「岸田政権」に関する記事一覧

田原総一朗「参院選を前にまるで中身がない岸田版『骨太の方針』」

田原総一朗「参院選を前にまるで中身がない岸田版『骨太の方針』」

 ジャーナリストの田原総一朗氏は、閣議決定された岸田政権の「骨太の方針」について、問題点を指摘する。*  *  * 岸田文雄内閣が7日、今後の経済財政運営の指針である「骨太の方針」を閣議決定した。 ま

週刊朝日

6/15

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    最低賃金1000円のまやかし 古賀茂明

     岸田文雄首相が掲げる「新しい資本主義」の意味が分からない。 この言葉は、6月7日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2022」(いわゆる骨太の方針)にも大きく掲げられたが、これを読んでもわ

    週刊朝日

    6/14

  • 岸田政権がはまった多正面作戦の罠 米大統領「台湾有事なら軍事関与」の真意

     「世界の警察官」路線の復活なのか。バイデン米大統領のアジア歴訪は、台湾防衛についての“前のめり”な発言が飛び出すなど波乱含み。それに同調するだけだった岸田文雄政権は、危険なゲ

    週刊朝日

    6/2

  • 国民民主党・玉木雄一郎「最大の危機は『岸田政権が何もしないこと』」

     昨年の衆院選以降、政府提出の予算案に賛成するなど「与党寄り」の政治行動が目立つ国民民主党。自公連立政権入りの観測も流れる中、自民党が野党共闘に楔を打ち込んだ側面もある。玉木雄一郎代表に「野党観」や今

    週刊朝日

    5/26

  • 参院選後は「自公国連立」で2023年改憲発議へ 岸田首相が狙うのは?

     参院選に「圧勝」した岸田文雄首相が目指すのは、「自公国3党連立政権」だ。日本維新の会も加え、自民党の党是である憲法改正に必要な3分の2の議席数を確保する狙いがあるとみられる。 4月14日、岸田首相は

    週刊朝日

    4/28

  • 「聞く力より脳みそを使ってほしい」経済オンチ岸田首相に市場関係者総スカン

     2月8日に公表された調査結果は驚くべきものだった。岸田文雄政権の支持率が3%しかなかったのだ。ただし、これは有料の経済ニュース専門チャンネルが実施した調査で、アンケートに回答したのは個人投資家たち。

    週刊朝日

    4/14

  • 岸田政権「新しい資本主義」どこへいった? 会議開催4回だけの体たらく

     岸田文雄首相が就任してから半年が経った。読売新聞社の4月の世論調査では、内閣支持率は59%と、高水準を維持。伸び悩む野党を尻目に、7月に迫る参院選も圧勝確実……と、政権幹

    週刊朝日

    4/13

この人と一緒に考える

  • 「持ち込ませず」外して「非核二原則」になる? 中距離ミサイル配備のリスク

     核の使用をちらつかせるロシアのプーチン大統領の言動により、「核戦争」の脅威が一気に現実味を帯びてきた。そんな中で突如持ち上がった「核共有」論。しかし、専門家に聞くと非現実的との答えが返ってきた。 で

    週刊朝日

    4/8

  • 「核共有」が日本にとって非現実的な理由

     侵攻を続けるロシア軍はウクライナ側の強い抵抗にあって、戦況は膠着(こうちゃく)している。すでにプーチン大統領は核戦力を念頭に特別警戒態勢を取るよう命じるなど、核兵器の先制使用さえためらわない姿勢だ。

    週刊朝日

    4/7

  • 岸田政権は価格高騰でも食料安保に「興味なし」? 北方領土交渉は棚上げに

     戦争が起これば、当事国以外にも影響が及ぶ。それは日本も例外ではない。ロシアによるウクライナ侵攻も、食料生産のコストを高める要因になっており、私たちの生活に直結する。農林水産省農産局の担当者は言う。「

    週刊朝日

    4/1

  • 菅前首相、二階元幹事長が「大派閥」結成で逆襲?岸田首相、最大派閥・安倍派がピリピリ 

     東京都内の日本料理店に3月15日夜、集まったのは、菅義偉前首相と二階俊博元幹事長、そして林幹雄元幹事長代理、森山派(旧石原派)の森山裕会長の4人。二階派の国会議員はこう語る。「参院選での自公の選挙協

    dot.

    3/23

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「優しくありたい」

     作家・室井佑月氏は、日本政府がウクライナからの避難民を受け入れる姿勢に希望を感じている。*  *  * なにも思想は右と左ばかりでないだろうが、このところあたしは、一部の右の人と一部の左の人が大嫌い

    週刊朝日

    3/17

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    国民民主「改革中道」は偽看板 古賀茂明

     国民民主党が、衆議院で政府の予算案に賛成した。予算案は翌年度の政策の骨格を決めるもので、これに賛成すれば、与党の政策を大筋で承認することになる。与党と対峙する「野党」であれば、これに賛成することはで

    週刊朝日

    3/1

この話題を考える

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「エネルギー問題に賛否示さぬ議員。岸田首相の本気度は」

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、50年温室効果ガスゼロや原子力発電について、態度をあいまいにする岸田内閣に苦言を呈する。*  *  * 現在、オミクロン株による新型コロナ感染拡大が大問題となっている

    週刊朝日

    2/23

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「岸田の目玉『新しい資本主義』が悲観的に見られるワケ」

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、岸田文雄首相が掲げる「新しい資本主義」にマスメディアが悲観的な見方を示す理由を解説する。*  *  * 岸田文雄首相は、内閣の目玉政策として「新しい資本主義」なるもの

    週刊朝日

    2/16

  • 2人で2時間以上夕食も 岸田首相が気にしている、安部元首相との微妙な距離感

     コロナ対策に奔走する岸田文雄首相が目下最も気を使う相手は──。「アベノマスク」や「佐渡金山」の問題、人事を見ると、その微妙な距離感が見えてくる。AERA 2022年2月21日号の記事から。*  * 

    AERA

    2/15

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    ワクチン大失策は反面教師の誤算 古賀茂明

     新型コロナのオミクロン株感染爆発が続く中、日本ではワクチンの三回目接種率が5%にも達しない。5割前後の欧州など先進国に比べ、異常なまでの遅れだ。 その責任が厚労省にあるのは確かだが、私は、それ以前に

    週刊朝日

    2/8

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    1億円は佐川宣寿氏が払う? 古賀茂明

     1月19日の代表質問。立憲民主党の泉健太代表が岸田文雄総理に大事な提案をしたが、これを大きく取り上げたメディアはなかった。 その提案は、森友事件で公文書改ざんを強要されて自殺に追い込まれた元近畿財務

    週刊朝日

    2/1

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「30年間停滞する日本経済をどう成長? 国民に説明を」

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、岸田首相が提唱する「新しい資本主義」は実現できるのか、と問いかける。*  *  * オミクロン株による感染が急拡大し、再び新型コロナウイルスが猛威を振るう中、19日か

    週刊朝日

    1/26

1 2 3 4 5

カテゴリから探す