教育・ライフの人気ランキング

交際期間18年、仕事も一緒 結婚にこだわっていなかった2人が結婚した理由とは
交際期間18年、仕事も一緒 結婚にこだわっていなかった2人が結婚した理由とは

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2024年4月22日号では、デザイナー・イラストレーターとして夫婦でユニットを組む北川剛之さんと豊島愛さん夫婦について取り上げました。

はたらく夫婦カンケイ
AERA4/19
ダルビッシュ有の母が語る子育ての試練 次男が荒れ、「一緒に死ぬしかない」思い詰めた過去も
ダルビッシュ有の母が語る子育ての試練 次男が荒れ、「一緒に死ぬしかない」思い詰めた過去も

 メジャーで2年ぶり4回目の開幕投手も務めたダルビッシュ有。その母・郁代さんと末弟の賢太さんが、家族について語った。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/19
訪問介護の基本報酬減額は「問題だらけ」 上野千鶴子さん「国が言わない引き下げの狙い」指摘
訪問介護の基本報酬減額は「問題だらけ」 上野千鶴子さん「国が言わない引き下げの狙い」指摘

 訪問介護の基本報酬が、今年4月から引き下げられた。「驚天動地でした」と語るのは東京大学名誉教授の上野千鶴子さんだ。マイナス改定は「問題だらけ」だと指摘する。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/19
「桶狭間の戦い」実は奇襲ではなかった? 織田信長の逆転劇を今川義元と解説
「桶狭間の戦い」実は奇襲ではなかった? 織田信長の逆転劇を今川義元と解説

 豪雨の中、大軍を率いる今川軍に対し、少数の軍で奇襲を仕掛けて勝利した――そんなイメージのある織田信長の「桶狭間の戦い」だが、実は「ふつうに正面突破していた」という説もあるという。X(旧Twitter)で歴史上の偉人による架空のタイムラインなどを投稿し大反響を呼んだネット投稿者・スエヒロさん。NHKのSF時代劇『天下人のスマホ』等にも制作協力として携わった彼の新刊『戦国時代のタイムライン』(監修:本郷和人東京大教授)より、信長らのやり取りの一部を抜粋・編集してお届けする。

桶狭間の戦い 戦国時代のタイムライン 朝日新聞出版の本 書籍 読書
dot.20時間前
ハーバード卒のバイオリニスト・廣津留すみれが衝撃を受けた「カーネギーホールでの公演」と「ヨーヨー・マ氏との共演」
ハーバード卒のバイオリニスト・廣津留すみれが衝撃を受けた「カーネギーホールでの公演」と「ヨーヨー・マ氏との共演」

 小中高と大分の公立校で学び、米・ハーバード大学、ジュリアード音楽院を卒業・修了したバイオリニストの廣津留すみれさん(30)。その活動は音楽だけにとどまらず、大学の教壇に立ったり、情報番組のコメンテーターを務めたりと、幅広い。「才女」のひと言では片付けられない廣津留さんに、人間関係から教育やキャリアのことまで、さまざまな悩みや疑問を投げかけていくAERA dot.連載。今回は廣津留さんがプロとして活動する前の、記憶に残る舞台の話を中心に語ってもらった。

廣津留すみれ
dot.4/19
おじさん1人ディズニーはアリ? ぬいぐるみやビールとつまみを片手に非日常的な空間を自由に満喫
おじさん1人ディズニーはアリ? ぬいぐるみやビールとつまみを片手に非日常的な空間を自由に満喫

 遊園地はカップルやグループ、家族で行くところ、という常識を打ち破る動きが起きている。東京ディズニーリゾートでは、おじさんの「お1人様」も珍しくはないのだ。AERA2024年4月22日号より。

AERA4/20
「ただ一緒に生活できるということが本当に幸せ」 憧れの人だった夫と結婚、喧嘩はゼロ
「ただ一緒に生活できるということが本当に幸せ」 憧れの人だった夫と結婚、喧嘩はゼロ

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2024年4月15日号では、塾の経営と食事・学習支援事業に夫婦で取り組む鈴木雄大さんと鈴木佳奈子さん夫婦について取り上げました。

はたらく夫婦カンケイ
AERA4/12
抱っこをせがみ、家族になる「LOVOT」 林要が愛を育むロボットを開発した理由
抱っこをせがみ、家族になる「LOVOT」 林要が愛を育むロボットを開発した理由

 GROOVE X 創業者・CEO、林要。ロボットやAIは未来を切り拓くテクノロジーだが、「人の仕事を奪う」といったディストピア論も根強くある。だが、人を幸せにする前向きな使い道もあると、林要は、人間の愛情を育める生き物のようなロボットを提案する。トヨタやソフトバンクを経て、スタートアップを立ち上げた林が、ロボットと目指す「温かい未来」とは。

現代の肖像
AERA4/19
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉天皇誕生日 雅子さまの心からの笑顔の理由と、陛下の祈りを「直に」感じたSS席9670分の1
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉天皇誕生日 雅子さまの心からの笑顔の理由と、陛下の祈りを「直に」感じたSS席9670分の1

 先週に多く読まれた記事の「見逃し配信」です。ぜひ御覧ください。(この記事は、「AERA dot. 」で2024年2月25日に配信した内容の再配信です。肩書や情報などは当時のまま)

愛子さま 雅子さま 天皇誕生日 一般参賀
dot.4/18
ダルビッシュ有はいかにして育てられた? 母が息子たちに授けた「自分で判断する力」
ダルビッシュ有はいかにして育てられた? 母が息子たちに授けた「自分で判断する力」

 今シーズン、メジャーで2年ぶり4回目の開幕投手も務めたダルビッシュ有。今や世界トップに君臨する投手のひとりになったが、どのような家庭で育ったのか。母・郁代さんと末弟の賢太さんが、家族について語った。AERA 2024年4月22日号より。

AERA21時間前
精子は放出するたび「フレッシュ」ではない 世界中で「精子劣化」の現実 父の加齢が子に及ぼす影響 
精子は放出するたび「フレッシュ」ではない 世界中で「精子劣化」の現実 父の加齢が子に及ぼす影響 

 生殖医療が発展し、精子凍結をする男性が増える一方で、精子の質が世界的に落ちている。父親の加齢により、精子の状態は落ちてしまう。生まれてくる子どものリスクを指摘する研究もある。

精子凍結
dot.3/11
ものづくりには正解がないからこそ、意外なヒントは他ジャンルに しいたけ.さんがアドバイス
ものづくりには正解がないからこそ、意外なヒントは他ジャンルに しいたけ.さんがアドバイス

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占い師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

しいたけ.
AERA4/19
訪問介護「基本報酬の減額」現場で反対9割 懸念されるヘルパー減からの「負の連鎖」
訪問介護「基本報酬の減額」現場で反対9割 懸念されるヘルパー減からの「負の連鎖」

 2024年度からの介護報酬改定で訪問介護の「基本報酬」が引き下げられた。まさかのマイナスの改定に、現場や識者から、不安や怒りの声が上がる。「負の連鎖」が起きるのか──。最期まで自宅で過ごすためには、何が必要か。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/18
peco「私のお母さんはザ・大阪のおばちゃん」 自分が母親になって「感謝した」子育ての方針とは
peco「私のお母さんはザ・大阪のおばちゃん」 自分が母親になって「感謝した」子育ての方針とは

 昨年10月から「peco & ryuchellの子育て日記―新しい家族のかたち」をリニューアル。pecoさんの日々の出来事について綴る連載「pecoの子育て&お仕事日記」として再スタートしました。今回のお話は「私のお母さん」について。

peco ryuchell
dot.3/24
「僕たち夫婦のあり方は直感でしかない」 言葉よりも根本で息が合う空気感
「僕たち夫婦のあり方は直感でしかない」 言葉よりも根本で息が合う空気感

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2024年4月8日号では、振付家でダンサーの砂連尾理さんと郵便配達員の砂連尾瞳さん夫婦について取り上げました。

はたらく夫婦カンケイ
AERA4/5
会うたび「結婚いつする?」 予想外の言動で驚かせる自由人な夫 結婚から2年で変化も
会うたび「結婚いつする?」 予想外の言動で驚かせる自由人な夫 結婚から2年で変化も

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2024年4月1日号では、アナウンサーでフィットネスインストラクターの上條恵奈美さんと一般社団法人シャイニングの西田隆維さん夫婦について取り上げました。

はたらく夫婦カンケイ
AERA3/29
訪問介護「基本報酬マイナス」の衝撃 有効求人倍率15.53倍なのにイメージ悪化で「さらに人材集まらない」現場から悲鳴
訪問介護「基本報酬マイナス」の衝撃 有効求人倍率15.53倍なのにイメージ悪化で「さらに人材集まらない」現場から悲鳴

 高齢者の「命綱」ともいえる訪問介護。4月、経営の基盤となる基本報酬が減額となった。まさかの引き下げに、現場に衝撃が走っている。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/17
「東大は滑り止め」ハーバード大とダブル合格も 「国内大×海外大」併願受験が増加中
「東大は滑り止め」ハーバード大とダブル合格も 「国内大×海外大」併願受験が増加中

 大学受験で海外大学を併願する生徒が増えている。トップ層の中には、東大とハーバード大のダブル合格を手にするケースも出ているという。大学受験の新たなトレンドを取材した。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/17
ソウルとは一味違う韓国グルメを釜山で満喫! 伝統や地元文化を超えた食の多様性を楽しめる港町
ソウルとは一味違う韓国グルメを釜山で満喫! 伝統や地元文化を超えた食の多様性を楽しめる港町

 韓国最大の港町・釜山。海の幸も豊富で名物料理もたくさんある韓国グルメの台所だ。今年初めてミシュランガイドの対象都市にもなった釜山で食を堪能した。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/19
実は誇張だった? 戦国最強・武田騎馬隊vs織田信長「長篠の戦い」の裏側を信長と勝頼がタイムラインで振り返る
実は誇張だった? 戦国最強・武田騎馬隊vs織田信長「長篠の戦い」の裏側を信長と勝頼がタイムラインで振り返る

 「戦国最強」武田騎馬隊が敗北――長篠の戦いは、日本で初めて鉄砲が大量に使われた、「ゲームチェンジ」の一戦だったと言われている。その仕掛け人・織田信長の思惑は? X(旧Twitter)で歴史上の偉人による架空のタイムラインなどを投稿し大反響を呼んだネット投稿者・スエヒロさん。NHKのSF時代劇『天下人のスマホ』等にも制作協力として携わった彼の新刊『戦国時代のタイムライン』(監修:本郷和人東京大教授)より、信長らのやり取りの一部を抜粋・編集してお届けする。

朝日新聞出版の本 読書 書籍 戦国時代のタイムライン スエヒロ 戦国時代 織田信長 武田勝頼
dot.3/17
ダルビッシュ有の母が語る子育ての試練 次男が荒れ、「一緒に死ぬしかない」思い詰めた過去も
ダルビッシュ有の母が語る子育ての試練 次男が荒れ、「一緒に死ぬしかない」思い詰めた過去も

 メジャーで2年ぶり4回目の開幕投手も務めたダルビッシュ有。その母・郁代さんと末弟の賢太さんが、家族について語った。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/19
交際期間18年、仕事も一緒 結婚にこだわっていなかった2人が結婚した理由とは
交際期間18年、仕事も一緒 結婚にこだわっていなかった2人が結婚した理由とは

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2024年4月22日号では、デザイナー・イラストレーターとして夫婦でユニットを組む北川剛之さんと豊島愛さん夫婦について取り上げました。

はたらく夫婦カンケイ
AERA4/19
「ただ一緒に生活できるということが本当に幸せ」 憧れの人だった夫と結婚、喧嘩はゼロ
「ただ一緒に生活できるということが本当に幸せ」 憧れの人だった夫と結婚、喧嘩はゼロ

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2024年4月15日号では、塾の経営と食事・学習支援事業に夫婦で取り組む鈴木雄大さんと鈴木佳奈子さん夫婦について取り上げました。

はたらく夫婦カンケイ
AERA4/12
大学構内で大根栽培やザリガニ釣り…東京大学で「だめライフ」を実践する謎の集団を直撃 「高等遊民としてだらっと生きたい」
大学構内で大根栽培やザリガニ釣り…東京大学で「だめライフ」を実践する謎の集団を直撃 「高等遊民としてだらっと生きたい」

 日本の受験エリートたちが集う東京大学に、「だめライフ愛好会」なる団体があるのをご存じだろうか。「だめ」をライフワークに――こんなモットーを掲げ、Xで日々発信を続けているのだが、投稿をさかのぼっても、活動内容は大学構内での大根栽培くらいしか確認できない。誰が、どんな目的で、何をしているのか。謎に包まれたその実態を探るべく主催者に取材を申し込むと、東大であえて「だめ」を追及する、意外な理由が見えてきた。

東京大学
dot.4/14
訪問介護の基本報酬減額は「問題だらけ」 上野千鶴子さん「国が言わない引き下げの狙い」指摘
訪問介護の基本報酬減額は「問題だらけ」 上野千鶴子さん「国が言わない引き下げの狙い」指摘

 訪問介護の基本報酬が、今年4月から引き下げられた。「驚天動地でした」と語るのは東京大学名誉教授の上野千鶴子さんだ。マイナス改定は「問題だらけ」だと指摘する。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/19
上司はなぜよく出社する部下をひいきするのか? 立命館大教授が解説する「組織内のバイアス」
上司はなぜよく出社する部下をひいきするのか? 立命館大教授が解説する「組織内のバイアス」

 組織内には至るところにバイアスがある。リモートより出社している部下をひいきするという現象もその一つだという。立命館大学教授の山浦一保さんに聞いた。AERA 2024年4月15日号より。

上司と部下
AERA4/15
開成は他校生に驚かれる体育館、桜蔭は理科講義室とプール 名門校の新校舎のこだわり
開成は他校生に驚かれる体育館、桜蔭は理科講義室とプール 名門校の新校舎のこだわり

 中高一貫校で注目の2校が校舎や施設をリニューアルした。伝統を継承しつつ、生徒たちにどのように活用してほしいのか、先生たちの思いを聞いた。AERA 2024年4月15日号より。

AERA4/13
早稲田中高の新校舎に注目 プールは床暖房完備、図書館と食堂隣接の思い切った設計も
早稲田中高の新校舎に注目 プールは床暖房完備、図書館と食堂隣接の思い切った設計も

 校舎や施設をリニューアルした早稲田中学校・高等学校。伝統を継承しつつ、生徒たちにどのように活用してほしいのか、先生の思いを聞いた。AERA 2024年4月15日号より。

AERA4/13
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉天皇誕生日 雅子さまの心からの笑顔の理由と、陛下の祈りを「直に」感じたSS席9670分の1
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉天皇誕生日 雅子さまの心からの笑顔の理由と、陛下の祈りを「直に」感じたSS席9670分の1

 先週に多く読まれた記事の「見逃し配信」です。ぜひ御覧ください。(この記事は、「AERA dot. 」で2024年2月25日に配信した内容の再配信です。肩書や情報などは当時のまま)

愛子さま 雅子さま 天皇誕生日 一般参賀
dot.4/18
peco「お父さんみたいな人と結婚したくなかった」 ryuchellと真逆、でも愛は感じた理由
peco「お父さんみたいな人と結婚したくなかった」 ryuchellと真逆、でも愛は感じた理由

 pecoさんの日々の出来事について綴る連載「pecoの子育て&お仕事日記」。今回のお話は、前回の「私のお母さん」に続き、「私のお父さん」について。

peco ryuchell
dot.4/14
実家を出てからも母親の「呪縛」から逃れられないという37歳女性に鴻上尚史が「『呪い』ではない」と伝えた理由
実家を出てからも母親の「呪縛」から逃れられないという37歳女性に鴻上尚史が「『呪い』ではない」と伝えた理由

 幼少期から母親に暴力を振るわれたり、暴言を吐かれたりしてきたという37歳女性。就職を機に家を出て、母親との関係も疎遠になった。しかし、いまだに母親の「呪縛」から逃れられないと感じているという相談者に、鴻上尚史が送った、呪いを解きほぐす方策とは。

鴻上尚史 人生相談 読書
dot.4/16
訪問介護「基本報酬マイナス」の衝撃 有効求人倍率15.53倍なのにイメージ悪化で「さらに人材集まらない」現場から悲鳴
訪問介護「基本報酬マイナス」の衝撃 有効求人倍率15.53倍なのにイメージ悪化で「さらに人材集まらない」現場から悲鳴

 高齢者の「命綱」ともいえる訪問介護。4月、経営の基盤となる基本報酬が減額となった。まさかの引き下げに、現場に衝撃が走っている。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/17
「1日24時間じゃ足りない」と思っていたママが、片づけたら資格取得と趣味の時間までできた
「1日24時間じゃ足りない」と思っていたママが、片づけたら資格取得と趣味の時間までできた

 5000件に及ぶ片づけ相談の経験と心理学をもとに作り上げたオリジナルメソッドで、汚部屋に悩む女性たちの「片づけの習慣化」をサポートする西崎彩智(にしざき・さち)さん。募集のたびに満員御礼の講座「家庭力アッププロジェクト®」を主宰する彼女が、片づけられない女性たちのヨモヤマ話や奮闘記を交えながら、リバウンドしない片づけの考え方をお伝えします。

片づけ
AERA4/8
Z世代を中心に巻き起こる「第2次古着ブーム」 無人販売店など、かつてのイメージとは異なる古着屋の今
Z世代を中心に巻き起こる「第2次古着ブーム」 無人販売店など、かつてのイメージとは異なる古着屋の今

 古着屋を巡って掘り出し物を見つける──。かつての古着ブームは通のたしなみといったような趣があったが、今や古着は誰にでも親しみやすい趣味になっている。AERA2024年4月15日号より。

AERA4/14
部下がやりがちなハラスメント“ハラ・ハラ” ミスを指摘され「課長に言われた通りにやった」はグレー
部下がやりがちなハラスメント“ハラ・ハラ” ミスを指摘され「課長に言われた通りにやった」はグレー

 リモートワークやハラスメント意識の浸透で、NGワードが増えているという。最新の職場のざんねんな言葉を専門家に聞いた。AERA 2024年4月15日号より。

AERA4/14
peco「私のお母さんはザ・大阪のおばちゃん」 自分が母親になって「感謝した」子育ての方針とは
peco「私のお母さんはザ・大阪のおばちゃん」 自分が母親になって「感謝した」子育ての方針とは

 昨年10月から「peco & ryuchellの子育て日記―新しい家族のかたち」をリニューアル。pecoさんの日々の出来事について綴る連載「pecoの子育て&お仕事日記」として再スタートしました。今回のお話は「私のお母さん」について。

peco ryuchell
dot.3/24
「なぜ日本人は外国人と友達にならない? 外国語ができないのに外国の友人が増える理由」稲垣えみ子
「なぜ日本人は外国人と友達にならない? 外国語ができないのに外国の友人が増える理由」稲垣えみ子

 元朝日新聞記者でアフロヘアーがトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

稲垣えみ子
AERA4/15
訪問介護「基本報酬の減額」現場で反対9割 懸念されるヘルパー減からの「負の連鎖」
訪問介護「基本報酬の減額」現場で反対9割 懸念されるヘルパー減からの「負の連鎖」

 2024年度からの介護報酬改定で訪問介護の「基本報酬」が引き下げられた。まさかのマイナスの改定に、現場や識者から、不安や怒りの声が上がる。「負の連鎖」が起きるのか──。最期まで自宅で過ごすためには、何が必要か。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/18
「東大は滑り止め」ハーバード大とダブル合格も 「国内大×海外大」併願受験が増加中
「東大は滑り止め」ハーバード大とダブル合格も 「国内大×海外大」併願受験が増加中

 大学受験で海外大学を併願する生徒が増えている。トップ層の中には、東大とハーバード大のダブル合格を手にするケースも出ているという。大学受験の新たなトレンドを取材した。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/17
ハーバード卒のバイオリニスト・廣津留すみれが衝撃を受けた「カーネギーホールでの公演」と「ヨーヨー・マ氏との共演」
ハーバード卒のバイオリニスト・廣津留すみれが衝撃を受けた「カーネギーホールでの公演」と「ヨーヨー・マ氏との共演」

 小中高と大分の公立校で学び、米・ハーバード大学、ジュリアード音楽院を卒業・修了したバイオリニストの廣津留すみれさん(30)。その活動は音楽だけにとどまらず、大学の教壇に立ったり、情報番組のコメンテーターを務めたりと、幅広い。「才女」のひと言では片付けられない廣津留さんに、人間関係から教育やキャリアのことまで、さまざまな悩みや疑問を投げかけていくAERA dot.連載。今回は廣津留さんがプロとして活動する前の、記憶に残る舞台の話を中心に語ってもらった。

廣津留すみれ
dot.4/19
ダルビッシュ有の母が語る子育ての試練 次男が荒れ、「一緒に死ぬしかない」思い詰めた過去も
ダルビッシュ有の母が語る子育ての試練 次男が荒れ、「一緒に死ぬしかない」思い詰めた過去も

 メジャーで2年ぶり4回目の開幕投手も務めたダルビッシュ有。その母・郁代さんと末弟の賢太さんが、家族について語った。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/19
伊藤かずえ「30年もののシーマ」レストアの舞台裏 メカニックがつぶやいた一言とは
伊藤かずえ「30年もののシーマ」レストアの舞台裏 メカニックがつぶやいた一言とは

 日産自動車の高級セダン「セドリック」や「グロリア」の上級車種として1988(昭和63)年に発売された初代「シーマ」。バブル景気といわれる中で爆発的にヒットし、「シーマ現象」は同年の新語・流行語大賞の流行語部門・銅賞を受賞した。

伊藤かずえ シーマ 日産 TOKYOレトロ探訪 レトロイズム
dot.3/22
「1日24時間じゃ足りない」と思っていたママが、片づけたら資格取得と趣味の時間までできた
「1日24時間じゃ足りない」と思っていたママが、片づけたら資格取得と趣味の時間までできた

 5000件に及ぶ片づけ相談の経験と心理学をもとに作り上げたオリジナルメソッドで、汚部屋に悩む女性たちの「片づけの習慣化」をサポートする西崎彩智(にしざき・さち)さん。募集のたびに満員御礼の講座「家庭力アッププロジェクト®」を主宰する彼女が、片づけられない女性たちのヨモヤマ話や奮闘記を交えながら、リバウンドしない片づけの考え方をお伝えします。

片づけ
AERA4/8
交際期間18年、仕事も一緒 結婚にこだわっていなかった2人が結婚した理由とは
交際期間18年、仕事も一緒 結婚にこだわっていなかった2人が結婚した理由とは

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2024年4月22日号では、デザイナー・イラストレーターとして夫婦でユニットを組む北川剛之さんと豊島愛さん夫婦について取り上げました。

はたらく夫婦カンケイ
AERA4/19
「ただ一緒に生活できるということが本当に幸せ」 憧れの人だった夫と結婚、喧嘩はゼロ
「ただ一緒に生活できるということが本当に幸せ」 憧れの人だった夫と結婚、喧嘩はゼロ

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2024年4月15日号では、塾の経営と食事・学習支援事業に夫婦で取り組む鈴木雄大さんと鈴木佳奈子さん夫婦について取り上げました。

はたらく夫婦カンケイ
AERA4/12
「共同親権」に反対する、離婚して二人の子の親権を持つ女性に鴻上尚史が語った考えとは
「共同親権」に反対する、離婚して二人の子の親権を持つ女性に鴻上尚史が語った考えとは

 2024年中には法案が可決する見込みの「共同親権」。離婚して二人の子供の親権を持つ47歳女性は、共同親権が法制化されることに危機感を抱いているという。そんな相談者に、鴻上尚史が語った「共同親権」法制化の問題点とは。

鴻上尚史 人生相談 読書
dot.4/9
【大河ドラマ「光る君へ」本日第14話】平安貴族のトイレ事情 女性は自室で「おまる」を使っていた
【大河ドラマ「光る君へ」本日第14話】平安貴族のトイレ事情 女性は自室で「おまる」を使っていた

 すでに放送された「光る君へ」のなかに、高杉真宙演じるまひろ(紫式部)の弟・藤原惟規(のぶのり)が、「厠(かわや)に行ってくる」と席を立つシーンがあった。厠とは、トイレのこと。樋殿(ひどの)とも呼ばれた。まひろたちが暮らす家は、藤原道長らが暮らす土御門殿(つちみかどどの)のような立派な邸宅ではないが、それでも、トイレを備えていたことがわかる。

光る君へ 紫式部 平安時代 トイレ
dot.4/7
最後の悩みだった片づけ。きれいになった家で家族と一緒に毎日感じる幸せ
最後の悩みだった片づけ。きれいになった家で家族と一緒に毎日感じる幸せ

 5000件に及ぶ片づけ相談の経験と心理学をもとに作り上げたオリジナルメソッドで、汚部屋に悩む女性たちの「片づけの習慣化」をサポートする西崎彩智(にしざき・さち)さん。募集のたびに満員御礼の講座「家庭力アッププロジェクト®」を主宰する彼女が、片づけられない女性たちのヨモヤマ話や奮闘記を交えながら、リバウンドしない片づけの考え方をお伝えします。

AERA3/25
大学構内で大根栽培やザリガニ釣り…東京大学で「だめライフ」を実践する謎の集団を直撃 「高等遊民としてだらっと生きたい」
大学構内で大根栽培やザリガニ釣り…東京大学で「だめライフ」を実践する謎の集団を直撃 「高等遊民としてだらっと生きたい」

 日本の受験エリートたちが集う東京大学に、「だめライフ愛好会」なる団体があるのをご存じだろうか。「だめ」をライフワークに――こんなモットーを掲げ、Xで日々発信を続けているのだが、投稿をさかのぼっても、活動内容は大学構内での大根栽培くらいしか確認できない。誰が、どんな目的で、何をしているのか。謎に包まれたその実態を探るべく主催者に取材を申し込むと、東大であえて「だめ」を追及する、意外な理由が見えてきた。

東京大学
dot.4/14
開成は他校生に驚かれる体育館、桜蔭は理科講義室とプール 名門校の新校舎のこだわり
開成は他校生に驚かれる体育館、桜蔭は理科講義室とプール 名門校の新校舎のこだわり

 中高一貫校で注目の2校が校舎や施設をリニューアルした。伝統を継承しつつ、生徒たちにどのように活用してほしいのか、先生たちの思いを聞いた。AERA 2024年4月15日号より。

AERA4/13
東大に推薦入試で合格、いったいどんな生徒? 書道と環境問題への意識をつなげて論文作成
東大に推薦入試で合格、いったいどんな生徒? 書道と環境問題への意識をつなげて論文作成

 近年、国公立大学でも合格への道が多様化している。難関国立大の合格を手にした生徒はどのような道を経てきたのか。推薦入試で東京大学に合格した生徒の例を紹介する。AERA 2024年4月1日号より。

AERA3/29
元アイドルの「日本一、予約が取れない熱波師」 鮭山未菜美さんが芸能界で感じた疑問と今のやりがい
元アイドルの「日本一、予約が取れない熱波師」 鮭山未菜美さんが芸能界で感じた疑問と今のやりがい

 サウナの「熱波師」(アウフギーサー)として屈指の人気を誇る鮭山(しゃけやま)未菜美さん。追っかけのような熱烈なファンがいるほどだが、かつて芸能界にいたときは自分の存在意義に深い葛藤を抱えていたという。畑違いに見える仕事に転身した今は何を目指し、悩んでいた当時をどう振り返るのか。

鮭山未菜美 熱波師 サウナ
dot.3/24
静かにフェードアウトして、心地良い湯加減が変わるのは自然なこと しいたけ.さんがアドバイス
静かにフェードアウトして、心地良い湯加減が変わるのは自然なこと しいたけ.さんがアドバイス

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占い師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

しいたけ.
AERA3/22
母猫に甘えるキジトラ子猫「おかーさん、大好き。ずっと一緒にいてね」【沖昌之】
母猫に甘えるキジトラ子猫「おかーさん、大好き。ずっと一緒にいてね」【沖昌之】

 主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気の猫写真家・沖昌之さん。「今週の猫しゃあしゃあ」では、そんな沖さんが出会った猫たちを紹介します。今回は「おかーさん、これからもずっと一緒にいてね!」をお届けします。

沖昌之
AERA4/6
訪問介護の基本報酬減額は「問題だらけ」 上野千鶴子さん「国が言わない引き下げの狙い」指摘
訪問介護の基本報酬減額は「問題だらけ」 上野千鶴子さん「国が言わない引き下げの狙い」指摘

 訪問介護の基本報酬が、今年4月から引き下げられた。「驚天動地でした」と語るのは東京大学名誉教授の上野千鶴子さんだ。マイナス改定は「問題だらけ」だと指摘する。AERA 2024年4月22日号より。

AERA4/19
仲良くならないほうがいい相手もいる、「苦手」と言ってもいい しいたけ.さんがアドバイス
仲良くならないほうがいい相手もいる、「苦手」と言ってもいい しいたけ.さんがアドバイス

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占い師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

しいたけ.
AERA3/29
〈新学期に読みたい〉小学4年で英検準1級に合格した「ギフテッド」少年の生きづらさ 「正直、学校は好きじゃない」と適応に苦しみ
〈新学期に読みたい〉小学4年で英検準1級に合格した「ギフテッド」少年の生きづらさ 「正直、学校は好きじゃない」と適応に苦しみ

 新学期を前に、昨年話題になった「ギフテッド」の記事を再配信する。ギフテッドという言葉を聞いたことがあるだろうか。「飛び級で進学」「教科書は一度読めばほとんど理解」など、天才少年少女というイメージをもつ人も多いだろう。しかし本人は、「授業が全く面白くない」「同級生と話が合わない」「学校に行くのが辛い」といった負の側面を感じていることも少なくない。表からは見えづらい「心のうち」はいかなるものなのか。今回は、IQ154、小学4年生で英検準1級に合格したという小林都央さん(11)のケースを紹介する。<阿部朋美・伊藤和行著『ギフテッドの光と影 知能が高すぎて生きづらい人たち』(朝日新聞出版)より一部を抜粋・再編集>(この記事は「AERA dot.」2023年5月24日に配信したものの再配信です。年齢は2023年3月時点、その他肩書などは配信時のまま)

ギフテッド 書籍 朝日新聞出版の本
dot.3/22
上司はなぜよく出社する部下をひいきするのか? 立命館大教授が解説する「組織内のバイアス」
上司はなぜよく出社する部下をひいきするのか? 立命館大教授が解説する「組織内のバイアス」

 組織内には至るところにバイアスがある。リモートより出社している部下をひいきするという現象もその一つだという。立命館大学教授の山浦一保さんに聞いた。AERA 2024年4月15日号より。

上司と部下
AERA4/15
皇室と国民をつなぐ愛子さまの「ラストチャンス」 "超・箱入り”からの脱却を自ら望む日が来るかもしれない
皇室と国民をつなぐ愛子さまの「ラストチャンス」 "超・箱入り”からの脱却を自ら望む日が来るかもしれない

 愛子さまが学習院大学を卒業した。振袖にはかま姿でメディアの前に立ち、「大学生活を振り返られていかがですか?」という問いかけに、「たくさんの新しい学びを得て、充実した4年間を過ごすことができました」と答えていた。

愛子さま 皇室
dot.3/24
我慢に我慢を重ねた末に爆発してしまうと悩む40歳女性に鴻上尚史が勧める「コンビニに行こう」を断ることから始める試行錯誤
我慢に我慢を重ねた末に爆発してしまうと悩む40歳女性に鴻上尚史が勧める「コンビニに行こう」を断ることから始める試行錯誤

 不本意な仕事を押し付けられることを我慢し過ぎた挙げ句に爆発してしまう癖があると悩む40歳女性。喧嘩腰にならず冷静に意見を伝えられるようになりたいと望む相談者に、鴻上尚史が勧める「日常の小さな誘いやお願いを断る」ことから始める試行錯誤とは。

鴻上尚史 人生相談 読書 書籍
dot.3/19
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
カテゴリから探す
ニュース
〈きょう「報道特集」が放送【池袋暴走事故5年】〉ネットの誹謗中傷、10年前の約2.5倍 池袋暴走事故の遺族も被害に遭い「泣きました」
〈きょう「報道特集」が放送【池袋暴走事故5年】〉ネットの誹謗中傷、10年前の約2.5倍 池袋暴走事故の遺族も被害に遭い「泣きました」
誹謗中傷
AERA 14時間前
教育
闇夜に浮かび上がるあのシルエット「今宵も参上するニャン」【沖昌之】
闇夜に浮かび上がるあのシルエット「今宵も参上するニャン」【沖昌之】
沖昌之
AERA 14時間前
エンタメ
故郷で出会ったのは「30年前に事故でこの世を去った両親」 山田太一の小説を新解釈で映画化した「異人たち」
故郷で出会ったのは「30年前に事故でこの世を去った両親」 山田太一の小説を新解釈で映画化した「異人たち」
シネマ×SDGs
AERA 1時間前
スポーツ
実績ほぼなしも「15億円で契約延長」  SBスチュワートへの“多額投資”は回収できるのか
実績ほぼなしも「15億円で契約延長」 SBスチュワートへの“多額投資”は回収できるのか
プロ野球
dot. 14時間前
ヘルス
女医が考える中絶に関する権利 アリゾナでは160年前の法律が有効になることへの衝撃
女医が考える中絶に関する権利 アリゾナでは160年前の法律が有効になることへの衝撃
dot. 4/17
ビジネス
ビジネスコンペ300戦無敗! いじめられっ子だった私が「選ばれる人」になった理由
ビジネスコンペ300戦無敗! いじめられっ子だった私が「選ばれる人」になった理由
朝日新聞出版の本
dot. 4/19