ニュース

コロナ禍の海外旅行はいったい何をしに? 日程の4分の3は帰国のPCR検査に奔走

コロナ禍の海外旅行はいったい何をしに? 日程の4分の3は帰国のPCR検査に奔走

「おや?」と思って立ち止まる。そしてはじまる旅の迷路――。バックパッカーの神様とも呼ばれる、旅行作家・下川裕治氏が、世界を歩き、食べ、見て、乗って悩む謎解き連載「旅をせんとや生まれけむ」。今回は、エジ

dot.

2時間前

  • 「この子には障がいがあります」 障害をオープンにするタグを配布する47歳母親の決意

     8年前、生まれて間もない長男に障害があることを知り泣き崩れた母親。だが彼女は今、障害当事者の子どもが身につけられるタグ型のマークを作るためにクラウドファンディングで資金を集め、長男に着けるだけではな

    dot.

    2時間前

  • エコ先進国のドイツ、電力の4割以上が再エネ 脱原発まであと1年「早くやることが大切」

     ドイツが国内の原発を廃止する2022年末まで、あと1年と迫っている。欧州連合(EU)で原発活用の機運が高まる中、乗り越えるべき課題は少なくない。AERA 2021年12月6日号の記事を紹介する。* 

    AERA

    5時間前

  • 追悼・中村吉右衛門 「武蔵坊弁慶」共演の川野太郎「"立ち往生"シーンで見せた『魂の姿』が忘れられない」

     日本を代表する歌舞伎俳優、中村吉右衛門さんが11月28日に亡くなった。享年77歳。心不全だった。当たり役の一つが、「勧進帳」の弁慶。1986年のNHKの時代劇「武蔵坊弁慶」でも同役を演じた。義経役と

    週刊朝日

    5時間前

  • 日大不祥事、現職教授が指摘する一部理事による大学“私物化” 「学生に実害が及ぶことは許されない」

     日本大学のトップである田中英寿理事長(74)が脱税の疑いで逮捕され、学内に波紋が広がっている。2018年のアメフト悪質タックル問題、今年7月の現職理事逮捕に続く不祥事。同大学は約2500人の教員を擁

    dot.

    22時間前

  • ノーベル物理学賞受賞の真鍋淑郎さん かつては「予想屋」と皮肉られたことも

     世界共通の課題である地球温暖化問題。その研究の第一人者である、真鍋淑郎さんにノーベル物理学賞が贈られ、12月10日に授賞式が行われる。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」12月号では、受賞の意

    AERA

    12/2

  • 木下元都議に冬のボーナス115万円支給へ 「寄付より辞退すべき」都議らが支給差し止め住民監査請求

     12月10日、冬のボーナス115万5832円が、辞職した木下富美子元都議に支給される。木下氏は自身のホームページで11月分の報酬と期末手当は「全額寄付する」と明らかにしたが、支給を阻止しようと都議ら

    dot.

    12/2

この人と一緒に考える

  • 愛子さま成人で「女性・女系天皇」への言及あるか? 「愛子天皇」への期待の高まりで

     愛子さまが12月1日、20歳の誕生日を迎えた。「愛子天皇」を待望する声がある中、記者会見では何を語るのか注目が集まる。AERA 2021年12月6日号から。*  *  * 愛子さまはティアラを新調せ

    AERA

    12/2

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「表現の自由とは」

     作家・室井佑月氏は、表現の自由についてどこまで自粛が必要なのか、物書きの立場から考える。*  *  * 瀬戸内寂聴さんが亡くなった。とても寂しい。あたしは瀬戸内晴美さんの時代の彼女の本から読んでいた

    週刊朝日

    12/2

  • 北原みのり

    北原みのり

    人目をはばからず号泣  夫をノコギリで殺害した76歳女性の裁判傍聴記に寄せられた一通の手紙

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、ある事件をめぐるできごとから、女性に対する暴力とは何かを考えた。*   * * 今年3月、76歳の女性が夫

    dot.

    12/1

  • 中ロ艦隊「日本一周」の意味と「極超音速兵器」の恐怖

     米中関係が冷え込む中、中ロの艦隊が津軽海峡を通過して日本周辺を一周するという「挑発」に出た。さらに、中ロが世界に先駆け開発した「最新兵器」が米国をも脅かす。不安ばかりの極東軍事情勢、日本はどう生き延

    週刊朝日

    12/1

  • 愛子さまと雅子さまの髪形には意味があった? “お揃いヘア”卒業に見た2人の「強さ」

     愛子さまが成人する。その際に注目するのが、ヘアスタイルだ。髪形には、愛子さまの思いや雅子さまとの距離感などが投影されてきたようなのだ。 AERA 2021年12月6日号から。*  *  * 天皇陛下

    AERA

    12/1

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「“危機”近づく台湾問題で問われる日本の対中姿勢」

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、台湾問題に対して日本は何ができるのか、問いかける。*  *  * 11月16日、バイデン大統領・習近平国家主席による米中首脳会談がオンラインで行われた。3時間半に及ぶ

    週刊朝日

    12/1

この人と一緒に考える

  • 立憲民主、崩壊の危機 参院選1人区「4勝28敗」の衝撃予測

     立憲民主党の代表選が終わり、新しい執行部による「党再生」が始まる。だが、選挙戦は盛り上がりに欠け、来夏の参院選の勝敗シミュレーションも絶望的だ。今こそ必要なのは、民主党時代の成功体験ではないか。未来

    週刊朝日

    12/1

  • 「大きな一歩だと考えています」伊藤詩織さんが中傷ツイート訴訟判決で涙 漫画家らに賠償命令

    「大きな一歩だと考えています」 性被害を訴えてきたジャーナリストの伊藤詩織さん(32)は11月30日午後、東京都内で開いた会見の後半で、少し涙ぐみながらこう語った。 ツイッターに投稿されたイラストなど

    AERA

    11/30

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    「教育エクソダス」が始まった 古賀茂明

     先週号では、日本が「犯罪大国」になるという米国人投資家ジム・ロジャーズ氏の懸念について書いたが、今週は、「私がもし10歳の日本人なら、直ちに日本を去るだろう」という彼の言葉の意味を深掘りしてみたい。

    週刊朝日

    11/30

  • 「一生頭が上がらない」戸辺誠七段が渡辺明名人を慕うワケ

     AERAの将棋連載「棋承転結」では、当代を代表する人気棋士らが月替わりで登場します。毎回一つのテーマについて語ってもらい、棋士たちの発想の秘密や思考法のヒントを探ります。渡辺明三冠(名人、棋王、王将

    AERA

    11/29

  • 日大のドン・田中理事長がついに逮捕 日大報告書に記された「許永中や暴力団と黒い交際」

     国内最大のマンモス大学への東京地検特捜部の強制捜査から2か月半、とうとう日大の“本丸”に捜査のメスが入った。 日本大学をめぐる背任事件に関連し、東京地検特捜部は11月29日、

    dot.

    11/29

  • 自民が「やりにくい」のは小川氏? 立憲代表選4候補の人物像とポスト枝野の重責

     先の総選挙で議席を減らした立憲民主党。枝野幸男氏が代表を退き、代表選に。名乗りを上げた4候補はどんな人物か。参議院選挙を控え、次期代表に課せられた責任とは。 AERA 2021年12月6日号から。*

    AERA

    11/29

1 2 3 4 5

カテゴリから探す