「仕事」に関する記事一覧

なぜ笑顔で「ハイ!」と返事をする部下ほどやる気がないのか?

なぜ笑顔で「ハイ!」と返事をする部下ほどやる気がないのか?

 部下に仕事を指示したり、アドバイスをすると必ず「ハイ!」と元気な返事がかえってくる。それなのに、一向に仕事のスキルは上達しないし、やる気もどんどんなくなっているように見える。それは、リーダーであるあ

dot.

12/2

  • 情報は“寸止め” 川田裕美の無理せず好かれるコミュニケーション術

     倍率1000倍とも言われる超難関のテレビ局アナウンサーの採用試験。職種を絞って就職活動に挑戦したフリーアナウンサーの川田裕美さんは、面接官になかなか関心を持ってもらえず悩んだ末、それが、自分の情報を

    dot.

    11/26

  • 「才能がない」のではない「見つけていない」だけ 自分でできる“才能のタネ”の探し方

     米国の心理学者ターシャ・ユーリック氏の調査によると、およそ9割の人は自分を客観的に見られていないといいます。「才能は誰にでもある。ただ気づいていないだけ」と話すのは、米ギャラップ社認定ストレングスコ

    dot.

    11/25

  • 「後輩を叱れない」川田裕美が編み出したストレスのないコミュニケーション法

     後輩に注意をしたい。でも言いづらい。フリーアナウンサーの川田裕美さんも局アナ時代、最初は言いたいことが言えずにストレスをためていたそうです。考えに考えた末、編み出したのが“叱る&rdqu

    dot.

    11/19

  • 「絶対に管理職にしてはいけない社員」5つの条件

     このところ働き方改革やコロナ対応などで職場の運営が難しくなり、マネジャー(管理職)には高度なマネジメント能力が求められています。 一方、日本企業ではまだまだ年功序列が濃厚で、「どうしてこの人が&he

    東洋経済

    11/9

  • 宜しく? よろしく? 評価される人は、メールのどこを漢字にしているか

    「仕事ができる人は、一文が短い」「一文を60字以内にすれば、書き手も読み手もラクになる」。そう話すのは、コピーライターとして30年以上活躍し続ける田口まこ氏だ。花王、ライオンなどのトイレタリー商品、資

    ダイヤモンド・オンライン

    10/6

  • 仕事のデキる人が「すぐに」という言葉を絶対に使わない理由

    「仕事がデキる」と評価される人は、どのような話し方をしているのか。営業コンサルタントの浅川智仁氏は「ひとつの言葉でも、自分と相手の頭に浮かぶイメージは違う。仕事のデキる人は、『すぐに』という曖昧な言葉

    プレジデントオンライン

    8/11

この人と一緒に考える

  • 出会いを掴むためのポイント 「もう一人の自分」づくりも有効?

     定年後に何をすればいいのか。あり余る時間の処し方に悩むシニアは多い。再就職はもちろん、コロナ禍の今ではオンラインを駆使して趣味や趣味仲間を見つける人も。*  *  * オンラインの波は、趣味だけでな

    週刊朝日

    7/20

  • シニアこそ「ちょい職」のススメ マッチングサイトで「月数万円」60代男性も

     シニア世代が働く機会は、今後間違いなく増える。4月には「70歳就業法」が施行され、元気なうちは長く働く環境整備が進む。だが、いつの時代も大事なのは自分に合った働き方。ITの進化で登場した便利なサービ

    週刊朝日

    7/20

  • CAの世界にもある陰湿ないじめや意地悪の“人生に役立つ”切り抜け方を元チーフパーサーが伝授

     憧れの職業の一つであるCA(キャビン・アテンダント)。華やかな仕事に見えますが、実情は全く異なる、ある意味軍隊のような世界だと語るのは、日本航空に25年間CAとして勤め、チーフパーサーや、CA教官も

    dot.

    7/15

  • 「食えるシニア」になるために40代でやっておくべき2つのこと

    ■どんな人がシニアになっても引く手あまたなのか「人生100年時代」と言われるようになった現在、少し前は定年とされた60歳を超えて働くことが当たり前になってきました。企業もこれから人手不足が深刻になって

    ダイヤモンド・オンライン

    6/22

  • 意味がないのに横行しているムダな仕事トップ3

    朝9時に全社員が出社しても1円にもならない「新型コロナウイルスの出現で、仕事の『あたりまえ』が変わった」と語るのは「プレゼンの神」と呼ばれる元マイクロソフト業務執行役員の澤円さん。コロナ禍が始まって以

    東洋経済

    6/21

  • これからの企業に欠かせない「DX人材」が注目する業界別3つの最前線トレンド

    「いわゆるレガシーシステムはDX(デジタル・トランスフォーメーション)の足かせでしかありません。トラブル続きの銀行が典型ですが、早急に負債化している旧来のITシステムなどを整理して、より有効なデジタル

    dot.

    5/13

この人と一緒に考える

  • エンジニアの次は「DX人材」!価値高騰で採用マーケットに異変が

    「デジタル技術を活用して、顧客に価値を提供できるDX(デジタル・トランスフォーメーション)人材。そのニーズが採用マーケットで高騰しています。それは同時に、オールドタイプの企業に組織・文化の変更を迫る起

    dot.

    5/6

  • 交渉で嘘はNGだけど「本当のことをすべて言わない」ことで生まれる効果とは

     ビジネスの現場だけでなく、私たちは日常生活のなかで、たくさんの「交渉」をしています。訴訟社会のアメリカで、ニューヨーク州弁護士として20年間活躍している大橋弘昌氏も、プライベートで小さな交渉をしなが

    dot.

    4/30

  • 今もっとも必要とされる「DX人材」とは? 7つのポイントで解説

    「DX(デジタル・トランスフォーメーション)はあらゆる企業の経営戦略の中核になっていて、もうDXリテラシーによる人材の“線引き”が始まっています。新入社員も例外ではありません」

    dot.

    4/20

  • 1カ月の違いが思わぬ損失に 65歳より64歳11カ月で退職がお得な理由

     いま、経験のあるシニアが求められている。中小企業は慢性的に人材不足で、求人サイトに載っていないニーズもある。ただ、65歳以降、働き続けたいと思うとき、年金制度だけでなく「雇用保険」制度を知っておかな

    週刊朝日

    10/13

  • エリートが大切にする「アフターユー」精神と「ありがとう9割」の真髄

     エリートほど、相手に譲る気持ちが強く、感謝の気持を忘れない。「アフターユー」精神が生み出す良好なサイクルと、「ありがとう9割」の真髄とは? ゴールドマン・サックス、マッキンゼー&カンパニー、ハーバー

    dot.

    9/30

  • 50代以上の副業希望者が急増中 「スキルなし」でも仕事を得るコツは?

     コロナ禍で在宅勤務が拡大したことなどを背景に、新しい働き方として注目が高まっているのが副業だ。兼業やサイドビジネスなどとも呼ばれ、会社員が本職を持ちながら始めるケースと、主婦などが趣味で始めるケース

    週刊朝日

    9/27

1 2 3 4 5

カテゴリから探す