「お金」に関する記事一覧

100歳時代、お金が足りない! 老後破綻を逃れる“4つの手順”

100歳時代、お金が足りない! 老後破綻を逃れる“4つの手順”

 老後資金の世界が大きく変わりつつある。「100歳まで」と期間は延びても、給料は増えないまま。もはや定年までの準備では、お金が足りないことが明白になってきた。どうすれば老後破綻は防げるのか。新しい考え

週刊朝日

1/25

  • 20年後に家計破綻が続出 晩婚がとどめ「老後資金まで手が回らない」

    「このままでは今から20年後、30年後に老後破綻する家計が続出するのではないでしょうか」 こんな物騒な予想をするのは、ファイナンシャルプランナー(FP)の澤木明氏だ。数多くの企業で、50代以上の社員に

    週刊朝日

    1/24

  • 「ETFを老後までガチホ」で老後資金も安心? 成功者が教える投信の「出口」対策

     NISAやiDeCoで積み立てているから、老後も安心……ちょっと待った。65歳以降の売却プランは? 投信に加えて検討したい金融商品がある。AERA 2022年1月24日号

    AERA

    1/20

  • 株初心者の9割がハマる「大損のパターン」

     株式投資をする人にぜひ読んで欲しい1冊が『株トレ——世界一楽しい「一問一答」株の教科書』だ。クイズを解きながら「株のトレードで勝つ技術」を身につける画期的な1冊だ。著者は、フ

    ダイヤモンド・オンライン

    12/27

  • 80歳目前まで住宅ローン返済?駅近マンションに住み替えた54歳の後悔

     家を買うときに「繰り上げ返済すればいい」「退職金を充てればいい」と考えて、定年退職後に完済予定となるローンの組み方をする人は少なくありません。しかし、年金生活に入ってからも返済しなくてはいけないロー

    ダイヤモンド・オンライン

    12/7

  • FIREは早期退職でのんびりではない? 「働くことはやめない」達成者たちの人生観

     米国発のFIREブームが日本にも波及し、この「夢」を達成する人が続々登場。早期退職してお金のことも心配せずのんびりできるイメージだが、実際は? AERA 2021年12月6日号から。*  *  * 

    AERA

    12/2

  • 終了まで2年、ジュニアNISA「駆け込み投資」 160万円→828万円の可能性も

     2023年12月で制度が終了すジュニアNISA。残り2年間、駆け込み運用する場合、何を買えばいいのか、利益はどれだけ見込めるのか。AERA 2021年11月22日号から。*  *  * NISA制度

    AERA

    11/21

この人と一緒に考える

  • ポイント投資の前に効率的な“ポイ活”を 経済圏の選択は「携帯キャリア」がカギ

     貯まったポイントを利用して、投資信託や株などを買い付けできるポイント投資。始めるなら、ポイントが貯まる環境を整えることが必須。効率的な“ポイ活”にはどんなワザがあるのか。AE

    AERA

    11/20

  • NISAの非課税枠を増やす“ワザ”発見 800万円→総額1450万円も買える

     積み立てるなら、おすすめは利益が非課税になる「NISA」だ。投資信託を始めるなら、少しでも得な買い方を覚えておきたい。AERA 2021年11月22日号は、非課税枠を増やす方法を伝授する。*  * 

    AERA

    11/20

  • コロナ禍で注目の「ポイント投資」の魅力 “元手タダ”で投資信託や株が購入できる

     投資経験ゼロの人にとって、最初の一歩を踏み出すのは、かなり勇気がいる。「損したらどうしよう」。そんな不安も、「元手ゼロ」なら話は別だ。 さっそくトライしてみよう。AERA 2021年11月22日号は

    AERA

    11/19

  • 直近20年で元本4倍も プロが選んだNISA初心者向け「11本」、年代別の組み合わせも

     投資信託ブームに乗り遅れた人、集まれ! 冬のボーナスの運用先や来年1月からの積み立て開始にぴったりな初心者向け「11本」と年代別組み合わせを紹介する。積み立てるなら利益が非課税になる「NISA」に年

    AERA

    11/19

  • 米国株が絶好調だけど…ずっと続く? 損しない? 投信ビギナーの不安をプロが解消

     過熱する投資信託ブームの中、先行きが見えない株式市場に不安を抱く人も少なくないだろう。懸念されるリスクをプロはどう見るのか。AERA 2021年11月22日号は「投資信託」特集。*  *  * 20

    AERA

    11/18

  • 老後資金を2000万円貯めたら不安に…持ってるだけじゃなく有効活用するには?

     貯金をしてきてまとまった額になったものの、銀行の普通預金口座になんとなくそのまま入っている……そういう方は意外と多いものです。定年を意識する年齢になり、老後資金を作るため

    ダイヤモンド・オンライン

    11/16

この話題を考える

  • 60歳定年で年収減…積み立て投資に回す余裕がないときの「裏技」

     個人型確定拠出年金(iDeCo)や「つみたてNISA」に加入するも、60歳定年で再雇用となり、年収が下がった場合はどうか。積み立てに回すお金の余裕がなくなった場合である。『はじめてのNISA&iDe

    週刊朝日

    11/16

  • 定年後に人はどれくらいのお金を使うのか? 驚きの調査結果

     お金を「貯める」ことではなく「使い切る」ことに焦点を当てた、これまでにないお金の教科書が、注目を集めている。『DIE WITH ZERO ~人生が豊かになりすぎる究極のルール』という翻訳書だ。昨年の

    ダイヤモンド・オンライン

    11/15

  • 50代、60代からでも2000万以上たまる!? 積み立て投資で「自分年金」

     積み立て投資が大人気だ。老後資金に不安を感じる20代、30代の若者が中心だが、専門家によると50代、60代からでも十分始められるという。国が用意した制度の「iDeCo」や「つみたてNISA」なら税メ

    週刊朝日

    11/15

  • 「忘れると4万8000円の損」年末調整で最近提出が増えている"第3の添付書類"

     年末調整の書類が配られる季節になりました。生命保険料や住宅ローン控除については毎年書類を提出している人が多いのではないでしょうか。経済コラムニストの大江英樹さんは「最近この2つに加えて『小規模企業共

    プレジデントオンライン

    11/4

  • 【やらない人は損してる?】ふるさと納税のお金が貯まる活用法

    「ちっともお金が貯まらない」「ちゃんとしたいのに何もしていない」と悩んでいる人は、じつは「お金と向き合う重要性をわかっている人」だと言います。こう語るのは話題の新刊書『そのままやるだけ!お金超入門』を

    ダイヤモンド・オンライン

    11/2

  • 好調の米国株に陰り…相場下落で「含み益バリアー破られた」と悲鳴も 今後を専門家が展望

     不動の人気を誇ってきた米国株ファンドだが、直近は相場変調の兆しにトーンダウン。実際、どれくらい利益が出たのか、今後はどうなるのか。AERA 2021年10月25日号の記事を紹介する。*  *  * 

    AERA

    10/20

1 2 3 4 5

カテゴリから探す