金沢に疎開して特別科学教育を受けた藤井裕久さん
金沢に疎開して特別科学教育を受けた藤井裕久さん

新学期を前に、昨年話題になった「ギフテッド」の記事を再配信する。戦時中に、特別に才能のある児童生徒を集め行われたという「特別科学教育」。現代のギフテッド教育のあり方を考えるヒントになるだろう。【前編】では、金沢大学で発見された資料を元に、当時行われた教育について解説した。後編では、実際に金沢大学で特別科学教育を受けた、元財務大臣の藤井裕久さんと、京都大学で特別科学教育を受けた片岡宏さんのお二人に当時何が行われていたのかを聞いた。<阿部朋美・伊藤和行著『ギフテッドの光と影 知能が高すぎて生きづらい人たち』(朝日新聞出版)より一部抜粋・再編集>(この記事は「AERA dot.」2023年6月17日に配信したものの再配信です。年齢は2023年3月時点、その他肩書などは配信時のまま)

【この記事の写真をもっと見る】

【前編】<戦時中に日本で“ギフテッド”教育か 天才児を集めた英才教育の実態「米国に勝つ発明を」>からの続き

*  *  *

■「自分たちだけ」の後ろめたさ

 東京・白金台にある集合住宅。ここで事務所を構える元財務相の藤井裕久さん(享年90)は、秘書の男性に支えられながら応接室のソファにゆっくり座った。

 私が訪れたのは21年12月。テレビでときおり見ていた丸顔の優しそうな笑顔はそのままだったが、丸顔だったほおは、げっそりとこけ、グレーのスーツを着ていてもやせた様子がわかるほどだった。年齢を感じさせた。

 それでも、大蔵官僚から政治家に転身し、非自民連立政権時の大蔵相、民主党で幹事長なども務めた大物政治家だ。2012年に政界引退してからも、講演やテレビ出演などで弁舌をふるってきた。「あの戦争を経験したものとして、戦争につながることは絶対反対」。まっすぐ私を見据えて言う目には、力強さが宿っていた。だがこの7カ月後に亡くなった。

 藤井さんは、金沢で特別科学教育を受けた一人だ。

 生まれは東京・本郷。開業医の次男で、1945年4月に東京高等師範学校付属中学の1年生になってまもなく、担任教諭から「科学組へ行け」と言われたという。

 各学年から15人ぐらいが選ばれていた。ただ当時は米軍爆撃機のB29による東京空襲が相次いでおり、東京を離れて金沢へ集団疎開し、授業を受けろという指示だった。

次のページ
自分たちだけが逃げてゆく