「仕事」に関する記事一覧

「ダントツの生産性を生み出す」トップ層に共通する思考法とは

「ダントツの生産性を生み出す」トップ層に共通する思考法とは

 日本経済の停滞、人口減少、コロナ禍……ビジネスをとりまく環境は不安な要素でいっぱいです。「ウチの会社、大丈夫かな?」「今の会社に勤めていれば定年まで安泰なのかな?」と心配

dot.

1/24

  • 組織に依存せず、自分の力で成果を挙げている人が大事にしている「3つの原則」

     少子高齢化に円安、コロナ禍……日本経済をとりまく暗いニュースが多い中で、「ウチの会社、大丈夫かな?」「これから先、ビジネスパーソンとして生き残っていけるだろうか?」と不安

    dot.

    12/26

  • 不確かな世の中を“サバイブ”するための新時代の仕事術「独立思考」とは

     少子高齢化に円安、コロナ禍……日本経済をとりまく暗いニュースが多い中で、「ウチの会社、大丈夫かな?」「これから先、ビジネスパーソンとして生き残っていけるだろうか?」と不安

    dot.

    12/19

  • 「すき家」のゼンショーがコロナ禍で過去最高益!数字でわかる「協力金」と「補助金」の威力

     複数回の緊急事態宣言で大打撃を受けた外食産業。2021年の市場の全体売上は、コロナ前の2019年比で16.8%減でした(外食産業市場動向調査)。その一方で、「すき屋」などを運営する外食大手のゼンショ

    dot.

    10/14

  • 「義足エンジニア」「お菓子のサブスク」「コンビニ弁当開発者」自分がなりたいものを見つけた3人の物語

     第一生命によると、2022年3月に発表した最新の「大人になったらなりたいもの」調査(実施は21年12月)で、目立って順位を上げた職種がある。医療関係の職種だ。 調査対象となったのは、全国の小中高校生

    dot.

    10/10

  • 「ゆるい職場」になっても若手が離職 背景に「他社で通用しない」「成長できない」不安

     各種法律の施行やSNSによる職場の「見える化」で、職場環境が改善している。「ゆるい職場」への変化は、若手にとってメリットが大きいように思えるが、若手の離職には歯止めがかかっていない。一体なぜなのか。

    AERA

    9/2

  • 新入社員の「上司・先輩との関係」2016年卒から変化 企業は「育てられない」危機感

     新入社員の意識は劇的に変わり、今までの日本企業流の育て方は通じなくなってきた。社会全体が抱える課題だ。AERA 2022年9月5日号の記事を紹介する。*  *  *「退職したいのですが」 新人の社員

    AERA

    9/1

この人と一緒に考える

  • 「幼い頃からそばに農業があった」 脱サラして有機農家に、植物や動物と共生する農業を目指す

     全国各地のそれぞれの職場にいる、優れた技能やノウハウを持つ人が登場する連載「職場の神様」。様々な分野で活躍する人たちの神業と仕事の極意を紹介する。AERA 2022年8月8日号にはオーガニックファー

    AERA

    8/7

  • NON STYLE石田明「僕は井上の説明書。もう必要なくなった」 週休2日を叶えたパパの仕事術

     新型コロナウイルスは働き方や家族関係を大きく変えた。元M-1グランプリ王者で、人気お笑いコンビのNON STYLE・石田明さん(42)が所属事務所の吉本興業に異例の「週休2日」を宣言したのもコロナ禍

    dot.

    8/2

  • 世界人口の2人に1人がアフリカ人に!『経済大陸アフリカ』の著者が説く、日本企業がアフリカで勝てない理由

    「アフリカの人口増加率は1950年代から約70年間、ずっと2%を下回っていません。エイズなどいろんな危機があったにも関わらず、です。これは20世紀の初頭に始まった人口学の常識、方程式からするとあり得な

    dot.

    7/22

  • 「退職勧奨」は辞めたくないなら断れる だれもがリストラの対象になる時代の心構え

     40代以上の中高年の労働者が、相次いでリストラの対象になっている。デジタル化やコロナ禍のため、好業績でも人員削減に踏み切る企業があるほどだ。どんな心構えで働けばいいか。いざというときはどうするべきか

    AERA

    6/18

  • 約4割が「黒字リストラ」好業績なのになぜ? 背景にコロナとデジタル化への対応

     中高年の労働者が、正規、非正規にかかわらず相次いでリストラの対象になっている。早期・希望退職を募集する企業が赤字というわけではなく、好業績でも人員削減に踏み切る企業があるほどだ。その背景には何がある

    AERA

    6/17

  • 脱・年功序列、24歳で課長職に抜擢された女性も 日本で20代の管理職登用が進む背景

     20代を即戦力として管理職に抜擢する企業が相次いでいる。年功序列が「常識」とされてきた日本での労働市場の変化の背景には何があるのか。AERA 2022年6月20日号の記事から紹介する。*  *  *

    AERA

    6/16

この話題を考える

  • 転職で人事が食いつく職務経歴書、2つの「言葉遣いの機微」で勝負あり

     これからのキャリアを考えるなら、新たなスキル習得に励むだけでなく、これまでの自分自身の経験や実績を「魅力的に見せる」工夫も重要だ。今回は、前後編にわたって「職務経歴書(レジュメ)」で押さえておきたい

    ダイヤモンド・オンライン

    6/14

  • 若者に飲み会で言うとドン引きの説教ワード3選

     入社後の研修を終えた新人が現場に本配属される季節です。コロナが一段落している今の時機は、多くの職場で親睦を兼ねた飲み会が開催されているはず。暑さをビールで潤しながら語らいたいと思っているオトナ諸君も

    東洋経済

    6/8

  • コロナ禍、ウクライナ侵攻で世界が激変した今こそ重視すべき、マーケティングが目指す方向性【コトラーの最新提言】

    “マーケティング界の神様”と呼ばれるフィリップ・コトラー氏の最新刊『コトラーのマーケティング5.0 デジタル・テクノロジー時代の革新戦略』が4月20日に発売になった。マーケティ

    dot.

    5/18

  • フルリモートの人間関係はどうつくる? 信頼関係を構築するための「三つの共有」とは

     コロナ禍で定着した在宅勤務という働き方から2年以上経ち、フルリモートを希望する人が増加している。完全フルリモートの職場に転職した場合、人間関係の構築や仕事の進捗共有はどうなるのか。AERA2022年

    AERA

    5/16

  • 転職サイトで「フルリモート」が検索上位に 派遣社員に完全フルリモート導入企業も

     コロナ禍で定着した在宅勤務。転職先を選ぶ条件の一つにもなってきた。なかには最初からフルリモートの会社も。会わなくてもやっていけるのか。AERA2022年5月16日号の記事を紹介する。*  *  * 

    AERA

    5/15

  • 業務時間外も“即レスしなきゃ”になりがち エンドレスワークを避けるための4つのコツ

     通勤や出張の時間がなくなり、家族との時間も持てる。導入時はメリットに感じる声が多かったテレワーク。「自宅=いつでも仕事ができる」ことで、仕事が生活に浸食しエンドレスワークに陥る人も。AERA2022

    AERA

    5/12

1 2 3 4 5

カテゴリから探す