「介護」に関する記事一覧

「あるある探検隊」のレギュラー “介護芸人”になっていた!

「あるある探検隊」のレギュラー “介護芸人”になっていた!

「あるある探検隊」のネタで老若男女に大ブレークしたお笑い芸人・レギュラー。2人は今、介護のための資格を取得し、さまざまな施設で「介護レクリエーション」をおこなっています。介護芸人として活躍するまでの経

dot.

9/13

  • 親の介護は「きょうだいの存在がストレス!」という声も 話し合っておきたい4つのルール

    「親の介護が始まったことで、久しぶりに兄弟姉妹との連絡が密になった」という人は少なくありません。力を合わせて親のためにがんばることができればいいのですが、実際には「きょうだいの存在がストレスです!」と

    dot.

    8/15

  • 遠距離介護は当たり前 実践者が語る生活を維持しながら遠方の親を見守る方法

     核家族化が進み、高齢の親が遠方に住んでいるという人は珍しくないでしょう。「電話での会話がかみ合わなくなってきた」「たまに帰ると家が散らかっている」など、気になることも。遠方の親を見守る具体的な方法に

    dot.

    8/14

  • 「親の介護は子どもの義務ですか?」 お金で解決が案外難しい理由をFPが語る

     高齢の親を持つ人にとって、「親の介護」は他人事ではありません。かといって、親の老いに正面から向き合うのも勇気が必要です。「いま親に何かあったらどうしよう」と不安を抱えつつ、「まぁ、何かあっ

    dot.

    8/13

  • 【マンガ】親が認知症になったら必須の「実家の片付け」をプロに頼るべき最大の理由

     イラストレーターのあさとひわさんが、レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)が話題です。両親と離

    dot.

    7/13

  • 【マンガ】「心に嵐がある」「宇宙のなかで完全なもの」認知症になった父の表現が文学的ですごい!

     イラストレーターのあさとひわさんが、レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)が話題です。なかでも

    dot.

    6/22

  • 【マンガ】「それ認知症と関係なくない?」思わず娘が突っ込んだ瞬間

    「読んでいてほのぼのする」「家族の愛情を感じる」と話題のコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)。レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いた

    dot.

    6/15

この人と一緒に考える

  • 【マンガ】「父さんはバカになっちゃった。だから面倒みてね」認知症の父がかわいいと話題

     親が認知症になったら、どうなってしまうのだろう?そんな不安を抱いたことのある人もいるはず。イラストレーターのあさとひわさんが描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)

    dot.

    6/8

この人と一緒に考える

1

カテゴリから探す