「終活」に関する記事一覧

若者ニーズで注目も 進化系エンディングノートは人生設計に役立つ

若者ニーズで注目も 進化系エンディングノートは人生設計に役立つ

 自分の身に万が一のことがあった時に備え、必要な情報を書き記しておく「エンディングノート」。高齢者だけでなく、若い世代にも関心が高まっている。まずは深刻にとらえず、情報を整理してみる。人生をより豊かに

週刊朝日

7/13

  • 【マンガ】「心に嵐がある」「宇宙のなかで完全なもの」認知症になった父の表現が文学的ですごい!

     イラストレーターのあさとひわさんが、レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)が話題です。なかでも

    dot.

    6/22

  • 「おひとりさま終活」を完全サポート! SNS安否確認、葬儀連絡、ペット搬送も

     高齢者の単身世帯の割合が増えている。そんな背景から、行政、NPO、保険会社などが「おひとりさま」の身じまいをサポートし始めていることをご存じだろうか。死後の事務手続き代行の現状について、現在発売中の

    dot.

    6/5

  • 写真家・山岸伸の「終活」 瞬間に見せる男の素顔を1000人撮ることを目指す

     写真家・山岸伸さんの作品展「瞬間の顔」が5月20日から東京・新宿のオリンパスギャラリー東京で開催される。山岸さんに聞いた。*  *  *「ぼく、71歳なんですけど」という言葉に軽いショックを受けた。

    dot.

    5/19

  • 「死後離婚」でハッピーのはずが…後戻りできずトラブルになる場合

     亡くなった配偶者の父母やきょうだいら親族との関係を断ち切るための「姻族関係終了届」。ワイドショーで繰り返し特集され、「死後離婚」の通称で一時は大きな注目を集めた。だが、後戻りできない同制度はトラブル

    週刊朝日

    4/3

  • 夫婦別々がベター? 「家じまい」注意点を専門家が指摘

     年を重ねれば誰もが考え始めるのが「家じまい」。大きな家を売ってマンションを終のすみかにした人、子どもに自宅を譲り、高齢者ホームに移る人、家を売ろうとしたけど、最後まで自宅となった人も…

    週刊朝日

    4/2

  • 「家は私の人生そのもの」ピーター改め池畑慎之助68歳が葉山の一軒家を手放した理由

     年齢を重ねれば誰もが考える「家じまい」。ただ、終のすみかを考える前に、「家とは」を問う必要もある。「家が生きがい」という池畑慎之介さん(ピーター)に話を聞いた。*   

    週刊朝日

    4/2

この人と一緒に考える

  • 家じまいを決めた人々「バラ色な場所は自分次第」「年でできなくなる」

     大好きなわが家に、死ぬまでずっといたい──。こう思うのは自然なことだ。でも子どもたちの負担にはなりたくないし、自由に生きたいからと「家じまい」をし、高齢者施設に入居する人たちがいる。自分自身で施設を

    週刊朝日

    4/1

  • 中尾彬はマフラー200本処分 芸能人の「家じまい」体験記

    「年をとったら無駄なものが見えてくる。人間には整理しなきゃいけないときがやってくるんだよ」 こう話すのは、俳優の中尾彬さん(78)。妻で女優の池波志乃さん(66)と「終活夫婦」として知られる。公正証書

    週刊朝日

    4/1

  • 遺されたペットは? PCは? 家財整理は? エンディングノートに書き出して己を見つめる

    「終活」という言葉が生まれてから10年あまり。終活をテーマにした書籍の発行やセミナーの開催などが頻繁にみられるようになり、今日の超高齢社会に定着した感がある。 現在発売中の週刊朝日MOOK『定年後から

    dot.

    3/17

  • もし「余命半年」と言われたら? 最期を考える「もしバナゲーム」とは

     人生の最期を迎えるにあたって、夫婦や親子、きょうだい、家族であっても相手が大切にしている価値観や譲れないこと、気がかりなことを知っているとは限らない。「日常で言葉のかけらを拾い集める」といっても、な

    週刊朝日

    3/8

  • 「逝き方」を自己プロデュース 最期を語らう「人生会議」で理想の終活

     新型コロナウイルス感染拡大によって、限りある命の大切さを改めて意識した方も多いのではないか。こんなときだからこそ、人生の最期の時期についての思いを聞き、かなえるためのプロセス「人生会議」について考え

    週刊朝日

    3/7

  • 銀行も注力する「遺言信託」 トラブル増加で注意喚起も

     終活ブームで信託銀行などがこぞって力を入れる「遺言信託」。「銀行に任せれば安心」と考えて、安易に飛びつかないほうがいい。よく確認しないまま利用すると思わぬ費用がかかったり、かえって損をしたりするケー

    週刊朝日

    1/30

この話題を考える

  • 不正見破るのはムリ? 認知症につけ込んだ「遺言トラブル」

     最近10年で作成件数が約4割増えた公正証書遺言をめぐり、問題を指摘する声が上がっている。遺言する側が認知症の場合だ。子どもの一人が、親の判断能力の衰えにつけ込んで自分に有利なように遺言を書かせ、遺産

    週刊朝日

    1/30

  • 「マイレージも相続できるんですよ」 森永卓郎が資産情報をすべて妻と共有する理由

     スマートフォンやパソコンに保管した情報を、自分の死後、家族にどう残すか準備しているだろうか。デジタル機器のロックを解除できずに困る遺族も増えている。「デジタル終活」に取り組んだ森永卓郎さんに経験を聞

    週刊朝日

    1/11

  • 故人のスマホロック解除に50万円 遺族のために「デジタル終活」のすすめ

     シニア世代の人は、スマートフォンやパソコンに保管した情報を家族にどう残すか準備しているだろうか。総務省によると80歳以上でもインターネット利用率が57%に達する一方で、デジタル機器のロックを解除でき

    週刊朝日

    1/10

  • 増える「自分じまい」介護、身元保証、看取り、お墓…「終活」支援サービス活況で

     人生100年時代の最後は誰しも「おひとりさま」になる可能性は高い。独身の人だけでなく、夫や妻と離婚、死別したり……。家族がいても頼れる人はやがて少なくなる。最近は終活を支

    週刊朝日

    12/30

  • 「嫁として認めてない」 夫の死後、義姉妹に家を追い出された65歳女性… 必要な生前整理とは

     人生で最も費用対効果が高い節約術は、「生前整理」かもしれない。生前整理とは、生きているうちに自分の死や老いに備え、不用品を整理したり、資産状況などを把握し、自分の意志がハッキリしているうちに、大切な

    dot.

    10/6

  • 「孫もいないのにやる必要ない」と生前整理を嫌がる姑 納得させた嫁の“一言”とは

     人生で最も費用対効果が高い節約術は、「生前整理」かもしれない。生前整理とは、生きているうちに自分の死や老いに備え、不用品を整理したり、資産状況などを把握し、自分の意志がハッキリしているうちに、大切な

    dot.

    8/23

1 2 3 4 5

カテゴリから探す