「介護」に関する記事一覧

自宅か老人ホーム、最期はどっちがいい? 決め手は「老いた姿を子どもたちに見せたくないか」

自宅か老人ホーム、最期はどっちがいい? 決め手は「老いた姿を子どもたちに見せたくないか」

「最期は自宅で迎えたい」と願う人は多いものの、それをかなえられている人はそれほど多くはありません。現実には、自宅で介護する家族、おもに子ども世代のことも考慮する必要があり、自分の理想ばかりを追い求めら

dot.

6/20

  • 若林健史

    若林健史

    親が認知症と診断されたら、もう歯科治療は続けられない? 歯科医の答えは

    若い頃からかかりつけの歯科医院があり、熱心に通っていた親。おかげで健康な歯が20本以上残り、なんでもおいしく食べることができている。ところが80歳を過ぎ、徐々に自分のことができなくなり認知症の疑いがあ

    dot.

    4/18

  • 安藤優子氏が語る認知症介護「最もつらい時期」、大好きな母がヘルパーをクビにし罵詈雑言…

     大好きな母が壊れていく…。ジャーナリストの安藤優子氏が経験した認知症介護の日々は、誰の身にも降りかかり得るものです。皆がかかるかもしれないのが認知症という脳の病。親、家族がなったとして

    ダイヤモンド・オンライン

    4/5

  • メイプル超合金・安藤なつ 介護のぶっちゃけ話「給料、安い!なんとかして」

     人気お笑いコンビ・メイプル超合金のツッコミ担当の安藤なつさんは、ヘルパー2級(介護職員初任者研修)の資格を持っているのは割と有名な話だが、介護歴はなんと20年。このほど『知っトク介護 弱った親と自分

    dot.

    3/21

  • 自宅と施設の中間「小規模多機能」で在宅介護をあきらめない! 実体験ルポ

     両親の介護をする際、どこまで在宅でできるのか悩む人は多い。嫌がる親を無理やり施設に入れることはしたくない。でも、在宅で頑張って体を壊しては元も子もない。じゃあどうすれば──。実は両者の中間のような方

    週刊朝日

    10/19

  • 元おニャン子・新田恵利さん 母親の介護を支えた夫の気づき 助言より「黙って聞く」

     親の介護をするとき、夫婦はどんな形が望ましいのか。自身の母親の介護を6年半続けたタレントの新田恵利さん(53)は、介護中の悩みや怒り、つらさ、悲しみなどを乗り越えられたのは、「夫の存在が大きかった」

    週刊朝日

    10/17

  • ドレスで旅立った母 新田恵利が在宅介護で6年半、頑張れた理由

     6年半もの間、母親を在宅で介護したタレントの新田恵利さん。介護中のエピソードや、頑張ることができた理由を明かす。*  *  * 今年3月に母(享年92)を見送りました。腰椎(ようつい)の圧迫骨折がき

    週刊朝日

    10/17

この人と一緒に考える

  • 中西正男

    中西正男

    “介護芸人”となった「レギュラー」の新境地 「やっと『遺言に僕の名前書いてくださいね』といじれるようになった」

     2004年に“あるある探検隊”でブレークしたお笑いコンビ「レギュラー」の松本康太さん(42)と西川晃啓(42)さん。14年に介護職員初任者研修、17年にレクリエーション介護士

    dot.

    9/26

  • 「あるある探検隊」のレギュラー “介護芸人”になっていた!

    「あるある探検隊」のネタで老若男女に大ブレークしたお笑い芸人・レギュラー。2人は今、介護のための資格を取得し、さまざまな施設で「介護レクリエーション」をおこなっています。介護芸人として活躍するまでの経

    dot.

    9/13

  • 親の介護は「きょうだいの存在がストレス!」という声も 話し合っておきたい4つのルール

    「親の介護が始まったことで、久しぶりに兄弟姉妹との連絡が密になった」という人は少なくありません。力を合わせて親のためにがんばることができればいいのですが、実際には「きょうだいの存在がストレスです!」と

    dot.

    8/15

  • 遠距離介護は当たり前 実践者が語る生活を維持しながら遠方の親を見守る方法

     核家族化が進み、高齢の親が遠方に住んでいるという人は珍しくないでしょう。「電話での会話がかみ合わなくなってきた」「たまに帰ると家が散らかっている」など、気になることも。遠方の親を見守る具体的な方法に

    dot.

    8/14

  • 「親の介護は子どもの義務ですか?」 お金で解決が案外難しい理由をFPが語る

     高齢の親を持つ人にとって、「親の介護」は他人事ではありません。かといって、親の老いに正面から向き合うのも勇気が必要です。「いま親に何かあったらどうしよう」と不安を抱えつつ、「まぁ、何かあっ

    dot.

    8/13

  • 【マンガ】親が認知症になったら必須の「実家の片付け」をプロに頼るべき最大の理由

     イラストレーターのあさとひわさんが、レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)が話題です。両親と離

    dot.

    7/13

この話題を考える

  • 【マンガ】「心に嵐がある」「宇宙のなかで完全なもの」認知症になった父の表現が文学的ですごい!

     イラストレーターのあさとひわさんが、レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)が話題です。なかでも

    dot.

    6/22

  • 【マンガ】「それ認知症と関係なくない?」思わず娘が突っ込んだ瞬間

    「読んでいてほのぼのする」「家族の愛情を感じる」と話題のコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)。レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いた

    dot.

    6/15

  • 【マンガ】「父さんはバカになっちゃった。だから面倒みてね」認知症の父がかわいいと話題

     親が認知症になったら、どうなってしまうのだろう?そんな不安を抱いたことのある人もいるはず。イラストレーターのあさとひわさんが描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)

    dot.

    6/8

1

カテゴリから探す