「中日」に関する記事一覧

中日・立浪政権は「今季限り」か「続く」のか…早くも去就に注目、OBからは続投歓迎する声も
中日・立浪政権は「今季限り」か「続く」のか…早くも去就に注目、OBからは続投歓迎する声も

中日・立浪和義監督の去就に関して早くも議論が起こっている。今季が2021年のオフに結んだ3年契約の最終年となるが、果たして4年目以降も“ミスタードラゴンズ”がチームを指揮する可能性はあるのだろうか。

dot.
中日・立浪監督、西武・松井監督 「PLで甲子園出場のスター」「天才打者」低迷チーム監督のいくつもの共通点
今川秀悟 今川秀悟
中日・立浪監督、西武・松井監督 「PLで甲子園出場のスター」「天才打者」低迷チーム監督のいくつもの共通点
12球団を見渡して、監督としての評価が高いのが広島・新井貴浩監督と日本ハム・新庄剛志監督だ。両指揮官は「育てながら勝つ」を実践している。
西武松井稼頭央中日立浪和義
dot. 6/28
中日は3年連続最下位を“回避”できるか 今後の戦いでカギ握るのは? 投打で奮起したい選手
西尾典文 西尾典文
中日は3年連続最下位を“回避”できるか 今後の戦いでカギ握るのは? 投打で奮起したい選手
球団創設以来初となる2年連続最下位に沈んでいる中日。今年は開幕直後に引き分けを挟んで6連勝を記録するなど順調なスタートを切り、ファンからの期待の声も大きかったが、5月以降は成績を落とし、交流戦終了時点でヤクルトと同率の最下位に沈んでいる。ちなみに昨シーズンも交流戦終了時点での順位は同じくヤクルトと並んでの最下位であり、そういう意味では今年も苦しいシーズンとなっていることは間違いない。
プロ野球中日
dot. 6/18
古巣・西武だけなく中日、ヤクルトも候補か 辻発彦監督待望論、“育てて勝つ人物”として高評価
dot.sports dot.sports
古巣・西武だけなく中日、ヤクルトも候補か 辻発彦監督待望論、“育てて勝つ人物”として高評価
2022年シーズン終了後に西武の監督を退いた辻発彦氏が、再びNPB球団を指揮する日は近いのだろうか……。苦しむ古巣・西武のみでなく、これまでプレーしたチームなど“ゆかりのある球団”から声がかかる可能性が浮上しているという。
プロ野球監督西武中日ヤクルト
dot. 6/12
高額の譲渡金も見込める? 中日、今オフは小笠原の“最高の売り時”か 高まる米移籍の可能性
dot.sports dot.sports
高額の譲渡金も見込める? 中日、今オフは小笠原の“最高の売り時”か 高まる米移籍の可能性
中日・小笠原慎之介にとって今季は野球人生の分岐点になりそうだ。
プロ野球中日小笠原慎之介
dot. 6/3
伸び悩む中日・根尾に他球団からトレード打診も?「野手でもう一度育てたい」の声
今川秀悟 今川秀悟
伸び悩む中日・根尾に他球団からトレード打診も?「野手でもう一度育てたい」の声
5月16日の阪神戦。バンテリンドームが阪神ファンの大歓声に包まれる中、手痛い一発を浴びた中日・根尾昂はマウンドで何を感じたか。6年目右腕は、1軍生き残りをかけて背水の陣を迎えている。
根尾昂中日
dot. 5/23
中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も
今川秀悟 今川秀悟
中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も
開幕から1カ月半が経ち、各球団の陣容、戦略プランが見えてきた。下位に低迷する球団は戦い方を見直し、弱点を補うために戦力補強を行う可能性がある。そこで、有効な手立てがトレードだ。
ビシエド中日西武
dot. 5/15
貧打の西武は暗黒時代に突入か 「優しすぎる」松井稼頭央監督は指揮官としての手腕に疑問符も
今川秀悟 今川秀悟
貧打の西武は暗黒時代に突入か 「優しすぎる」松井稼頭央監督は指揮官としての手腕に疑問符も
4月を終えて借金10と苦しい船出となったのが西武だ。  開幕から3カード連続勝ち越しで6勝3敗と好スタートを切ったかに見えたが、その後は7連敗を喫するなど2勝15敗と大きく負け越し、4月終了時は首位と11ゲーム差の最下位。4月下旬にソフトバンクに3試合連続サヨナラ負けを喫するなど、試合展開もダメージが残る戦いが目立つ。
西武日本ハム中日
dot. 5/3
落合博満元監督以来の中日「守りの野球」復活の兆し? 命運を握る内野手とは
今川秀悟 今川秀悟
落合博満元監督以来の中日「守りの野球」復活の兆し? 命運を握る内野手とは
2年連続最下位からの巻き返しを狙う中日。開幕カードのヤクルト戦(神宮)では2敗1分と白星が遠かったが、本拠地・バンテリンドームに戻った2カード目の巨人戦では2勝1敗と勝ち越し。3カード目の広島戦も2戦連続の零封で勝ち越しを決めた。
中日立浪監督
dot. 4/7
中日「リーグ制覇」V奪回の救世主は誰だ? 別格の人気「根尾昂」か、開幕2軍スタートの逸材か
今川秀悟 今川秀悟
中日「リーグ制覇」V奪回の救世主は誰だ? 別格の人気「根尾昂」か、開幕2軍スタートの逸材か
中日は今年こそ、ファンの期待に応えられるか。
中日オープン戦優勝根尾昴
dot. 3/29
中日の人気は今や“全国区”? 勝てないのに注目度上昇、キャンプでも感じた“勢い”
dot.sports dot.sports
中日の人気は今や“全国区”? 勝てないのに注目度上昇、キャンプでも感じた“勢い”
中日の注目度が“全国区”になりつつある。チーム自体は球団史上最長とも言える低迷期に入っているが、恐竜軍団はなぜ支持され始めたのだろうか。
中日プロ野球
dot. 3/16
中日・立浪監督の後継者は? “指導歴なし”も「現場で高評価の次期監督候補」の名前
今川秀悟 今川秀悟
中日・立浪監督の後継者は? “指導歴なし”も「現場で高評価の次期監督候補」の名前
中日・立浪和義監督は今季が3年契約の最終年だ。球団史上初の2年連続最下位に沈んだことから風当たりは強いが、チームを改革しようという強い意思が伝わってくる。阿部寿樹(楽天)、京田陽太(DeNA)らレギュラークラスの選手たちをトレードで放出し、チームの再建を図ってきたのも批判覚悟だ。今季は得点力不足解消へ、中田翔、中島宏之、上林誠知ら実績のある選手たちを獲得。投手陣はリーグトップレベルの陣容だけに、得点力が上がればガラッと変わる可能性を秘めている。
立浪和義山本昌中日
dot. 3/3
中日・根尾に大ブレークの予感 批判の声が多かった「立浪監督の決断」に再評価の声
今川秀悟 今川秀悟
中日・根尾に大ブレークの予感 批判の声が多かった「立浪監督の決断」に再評価の声
中日ファンは心が躍っただろう。先発ローテーション入りを狙う根尾昂が順調な仕上がりを見せている。
根尾昴中日
dot. 2/22
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
中田翔は中日に何をもたらすのか “暗いイメージ”も変わる? 期待される「様々な効果」
dot.sports dot.sports
中田翔は中日に何をもたらすのか “暗いイメージ”も変わる? 期待される「様々な効果」
今季から中日でプレーする中田翔が早くも新天地で存在感を発揮している。今月1日から始まった春季キャンプでは初日にサインを求めるファンが殺到するなど、“中田フィーバー”が巻き起こった。
中田翔中日
dot. 2/8
中日・立浪監督、中田翔の「金髪容認」で“一貫性のなさ”指摘も…OBは「批判当たらない」と擁護
dot.sports dot.sports
中日・立浪監督、中田翔の「金髪容認」で“一貫性のなさ”指摘も…OBは「批判当たらない」と擁護
今季が契約最終年の3シーズン目となる中日の立浪和義監督だが、キャンプイン早々にファンたちの議論の的となる出来事があった。
中日立浪監督中田翔
dot. 2/2
【2023年下半期ランキングスポーツ編10位】中日の“気の毒な投手3人”に他球団ファンも同情 オフの年俸査定は? 将来的な退団は濃厚か
dot.sports dot.sports
【2023年下半期ランキングスポーツ編10位】中日の“気の毒な投手3人”に他球団ファンも同情 オフの年俸査定は? 将来的な退団は濃厚か
2023年もいよいよ年の瀬。そこで、AERA dot.で下半期に読まれたランキング上位のスポーツ記事を振り返りたい。ランキング10位に入ったのは「中日の“気の毒な投手3人”に他球団ファンも同情 オフの年俸査定は? 将来的な退団は濃厚か」。9月7日に配信した記事を再配信する。(※年齢や肩書などは配信時)
中日年俸柳裕也高橋宏斗小笠原慎之介2023 下半期ランキング
dot. 12/11
巨人、中日、オリックス「積極補強の3チーム」戦力アップした? 編成の上手さ感じる球団は
西尾典文 西尾典文
巨人、中日、オリックス「積極補強の3チーム」戦力アップした? 編成の上手さ感じる球団は
12月に入り、プロ野球のストーブリーグも折り返し地点を過ぎた印象が強い。まだ去就の決まらない大物選手も存在しており、ここから新外国人選手獲得のニュースも増える時期だが、現時点で積極的な補強が目立つ球団を3チーム、ピックアップしてみたいと思う。
プロ野球補強巨人中日オリックス
dot. 12/7
中日、このままだと柳や小笠原は将来的に移籍? 球団に必要なのは「金額以上に誠意」か
dot.sports dot.sports
中日、このままだと柳や小笠原は将来的に移籍? 球団に必要なのは「金額以上に誠意」か
フリーエージェント(FA)選手の去就など、ストーブリーグが盛り上がっているが、選手の移籍以外でもう一つこの時期に話題となるのが年俸更改だろう。
中日柳裕也小笠原慎之介
dot. 12/4
1 2 3
カテゴリから探す
ニュース
石丸氏の「遺伝子的に子どもをうみだす」は「SFの話」ではない   政治家の無知を思う 北原みのり〈ニュースふり返り〉
石丸氏の「遺伝子的に子どもをうみだす」は「SFの話」ではない  政治家の無知を思う 北原みのり〈ニュースふり返り〉
石丸伸二
dot. 7時間前
教育
樹海で生き延びた5歳児が出会った「彷徨う人々」 読後感が“お土産”になる荻原浩さん長編小説
樹海で生き延びた5歳児が出会った「彷徨う人々」 読後感が“お土産”になる荻原浩さん長編小説
この人のこの本
AERA 5時間前
エンタメ
〈主演ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」第3話 きょう〉「おちょやん」で大ブレイク成田凌 バラエティもコントもいける底知れぬ魅力
〈主演ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」第3話 きょう〉「おちょやん」で大ブレイク成田凌 バラエティもコントもいける底知れぬ魅力
dot. 1時間前
スポーツ
1年で戦力外「何で獲った」と批判の声も…新天地で“爪痕”残せなかった人的補償の選手たち
1年で戦力外「何で獲った」と批判の声も…新天地で“爪痕”残せなかった人的補償の選手たち
プロ野球
dot. 5時間前
ヘルス
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
いい病院
dot. 15時間前
ビジネス
30代会社員億り人ハルさん「私が新NISAで日本株を買わない理由はコレです」1775人アンケート結果も
30代会社員億り人ハルさん「私が新NISAで日本株を買わない理由はコレです」1775人アンケート結果も
AERA Money
AERA 7/20