小長光哲郎

小長光哲郎

プロフィール

ライター/AERA編集部
1966年、福岡県北九州市生まれ。月刊誌などの編集者を経て、2019年よりAERA編集部

小長光哲郎の記事一覧

ため息でハラスメント扱い「フキハラ」は行き過ぎ? 次々と生まれる「○○ハラ」に「暴走」の懸念も
ため息でハラスメント扱い「フキハラ」は行き過ぎ? 次々と生まれる「○○ハラ」に「暴走」の懸念も
表情や態度によって相手に精神的苦痛を与える「不機嫌ハラスメント」。代表的なものが不機嫌からくるため息で、ハラスメントにあたるという。「フキハラ」の背景には何があるのか。AERA 2024年7月8日号より。
AERA 7/5
「ため息」一つでもハラスメント 不機嫌をまき散らす「フキハラ」セーフとNG境界線は
「ため息」一つでもハラスメント 不機嫌をまき散らす「フキハラ」セーフとNG境界線は
直接的な言葉ではなく、表情や態度によって相手に精神的苦痛を与える「不機嫌ハラスメント」。やられた側が受けるダメージは想像以上に大きいという。やる側にならないために注意すべきことは何か。AERA 2024年7月8日号より。
AERA 7/4
〈2024年上半期ランキング 社会編8位〉「。」に威圧感や怒りの感情を読み取る若者 背景にタイパ重視世代の“気遣いと正義”
〈2024年上半期ランキング 社会編8位〉「。」に威圧感や怒りの感情を読み取る若者 背景にタイパ重視世代の“気遣いと正義”
早いもので、2024年も折り返しです。1月~6月にAERA dot.に掲載され、特に多く読まれた記事をジャンル別に、ランキング形式で紹介します。社会関係の記事の8位は「『。』に威圧感や怒りの感情を読み取る若者 背景にタイパ重視世代の“気遣いと正義”」でした(この記事は1月21日に掲載したものの再配信です。年齢や肩書などは当時のもの)。
2024年上半期ランキング
AERA 7/3
AI時代で増える「ニュースのような」情報 拡散する前に読者がすべきことは
AI時代で増える「ニュースのような」情報 拡散する前に読者がすべきことは
米国のアップルは6月10日、生成AIをiPhoneなどの幅広い製品に組み込む方針を打ち出した。より私たちの生活に身近なものになる生成AIだが、どう付き合えばいいのか。九州大学の成原慧准教授に聞いた。AERA 2024年6月24日号より。
メディアの生存戦略
AERA 6/24
AI時代にあふれるニュース 正しい接し方、あなたはできてる? 「AIにも人間にも批判的な目を持つこと」が前提に
AI時代にあふれるニュース 正しい接し方、あなたはできてる? 「AIにも人間にも批判的な目を持つこと」が前提に
私たちの生活に急速に浸透しつつある生成AI(人工知能)。その波はウェブメディアの 現場にも及びつつある。効率化を求めてメディアがAIとの結びつきを強める中、私たち読者はどんな姿勢で情報と向き合えばいいのだろうか。AERA 2024年6月24日号より。
メディアの生存戦略
AERA 6/23
優秀だけど“おっちょこちょい” メディアにも広がるAIの波 「虚偽情報の生成」の課題も
優秀だけど“おっちょこちょい” メディアにも広がるAIの波 「虚偽情報の生成」の課題も
生成AIを導入し、業務を効率化する動きがメディアの現場でも広がっている。記事の編集のほかにも使い道はさまざま。もはや欠かせない存在になりつつあるAIの活用法とは。AERA 2024年6月24日号より。
メディアの生存戦略
AERA 6/22
「別学か共学か」 公立高校の男女共学化問題でジェンダー教育はどうなる
「別学か共学か」 公立高校の男女共学化問題でジェンダー教育はどうなる
公立高校を男女共学にすべきか否か──。長年にわたって繰り返されてきた議論が、 いま再び活発化している。どんな視点から向き合うべきなのか。教育史研究者の友野清文さんと、 教育現場に精通するジャーナリストのおおたとしまささんに議論してもらった。AERA 2024年6月17日号より。
時代を語る
AERA 6/15
“突破型の蓮舫氏vs劇場型の小池氏”国政に影響も与える一戦 俄然面白くなった都知事選の軍配は?
“突破型の蓮舫氏vs劇場型の小池氏”国政に影響も与える一戦 俄然面白くなった都知事選の軍配は?
「『自民党返り』をしている小池さんでは改革はできない」。そう言って行政改革の旗手・蓮舫氏が東京の顔に名乗りを上げた。次期衆院選の代理戦争と位置づけられる都知事選。都民はどちらを選ぶのか。AERA 2024年6月10日号より。
AERA 6/4
「結婚に恋愛は必ずしも必要ない」 牛窪恵さんが提案、信頼を軸にする「共創結婚」とは
「結婚に恋愛は必ずしも必要ない」 牛窪恵さんが提案、信頼を軸にする「共創結婚」とは
大人世代にとって「結婚には恋愛が必須」という考え方は根強いが、もはや時代にそぐわなくなっているという。どういうことなのか。世代・トレンド評論家の牛窪恵さんに聞いた。AERA 2024年5月27日号より。
脱「結婚」のリアル
AERA 5/25
選択的夫婦別姓も同性婚の法制化も進まない 「結婚」という社会制度は「そろそろ時代に合わなくなってきている」
選択的夫婦別姓も同性婚の法制化も進まない 「結婚」という社会制度は「そろそろ時代に合わなくなってきている」
選択的夫婦別姓制度は導入されず、同性婚も法制化されていない日本の「結婚」。旧態依然とした「結婚」に背を向けて、新しい関係性を模索する動きも出ている。AERA 2024年5月27日号より。
脱「結婚」のリアル
AERA 5/24
1 2 3 4 5
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
カテゴリから探す
ニュース
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
石丸伸二
dot. 17時間前
教育
〈きょうの料理京料理人・高橋拓児さん出演〉しらたきを入れても肉は硬くならない? 料理の“常識”を調べてみると…
〈きょうの料理京料理人・高橋拓児さん出演〉しらたきを入れても肉は硬くならない? 料理の“常識”を調べてみると…
グルメ
AERA 4時間前
エンタメ
〈上田と女が吠える夜きょう出演〉全盛期のベッキーを彷彿!? 井上咲楽が「バラエティー新女王」になる日
〈上田と女が吠える夜きょう出演〉全盛期のベッキーを彷彿!? 井上咲楽が「バラエティー新女王」になる日
井上咲楽
dot. 4時間前
スポーツ
プロ野球「中継ぎの負担」多いのは? 逆に起用の巧みさ目立つ球団も 後半戦に影響しそうな“疲れ”
プロ野球「中継ぎの負担」多いのは? 逆に起用の巧みさ目立つ球団も 後半戦に影響しそうな“疲れ”
プロ野球
dot. 7時間前
ヘルス
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリオリンピック
dot. 18時間前
ビジネス
〈7月24日は土用の丑の日〉なぜガス会社がウナギを育てるのか? 新規事業で養殖事業に乗り出す理由 
〈7月24日は土用の丑の日〉なぜガス会社がウナギを育てるのか? 新規事業で養殖事業に乗り出す理由 
ウナギ
dot. 16時間前