罹患者数は増える傾向にあり、2030~34年には17万4410人に増えると予想されています(国立がん研究センターがん情報サービス「平成28年度科学研究費補助金基盤研究(B)〈一般〉日本人におけるがんの原因・寄与度:最新推計と将来予測」)。高齢者に多いですが、40代、50代の働き盛りの人に見つかることも少なくありません。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「前立腺がん治療」の全国ランキングをお届けします。

dot.
【がん薬物療法】免疫療法で医師「一部の人は本当に治ったというぐらい効く」 進むゲノム医療
【がん薬物療法】免疫療法で医師「一部の人は本当に治ったというぐらい効く」 進むゲノム医療
承認から早10年、「免疫チェックポイント阻害薬(免疫療法薬)」は、がん治療に欠かせない薬となった。2014年に悪性黒色腫に対して承認されたニボルマブを筆頭に、現在、ペムブロリズマブやアベルマブ、アテゾリズマブなど、8種類が日本で承認され、使えるがん種も広がっている。本記事は週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』に掲載した「がん薬物療法」の解説記事より、免疫チェックポイント阻害薬の基礎知識と注目のゲノム医療のコラムを、抜粋してお届けする。
いい病院がん薬物療法
dot. 3/15
【がん放射線治療】患者数が多い病院ランキング全国トップ20 高精度化が進み、手術と同等の治療成績も
【がん放射線治療】患者数が多い病院ランキング全国トップ20 高精度化が進み、手術と同等の治療成績も
放射線治療はこの約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段の一つになった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では「がん放射線治療」の総論とともに、高精度照射の「強度変調放射線治療(IMRT)」「体幹部定位放射線治療(SBRT)」の治療患者数が多い病院を紹介する。
いい病院放射線治療がん
dot. 3/8
がん治療医は47歳でがん患者になった 「特別なことでもない」 医師としての考え方に変化は?
がん治療医は47歳でがん患者になった 「特別なことでもない」 医師としての考え方に変化は?
腫瘍内科の医師は、多くの患者の治療にあたる、いわば「がん治療のプロフェッショナル」だ。相澤病院(長野県松本市)のがん集学治療センター化学療法科統括医長の中村将人医師(50歳)は、47歳で甲状腺がんを発症したが、「自分もいつかはがんになるかも」と思っていたこともあり、冷静に告知を受け止められたという。ただこれは、「医師だから特別――とは考えないでほしい」と訴える。
いい病院がん40代
dot. 3/6
がん闘病中の医療ジャーナリストが、2度がんになったがん治療医を取材 「経験は診療姿勢も変えた」
がん闘病中の医療ジャーナリストが、2度がんになったがん治療医を取材 「経験は診療姿勢も変えた」
「がん治療のプロフェッショナル」である腫瘍内科の医師も、がん患者になることがある。一般人と異なり、がんの専門知識を持ち、多くの患者の症例を知る彼らは、自身のがんをどう受け止めたのか。そして仕事の調整と治療、心境の変化について、経験を語る。本記事は、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』の特集「がん患者になったがん治療医と医療ジャーナリスト」より、前後編に分けてお届けする。
がん働き世代自営業
dot. 3/6
【Q&A】「親のがん治療」と「子どもの生活」はどちらも大切 仕事、遠距離、在宅介護、認知症
【Q&A】「親のがん治療」と「子どもの生活」はどちらも大切 仕事、遠距離、在宅介護、認知症
高齢の親のがん治療では、多かれ少なかれ、子どもの心身にも負担がかかるもの。忙しい毎日のなかで、自分自身の生活を大切にしながら、親のがん治療にどう向き合っていけばいいのでしょうか。具体的な6つの悩みに、専門家が答えます。本記事は、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』の特集「親ががんになったとき、子にできること」よりお届けします。全3回の3回目です。
いい病院がん親の介護
dot. 3/5
高齢の親の「がん」 子どもは親の不安にどう寄り添う? 通院と治療、お金、術後の生活
高齢の親の「がん」 子どもは親の不安にどう寄り添う? 通院と治療、お金、術後の生活
がん患者の7割以上が高齢者です(2016年、全国がん登録データ)。高齢の親ががんになったとき、親の状況によっては、入院や外来治療、手術、術後のリハビリなどで子どものサポートが必要になることも。残された時間を有意義に使うために治療をやめる、という選択をするケースも考えられます。子はどんな役割をどんなふうに担えばいいのでしょうか。専門家とともに考えました。本記事は、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』の特集「親ががんになったとき、子にできること」よりお届けします。全3回の2回目です。
いい病院がん親の介護
dot. 3/4
高齢の親に「がん」が見つかった! 子ができる三つの役割 治療の前に必ずやっておきたいこと
高齢の親に「がん」が見つかった! 子ができる三つの役割 治療の前に必ずやっておきたいこと
高齢の親を持つ身なら、いつ親から「がんになった」という連絡が入ってもおかしくありません。がん患者における高齢者の割合は実に73・8%にのぼります(2016年、全国がん登録データ)。親の状況によっては、病院選びや治療選択に子どものサポートが必要になることもあるでしょう。そのとき子はどんな役割をどんなふうに担えばいいのでしょうか。専門家とともに考えました。本記事は、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』の特集「親ががんになったとき、子にできること」よりお届けします。全3回の1回目です。
いい病院がん親の介護
dot. 3/3
がんになってもがんで亡くならない世界を目指して 医師に聞くがん免疫療法の「現在地と未来」
がんになってもがんで亡くならない世界を目指して 医師に聞くがん免疫療法の「現在地と未来」
日本人の死因第1位のがん。だが、治療は日進月歩で、完治しなくても長く生きられる時代になってきた。その一翼を担うがん免疫療法の「現在地と未来」について、がん研究会有明病院の北野滋久・先端医療開発科部長に聞いた。AERA 2024年2月12日号より。
がん免疫療法
AERA 2/8
「臨床試験」と「治験」は何が違う? 必ず効果が得られるとは限らない【医師が解説・がんキーワード】
「臨床試験」と「治験」は何が違う? 必ず効果が得られるとは限らない【医師が解説・がんキーワード】
がんと告知され、「頭が真っ白になって先生の話が入ってこない」「どうすればいいかわからない」と、混乱し不安を抱く人は多いでしょう。できるだけ冷静に、これから始まるがんの治療について考えるためには、自分がどのようながんで、どのぐらい進行しているか、どんな治療の選択肢があるかを正しく知ることが大切です。そのために、まず必要なのが、医師の話をしっかり理解すること。本企画では、がんと診断された人が知っておくと役に立つキーワードについて、医師に解説してもらいました。全4回の4回目です。
がん臨床試験
dot. 12/3
「内視鏡治療」と「腹腔鏡手術」は何が違う? 混同しやすいが別の治療法【医師が解説・がんキーワード】
「内視鏡治療」と「腹腔鏡手術」は何が違う? 混同しやすいが別の治療法【医師が解説・がんキーワード】
がんと告知され、「頭が真っ白になって先生の話が入ってこない」「どうすればいいかわからない」と、混乱し不安を抱く人は多いでしょう。できるだけ冷静に、これから始まるがんの治療について考えるためには、自分がどのようながんで、どのぐらい進行しているか、どんな治療の選択肢があるかを正しく知ることが大切です。そのために、まず必要なのが、医師の話をしっかり理解すること。本企画では、がんと診断された人が知っておくと役に立つキーワードについて、医師に解説してもらいました。全4回の3回目です。
がんロボット手術
dot. 11/26
医師が使う言葉「予後」ってどんな意味? 「生存率」以外にもさまざま【医師が解説・がんキーワード】
医師が使う言葉「予後」ってどんな意味? 「生存率」以外にもさまざま【医師が解説・がんキーワード】
がんと告知され、「頭が真っ白になって先生の話が入ってこない」「どうすればいいかわからない」と、混乱し不安を抱く人は多いでしょう。できるだけ冷静に、これから始まるがんの治療について考えるためには、自分がどのようながんで、どのぐらい進行しているか、どんな治療の選択肢があるかを正しく知ることが大切です。そのために、まず必要なのが、医師の話をしっかり理解すること。本企画では、がんと診断された人が知っておくと役に立つキーワードについて、医師に解説してもらいました。全4回の2回目です。
がん生存率
dot. 11/19
「標準治療」は並の治療ではない ボクシングなら現在のチャンピオン【医師が解説・がんキーワード】
「標準治療」は並の治療ではない ボクシングなら現在のチャンピオン【医師が解説・がんキーワード】
がんと告知され、「頭が真っ白になって先生の話が入ってこない」「どうすればいいかわからない」と、混乱し不安を抱く人は多いでしょう。できるだけ冷静に、これから始まるがんの治療について考えるためには、自分がどのようながんで、どのぐらい進行しているか、どんな治療の選択肢があるかを正しく知ることが大切です。そのために、まず必要なのが、医師の話をしっかり理解すること。本企画では、がんと診断された人が知っておくと役に立つキーワードについて、医師に解説してもらいました。全4回の1回目です。
がん標準治療
dot. 11/12
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
【病院ランキング】ロボット手術数9疾患全国トップ15 肺がん1位名古屋大、直腸がん1位県立静岡がんセンター
【病院ランキング】ロボット手術数9疾患全国トップ15 肺がん1位名古屋大、直腸がん1位県立静岡がんセンター
週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊21年目を迎えた2023年版では、2021年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、食道がん、肺がん、胃がん、直腸がん、腎がん、前立腺がん、膀胱がん、子宮体がん、心臓弁膜症のロボット手術数の全国ランキングをお届けします。
いい病院2023ロボット手術がん
dot. 11/4
【病院ランキング】食道がん内視鏡治療数全国トップ40病院 2位・がん研有明病院、1位は?
【病院ランキング】食道がん内視鏡治療数全国トップ40病院 2位・がん研有明病院、1位は?
食道がんは、飲酒・喫煙が主なリスク因子であり、男性に多いがんです。国立がん研究センターのサイト「がん情報サービス」のがん統計によると、食道がんの2019年の罹患者数は2万6382人。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊21年目を迎えた2023年版では、2021年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「食道がん内視鏡治療」の全国ランキングをお届けします。
いい病院2023がん病気病院食道がん
dot. 7/1
子宮頸がん予防HPVワクチンを「男の子」に推奨の動き 男性の接種費用補助の自治体広がる
子宮頸がん予防HPVワクチンを「男の子」に推奨の動き 男性の接種費用補助の自治体広がる
子宮頸がんの原因であるHPV(ヒトパピローマウイルス)感染を防ぐ最強の手段として、世界各国で進んでいるティーンエイジャーの女性へのHPVワクチンの接種。最近では女性のHPV感染を防ぐだけでなく、中咽頭がんや肛門がんなども予防できるとして、若い男性への接種も推奨されるようになり、接種費用を補助する自治体が出てきている。
HPVワクチンがん子宮頸がん
dot. 6/22
【病院ランキング】子宮・卵巣がん手術数全国トップ40病院 3位・兵庫県立がんセンター、2位・埼玉医大、1位は
【病院ランキング】子宮・卵巣がん手術数全国トップ40病院 3位・兵庫県立がんセンター、2位・埼玉医大、1位は
子宮頸がんは30代後半~40代に多く、子宮体がん、卵巣がんは50代に多く発症します。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊21年目を迎えた2023年版では、2021年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、子宮頸がん、体がん、卵巣がんを合計した「子宮・卵巣がん手術」の全国ランキングをお届けします。
いい病院2023がん卵巣がん子宮がん病気病院
dot. 6/16
【病院ランキング】前立腺がん治療数全国トップ40病院 2位・国がん東病院を抑えた1位の病院は?
【病院ランキング】前立腺がん治療数全国トップ40病院 2位・国がん東病院を抑えた1位の病院は?
男性で最も多いがんの前立腺がんは増える傾向にあり、2019年に前立腺がんと診断された人は9万4748人です。50代から急に増え始め、70代後半から80代にかけてが最も多くなっています。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊21年目を迎えた2023年版では、2021年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「前立腺がん治療」の全国ランキングをお届けします。
いい病院2023がん前立腺がん病気病院
dot. 6/10
胃がんと何が違う? 健診で「粘膜下腫瘍」と診断されることが多い「GIST」とは?
梶葉子 梶葉子
胃がんと何が違う? 健診で「粘膜下腫瘍」と診断されることが多い「GIST」とは?
がんの一種であるGIST(ジスト)は「消化管間質腫瘍」といわれるもので、胃に多く発生するが、胃がんとは異なる。GISTの治療方法は、手術と薬物治療が基本となる。患者数が少なく治療に慣れていない病院も多いため、確実な診断や治療には専門医のいる病院を受診することが望ましい。
がん病気病院胃がん
dot. 6/3
1 2 3 4 5
カテゴリから探す
ニュース
天皇陛下と皇后雅子さま、首相を乗せる「政府専用機」 仏料理メニューに「急な」運航依頼も…元機長がインドで「驚いた」出来事とは?
天皇陛下と皇后雅子さま、首相を乗せる「政府専用機」 仏料理メニューに「急な」運航依頼も…元機長がインドで「驚いた」出来事とは?
天皇陛下
dot. 1時間前
教育
“キャリアどころか働くだけで精一杯” 女性の非正規雇用が5割超え 賃金の低さ訴える声
“キャリアどころか働くだけで精一杯” 女性の非正規雇用が5割超え 賃金の低さ訴える声
AERA 1時間前
エンタメ
〈金曜ロードショー「キングダム」地上波初きょう〉満島真之介 3年間舞台出演なしは「覚悟」が持てなかったから?
〈金曜ロードショー「キングダム」地上波初きょう〉満島真之介 3年間舞台出演なしは「覚悟」が持てなかったから?
キングダム
週刊朝日 11時間前
スポーツ
記者も絶句、卑猥な「アスリート盗撮」は減るのか パリ五輪で「透けないユニホーム」も【撮影罪施行1年】
記者も絶句、卑猥な「アスリート盗撮」は減るのか パリ五輪で「透けないユニホーム」も【撮影罪施行1年】
盗撮
dot. 1時間前
ヘルス
老化は遺伝よりも食事、運動、生活習慣が影響 育った環境との関係を実験データで徹底解剖
老化は遺伝よりも食事、運動、生活習慣が影響 育った環境との関係を実験データで徹底解剖
エイジング革命
dot. 7/11
ビジネス
「300万円預金で宝くじ1万8千円分絶対もらえる」「普通預金0.25%」おいしい預金大集合
「300万円預金で宝くじ1万8千円分絶対もらえる」「普通預金0.25%」おいしい預金大集合
マネー 預金 宝くじ
AERA 21時間前