「病気」に関する記事一覧

尾崎治夫・東京都医師会長×長尾和宏医師 在宅での最期をかなえるために必要なこととは?

尾崎治夫・東京都医師会長×長尾和宏医師 在宅での最期をかなえるために必要なこととは?

 医師が患者の自宅に訪問診療をする「在宅医療」。コロナにより、そのニーズが高まっている。好評発売中の週刊朝日ムック『さいごまで自宅で診てくれるいいお医者さん2022年版 コロナで注目!在宅医療ガイド』

dot.

8時間前

  • 人口の7割接種完了でも「国産ワクチン」が必要な理由は? 大学がリードする開発の最前線

     ファイザー、ビオンテック、モデルナ、アストラゼネカ……日本で使われている新型コロナワクチンはすべて外国企業が開発したものだ。10月26日時点で日本の人口の70.1%が2回

    dot.

    9時間前

  • 胃の痛み、胃もたれを感じるのに検査で「異常なし」の人が増加 医師が疑う病名は?

     胃の痛みや胃もたれを感じるのに検査は「異常なし」……近年、こうした悩みを抱える患者が増えている。いったい何が原因なのか。まだあまり知られていない「機能性ディスペプシア」は

    dot.

    10/24

  • コロナとインフル、症状から「見分けがつかない」と専門家 同時流行すれば医療崩壊の恐れ

     インフルエンザの流行がほとんどみられなかった昨シーズンとは打って変わって、今シーズンは大きな流行になる可能性が指摘されている。新型コロナウイルス感染症と同時流行した場合、どうなるのか。ワクチン接種の

    dot.

    10/22

  • うつ病、不安症になってない? 精神科医が教える「心の疲れ」6つのチェックポイント

     新型コロナウイルスの流行によって社会が大きく変化し、職場や家庭環境が大きく変わった方も多いでしょう。変化は心に負担をかけるため、自分では気づかなくても、心に疲れがたまっている人もいるのではないでしょ

    セルフドクター

    10/20

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    「インフルエンザ予防接種、受けたほうがいい?」女医の回答とコロナのピークとの関係性

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「今年のインフルエンザ流行予測とコロナの関係」について、NPO法人医療

    dot.

    10/20

  • 目からうろこ!ワコールの教えが形成外科医の常識を変えた 乳がん患者の「乳房再建手術」が画期的に進化

     女性のがんでもっとも多い乳がん。女性がん患者の約5人に1人が乳がんを患っている。実は筆者の妻もその1人で、近々、乳房全体を取り去る手術を行う予定だ。女性にとって乳房を失うことは精神的にも、生活の質(

    dot.

    10/18

この人と一緒に考える

  • 若林健史

    若林健史

    部分入れ歯にしたら、隣の歯がグラグラしてきた! これって医療ミス?

     歯を失ったときの治療手段となる入れ歯。自分の歯が残っていればそこにバネをかけ、「部分入れ歯」にすることができます。ところが、使用している人から、「バネをかけた歯がグラグラになってきた」という声が&h

    dot.

    10/18

  • 胃酸が逆流して胸焼けを起こす人が増加 粘膜が炎症を繰り返すと「がん」になる恐れも

     胃酸が胃から食道に逆流し、胸焼けなどの不快な症状を起こす胃食道逆流症は、近年患者数が増加している。症状がひどくなると生活に支障が出たり、炎症部分にがんが発症したりすることもあるため、早めの治療が大切

    dot.

    10/15

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説

     手足の指の先にある爪。この爪にも病気が発生することがあります。爪に黒色の線がある場合、悪性黒色腫というがんの可能性があります。爪の症状から考えられる病気について、近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の

    dot.

    10/15

  • 教育プログラム「勇者の旅」で子どもが不安の対処法を学ぶ 100校以上の小中学校が導入

     日々の暮らしの中でおとなだけでなく子どもたちもさまざまな不安を感じている。そんな不安と上手につきあっていけるように、うつ病や不安症などの治療に使われる「認知行動療法」を小・中学校の教育現場に導入する

    dot.

    10/10

  • 「おとなしい良い子」は不安を感じやすい? 学校現場に広がる「子どもの不安」軽減プログラム

     日常生活で過剰なストレスを感じ、不安を抱える子どもが増えている。「勇者の旅」という不安軽減のための学校教育プログラムを考案した千葉大学子どものこころの発達教育研究センター特任講師の浦尾悠子さんに、子

    dot.

    10/10

  • 胃が痛い、もたれる、食欲減退…胃の不調で近年増えている二つの病気とは?

     胃が痛い、もたれる、などの症状は日常的によく経験するもの。たいしたことないと放置しがちだが、重大な病気につながる可能性もある。症状が長引いたり生活に支障が出たりする場合には、医療機関の受診も大切だ。

    dot.

    10/9

この人と一緒に考える

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    インフルエンザ予防接種開始 打つか、打たないか、今年の流行の兆しは?

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「今年のインフルエンザ予防接種」について、NPO法人医療ガバナンス研究

    dot.

    10/6

  • 眠っている間に呼吸が止まる! 肥満や生活習慣病を予防する以外の治療法を医師が解説

     睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に呼吸が止まることをくり返す病気だ。潜在患者数は400万~500万人。この病気の怖さは眠気やいびきだけでなく、高血圧や心臓病など、さまざまな病気につなが

    dot.

    10/4

  • 人工透析を受けられず生命の危機に! 医師も慌てたコロナでベッド満床で入院できない事態

     コロナの第5波では、入院ができずに自宅療養となる患者があふれ、医療は逼迫した。こうした中、感染した人工透析患者がすぐに入院できないケースが多発した。透析患者はコロナにかかると重症化しやすい。一方で、

    dot.

    10/3

  • 安倍前首相がイメージを変えた「難病患者」の就労 一方で就活生患者が「相談窓口すらない」と苦しむ理由

     潰瘍性大腸炎をはじめ、パーキンソン病、全身性エリテマトーデス(膠原病)など、難病患者は年々増え続け、指定難病患者の数は約95万人を数える。医療の進歩によって、治療を続けながら働く難病患者も増えてきて

    dot.

    10/3

  • コロナ重症化  なぜ慢性腎臓病患者はリスクが高いのか?専門医の答えは

     厚生労働省が新型コロナウイルス患者32万2007人を対象に、コロナの重症化リスクと死亡率の関係を調べた調査で、最も高かったのは「慢性腎臓病(CKD)」であることがわかった。慢性腎臓病は国民の約10人

    dot.

    10/2

  • 眞子さまが診断された「複雑性PTSD」 持続的に受けたひどいトラウマ体験が引き金になる

     宮内庁は1日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)が、複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されていたことを明らかにした。PTSDのなかでも「複雑性PTSD」は、持続的に受けたトラウマ体験が引き金

    dot.

    10/1

1 2 3 4 5

カテゴリから探す