ヘルスの人気ランキング

【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院
【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院

 膵(すい)がんは、早期発見が難しく、がんが見つかったときにはもう「手術できない」という段階になっていることも少なくありません。しかし、近年のがん薬物治療の進歩などによって、手術ができる人、治る人が増えてきています。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「膵がん手術」の全国ランキングをお届けします。

いい病院 膵がん 手術数
dot.4/14
【腎がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位は東京女子医大病院、 2位は横浜市大病院
【腎がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位は東京女子医大病院、 2位は横浜市大病院

 腎臓にできるがんは、日本人には少ないと、以前はいわれていました。しかし、1980年以降、食生活の変化などから生活習慣病が増えたことで、増加の一途をたどっています。近年では30、40代の若い患者も珍しくありません。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「腎がん手術」の全国ランキングをお届けします。

いい病院 腎がん ランキング
dot.3/24
上司の態度で部下のメンタル不調を予防できる 「オレ流を押しつけない」「記録を残す」…産業医が解説
上司の態度で部下のメンタル不調を予防できる 「オレ流を押しつけない」「記録を残す」…産業医が解説

 メンタルの不調による休職者や退職者を減らすために「企業にできる対策」はたくさんあります。特に不調を抱える従業員にもっとも近い存在である上司はキーパーソンです。心の病気の早期発見、対策のために会社や管理職にできる対策について理解するため、週刊朝日ムック「手術数でわかる いい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「職場のメンタルヘルス」全3回の2回目です。

職場のメンタルヘルス うつ病 名医
dot.3/13
【肺がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 国がん中央病院は22年連続1位 2位国がん東病院
【肺がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 国がん中央病院は22年連続1位 2位国がん東病院

 肺がんはがんのなかで最も亡くなる人が多く、年間死亡者数は7万5585人(男性5万3247人、女性2万2338人/2020年国立がん研究センターがん統計)にのぼります。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「肺がん手術」の全国ランキングをお届けします。

いい病院 肺がん ランキング
dot.3/17
【くも膜下出血手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は広南病院、2位は福岡脳神経外科病院
【くも膜下出血手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は広南病院、2位は福岡脳神経外科病院

 脳の血管に障害が起きる「脳血管疾患」には、大きく分けると脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の動脈が破れる脳出血、くも膜下出血があります。令和4年の死因別死亡者数のうち、脳血管疾患は10万7481人、日本人の死因の第4位で、後遺症で寝たきりになることも。認知症に次ぐ2番目の要介護の原因となっています。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の手術数の全国ランキングをお届けします。

いい病院 脳血管疾患 脳動脈瘤
dot.3/31
【心臓ペースメーカー治療数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位国立循環器病研究センター、2位東京女子医大
【心臓ペースメーカー治療数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位国立循環器病研究センター、2位東京女子医大

 脈の打ち方が遅い、速い、あるいは不規則な状態を「不整脈」といいます。通常の脈拍が毎分60~100回なのに対し、50回以下になるものが「徐脈」、100回以上になるものが「頻脈」です。頻脈のうち心室頻拍と心室細動の二つは、突然死につながることもある「重症心不全」で、積極的な治療がすすめられます。

いい病院 心不全 ペースメーカー
dot.4/7
寿命を縮めてしまう睡眠は? 8時間以上布団のなかにいると60歳以上は死亡率増加 医師が対処法を解説
寿命を縮めてしまう睡眠は? 8時間以上布団のなかにいると60歳以上は死亡率増加 医師が対処法を解説

 「なかなか寝つけない」「早朝に目が覚めてしまう」。年齢を重ねると、不眠に悩む人は増えていきます。では年齢を重ねた人にとっての「よい睡眠」とはどんな状態を指すのでしょうか。そこで60歳以上を対象に、おもな睡眠障害やその対処法について、専門の医師に聞きました。この記事は、週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「睡眠障害」全3回の3回目です。

睡眠障害 不眠 名医
dot.1/17
〈「月曜から夜ふかし」きょう出演〉桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」
〈「月曜から夜ふかし」きょう出演〉桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」

 8日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ・午後9時)は、「日本の大問題 春の全国一斉調査」の春の2時間SPだ。お題のひとつ「「桐谷さんの春の様子をお届けする件」では、桐谷広人さんに密着する。「月曜から夜ふかし」でおなじみの桐谷さんの過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2019年7月14日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

桐谷広人 月曜から夜ふかし
dot.4/8
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」

 医師もひとりの人。なぜ医の道を選び、どう修練を積み、今何を目指しているのか。人それぞれ経験や思いは異なる。しかし、時間に限りがある診療の現場では、医師の人となりや胸の内を詳しく聞くことは難しい。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、最前線で活躍する注目の外科医6人をインタビューした。本記事では肝胆膵がん手術の注目外科医、がん研有明病院 肝胆膵外科部長 髙橋 祐 医師を紹介する。

いい病院 名医 肝胆膵がん
dot.2/28
【がん放射線治療】患者数が多い病院ランキング全国トップ20 高精度化が進み、手術と同等の治療成績も
【がん放射線治療】患者数が多い病院ランキング全国トップ20 高精度化が進み、手術と同等の治療成績も

 放射線治療はこの約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段の一つになった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では「がん放射線治療」の総論とともに、高精度照射の「強度変調放射線治療(IMRT)」「体幹部定位放射線治療(SBRT)」の治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 がん
dot.3/8
休職のタイミングはいつ? 職場原因の「心の病気」 産業医「朝起きられずそのまま休職するケースも」
休職のタイミングはいつ? 職場原因の「心の病気」 産業医「朝起きられずそのまま休職するケースも」

 「眠れない」「気力が出ない」など、心の不調を感じつつ、「解雇されるのが不安」などの理由で、悩みを誰にも相談できない人はけっこういるのではないでしょうか。メンタルへルスの不調を感じた場合、職場ではどこに相談すればいいのか、休職が必要なケースやタイミングを知ってもらうため、週刊朝日ムック「手術数でわかる いい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「職場のメンタルヘルス」全3回の1回目です。

職場のメンタルヘルス 心の病気
dot.3/6
【乳がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 寡分割照射で治療期間が短縮
【乳がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 寡分割照射で治療期間が短縮

 放射線治療は、がんの3大療法の一つ。この約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段になった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では「乳がん放射線治療」の解説とともに、乳がんに対する放射線治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 乳がん
dot.3/10
【婦人科がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 局所進行がんでも高い生存率
【婦人科がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 局所進行がんでも高い生存率

 放射線治療は、がんの3大療法の一つ。この約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段になった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では婦人科がんのひとつ「子宮頸(けい)がん」の放射線治療の解説とともに、婦人科がんに対する放射線治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 婦人科がん
dot.3/12
認知症の親にどう接するか? 「身内の介護は優しくできない」を前提に 夜中に「鳩ぽっぽ」を歌う父に…
認知症の親にどう接するか? 「身内の介護は優しくできない」を前提に 夜中に「鳩ぽっぽ」を歌う父に…

 どんなに親思いの子どもでも、認知症を発症した親の介護の難しさ、大変さは特別です。親に向かって「しっかりしてよ!」とつい声を荒らげてしまったことがある人は多いでしょう。「優しくできなくて当たり前」と、介護アドバイザーの髙口光子さんは言います。では、どのように認知症の親に向き合えばいいのでしょうか。

介護 認知症
dot.1/27
【食道がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 手術と同等の成績を挙げつつ機能を温存
【食道がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 手術と同等の成績を挙げつつ機能を温存

 放射線治療は、がんの3大療法の一つ。この約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段になった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では「食道がん放射線治療」の解説とともに、食道がんに対する放射線治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 食道がん
dot.3/11
精子は放出するたび「フレッシュ」ではない 世界中で「精子劣化」の現実 父の加齢が子に及ぼす影響 
精子は放出するたび「フレッシュ」ではない 世界中で「精子劣化」の現実 父の加齢が子に及ぼす影響 

 生殖医療が発展し、精子凍結をする男性が増える一方で、精子の質が世界的に落ちている。父親の加齢により、精子の状態は落ちてしまう。生まれてくる子どものリスクを指摘する研究もある。

精子凍結
dot.3/11
「最近、あぐらがかけなくなった」40~60代女性を悩ます「股関節の痛み」 「ひざの痛み」は50~60代で急増
「最近、あぐらがかけなくなった」40~60代女性を悩ます「股関節の痛み」 「ひざの痛み」は50~60代で急増

 「最近、あぐらがかけなくなった」「少し距離を歩くと足の付け根が痛む」――。変形性股関節症でみられる初期症状です。中高年の股関節の痛みの原因となる代表的な病気といえば変形性股関節症であり、ひざの痛みといえば変形性膝関節症です。これらの病気になりやすい人や気をつけたい症状、治療の進歩などについて解説します。

いい病院 股関節の痛み ひざの痛み
dot.1/18
うつ病で休職 産業医が挙げる「復職の3条件」 症状の消失、気力・体力の充実、あと1つは?
うつ病で休職 産業医が挙げる「復職の3条件」 症状の消失、気力・体力の充実、あと1つは?

 心の病気で休職に入った後、治療や職場復帰までの道のりはどのように進むのでしょうか。主治医や産業医との関わり方、再発を防ぐためのポイントとなるリワーク・プログラムなどについて知ってもらうため、週刊朝日ムック「手術数でわかる いい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「職場のメンタルヘルス」全3回の3回目です。

dot.3/20
お尻から勝手に油が…「アライ」をやせ薬と勘違いするとリスクも 専門家「副作用対策は必要」
お尻から勝手に油が…「アライ」をやせ薬と勘違いするとリスクも 専門家「副作用対策は必要」

 日本初となる内臓脂肪を減らす薬「アライ」(大正製薬)が、4月8日から発売される。肥満に悩む人には朗報だ。肥満の専門医は、アライが減量の「主役」にはならないと指摘しつつも、意外な“効果”が生まれることに期待を寄せる。

アライ
dot.4/3
がんが転移したときの患者の選択肢は? 医師「抗がん剤を受けない患者さん1割くらいはいる」
がんが転移したときの患者の選択肢は? 医師「抗がん剤を受けない患者さん1割くらいはいる」

 「ステージ4」は、がんが離れた臓器や骨などに転移した状態で、通常、根治を目的とした治療ができなくなる。「がんを治す」という希望を失った患者は、医師から勧められる薬物療法(抗がん剤)に戸惑うことが少なくない。本記事は、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』の特集「ステージ4 抗がん剤はやりたくない」から、前編・後編に分けてお届けする。前編では、がんの転移を告げられた患者のリアルな悩みと、治療選択肢について取り上げる。

いい病院 抗がん剤 転移
dot.3/7
〈「月曜から夜ふかし」きょう出演〉桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」
〈「月曜から夜ふかし」きょう出演〉桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」

 8日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ・午後9時)は、「日本の大問題 春の全国一斉調査」の春の2時間SPだ。お題のひとつ「「桐谷さんの春の様子をお届けする件」では、桐谷広人さんに密着する。「月曜から夜ふかし」でおなじみの桐谷さんの過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2019年7月14日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

桐谷広人 月曜から夜ふかし
dot.4/8
【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院
【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院

 膵(すい)がんは、早期発見が難しく、がんが見つかったときにはもう「手術できない」という段階になっていることも少なくありません。しかし、近年のがん薬物治療の進歩などによって、手術ができる人、治る人が増えてきています。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「膵がん手術」の全国ランキングをお届けします。

いい病院 膵がん 手術数
dot.4/14
【心臓ペースメーカー治療数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位国立循環器病研究センター、2位東京女子医大
【心臓ペースメーカー治療数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位国立循環器病研究センター、2位東京女子医大

 脈の打ち方が遅い、速い、あるいは不規則な状態を「不整脈」といいます。通常の脈拍が毎分60~100回なのに対し、50回以下になるものが「徐脈」、100回以上になるものが「頻脈」です。頻脈のうち心室頻拍と心室細動の二つは、突然死につながることもある「重症心不全」で、積極的な治療がすすめられます。

いい病院 心不全 ペースメーカー
dot.4/7
【腎がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位は東京女子医大病院、 2位は横浜市大病院
【腎がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位は東京女子医大病院、 2位は横浜市大病院

 腎臓にできるがんは、日本人には少ないと、以前はいわれていました。しかし、1980年以降、食生活の変化などから生活習慣病が増えたことで、増加の一途をたどっています。近年では30、40代の若い患者も珍しくありません。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「腎がん手術」の全国ランキングをお届けします。

いい病院 腎がん ランキング
dot.3/24
【肺がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 国がん中央病院は22年連続1位 2位国がん東病院
【肺がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 国がん中央病院は22年連続1位 2位国がん東病院

 肺がんはがんのなかで最も亡くなる人が多く、年間死亡者数は7万5585人(男性5万3247人、女性2万2338人/2020年国立がん研究センターがん統計)にのぼります。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「肺がん手術」の全国ランキングをお届けします。

いい病院 肺がん ランキング
dot.3/17
寿命を縮めてしまう睡眠は? 8時間以上布団のなかにいると60歳以上は死亡率増加 医師が対処法を解説
寿命を縮めてしまう睡眠は? 8時間以上布団のなかにいると60歳以上は死亡率増加 医師が対処法を解説

 「なかなか寝つけない」「早朝に目が覚めてしまう」。年齢を重ねると、不眠に悩む人は増えていきます。では年齢を重ねた人にとっての「よい睡眠」とはどんな状態を指すのでしょうか。そこで60歳以上を対象に、おもな睡眠障害やその対処法について、専門の医師に聞きました。この記事は、週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「睡眠障害」全3回の3回目です。

睡眠障害 不眠 名医
dot.1/17
上司の態度で部下のメンタル不調を予防できる 「オレ流を押しつけない」「記録を残す」…産業医が解説
上司の態度で部下のメンタル不調を予防できる 「オレ流を押しつけない」「記録を残す」…産業医が解説

 メンタルの不調による休職者や退職者を減らすために「企業にできる対策」はたくさんあります。特に不調を抱える従業員にもっとも近い存在である上司はキーパーソンです。心の病気の早期発見、対策のために会社や管理職にできる対策について理解するため、週刊朝日ムック「手術数でわかる いい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「職場のメンタルヘルス」全3回の2回目です。

職場のメンタルヘルス うつ病 名医
dot.3/13
【くも膜下出血手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は広南病院、2位は福岡脳神経外科病院
【くも膜下出血手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は広南病院、2位は福岡脳神経外科病院

 脳の血管に障害が起きる「脳血管疾患」には、大きく分けると脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の動脈が破れる脳出血、くも膜下出血があります。令和4年の死因別死亡者数のうち、脳血管疾患は10万7481人、日本人の死因の第4位で、後遺症で寝たきりになることも。認知症に次ぐ2番目の要介護の原因となっています。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の手術数の全国ランキングをお届けします。

いい病院 脳血管疾患 脳動脈瘤
dot.3/31
回転ずし店とファミレスで時間をつぶし……医療的ケア児の娘の実習先近くで待機し感じたむなしさ
回転ずし店とファミレスで時間をつぶし……医療的ケア児の娘の実習先近くで待機し感じたむなしさ

 「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害のある子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出合った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。

AERA3/12
精子は放出するたび「フレッシュ」ではない 世界中で「精子劣化」の現実 父の加齢が子に及ぼす影響 
精子は放出するたび「フレッシュ」ではない 世界中で「精子劣化」の現実 父の加齢が子に及ぼす影響 

 生殖医療が発展し、精子凍結をする男性が増える一方で、精子の質が世界的に落ちている。父親の加齢により、精子の状態は落ちてしまう。生まれてくる子どものリスクを指摘する研究もある。

精子凍結
dot.3/11
弁当作りは「塩もみ」「塩ゆで」でラクになる!人気料理家が教える作り置きテク
弁当作りは「塩もみ」「塩ゆで」でラクになる!人気料理家が教える作り置きテク

 いよいよ新学期。またお弁当作りか、と憂鬱(ゆううつ)な気分の方もいるのではないか。そんな人の強い味方になるのが、人気の料理研究家・牛尾理恵さんのロングセラー『作りおきで朝ラク!きほんのお弁当』だ。

お弁当 朝ラク 作りおき 牛尾理恵 塩ゆで 塩もみ
dot.4/8
【がん放射線治療】患者数が多い病院ランキング全国トップ20 高精度化が進み、手術と同等の治療成績も
【がん放射線治療】患者数が多い病院ランキング全国トップ20 高精度化が進み、手術と同等の治療成績も

 放射線治療はこの約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段の一つになった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では「がん放射線治療」の総論とともに、高精度照射の「強度変調放射線治療(IMRT)」「体幹部定位放射線治療(SBRT)」の治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 がん
dot.3/8
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」

 医師もひとりの人。なぜ医の道を選び、どう修練を積み、今何を目指しているのか。人それぞれ経験や思いは異なる。しかし、時間に限りがある診療の現場では、医師の人となりや胸の内を詳しく聞くことは難しい。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、最前線で活躍する注目の外科医6人をインタビューした。本記事では肝胆膵がん手術の注目外科医、がん研有明病院 肝胆膵外科部長 髙橋 祐 医師を紹介する。

いい病院 名医 肝胆膵がん
dot.2/28
熟睡できるのは娘の入院中だけ… 「人工呼吸器を使用する子の親が確実に眠ることができる環境を」
熟睡できるのは娘の入院中だけ… 「人工呼吸器を使用する子の親が確実に眠ることができる環境を」

 「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害のある子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出合った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。

AERA2/27
小林製薬「紅麹」健康被害で大阪・関西万博の協賛にも暗雲 「持ち帰って議論したい」
小林製薬「紅麹」健康被害で大阪・関西万博の協賛にも暗雲 「持ち帰って議論したい」

 「紅麹(こうじ)コレステヘルプ」を摂取した人に腎疾患などの健康被害が相次いでいる問題で、小林製薬(大阪市)は3月29日に大阪市内で小林章浩社長が初めて記者会見を開き、謝罪した。被害が拡大するなか、厚生労働省などは30、31の両日、同社の工場を立ち入り調査したが、原因の特定には至っておらず、解明には時間を要する可能性がある。来年4月開催を控える大阪・関西万博には同社も協賛企業として名を連ねているが、盛り上げるような状況にあるのだろうか。

小林製薬 大阪万博 吉村洋文知事
dot.4/3
求めるばかりではなく一緒に考えながら進む 足の不自由な息子の学校環境を整えるために意識したこと
求めるばかりではなく一緒に考えながら進む 足の不自由な息子の学校環境を整えるために意識したこと

 「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害のある子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出合った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。

AERA4/9
老人はなぜ自分の話ばかりをしたがるのか 失敗学の教授が家族に指摘されてわかった自身の“勘違い”
老人はなぜ自分の話ばかりをしたがるのか 失敗学の教授が家族に指摘されてわかった自身の“勘違い”

 過去の栄光にすがっているのか、自慢話を繰り返す高齢者――「老害」と呼ばれる現象の一つだ。しかし、東京大学名誉教授で失敗学の提唱者・畑村洋太郎氏は、それには理由があるという。自身の老いを痛感している畑村氏だが、新著『老いの失敗学 80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、その理由を一部抜粋・改編して紹介する。

老いの失敗学 畑村洋太郎
dot.2/7
お尻から勝手に油が…「アライ」をやせ薬と勘違いするとリスクも 専門家「副作用対策は必要」
お尻から勝手に油が…「アライ」をやせ薬と勘違いするとリスクも 専門家「副作用対策は必要」

 日本初となる内臓脂肪を減らす薬「アライ」(大正製薬)が、4月8日から発売される。肥満に悩む人には朗報だ。肥満の専門医は、アライが減量の「主役」にはならないと指摘しつつも、意外な“効果”が生まれることに期待を寄せる。

アライ
dot.4/3
認知症の親にどう接するか? 「身内の介護は優しくできない」を前提に 夜中に「鳩ぽっぽ」を歌う父に…
認知症の親にどう接するか? 「身内の介護は優しくできない」を前提に 夜中に「鳩ぽっぽ」を歌う父に…

 どんなに親思いの子どもでも、認知症を発症した親の介護の難しさ、大変さは特別です。親に向かって「しっかりしてよ!」とつい声を荒らげてしまったことがある人は多いでしょう。「優しくできなくて当たり前」と、介護アドバイザーの髙口光子さんは言います。では、どのように認知症の親に向き合えばいいのでしょうか。

介護 認知症
dot.1/27
【食道がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 手術と同等の成績を挙げつつ機能を温存
【食道がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 手術と同等の成績を挙げつつ機能を温存

 放射線治療は、がんの3大療法の一つ。この約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段になった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では「食道がん放射線治療」の解説とともに、食道がんに対する放射線治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 食道がん
dot.3/11
〈「月曜から夜ふかし」きょう出演〉桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」
〈「月曜から夜ふかし」きょう出演〉桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」

 8日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ・午後9時)は、「日本の大問題 春の全国一斉調査」の春の2時間SPだ。お題のひとつ「「桐谷さんの春の様子をお届けする件」では、桐谷広人さんに密着する。「月曜から夜ふかし」でおなじみの桐谷さんの過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2019年7月14日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

桐谷広人 月曜から夜ふかし
dot.4/8
【肺がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 国がん中央病院は22年連続1位 2位国がん東病院
【肺がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 国がん中央病院は22年連続1位 2位国がん東病院

 肺がんはがんのなかで最も亡くなる人が多く、年間死亡者数は7万5585人(男性5万3247人、女性2万2338人/2020年国立がん研究センターがん統計)にのぼります。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「肺がん手術」の全国ランキングをお届けします。

いい病院 肺がん ランキング
dot.3/17
【腎がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位は東京女子医大病院、 2位は横浜市大病院
【腎がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位は東京女子医大病院、 2位は横浜市大病院

 腎臓にできるがんは、日本人には少ないと、以前はいわれていました。しかし、1980年以降、食生活の変化などから生活習慣病が増えたことで、増加の一途をたどっています。近年では30、40代の若い患者も珍しくありません。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「腎がん手術」の全国ランキングをお届けします。

いい病院 腎がん ランキング
dot.3/24
【くも膜下出血手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は広南病院、2位は福岡脳神経外科病院
【くも膜下出血手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は広南病院、2位は福岡脳神経外科病院

 脳の血管に障害が起きる「脳血管疾患」には、大きく分けると脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の動脈が破れる脳出血、くも膜下出血があります。令和4年の死因別死亡者数のうち、脳血管疾患は10万7481人、日本人の死因の第4位で、後遺症で寝たきりになることも。認知症に次ぐ2番目の要介護の原因となっています。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の手術数の全国ランキングをお届けします。

いい病院 脳血管疾患 脳動脈瘤
dot.3/31
【心臓ペースメーカー治療数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位国立循環器病研究センター、2位東京女子医大
【心臓ペースメーカー治療数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位国立循環器病研究センター、2位東京女子医大

 脈の打ち方が遅い、速い、あるいは不規則な状態を「不整脈」といいます。通常の脈拍が毎分60~100回なのに対し、50回以下になるものが「徐脈」、100回以上になるものが「頻脈」です。頻脈のうち心室頻拍と心室細動の二つは、突然死につながることもある「重症心不全」で、積極的な治療がすすめられます。

いい病院 心不全 ペースメーカー
dot.4/7
【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院
【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院

 膵(すい)がんは、早期発見が難しく、がんが見つかったときにはもう「手術できない」という段階になっていることも少なくありません。しかし、近年のがん薬物治療の進歩などによって、手術ができる人、治る人が増えてきています。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「膵がん手術」の全国ランキングをお届けします。

いい病院 膵がん 手術数
dot.4/14
休職のタイミングはいつ? 職場原因の「心の病気」 産業医「朝起きられずそのまま休職するケースも」
休職のタイミングはいつ? 職場原因の「心の病気」 産業医「朝起きられずそのまま休職するケースも」

 「眠れない」「気力が出ない」など、心の不調を感じつつ、「解雇されるのが不安」などの理由で、悩みを誰にも相談できない人はけっこういるのではないでしょうか。メンタルへルスの不調を感じた場合、職場ではどこに相談すればいいのか、休職が必要なケースやタイミングを知ってもらうため、週刊朝日ムック「手術数でわかる いい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「職場のメンタルヘルス」全3回の1回目です。

職場のメンタルヘルス 心の病気
dot.3/6
【がん放射線治療】患者数が多い病院ランキング全国トップ20 高精度化が進み、手術と同等の治療成績も
【がん放射線治療】患者数が多い病院ランキング全国トップ20 高精度化が進み、手術と同等の治療成績も

 放射線治療はこの約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段の一つになった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では「がん放射線治療」の総論とともに、高精度照射の「強度変調放射線治療(IMRT)」「体幹部定位放射線治療(SBRT)」の治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 がん
dot.3/8
寿命を縮めてしまう睡眠は? 8時間以上布団のなかにいると60歳以上は死亡率増加 医師が対処法を解説
寿命を縮めてしまう睡眠は? 8時間以上布団のなかにいると60歳以上は死亡率増加 医師が対処法を解説

 「なかなか寝つけない」「早朝に目が覚めてしまう」。年齢を重ねると、不眠に悩む人は増えていきます。では年齢を重ねた人にとっての「よい睡眠」とはどんな状態を指すのでしょうか。そこで60歳以上を対象に、おもな睡眠障害やその対処法について、専門の医師に聞きました。この記事は、週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「睡眠障害」全3回の3回目です。

睡眠障害 不眠 名医
dot.1/17
【がん薬物療法】免疫療法で医師「一部の人は本当に治ったというぐらい効く」 進むゲノム医療
【がん薬物療法】免疫療法で医師「一部の人は本当に治ったというぐらい効く」 進むゲノム医療

 承認から早10年、「免疫チェックポイント阻害薬(免疫療法薬)」は、がん治療に欠かせない薬となった。2014年に悪性黒色腫に対して承認されたニボルマブを筆頭に、現在、ペムブロリズマブやアベルマブ、アテゾリズマブなど、8種類が日本で承認され、使えるがん種も広がっている。本記事は週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』に掲載した「がん薬物療法」の解説記事より、免疫チェックポイント阻害薬の基礎知識と注目のゲノム医療のコラムを、抜粋してお届けする。

いい病院 がん 薬物療法
dot.3/15
歯を抜いた後、インプラントにためらう患者 「抜けたまま何もしない」はあり?奥歯ならいい?歯科医の答えは
歯を抜いた後、インプラントにためらう患者 「抜けたまま何もしない」はあり?奥歯ならいい?歯科医の答えは

 歯周病や重度のむし歯で歯を抜くと、インプラントや入れ歯など、歯を補う治療を提案されます。なぜ、抜いた後は歯を補う治療が必要なのでしょうか。歯を抜いた後、そのままにしておいてはいけないのでしょうか。歯周病専門医で若林歯科医院院長の若林健史歯科医師に聞きました。

歯科 インプラント
dot.1/15
「奇跡」から22年、右肩上がりの伸び率は横ばいに… 京都の名門・堀川高校が新たに模索する「探究」
「奇跡」から22年、右肩上がりの伸び率は横ばいに… 京都の名門・堀川高校が新たに模索する「探究」

 先駆者として、探究学習に取り組んできた京都の堀川高校。1999年の「探究科」設置後、国公立大への現役合格者数が急増したときには「堀川の奇跡」として、話題になった。あの「奇跡」から22年。先駆者が新たな挑戦へとかじを切っている。

大学合格者高校ランキング 受験 京大 東大
AERA3/31
上司の態度で部下のメンタル不調を予防できる 「オレ流を押しつけない」「記録を残す」…産業医が解説
上司の態度で部下のメンタル不調を予防できる 「オレ流を押しつけない」「記録を残す」…産業医が解説

 メンタルの不調による休職者や退職者を減らすために「企業にできる対策」はたくさんあります。特に不調を抱える従業員にもっとも近い存在である上司はキーパーソンです。心の病気の早期発見、対策のために会社や管理職にできる対策について理解するため、週刊朝日ムック「手術数でわかる いい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「職場のメンタルヘルス」全3回の2回目です。

職場のメンタルヘルス うつ病 名医
dot.3/13
うつ病で休職 産業医が挙げる「復職の3条件」 症状の消失、気力・体力の充実、あと1つは?
うつ病で休職 産業医が挙げる「復職の3条件」 症状の消失、気力・体力の充実、あと1つは?

 心の病気で休職に入った後、治療や職場復帰までの道のりはどのように進むのでしょうか。主治医や産業医との関わり方、再発を防ぐためのポイントとなるリワーク・プログラムなどについて知ってもらうため、週刊朝日ムック「手術数でわかる いい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「職場のメンタルヘルス」全3回の3回目です。

dot.3/20
「人は生きてきたようにしか死ねない」介護のプロが伝えたい、老いたからこそ得られる「真の自立」を
「人は生きてきたようにしか死ねない」介護のプロが伝えたい、老いたからこそ得られる「真の自立」を

 親の介護を通して、あるいは年老いた親と接するなかで、私たちはつい考えてしまいます。「自分の老後はどんなものになるのだろうか」。超高齢社会のなか、自分らしい老後を過ごすには自立が必要だと、介護アドバイザーの髙口光子さんは言います。くわしくうかがいました。

dot.3/17
【婦人科がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 局所進行がんでも高い生存率
【婦人科がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 局所進行がんでも高い生存率

 放射線治療は、がんの3大療法の一つ。この約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段になった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では婦人科がんのひとつ「子宮頸(けい)がん」の放射線治療の解説とともに、婦人科がんに対する放射線治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 婦人科がん
dot.3/12
【乳がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 寡分割照射で治療期間が短縮
【乳がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 寡分割照射で治療期間が短縮

 放射線治療は、がんの3大療法の一つ。この約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段になった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では「乳がん放射線治療」の解説とともに、乳がんに対する放射線治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 乳がん
dot.3/10
【食道がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 手術と同等の成績を挙げつつ機能を温存
【食道がんの放射線治療】患者数が多い全国トップ15病院 手術と同等の成績を挙げつつ機能を温存

 放射線治療は、がんの3大療法の一つ。この約20年で急速に進歩し、がんの「根治」のための有力な治療手段になった。そこで週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』では、全国の病院に対して独自に調査をおこなった。病院から得た回答結果をもとに、手術数・治療数の多い病院をランキングにして掲載している。本記事では「食道がん放射線治療」の解説とともに、食道がんに対する放射線治療患者数が多い病院を紹介する。

いい病院 放射線治療 食道がん
dot.3/11
精子は放出するたび「フレッシュ」ではない 世界中で「精子劣化」の現実 父の加齢が子に及ぼす影響 
精子は放出するたび「フレッシュ」ではない 世界中で「精子劣化」の現実 父の加齢が子に及ぼす影響 

 生殖医療が発展し、精子凍結をする男性が増える一方で、精子の質が世界的に落ちている。父親の加齢により、精子の状態は落ちてしまう。生まれてくる子どものリスクを指摘する研究もある。

精子凍結
dot.3/11
お尻から勝手に油が…「アライ」をやせ薬と勘違いするとリスクも 専門家「副作用対策は必要」
お尻から勝手に油が…「アライ」をやせ薬と勘違いするとリスクも 専門家「副作用対策は必要」

 日本初となる内臓脂肪を減らす薬「アライ」(大正製薬)が、4月8日から発売される。肥満に悩む人には朗報だ。肥満の専門医は、アライが減量の「主役」にはならないと指摘しつつも、意外な“効果”が生まれることに期待を寄せる。

アライ
dot.4/3
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
カテゴリから探す
ニュース
ファミリー層はなぜ不動産投資の“タイミング”を逃しやすいのか 最新の学術研究による“興味深い洞察”とは 崔真淑
ファミリー層はなぜ不動産投資の“タイミング”を逃しやすいのか 最新の学術研究による“興味深い洞察”とは 崔真淑
崔真淑
dot. 6時間前
教育
「なぜ日本人は外国人と友達にならない? 外国語ができないのに外国の友人が増える理由」稲垣えみ子
「なぜ日本人は外国人と友達にならない? 外国語ができないのに外国の友人が増える理由」稲垣えみ子
稲垣えみ子
AERA 1時間前
エンタメ
【ゲッターズ飯田】4月の開運のつぶやき「悩んでも過去は変わらない」銀の時計座
【ゲッターズ飯田】4月の開運のつぶやき「悩んでも過去は変わらない」銀の時計座
ゲッターズ飯田
dot. 6時間前
スポーツ
NPB新助っ人ここまでの活躍は? 阪神の救援右腕などに“優良感”、野手は軒並み苦戦目立つ
NPB新助っ人ここまでの活躍は? 阪神の救援右腕などに“優良感”、野手は軒並み苦戦目立つ
プロ野球
dot. 1時間前
ヘルス
【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院
【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院
いい病院
dot. 4/14
ビジネス
「ローソンセミナーで『笑顔で未来の希望を語り合う』 リアル開催の大切さを実感」ローソン社長・竹増貞信
「ローソンセミナーで『笑顔で未来の希望を語り合う』 リアル開催の大切さを実感」ローソン社長・竹増貞信
竹増貞信
AERA 1時間前