週刊朝日

  • 「母親になって後悔してる」で激しい非難 社会学の視点で論じた本

     ライター・永江朗氏の「ベスト・レコメンド」。今回は、『母親になって後悔してる』(オルナ・ドーナト著 鹿田昌美訳、新潮社/2200円・税込み)を取り上げる。「*  *  * 5月8日は母の日だった。母

    週刊朝日

    5/13

  • 阿部サダヲが殺人鬼役 映画『死刑にいたる病』の結末に辛口意見も

     今最も注目される作家・櫛木理宇の傑作小説『死刑にいたる病』を映画化したのは、「凶悪」「彼女がその名を知らない鳥たち」、数々の映画賞に輝いた「孤狼の血」の白石和彌監督。出演はほかに雅也の母親役に中山美

    週刊朝日

    5/13

  • 森まゆみ「お店はやっぱり雰囲気とか人柄」 グルメ本じゃない新刊“食べある記”

     作家・森まゆみさんは、20年近く前に取材した東京の飲食店を再び訪ねた。「お店がまったく変わっていたらどうしよう、とドキドキしました。昔のダンスの相手を訪ね歩くフランス映画『舞踏会の手帖』みたいでした

    週刊朝日

    5/13

  • カトリーヌあやこ

    カトリーヌあやこ

    高橋一生主演「インビジブル」 久本雅美がぶっ放すのは「よろちくび」砲?

     漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「インビジブル」(TBS系 金曜22:00~)をウォッチした。*  *  * 初回冒頭、渋谷駅前スクランブル交差点で爆破事件。ドラマロケといえば横浜ば

    週刊朝日

    5/13

  • トラック運転手のために「ドラめし」開発も 地元で愛されるドライブイン

    「道の駅」や大型のショッピングセンターの台頭で存在感が薄れているドライブイン。だが最近は、個性的な店構えやサービスが改めて注目されている。長きにわたり地域で愛されるドライブインを紹介しよう。>>前編【

    週刊朝日

    5/13

  • 下重暁子

    下重暁子

    「自然への恐れを忘れ…」作家・下重暁子が知床遊覧船事故に思うこと

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、知床遊覧船事故について。*  *  * 知床には二度行っている。一度は斜里に講演に行き、二度目は半

    週刊朝日

    5/13

この人と一緒に考える

  • 日本にも熱狂的ファン! トーマス・ベルンハルトの新刊『昏乱』の魅力

     詩人、小説家の小池昌代さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『昏乱(こんらん)』(トーマス・ベルンハルト著 池田信雄訳、河出書房新社/3190円・税込み)。*  *  * 戦後のドイツ語文学のなかで最も

    週刊朝日

    5/12

  • 昭和感漂う「個性派ドライブイン」 映画・アニメ聖地と“映え”で脚光

     大型のショッピングセンターや「道の駅」といった新しくて便利な施設に押され気味のドライブイン。だが最近は、個性的な店構えやサービスが改めて見直されている。レトロな雰囲気を味わえる場としても魅力的だ。注

    週刊朝日

    5/12

  • 柴犬のウニちゃんは臆病で優しい自慢の彼女 唯一苦手なのは「小型犬」

     ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、犬のウニちゃんです。*  *  * 45歳女性独身子なし。私の家族は15歳になる雌の柴犬・ウニ1匹です。1

    週刊朝日

    5/12

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「まず守るべきもの」

     作家・室井佑月氏は、国の防衛力強化のために、防衛費の増額を提言した自民党に苦言を呈する。*  *  * 4月22日の東京新聞に「武力による抑止前面」という記事があった。「自民党安全保障調査会は二十一

    週刊朝日

    5/12

  • “頭ほぐし”で薄毛防止に視力回復も? 頭のコリを解消する方法

     連休中にゆっくり休んだはずが、なんだかスッキリしない。もしかしたらそれは頭のコリが原因かも。ならば「頭ほぐし」で気分をスッキリさせよう。気持ちも上がるし、見た目も変わって、より元気に過ごせること間違

    週刊朝日

    5/11

  • 危険なペットフードの見分け方 「国産」表記にも注意すべき理由

    「添加物不使用」などとアピールする食品はスーパーでもよく見かける。食の安全に注目が集まるなか、ペットが口にするものにも気を配ろうとする動きが。ペットフード製造の実態をもとに、どうすればより安全な製品を

    週刊朝日

    5/11

この話題を考える

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「私をジャーナリストに導いた2度の価値観の大転換」

     田原総一朗氏が、ジャーナリストになったわけを明らかにする。*  *  * 実はこのたび、日本外国特派員協会から「報道の自由推進賞」をいただくことになり、4月26日に、特派員協会で授賞式が行われた。 

    週刊朝日

    5/11

  • 自転車事故が異例の増加 電動キックボードの脅威にマナー悪化も

     コロナ禍で「ニューノーマル」な生活スタイルが広がる中、自転車が絡む交通事故の件数が増加するという、思わぬ「副作用」が現れている。新たな「交通戦争」時代に、被害者や加害者にならないために、知っておくべ

    週刊朝日

    5/11

  • 高齢者の人生が変わる「リモート」活用 野口悠紀雄が力説、格差解消も

     コロナ禍は私たちの生活を大きく変えた。とりわけ変化したのはコミュニケーションのあり方だ。リモート、つまりオンラインによるコミュニケーションが急速に普及した。『リモート経済の衝撃』を最近著した一橋大学

    週刊朝日

    5/10

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    忘れてもらえない過去がある 古賀茂明

     ウクライナの公式とされるTwitterアカウントが、動画で「ファシズム」「ナチズム」に触れる際に、ヒトラー、ムッソリーニと並んで昭和天皇の写真を掲載したことが物議を醸した。ネット上で日本人から抗議の

    週刊朝日

    5/10

  • T-POPに日本人がハマリやすいわけ タイの人気歌手「『幽☆遊☆白書』を見て、宇多田ヒカルに影響受けた」

     タイのポップミュージック(T-POP)が注目されている。J-POPに影響を受けた世代のアーティストが多いためか、日本人には親しみやすい曲が多いようだ。ラジオDJでタイポップス探検家の山麓園太郎(さん

    週刊朝日

    5/9

  • 「いま勢いのある大学」1位は? 日大は不祥事の影響で増加率40位に

     2022年の私大入試が終わった。昨年はコロナ禍で多くの大学が志願者を減らしたが、今年は回復の兆しが見え始めた。「実志願者数」とその増加率から、人気を集めた大学を探った。*  *  * のべ志願者数は

    週刊朝日

    5/9

1 2 3 4 5

カテゴリから探す