チームメイトに祝福される(写真:アフロ)

 新天地ロサンゼルスでデビューを果たした大谷翔平が絶好調だ。銀行詐欺の疑いで訴追された水原一平・元通訳の違法賭博疑惑の影響など微塵も感じさせない。『米番記者が見た大谷翔平』(朝日新書)で米メディアの番記者による対談の進行役を務めた日本人ジャーナリストが、今季の大谷の活躍について共著者たちの見解を聞いた。浮かび上がったのは、これまで以上にチームメイトやメディアに心を開く大谷の姿だった。

【写真】イチローだけじゃない!MLBの年金額「満額支給」の日本人選手がこちら(ほか3人)

 打撃でも世界一

 2024年の大谷は、打者として自身過去最高の開幕スタートを切った。

 米時間5月6日終了時点での打撃成績は、以下の通りだ。

打率.370(メジャーリーグ1位)

出塁率.434(2位)

長打率.705(1位)

OPS1.139(1位)

本塁打11(1位)

安打54(1位)

 打撃力の分かりやすい指標として、メジャーのファンや専門家が用いるのが、出塁率と長打率を足し合わせたOPSである。そのOPSで大谷は23年にメジャー1位。今季も現時点で1位。唯一無二の二刀流で「世界最高の野球選手」と称されるようになった大谷だが、打者としてだけ見ても世界一なのだ。

 「数字を見れば彼が野球界で最高の打者だということが分かる」とスポーツ専門メディア『ジ・アスレチック』でエンゼルスとドジャースを担当するサム・ブラム記者は言う。

 MVPを初受賞した21年から大谷を取材してきたサムは、今季の活躍にも驚きはないという。

 「(水原の)スキャンダルを乗り越えるのに少し時間がかかるとは思ったけど、それも杞憂だった。彼の活躍を近くで見てきたから、何があっても自分のやるべきことに集中できる精神的な強さがあるのを知っている。どこかでちょっとしたスランプには陥るだろうけど、それもすぐに克服すると思う」

 ドジャースの地元紙ロサンゼルス・タイムズでスポーツコラムニストを務めるディラン・ヘルナンデスも、大谷の活躍に驚きはないが、これまでよりスロースタートでもおかしくないと思っていたそうだ。

次のページ
仲間とは英語でのやりとりが増えた