「新型コロナウイルス」に関する記事一覧

  • ガラスを飲み込むような喉の痛みが続く人も…「症状格差」はなぜ起こる?

     コロナに感染しても無症状・軽症で隔離期間を終える人もいるが、かなりつらいというケースも。症状格差はなぜ生まれるのか。AERA2022年3月7日号の記事を紹介する。*  *  *「子どもが陽性でほかの

    AERA

    3/2

  • バランス食にネトフリ三昧…無症状患者が“隔離期間を満喫”という実態

     コロナ感染が広がっているが、症状の出方はさまざまだ。重症者が増えている一方、無症状や軽い風邪程度、といった人もいる。AERA2022年3月7日号の記事を紹介する。*  *  *「陽性判定が出て自宅療

    AERA

    3/1

  • 5~11歳 子どものワクチン接種は効果と副反応を考慮 持病ある場合はかかりつけ医に相談を

     新型コロナウイルスのワクチンが、5~11歳の子どもに対しても特例承認された。接種するかどうかを決めるに際して考慮すべき点がある。AERA 2022年2月28日号から。*  *  * 子どもにワクチン

    AERA

    2/24

  • 【独自】大阪のコロナ宿泊療養者から苦情続出の貧相な食事 ホテル側が“中抜き”認める

     1万939人の新型コロナウイルス感染が2月22日、確認された大阪府。新たに感染者63人の死亡が確認され、1日に確認された死亡者数としては過去最多を更新した。自宅療養者は約7万3000人、入院・療養等

    dot.

    2/24

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「わからなくなってきた」

     作家の室井佑月氏は、コロナに対する国の方針が見えてこないと憤りを露にする。*  *  * この原稿を書いている2月14日の「NHK NEWS WEB」。「大阪府 まん延防止延長か緊急事態宣言要請か 

    週刊朝日

    2/24

  • カンニング竹山

    カンニング竹山

    コロナが終息して元の生活にどうやって戻る?「全く想像つかない」とカンニング竹山

     英国はコロナ規制全廃を発表したかと思えば、いまだにまん延防止等重点措置の日本のコロナ対策。お笑い芸人・カンニング竹山さんは、こうしたコロナ対策とコロナ後は自分たちの生活がどのように元に戻っていくのか

    dot.

    2/23

この人と一緒に考える

  • 5~11歳のワクチン接種 中高生の親に比べ消極的な保護者の割合が多い理由

     政府は今年1月、新型コロナウイルスワクチンの接種対象に5~11歳の子どもを加えることを承認した。早ければ3月にも接種が始まる見通しだ。AERA 2022年2月28日号から。*  *  * 今年1月に

    AERA

    2/23

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    ワクチン3回目接種 今後の流行を予測して進めないと夏に感染拡大か?女医の見解

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「ワクチン3回目接種」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医

    dot.

    2/23

  • 花粉症とオミクロン、医師でも判断難しい くしゃみをするときは後方に注意

     花粉症シーズンが本格的に到来する。このコロナ禍では、くしゃみや鼻水があると肩身が狭い。花粉症なのか、新型コロナウイルス感染なのか──。専門家に聞いた。AERA 2022年2月21日号から。*  * 

    AERA

    2/21

  • 医療ひっ迫の大阪市が高齢者施設に「救急車より相談窓口へ」と促した文書入手「電話つながらない」と困惑 

     2月20日で期限を迎えるまん延防止等重点措置の期限が3月6日まで延長されることが決まった大阪府。府内の自宅療養者は6万8500人、入院・療養等調整中の陽性者は6万2600人以上(18日現在)にも上る

    dot.

    2/20

  • コロナ禍のくしゃみ問題 「私は花粉症です」マークで気まずさ解消

     オミクロン株による感染第6波が続く中、花粉症シーズンが本格的に到来するこのコロナ禍では、くしゃみや鼻水があると肩身が狭い。そんな花粉症の人のために、コロナではないことをアピールできるマークが一役買う

    AERA

    2/20

  • 【独自】国立病院機構傘下のコロナ中核病院で看護師、医師らが大量離職 パワハラ騒動で院長へ退任嘆願書も

     オミクロン株の感染流行で医療体制がひっ迫している。そんな中、コロナ対応で中心的な役割を期待される国立病院機構(NHO)傘下にある災害医療センターで、医師や看護師が大量に離職し、医療提供に影響が出てい

    dot.

    2/19

この話題を考える

  • 大阪のコロナ療養者から食事の苦情続出「国は一食1500円を支給も、安っぽいカツカレーやパンばかり」

    「食事が貧相過ぎて言葉が出ません」 こう訴えるのは、2月に新型コロナウイルスに感染し、大阪市内のホテルで1週間、宿泊療養した50歳代の男性、Aさんだ。貧相すぎると訴えるのは、ホテルで出される朝昼晩の食

    dot.

    2/19

  • ワクチン3回目接種 英米のデータが示す「種類」よりも「打つこと」の重要性

     高齢者施設でのクラスター発生が増え、重症患者が増加している。予防のカギは早期のワクチン追加接種だ。データを分析すると、ファイザー、モデルナどちらでも大差はなく、種類より追加接種が重要だとわかる。AE

    AERA

    2/16

  • ワクチン「交互接種」にリスク報告なし 世界でファイザー・モデルナに推奨区別がない理由

     猛威を振るうオミクロン株。感染対策の切り札としてワクチン追加接種が進められている。そうした中、接種券が届いていても、追加接種を見合わせている人もいる。背景には異なるワクチンを打つことへの不安がある。

    AERA

    2/15

  • 帯津良一

    帯津良一

    毎夜の晩酌を「最後の晩餐」だと思う! 帯津医師の「免疫力を高める方法ベスト10」

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を

    週刊朝日

    2/14

  • 大阪府“医療崩壊”で吉村知事は身動き取れず 西浦・京大教授の分析が示す東京との格差

     吉村洋文知事が「医療緊急事態宣言」を発出し、危機的な状況にある大阪府。「大阪は政府に緊急事態宣言を要請する基準としていた重症病床使用率 40%(府基準)にまもなく達する見込みです。大阪では自宅療養者

    dot.

    2/13

  • 濃厚接触者の自宅待機、欠勤扱いは「死活問題」 シングルマザーから悲痛な叫び

     オミクロン株の感染者拡大とともに増えている濃厚接触者。自宅待機になったことで、生活が苦しくなった人もいる。自己都合の欠勤扱いで補償がないケースがある。「オミクロン版自宅待機」を特集したAERA 20

    AERA

    2/12

3 4 5 6 7

カテゴリから探す