「中学受験」に関する記事一覧

「女の子は算数が苦手」と言われ続けるのはなぜ? 周囲の圧力が女子の理系人口増加の足かせに

「女の子は算数が苦手」と言われ続けるのはなぜ? 周囲の圧力が女子の理系人口増加の足かせに

 中学受験の“要”といわれる算数。いまでは大手塾と算数塾を低学年からダブルスクールする子どもも決して珍しくない。算数1科入試は以前から男子校で採用されてきたが、最近は女子校でも

dot.

2時間前

  • 安浪京子 矢萩邦彦

    安浪京子 矢萩邦彦

    「やらされ中学受験」にプロが警告! 子どもの将来を左右する「合格・不合格」より怖い“ツケ”とは

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    1/30

  • 中学受験超直前!自信をなくしている子には、励ましより「過去問を」 プロに聞くアドバイス

     中学受験シーズンが本格化しています。すでに試験を終えたご家庭もあれば、「超」直前期を迎えているご家庭もあるでしょう。これから試験を控えた今、親はわが子をどうサポートすればよいのでしょう? AERA

    dot.

    1/19

  • 「一睡もできずに受験して合格した子もいます」 中学入試当日の心得を安浪京子先生がアドバイス

     中学受験シーズン本番。2月からは、東京・神奈川で入試が始まります。いよいよ迎える当日、親は子にどんな声掛けをすればいいのでしょうか。プロ家庭教師の安浪京子さんに聞きました。1月6日におこなわれたAE

    dot.

    1/19

  • 2児の父「中学受験専門塾」代表が語る “最後の最後”で子どもを幸せにできる「親の言葉」

     2022年12月末から23年1月にかけて、3回にわたり、AERA dot.では中学受験に参画する父親の奮闘や苦悩を紹介してきた。ラストとなる4回目は、現役の中学受験塾経営者、かつ自らも2児の父で子ど

    dot.

    1/19

  • 安浪京子 矢萩邦彦

    安浪京子 矢萩邦彦

    「中学受験をして医者になりたい」と言っていた娘が小4で心変わり 戸惑う母にプロが辛口アドバイス

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    1/16

  • 中学受験の「英語入試」実施校が8年で10倍に それでも「御三家」クラスの学校が取り入れない理由は

    社会の急速なグローバル化とともに「英語」の需要が高まり、小学校では2020年度から英語が必修化されました。中高一貫校でも英語教育に力を入れ、入試に取り入れる学校も増えています。22年度入試では、英語を

    dot.

    1/16

この人と一緒に考える

  • 中学受験で「算数1科入試」が女子校に広がる理由とは 「文系」のイメージに変化

    かつては「文系」のイメージもあった女子校の理系化が進んでいます。大学では2022年度に奈良女子大学が日本の女子大として初めて工学部を創設し、24年度にはお茶の水女子大学が共創工学部(仮称)を創設する予

    dot.

    1/15

  • 中学入試で「東大入試」と同じテーマを出題した学校は? 「詰め込みでは太刀打ちできない」

    2022年度の首都圏の中学入試の受験者数は5万1100人、受験率も17.30%前年度よりも上昇しました(首都圏模試センター調べ)。8年連続で受験者数、受験率ともに増加し、ますます過熱する中学受験ブーム

    dot.

    1/13

  • 「中学受験人気ブロガー」が提唱する“父親の狂気”に陥らない心得 子の受験を「自分ごと」にしない

    年々過熱する中学受験において、子どもの受験勉強に積極的に関与する父親が増えつつある。育児に積極的な父親が増えるなかで、受験でもわが子をサポートしてあげたいと父親が考えるようになったのも当然の流れかもし

    dot.

    1/12

  • 受験エリートの父親が身をもって感じた「令和の中学受験」の変化 自身と比べ「勉強量は3倍」に

    年々過熱する中学受験において、子どもの受験勉強に積極的に関与する父親が増えつつある。育児に積極的な父親が増えるなかで、受験でもわが子をサポートしてあげたいと父親が考えるようになったのも当然の流れかもし

    dot.

    1/5

  • 安浪京子 矢萩邦彦

    安浪京子 矢萩邦彦

    ASD(自閉スペクトラム症)の小3息子に「中学受験を検討中」の母の悩み 受験の専門家がアドバイス

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    1/2

  • 早稲田アカデミー元教室長が体感した“中学受験パパ”の難しさ 息子との確執を乗り越え願う「幸せな受験」

    年々過熱する中学受験において、子どもの受験勉強に積極的に関与する父親が増えつつある。育児に積極的な父親が増えるなかで、受験でもわが子をサポートしてあげたいと父親が考えるようになったのも当然の流れかもし

    dot.

    12/29

この話題を考える

  • 中学受験で「模試の偏差値」を親が気にしなくていい理由は? 偏差値のメリットとデメリット

    模試の結果や志望校選びで必ず目にする偏差値。一つの基準にはなるが、偏差値にとらわれすぎてわが子の学力を決めつけることはリスクがある。探究学習の第一人者で「知窓学舎」を運営する矢萩邦彦先生は、新著『子ど

    dot.

    12/27

  • 「子どもを壊す中学受験」にしないため、親ができることは? ボーク重子さんに聞く

     中学入試本番が近づいてきた。これから先、受験するかどうか迷っている家庭はもちろんのこと、受験を決めた家庭であっても、小学生時代の貴重な時間を「合格するための勉強」に費やすことに対して、少なからず葛藤

    dot.

    12/25

  • 【中学受験直前!】 「前受け校」は、どう選べばいい?

     中学受験の本番が近づいてきました。中学受験生に向けて正しいノートの作り方を解説した話題の書籍『中学受験必勝ノート術』の著者で、2000人を指導してきたカリスマ家庭教師の安浪京子先生に、この時期の中学

    ダイヤモンド・オンライン

    12/22

  • 中学受験を始めたら親がすぐに捨てるべき「逆算思考」とは? 受験に向いていない家庭にならないために

    時代は、詰め込み型ではなく探求型の学びを重視する教育と変わりつつある。探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんは、「中学受験とは親の受験である」という一面があるからこそ、親自身も新しい価値観を学びアップデ

    dot.

    12/17

  • 中学受験で子どもの家庭内暴言・暴力が始まってしまうのはなぜ?

    過熱する中学受験の闘いを見据え、わが子の入塾を急ぎ、受験勉強へと向かわせる保護者も少なくない。ところが、通塾するうちに、子どもの暴言・暴力が増えるケースがある。一体何が原因なのか。AERA dot.連

    dot.

    12/16

  • 「親子・夫婦関係をズタズタに切り裂く」中学受験で絶対やってはいけない!“最悪のラストスパート”

     中学受験の本番まであと1、2カ月。ラストスパートで頑張るのは子供だけではない。サポートする親も大変だ。だが、教育ジャーナリストの中曽根陽子さんは「親の焦りや力みが子供のやる気を奪ってしまうこともある

    プレジデントオンライン

    12/15

1 2 3 4 5

カテゴリから探す