「写真集」に関する記事一覧

「赤道」直下の国々ばかりを撮り続ける写真家・小澤太一 危険な目にあっても撮影をやめないワケ

「赤道」直下の国々ばかりを撮り続ける写真家・小澤太一 危険な目にあっても撮影をやめないワケ

*   *   * 突然ですが、問題です! 赤道が陸上を通過している国は全部でいくつあるでしょう? 答えは11カ国。インドネシア、ウガンダ、エクアドル、ガボン、ケニア、コロンビア、コンゴ共和国、コンゴ

dot.

9/5

この人と一緒に考える

  • 屋久島で永久の時間軸に生きる巨木を撮り続けてきた写真家・秦達夫

    *   *   * 1993年に日本で初めて世界自然遺産に指定された屋久島(鹿児島県)。その豊かな自然を20年ちかく追い続けてきた秦さんの写真展「Traces of Yakushima」が6月28日か

    dot.

    6/27

  • 世界屈指の生命の宝庫・南米パンタナール湿原でジャガーを追う写真家・岩合光昭

    *   *   * 世界有数の野生動物の生息地として知られる南アメリカ中央部に位置するパンタナール。その面積は広大で、日本の本州に匹敵する。雨期になると川が氾濫し、1年のうち半年が水に浸かるこの土地は

    dot.

    6/4

  • ロシア・サハリンで暮らす残留韓国・朝鮮人「カレイスキー」を撮り続ける写真家・新田樹

    *   *   * 新田さんが初めて「カレイスキー」のおばあさんたちと出会ったのは、旧ソ連崩壊から5年後、1996年春だった。 ロシア・サハリンの州都ユジノサハリンスク(豊原)の街を歩いていると、日本

    dot.

    5/30

  • コロナ禍の東京で起きた「非日常」が「日常」になるまでを撮り続けた写真家・初沢亜利

    *   *   * 新型コロナで一変した東京の人々の暮らしを記録した初沢さんの写真集『東京 二〇二〇、二〇二一』(徳間書店)が「林忠彦賞」を受賞した。 写真集を開くと複雑な思いがした。桜が満開の誰もい

    dot.

    5/12

  • 中国で消えゆくモンゴル民族の遊牧文化を記録する写真家・アラタンホヤガ

    *   *   * アラタンホヤガさんは10年ほど前から故郷である中国北部の内モンゴル自治区に通い、モンゴル民族の伝統的な生活風景を撮り続けてきた。作品には雄大な草原が広がり、のどかな暮らしが営まれて

    dot.

    4/27

  • 分身のようだった友人を亡くした悲しみを昇華させた作品「よだか」を出版した写真家・深沢次郎

    *   *   * 深沢さんにインタビューを申し込むと「食事でもしませんか」と、誘われた。 当日、待ち合わせたJR藤野駅(相模原市)から深沢さんの車で山道を走った。10年ほど前、「田舎暮らしに憧れて」

    dot.

    4/6

この話題を考える

  • 写真家・山元彩香が「どの感情にもつながらない」表情を撮り続ける理由 経験や自意識を“剥がした”後に残る人間の本質

    *   *   * 山元さんが写したポートレート写真を目にすると、不思議な感覚を覚える。 ふつう、人はカメラを向けられると身構えたり、自分をよく見せたくなるものだが、山元さんの作品を見ると、それが画面

    dot.

    3/29

  • 炎上した木村伊兵衛賞受賞から15年 ジオラマ風写真の名手・本城直季の「その後」

    *   *   * 実際の風景をミニチュアのジオラマのように写す作風で知られる本城直季さん。 2006年、写真集『small planet』(リトルモア)でデビューすると、現実と虚構の合間を覗き込むよ

    dot.

    3/18

  • イオン、ららぽーと、アリオ…ショッピングモールを撮り続ける写真家・小野啓がみた「日本のいま」

    *   *   *「日本らしい風景、と思いますね。日本の現代風景」 小野さんはショッピングモールを写した写真を目の前にして、つぶやくように言った。 実は以前、小野さんがモールを撮影していることを知った

    dot.

    2/17

  • 仮面をかぶる異形の神が現れる「奇祭」を追い続ける写真家・石川直樹の冒険

    *   *   * 2001年、石川直樹さんはエベレストに登頂し、23歳で7大陸最高峰登頂を達成。世界最年少記録を更新した。04年には冒険家・神田道夫さんとともに熱気球による太平洋横断に挑んだ。 そん

    dot.

    2/11

  • 至近距離でツキノワグマを撃ち抜く緊迫の現場 豪雪地帯の「狩猟民」を追った写真家・西野嘉憲

     写真家・西野嘉憲さんの作品展「熊を撃つ」が1月20日から東京・新宿のオリンパスギャラリー東京で開催される。西野さんに聞いた。*   *   *「私が撮影しているのは、自然のなかで生きる人間、『狩猟民

    dot.

    1/18

  • ブームが去った「デコトラ」に今も残るドライバーと家族の物語 写真家・田附勝

     ギンギラギンに輝くド派手なデコレーショントラック、通称「デコトラ」。写真家・田附勝(たつき・まさる)さんが写真集『DECOTORA』(リトルモア)でデビューしたのは2007年。そして今回、約15年ぶ

    dot.

    1/6

1 2 3 4

カテゴリから探す