「俺はまだ元気だから他人の世話にはならない」老いた親からの抵抗 要介護認定を上手に勧めるコツは?

ヘルス

2022/12/30 17:00

※写真はイメージです(写真/Getty Images)
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

日常生活で親の行動に頼りなさが現れ始めたら、要介護認定の申請を考えるタイミングです。しかし、当の親は「まだ自分たちだけで大丈夫」「私もおとうさんもしっかりしているのに、なぜ申請するの?」などと言って、申請をしぶるケースも少なくありません。さらに、要支援・要介護認定されたのに、サービスを受けたがらないケースも。親の気持ちを尊重しながら上手に介護サービスを受けていくコツを、介護アドバイザーの高口光子氏に教えていただきました。

【教えてくれた元気がでる介護研究所代表の高口光子さんはこちら】

*  *  *

■認定申請や、デイケアに行くことをしぶる親たち

 介護の現場にいて、よく聞こえてくるのが、介護サービスを受けさせたいのに、「親がいやがって話が進まない」「決定のタイミングで必ずしぶる」「わかったと言いながらこちらの意見を聞き流す」といった訴えです。

元気がでる介護研究所代表の高口光子
元気がでる介護研究所代表の高口光子

 たとえば、いざというときに困らないように、早めの要介護認定の申請をしようと親に相談すると、「俺はまだ元気だから、他人様の世話にはならないよ」「家事はちゃんとできているから、必要ないでしょ」などと、思わぬ抵抗にあいます。

 さらに、ようやく要介護・要支援認定が下りて、サービスが受けられるようになったとたん、「デイケアなんか行かない、行きたくない」「家に人が来て手伝ってもらうのはイヤだ」などと言って、家族をがっかりさせることもあります。

 こうなると、親のかたくなな姿勢と、焦るあなたの気持ちがぶつかって、険悪なムードになってしまいます。もちろん、親の気持ちを無視して進めるのは論外です。納得を得られないままに進めてしまうと、親もあなたも、この先、気持ちにしこりを残したままの介護生活になってしまいます。

 どうすれば、親はあなたの思いを素直に受け止めて、介護サービスを受けることを前向きに考えくれるのでしょうか。

 それぞれの場面で、私が体験を踏まえて得た、「親をその気にさせる」ためのヒントをお教えしましょう。

NEXT

元気さゆえに、抵抗する親も多い

1 2 3 4 5

あわせて読みたい

  • 平均寿命がトップレベルの日本! 親に何かあったとき、すぐに申請すべき社会保障
    筆者の顔写真

    小泉正典

    平均寿命がトップレベルの日本! 親に何かあったとき、すぐに申請すべき社会保障

    dot.

    10/5

    「要介護3と思っていたら要介護1」で起きる施設トラブル 親の要介護認定申請を考えるべきチェックリスト

    「要介護3と思っていたら要介護1」で起きる施設トラブル 親の要介護認定申請を考えるべきチェックリスト

    dot.

    11/11

  • 仕事を休んでも賃金67%給付も 知って得する「介護の手続き」

    仕事を休んでも賃金67%給付も 知って得する「介護の手続き」

    週刊朝日

    3/30

    介護はプロを交えたチームで乗り越える 介護離職で共倒れしないために

    介護はプロを交えたチームで乗り越える 介護離職で共倒れしないために

    週刊朝日

    7/21

  • いったい、介護費用は月にいくらかかるのか?在宅、遠距離、施設入所でシミュレーション

    いったい、介護費用は月にいくらかかるのか?在宅、遠距離、施設入所でシミュレーション

    AERA

    10/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す