「新型コロナウィルス」に関する記事一覧

第8波が続く背景に次々登場する“オミクロン亜系統” 世界的に複数の亜系統が併存

第8波が続く背景に次々登場する“オミクロン亜系統” 世界的に複数の亜系統が併存

 これまでより感染の広がる速度が増している新たなオミクロン株の亜系統が、次々登場している。欧米ではさらに新たな亜系統も出現している。AERA 2023年1月30日号から。*  *  * 新型コロナウイ

AERA

1/24

  • 北原みのり

    北原みのり

    FAX2台で東京都はコロナ感染者数把握に感じた「真実」が見えない不安

     作家・北原みのり氏の連載「おんなの話はありがたい」。今回は、いまの日本社会について。コロナ禍で、強烈な自己責任を押しつけられ、必死で生きていると感じる。*  *  * 自殺予防カウンセリングをしてい

    dot.

    7/21

  • 鈴木おさむ

    鈴木おさむ

    Zoomで葬儀参列を目の当たりにした鈴木おさむ 別れのかたちも進化の予感

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、故人の見送りについてつづります。*  *  * 今日は葬儀の進化について。このコラムで知

    dot.

    7/16

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    10代妊娠相談が1.8倍増 コロナ外出自粛がもたらした女性への悪影響

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「緊急事態宣言や外出自粛がもたらした女性への影響」について、NPO法人

    dot.

    7/15

  • 救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「最も想定外だったこと」とは?

     神戸市立医療センター中央市民病院は「1年365日・24時間断らない救急医療」を理念に掲げ、あらゆる救急患者を受け入れてきた。厚生労働省が毎年公表する「救命救急センターの評価結果」でも、現在まで6年連

    dot.

    6/26

  • 救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「第2波への備えは?」

     神戸市立医療センター中央市民病院は「1年365日・24時間断らない救急医療」を理念に掲げ、あらゆる救急患者を受け入れてきた。厚生労働省が毎年公表する「救命救急センターの評価結果」でも、現在まで6年連

    dot.

    6/26

  • 「政治は関係なし」アベノマスク着用タレントの意外な”思惑”

     まだ油断できない状況だが、世の中は確実にアフター・コロナへと進みつつある。そんななか、ようやく政府が「ほぼ配布完了」と発表したアベノマスクが別の形で話題となっている。一世帯に2枚づつ配布され、安倍政

    dot.

    6/23

この人と一緒に考える

  • 東京は大丈夫か? コロナ禍で貯金ほぼゼロ、待ち受けるいばらの都政運営

     誰が都知事の座を射止めたとしても、今後、待ち受けるのがおカネの問題だ。 東京都はコロナ対策の休業協力金や臨時医療施設などに多額の予算を投じた。これにより、自治体の“貯金”にあ

    週刊朝日

    6/17

  • コロナ禍でも大活躍「芸能界最強夫婦」仲里依紗・中尾明慶

     日本の芸能界が誇るベストカップルといえばさまざまな名前があがるが、いまSNS上で最も「仲睦まじい夫婦」として人気を博しているのが女優の仲里依紗(30)と俳優の中尾明慶(31)だ。 コロナ禍で芸能界に

    dot.

    6/5

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    米国8万人ががん診断の遅れも コロナ禍で健康に関わるこれだけの心配事

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ後の生活への様々な影響」について、NPO法人医

    dot.

    6/3

  • 芸能人の配信激増で懸念される ファンの執拗なプライバシー探しと情報流出

     コロナ禍の日本で今、ミュージシャンや俳優、お笑い芸人などがなんとかエンタメ業界を盛り上げようと、さまざまな取り組みを見せている。その舞台となっているのはユーチューブやインスタグラムなど、動画配信プラ

    dot.

    5/22

  • カンニング竹山

    カンニング竹山

    カンニング竹山テレビに危機感 「ネットでは…」っていう報道、そろそろ止めない?

     ニュースや情報番組にも数多く出演するお笑い芸人のカンニング竹山さんは、ここ最近、テレビに対してある危機感を抱いていると言う。*  *  * 今、テレビに強く言いたいのは、「ネットではこういう風に言っ

    dot.

    5/20

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    オンライン診療導入など対策しても コロナ院内感染がいまだ起きるのはなぜ?

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新型コロナウィルスの院内感染」について、NPO法人医

    dot.

    5/20

この話題を考える

  • ラリー遠田

    ラリー遠田

    コロナ禍のリモート収録に「ガヤ芸人不要論」噴出 ガヤは葬り去られるのか?

     新型コロナウイルスの感染拡大によって、人々の働き方や日常生活には大きな変化があった。この閉塞感のある状況がいつ終わるのか見えない中で、テレビ業界も新たな状況に適応した形の番組作りを続々と始めている。

    dot.

    5/16

  • BTSでも“免除”はない韓国の兵役の厳しさ 軍隊と完全に縁が切れるのは40歳

     10代を中心に、日本では数年前から韓国カルチャーブームが続く。関心が高まると同時に耳にする機会が多くなるのが兵役についてだ。日本人はなかなか具体的なイメージがわかないが、韓国において芸能人でもその義

    dot.

    5/14

  • 家で仕事ができない! 在宅勤務困難者の行き先はスナック?

     在宅勤務が本格的に始まった4月。作業スペースがない、同居人がいて業務を遮られるなどの理由により、家で仕事ができない“在宅勤務困難者”が続出している。それから約一カ月、都心では

    dot.

    5/11

  • 松本秀男

    松本秀男

    五輪1年延期でアスリートへの影響は? スポーツ医が指摘する精神面のサポート

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京オリンピック・パラリンピックは1年延期されることが決まりました。今夏の大舞台に照準を合わせてきたアスリートたちに衝撃が走りましたが、スポーツ医学的にはどのよう

    dot.

    5/11

  • いまだ台湾に滞在中の日本人研究者がリポート 新型コロナでもロックダウンせずに感染抑制の実情

     世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。日本も例外ではなく、なかなか感染拡大が抑えられていない。一方で、抑え込みに成功しつつある国もある。その一つが、台湾だ。その台湾に研究のために行き来し

    dot.

    5/7

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    世界各国が新型コロナの検証作業に いまこそ感染対策の練り直しが必要

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新型コロナウィルスの抗体検査の有用性」について、NPO法人医療

    dot.

    5/6

1 2

カテゴリから探す