「篠山紀信」に関する記事一覧

【追悼】篠山紀信さんが編集者に語っていた“事件”のこと 「写真家を長いことやっていれば、一度やそこらは家宅捜索に入られたりもしますよ」
【追悼】篠山紀信さんが編集者に語っていた“事件”のこと 「写真家を長いことやっていれば、一度やそこらは家宅捜索に入られたりもしますよ」

1月4日に83歳で亡くなった篠山紀信さんは生前、「篠山というのは、時代が生んだ、変な写真家なんですよ」と、茶目っ気たっぷりに語っていた。撮影対象はアイドル、著名人、建築、自然風景と、多岐にわたる。「これは面白い、というものは何でも撮っちゃう。そんなバカみたいなことをやる人はほかにいないでしょう(笑)」。一方、最近は過激なものを排除し、無難なものに流れる時代の雰囲気をひしひしと感じていた。

dot.
【追悼】篠山紀信さん 高田万由子さんの実家は“第2スタジオ”「ヌード撮影中なんてことも」
【追悼】篠山紀信さん 高田万由子さんの実家は“第2スタジオ”「ヌード撮影中なんてことも」
写真家の篠山紀信さんが4日、83歳で亡くなった。篠山さんは1978年から97年の約20年間、「週刊朝日」の表紙を撮っていた。「女子大生シリーズ」は名物企画で、その後飛躍する俳優、タレント、アナウンサーが輩出した。高田万由子さんもその一人だ。篠山さんとの出会いからその後の親交について、高田さんが追悼文を寄稿した。
篠山紀信高田万由子
dot. 1/5
宮崎美子から始まった表紙の“魔力” 篠山紀信さんを偲ぶ「出会いが無ければ今の私はありません」
唐澤俊介 唐澤俊介
宮崎美子から始まった表紙の“魔力” 篠山紀信さんを偲ぶ「出会いが無ければ今の私はありません」
写真家の篠山紀信さんが4日、亡くなった。83歳だった。人物、建築、美術など被写体のジャンルは多様で、作品の数々は世界で知られる。1978年から97年の約20年間、「週刊朝日」の表紙も撮り続けた。
篠山紀信宮崎美子
dot. 1/5
【追悼】篠山紀信さん 樋口可南子、宮沢りえ、黒柳徹子まで… 篠山紀信がヌードを撮り続けるワケ
【追悼】篠山紀信さん 樋口可南子、宮沢りえ、黒柳徹子まで… 篠山紀信がヌードを撮り続けるワケ
写真家の篠山紀信さんが4日、亡くなった。83歳だった。人物、建築、美術など被写体のジャンルは多様で、作品の数々は世界で知られる。1978年から97年の約20年間、雑誌文化が盛り上がっていた時代の週刊朝日の表紙も撮り続けた。篠山さんを偲び、2016年6月13日の記事を再配信する。(年齢、肩書等は当時)
篠山紀信
dot. 1/5
【追悼】篠山紀信さん 宮崎美子“還暦ビキニ”「冗談だと笑われてた…」裏話を語る
【追悼】篠山紀信さん 宮崎美子“還暦ビキニ”「冗談だと笑われてた…」裏話を語る
写真家の篠山紀信さんが4日、亡くなった。83歳だった。人物、建築、美術など被写体のジャンルは多様で、作品の数々は世界で知られる。1978年から97年の約20年間、雑誌文化が盛り上がっていた時代の週刊朝日の表紙も撮り続けた。篠山さんを偲び、週刊朝日 2021年1月15日号に掲載された宮崎美子さんへのインタビュー記事を再配信する。(年齢、肩書等は当時)
篠山紀信宮崎美子
週刊朝日 1/5
【追悼】篠山紀信さん 宮崎美子×篠山紀信“運命の一冊”から41年 「週刊朝日」表紙にカムバック!
松岡かすみ 松岡かすみ
【追悼】篠山紀信さん 宮崎美子×篠山紀信“運命の一冊”から41年 「週刊朝日」表紙にカムバック!
写真家の篠山紀信さんが4日、亡くなった。83歳だった。人物、建築、美術など被写体のジャンルは多様で、作品の数々は世界で知られる。1978年から97年の約20年間、雑誌文化が盛り上がっていた時代の週刊朝日の表紙も撮り続けた。篠山さんを偲び、週刊朝日2021年1月15日号の記事を再配信する。(年齢、肩書等は当時)
篠山紀信宮崎美子
週刊朝日 1/5
【追悼】篠山紀信さん 女子大生表紙を振り返る「第1回が宮崎美子さんで、いきなり大成功」
【追悼】篠山紀信さん 女子大生表紙を振り返る「第1回が宮崎美子さんで、いきなり大成功」
写真家の篠山紀信さんが4日、亡くなった。83歳だった。人物、建築、美術など被写体のジャンルは多様で、作品の数々は世界で知られる。1978年から97年の約20年間、雑誌文化が盛り上がっていた時代の週刊朝日の表紙も撮り続けた。篠山さんを偲び、週刊朝日2022年2月25日号の記事を再配信する。(年齢、肩書等は当時)
篠山紀信週刊朝日100周年
週刊朝日 1/5
【追悼】篠山紀信さん 「山口百恵の涙があふれて…」巨匠・篠山紀信が語った週刊朝日72表紙の”秘密” 創刊99周年
菊地武顕 菊地武顕
【追悼】篠山紀信さん 「山口百恵の涙があふれて…」巨匠・篠山紀信が語った週刊朝日72表紙の”秘密” 創刊99周年
写真家の篠山紀信さんが4日、亡くなった。83歳だった。人物、建築、美術など被写体のジャンルは多様で、作品の数々は世界で知られる。1978年から97年の約20年間、雑誌文化が盛り上がっていた時代の週刊朝日の表紙も撮り続けた。篠山さんを偲び、週刊朝日 2021年1月15日号の記事を再配信する。(年齢、肩書等は当時)
篠山紀信
週刊朝日 1/5
【追悼】篠山紀信さん 「安室奈美恵さんのときは…」 篠山紀信の「表紙」撮影秘話
菊地武顕 菊地武顕
【追悼】篠山紀信さん 「安室奈美恵さんのときは…」 篠山紀信の「表紙」撮影秘話
写真家の篠山紀信さんが4日、亡くなった。83歳だった。人物、建築、美術など被写体のジャンルは多様で、作品の数々は世界で知られる。1978年から97年の約20年間、雑誌文化が盛り上がっていた時代の週刊朝日の表紙も撮り続けた。篠山さんを偲び、週刊朝日2021年1月15日号の記事を再配信する。(年齢、肩書等は当時)
篠山紀信
週刊朝日 1/5
【追悼】篠山紀信さん 写真家60年の集大成「欲望を満たすために、写真を使ってきた」
米倉昭仁 米倉昭仁
【追悼】篠山紀信さん 写真家60年の集大成「欲望を満たすために、写真を使ってきた」
写真家の篠山紀信さんが4日、亡くなった。83歳だった。人物、建築、美術など被写体のジャンルは多様で、作品の数々は世界で知られる。1978年から97年の約20年間、雑誌文化が盛り上がっていた時代の週刊朝日の表紙も撮り続けた。篠山さんを偲び、2021年5月31日の記事を再配信する。(年齢、肩書等は当時)
篠山紀信アサヒカメラ写真家写真展新・晴れた日東京都写真美術館
dot. 1/5
篠山紀信が写した昭和から平成にかけての心を揺さぶられる光景
篠山紀信が写した昭和から平成にかけての心を揺さぶられる光景
まだ高度経済成長期の熱さが残る1974年、さまざまな出来事がありました。ジョン・レノンとの結婚で話題を呼んだオノ・ヨーコの来日。世界ジュニアミドル級チャンピオンのプロボクサー、輪島功一の壮絶なKO負け。「ミスタージャイアンツ」長嶋茂雄の引退、などなど。時代のドキュメンタリーを写してきた篠山紀信さんの作品を紹介します。
アサヒカメラ写真家新・晴れた日東京都写真美術館篠山紀信
dot. 5/31
この話題を考える
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
1
カテゴリから探す
ニュース
「私の精子でぼろ儲けしたのです」 97人の子が誕生  33歳白人男性の精子はなぜ「大人気」だったのか
「私の精子でぼろ儲けしたのです」 97人の子が誕生 33歳白人男性の精子はなぜ「大人気」だったのか
精子バンク
dot. 12時間前
教育
【大河ドラマ「光る君へ」本日第15話】平安貴族のヘアケア事情 美しさを保つには米のとぎ汁
【大河ドラマ「光る君へ」本日第15話】平安貴族のヘアケア事情 美しさを保つには米のとぎ汁
源氏物語
dot. 3時間前
エンタメ
濱口竜介監督が語る映画の現在地 「『日本映画から何か出てこないか』という期待は常にあるはず」
濱口竜介監督が語る映画の現在地 「『日本映画から何か出てこないか』という期待は常にあるはず」
映画
AERA 7時間前
スポーツ
日本のファンは“緩い”と苦言の外国人選手も…スポーツ観戦、難しい「NG発言や行為」の線引き
日本のファンは“緩い”と苦言の外国人選手も…スポーツ観戦、難しい「NG発言や行為」の線引き
スポーツ観戦
dot. 6時間前
ヘルス
【首・腰の手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は品川志匠会病院、2位は稲波脊椎・関節病院
【首・腰の手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は品川志匠会病院、2位は稲波脊椎・関節病院
いい病院
dot. 15時間前
ビジネス
ビジネスコンペ300戦無敗! いじめられっ子だった私が「選ばれる人」になった理由
ビジネスコンペ300戦無敗! いじめられっ子だった私が「選ばれる人」になった理由
朝日新聞出版の本
dot. 4/19