スポーツの人気ランキング

清宮幸太郎、中村奨成もトレードささやかれる…伸び悩むドラ1選手たち
清宮幸太郎、中村奨成もトレードささやかれる…伸び悩むドラ1選手たち

 昨年オフ、日本ハムの吉田輝星がオリックスにトレード移籍し話題になった。吉田は甲子園で「金農旋風」を巻き起こし、ドラフト1位で入団したスター選手。ファンの期待が大きかっただけに、トレードは賛否の議論を巻き起こした。同じようにドラフト上位で入団しながら伸び悩み、トレードがささやかれる選手たちがいる。

清宮幸太郎 中村奨成 トレード
dot.5/5
「次の今永を探せ!」メジャーが“草刈り場”にする日本球界で「佐々木朗希より欲しい」投手とは
「次の今永を探せ!」メジャーが“草刈り場”にする日本球界で「佐々木朗希より欲しい」投手とは

 ドジャースに移籍した大谷翔平が話題のメジャーリーグで、強烈なインパクトを与えている日本人投手がいる。DeNAからポスティング・システムでカブスに移籍した左腕・今永昇太だ。

メジャーリーグ 今永昇太 佐々木朗希
dot.5/2
快進撃の日本ハムできわだつ新庄監督の「再生」手腕  新庄野球は「野村野球にいちばん近い」
快進撃の日本ハムできわだつ新庄監督の「再生」手腕  新庄野球は「野村野球にいちばん近い」

 一過性の勢いではないだろう。日本ハムが白星を積み重ね、リーグ2位につけている。 「新庄剛志監督が就任3年目となり、選手が質の高い野球を実践できるようになってきた。各ポジションで熾烈なレギュラー争いが繰り広げられ、日替わりヒーローが誕生しているのはチーム力が上がっている証です。クライマックスシリーズはもちろん、優勝争いに最後まで食らいつけば、頂点に立つチャンスが十分にあると思います」(北海道のテレビ関係者)

新庄剛志 野村克也 日本ハム
dot.19時間前
〈本田真凛さんま御殿初登場きょう〉堂々としてカッコいいのはなぜ? 宇野昌磨の「真凛」発言に見たブレないメンタルの軸
〈本田真凛さんま御殿初登場きょう〉堂々としてカッコいいのはなぜ? 宇野昌磨の「真凛」発言に見たブレないメンタルの軸

 21日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ・毎週火曜午後8時)のテーマは「食に変なこだわりを持つ有名人」で、プロフィギュアスケーター・本田真凜も初登場するのが話題だ。本田真凛のプライベートに興味津々の明石家さんまが切り込み、どんなトークが展開されるのか!? 交際が報じられる宇野昌磨の過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2023年4月1日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

本田真凛 宇野昌磨 踊る!さんま御殿!! フィギュアスケート 世界選手権
dot.5/21
伸び悩む中日・根尾に他球団からトレード打診も?「野手でもう一度育てたい」の声
伸び悩む中日・根尾に他球団からトレード打診も?「野手でもう一度育てたい」の声

 5月16日の阪神戦。バンテリンドームが阪神ファンの大歓声に包まれる中、手痛い一発を浴びた中日・根尾昂はマウンドで何を感じたか。6年目右腕は、1軍生き残りをかけて背水の陣を迎えている。

根尾昂 中日
dot.5/23
札幌ドームがさらなる“窮地”に? 「日本ハムに続きコンサドーレも去る日」が来る予感も
札幌ドームがさらなる“窮地”に? 「日本ハムに続きコンサドーレも去る日」が来る予感も

 日本ハムが新本拠地に移転してから1年が経ち、想像以上の“苦境”に立たされている旧本拠地の札幌ドーム(以下ドーム)。赤字の幅も当初の見通しよりも膨らみ、市民や道民からは「解体」を望む声すら出ているほどだ。

札幌ドーム
dot.4/4
中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も
中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も

 開幕から1カ月半が経ち、各球団の陣容、戦略プランが見えてきた。下位に低迷する球団は戦い方を見直し、弱点を補うために戦力補強を行う可能性がある。そこで、有効な手立てがトレードだ。

ビシエド 中日 西武
dot.5/15
「あの時代の米国で…」大谷とは違うイチローの凄さ 殿堂入り時に“再評価”されそうなことは
「あの時代の米国で…」大谷とは違うイチローの凄さ 殿堂入り時に“再評価”されそうなことは

 近年、野球界では選手の大型化も進み、加えてトレーニング方法も進化したことで、世界に出てもフィジカルで負けない選手も登場してきた。その最たる例が大谷翔平(ドジャース)だろう。元々193センチと長身だが、さらにフィジカルを強化したことで、メジャーリーガーたちを凌駕するような体を作り上げ、二刀流としての活躍を現実のものとした。

メジャーリーグ イチロー
dot.5/22
巨人・大城以外にも打てる捕手が苦戦、中日のエースは大丈夫? 今季“不調”が気になる主力たち
巨人・大城以外にも打てる捕手が苦戦、中日のエースは大丈夫? 今季“不調”が気になる主力たち

 セ・リーグは上位から下位まで混戦、パ・リーグはソフトバンクが一歩リードしている感を受ける今年のペナントレース。ルーキーや若手の台頭もあり、昨年までとはメンバーが大きく入れ替わっている球団も存在している。しかしその一方で本来であれば主力として期待されながら、ここまで調子が上がらず誤算となっている選手がいることも確かだ(成績は5月14日終了時点)。

プロ野球
dot.5/15
元阪神・高山、元広島・薮田らは難しい?  二軍の新規参入球団から「NPB復帰が可能」な選手いるか
元阪神・高山、元広島・薮田らは難しい? 二軍の新規参入球団から「NPB復帰が可能」な選手いるか

 今年のプロ野球で昨年までの大きな変更点と言えばオイシックス新潟アルビレックスBC、くふうハヤテベンチャーズ静岡のファーム2球団が新規参入したことである。両チームとも現在最下位に沈んでおり(5月21日終了時点)、苦しい戦いが続いているが、その中で存在感を示している選手はいるのだろうか。今回はNPBでプレー経験があり、復帰を目指す選手の現状について探ってみたいと思う。

プロ野球 二軍
dot.19時間前
巨人の右腕は飛躍の予感、中日の大砲候補は…ドラフト上位「未完の大器」成功例は“極少”
巨人の右腕は飛躍の予感、中日の大砲候補は…ドラフト上位「未完の大器」成功例は“極少”

 ドラフト会議で人気になりやすいのは1年目から一軍で活躍できる可能性が高い“即戦力”と言われる選手である。しかしその一方で現時点では欠点は多くても、将来的な大化けが期待される“未完の大器”が高い評価を得るケースも少なくない。近年そのような評価でプロ入りした選手の現状は果たしてどうなっているのだろうか。

プロ野球 ドラフト
dot.5/21
Bリーグ1の“モテ男”金近廉 代表入りへ「100%のプレーを出して、チャンスをつかみとれる選手に」
Bリーグ1の“モテ男”金近廉 代表入りへ「100%のプレーを出して、チャンスをつかみとれる選手に」

 AERAの連載「2024パリへの道」では、今夏開催されるパリ五輪・パラリンピックでの活躍が期待される各競技のアスリートが登場。これまでの競技人生や、パリ大会へ向けた思いを語ります。

パリへの道 金近廉
AERA5/22
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も

 先週に多く読まれた記事の「見逃し配信」です。ぜひ御覧ください。(この記事は、「AERA dot.」で2024年5月15日に配信した内容の再配信です。肩書や情報などは当時のまま)

ビシエド 中日 西武
dot.5/22
落合博満元監督以来の中日「守りの野球」復活の兆し? 命運を握る内野手とは
落合博満元監督以来の中日「守りの野球」復活の兆し? 命運を握る内野手とは

 2年連続最下位からの巻き返しを狙う中日。開幕カードのヤクルト戦(神宮)では2敗1分と白星が遠かったが、本拠地・バンテリンドームに戻った2カード目の巨人戦では2勝1敗と勝ち越し。3カード目の広島戦も2戦連続の零封で勝ち越しを決めた。

中日 立浪監督
dot.4/7
中日は金丸夢斗、阪神は宗山塁を狙うべき? 今年の“ドラフトの目玉2人”欲しい球団は
中日は金丸夢斗、阪神は宗山塁を狙うべき? 今年の“ドラフトの目玉2人”欲しい球団は

 高校、大学、社会人、独立リーグ、全てのカテゴリーで公式戦が頻繁に行われる時期となり、ドラフト候補となる選手も連日アピールを見せている。その中で今年の目玉と見られているのが投手では金丸夢斗(関西大)、野手では宗山塁(明治大・遊撃手)の大学生2人だろう。

ドラフト
dot.5/5
第2回現役ドラフト、 ここまで「戦力」になっているのは? 今後“ブレイク”期待の選手も
第2回現役ドラフト、 ここまで「戦力」になっているのは? 今後“ブレイク”期待の選手も

 2022年オフに初めて行われた現役ドラフト。昨年は細川成也(DeNA→中日)がチームトップの24本塁打、78打点を記録し、大竹耕太郎(ソフトバンク→阪神)が二桁勝利をマークする大ブレイクを見せた。果たして第2回現役ドラフトで移籍した選手はどうだろうか。結論から先に述べると、現時点で昨年の細川や大竹ほどのインパクトを残している選手は不在という印象を受ける。ただその中でも貴重な戦力となっている選手や、ブレイクの兆しを見せている選手がいることは確かだ。

プロ野球 現役ドラフト
dot.5/17
ジリ貧の札幌ドーム、勢い増すエスコン 日本ハム移転からたった1年で“悲しすぎる差” 
ジリ貧の札幌ドーム、勢い増すエスコン 日本ハム移転からたった1年で“悲しすぎる差” 

 札幌ドーム(以下ドーム)とエスコンフィールド北海道(以下エスコン)、日本ハムの新旧本拠地は1年足らずで“明暗”が大きく分かれる形となった。ドームは存続すら危ういのでは?という声がある一方、エスコンは世界からも注目される新時代のボールパークになりつつある。

札幌ドーム エスコンフィールド北海道 日本ハム
dot.3/12
中日・立浪監督の後継者は? “指導歴なし”も「現場で高評価の次期監督候補」の名前
中日・立浪監督の後継者は? “指導歴なし”も「現場で高評価の次期監督候補」の名前

 中日・立浪和義監督は今季が3年契約の最終年だ。球団史上初の2年連続最下位に沈んだことから風当たりは強いが、チームを改革しようという強い意思が伝わってくる。阿部寿樹(楽天)、京田陽太(DeNA)らレギュラークラスの選手たちをトレードで放出し、チームの再建を図ってきたのも批判覚悟だ。今季は得点力不足解消へ、中田翔、中島宏之、上林誠知ら実績のある選手たちを獲得。投手陣はリーグトップレベルの陣容だけに、得点力が上がればガラッと変わる可能性を秘めている。

立浪和義 山本昌 中日
dot.3/3
宇野昌磨「人前で喋れない内向きな性格だった」 プロ転向後は「自由にスケートをやれる」
宇野昌磨「人前で喋れない内向きな性格だった」 プロ転向後は「自由にスケートをやれる」

 5月14日に都内で会見を行い、プロ転向を発表した宇野昌磨さん。会見の言葉から彼の競技人生をひもとく。AERA 2024年5月27日号より。

宇野昌磨
AERA5/22
巨人と8年契約「エースになりかけ」も怪我で暗転も…“太く短く”活躍したアジア出身の投手たち
巨人と8年契約「エースになりかけ」も怪我で暗転も…“太く短く”活躍したアジア出身の投手たち

 NPBでは、アメリカや中南米出身の助っ人が多く活躍しているが、韓国や台湾などアジア出身の助っ人も少なくない。その中で、活躍期間こそ短かったものの、今も記憶に残るアジア出身の投手たちを振り返ってみよう。

プロ野球
dot.5/19
「次の今永を探せ!」メジャーが“草刈り場”にする日本球界で「佐々木朗希より欲しい」投手とは
「次の今永を探せ!」メジャーが“草刈り場”にする日本球界で「佐々木朗希より欲しい」投手とは

 ドジャースに移籍した大谷翔平が話題のメジャーリーグで、強烈なインパクトを与えている日本人投手がいる。DeNAからポスティング・システムでカブスに移籍した左腕・今永昇太だ。

メジャーリーグ 今永昇太 佐々木朗希
dot.5/2
宇野昌磨の引退に影響を与えた5人のライバルたちとNHK杯の厳しすぎる「疑問の判定」
宇野昌磨の引退に影響を与えた5人のライバルたちとNHK杯の厳しすぎる「疑問の判定」

 「僕なりの全力のフィギュアスケート人生を送れたかな――」。フィギュアスケートの宇野昌磨(26)は、14日の引退会見でそう語った。五輪に2大会連続出場し、平昌で銀、北京で銅メダル。世界選手権では日本男子初となる連覇を果たし、昨シーズンの全日本選手権では6度目の優勝。日本スケート連盟が4月末に発表した、最もランクの高い「特別強化選手」に選出されたばかり。まさにトップ選手の引退発表だったが、会見中は終始、清々しい表情で、発言からは「やり切った感」も感じられた。

宇野昌磨 イリア・マリニン 本田真凛
dot.5/19
清宮幸太郎、中村奨成もトレードささやかれる…伸び悩むドラ1選手たち
清宮幸太郎、中村奨成もトレードささやかれる…伸び悩むドラ1選手たち

 昨年オフ、日本ハムの吉田輝星がオリックスにトレード移籍し話題になった。吉田は甲子園で「金農旋風」を巻き起こし、ドラフト1位で入団したスター選手。ファンの期待が大きかっただけに、トレードは賛否の議論を巻き起こした。同じようにドラフト上位で入団しながら伸び悩み、トレードがささやかれる選手たちがいる。

清宮幸太郎 中村奨成 トレード
dot.5/5
〈本田真凛さんま御殿初登場きょう〉堂々としてカッコいいのはなぜ? 宇野昌磨の「真凛」発言に見たブレないメンタルの軸
〈本田真凛さんま御殿初登場きょう〉堂々としてカッコいいのはなぜ? 宇野昌磨の「真凛」発言に見たブレないメンタルの軸

 21日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ・毎週火曜午後8時)のテーマは「食に変なこだわりを持つ有名人」で、プロフィギュアスケーター・本田真凜も初登場するのが話題だ。本田真凛のプライベートに興味津々の明石家さんまが切り込み、どんなトークが展開されるのか!? 交際が報じられる宇野昌磨の過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2023年4月1日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

本田真凛 宇野昌磨 踊る!さんま御殿!! フィギュアスケート 世界選手権
dot.5/21
巨人・小林誠司の“腐らなかった心” 原政権時に不遇も、阿部監督の信頼が不動だった理由
巨人・小林誠司の“腐らなかった心” 原政権時に不遇も、阿部監督の信頼が不動だった理由

 今シーズンのプロ野球が開幕して早くも1カ月半が経ったが、大きなトピックの一つとなっているのが巨人の“正捕手問題”だ。

巨人 小林誠司
dot.5/15
第2回現役ドラフト、 ここまで「戦力」になっているのは? 今後“ブレイク”期待の選手も
第2回現役ドラフト、 ここまで「戦力」になっているのは? 今後“ブレイク”期待の選手も

 2022年オフに初めて行われた現役ドラフト。昨年は細川成也(DeNA→中日)がチームトップの24本塁打、78打点を記録し、大竹耕太郎(ソフトバンク→阪神)が二桁勝利をマークする大ブレイクを見せた。果たして第2回現役ドラフトで移籍した選手はどうだろうか。結論から先に述べると、現時点で昨年の細川や大竹ほどのインパクトを残している選手は不在という印象を受ける。ただその中でも貴重な戦力となっている選手や、ブレイクの兆しを見せている選手がいることは確かだ。

プロ野球 現役ドラフト
dot.5/17
今永昇太、CY賞の候補でも「無視できない存在」に “風変わりなキャラ”も浸透中
今永昇太、CY賞の候補でも「無視できない存在」に “風変わりなキャラ”も浸透中

 今季のメジャーリーグの話題と言えば、オフに10年総額7億ドル(約1084億1000万円)でドジャース入りした大谷翔平だが、負けじと活躍している日本人プレイヤーがいる。今季からカブスでプレーする左腕の今永昇太(前DeNA)だ。

メジャーリーグ MLB 今永昇太
dot.5/17
阿部政権で伸び悩む巨人・秋広は「第二の大田泰示」か? 「ファーム慣れ」すればトレード放出も
阿部政権で伸び悩む巨人・秋広は「第二の大田泰示」か? 「ファーム慣れ」すればトレード放出も

 巨人は阿部慎之助監督が就任し、積極的に若手を登用している。萩尾匡也、佐々木俊輔が外野の定位置争いで頭角を現す中、この選手も殻を破ってほしいとファンの期待が大きい成長株がいる。高卒4年目の秋広優人(21)だ。

巨人 秋広優人
dot.5/18
中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も
中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も

 開幕から1カ月半が経ち、各球団の陣容、戦略プランが見えてきた。下位に低迷する球団は戦い方を見直し、弱点を補うために戦力補強を行う可能性がある。そこで、有効な手立てがトレードだ。

ビシエド 中日 西武
dot.5/15
【現地は騒然】水原一平の「ノット・ギルティー」を見られず なぜ報道陣は法廷に入れなかったのか
【現地は騒然】水原一平の「ノット・ギルティー」を見られず なぜ報道陣は法廷に入れなかったのか

 「ノット・ギルティー(無罪)」。水原一平被告が法廷でそう声を発した5月14日。報道陣は、ひとりも法廷に入室を許されなかった。あの日、ロサンゼルス(LA)の裁判所で何が起きていたのか、在米ジャーナリストが伝える。

水原一平
AERA5/17
快進撃の日本ハムできわだつ新庄監督の「再生」手腕  新庄野球は「野村野球にいちばん近い」
快進撃の日本ハムできわだつ新庄監督の「再生」手腕  新庄野球は「野村野球にいちばん近い」

 一過性の勢いではないだろう。日本ハムが白星を積み重ね、リーグ2位につけている。 「新庄剛志監督が就任3年目となり、選手が質の高い野球を実践できるようになってきた。各ポジションで熾烈なレギュラー争いが繰り広げられ、日替わりヒーローが誕生しているのはチーム力が上がっている証です。クライマックスシリーズはもちろん、優勝争いに最後まで食らいつけば、頂点に立つチャンスが十分にあると思います」(北海道のテレビ関係者)

新庄剛志 野村克也 日本ハム
dot.19時間前
再び参戦アン・シネの調子は? 国内女子ツアーで勢い失った海外勢、“第二のイ・ボミ”生まれるか
再び参戦アン・シネの調子は? 国内女子ツアーで勢い失った海外勢、“第二のイ・ボミ”生まれるか

 ここ数年の国内女子ツアーは、日本人の若手プロが隆盛。特にコロナ禍前後で比較すると、“〇世代”と呼ばれる選手たちの活躍が目立つ。

女子ゴルフ
dot.5/20
吉田正尚以上にトレード“あり得る選手”も メジャーで「今季移籍の可能性ある日本人」は
吉田正尚以上にトレード“あり得る選手”も メジャーで「今季移籍の可能性ある日本人」は

 今年の野球界の話題といえば、メジャー史上最高額の契約でドジャース入りした大谷翔平、同じく大型契約でドジャースと契約と結んだ山本由伸、そして日本時代以上の投球を見せ、現地でも話題となっているカブスの今永昇太など米国で活躍する日本人選手が中心となっている。(以下、文中の成績はすべて現地5月12日終了時点)

メジャーリーグ トレード
dot.5/13
中日は金丸夢斗、阪神は宗山塁を狙うべき? 今年の“ドラフトの目玉2人”欲しい球団は
中日は金丸夢斗、阪神は宗山塁を狙うべき? 今年の“ドラフトの目玉2人”欲しい球団は

 高校、大学、社会人、独立リーグ、全てのカテゴリーで公式戦が頻繁に行われる時期となり、ドラフト候補となる選手も連日アピールを見せている。その中で今年の目玉と見られているのが投手では金丸夢斗(関西大)、野手では宗山塁(明治大・遊撃手)の大学生2人だろう。

ドラフト
dot.5/5
「あの時代の米国で…」大谷とは違うイチローの凄さ 殿堂入り時に“再評価”されそうなことは
「あの時代の米国で…」大谷とは違うイチローの凄さ 殿堂入り時に“再評価”されそうなことは

 近年、野球界では選手の大型化も進み、加えてトレーニング方法も進化したことで、世界に出てもフィジカルで負けない選手も登場してきた。その最たる例が大谷翔平(ドジャース)だろう。元々193センチと長身だが、さらにフィジカルを強化したことで、メジャーリーガーたちを凌駕するような体を作り上げ、二刀流としての活躍を現実のものとした。

メジャーリーグ イチロー
dot.5/22
阪神、連覇へ向け「強さ感じず」 それでもリーグ2位、“勝ちグセ”ついてきた印象も
阪神、連覇へ向け「強さ感じず」 それでもリーグ2位、“勝ちグセ”ついてきた印象も

 今季の阪神には昨シーズンのような絶対的な強さを感じない。不安定な戦いが続いているが、それでも現在のところ首位を走る巨人から0.5ゲーム差のセ・リーグ2位と上位につける。地力があるのか、それとも他球団が不甲斐ないのか。「アレンパ(連覇)」を目指す虎の戦いから目が離せない。(以下、文中の成績はすべて5月15日終了時点)

プロ野球 阪神
dot.5/16
宇野昌磨「人に勝ちたい」より恩返し 独自の美学を貫いた競技人生21年
宇野昌磨「人に勝ちたい」より恩返し 独自の美学を貫いた競技人生21年

 2度の五輪でメダルを獲得したフィギュアスケートの宇野昌磨(26)が5月14日、都内で会見を行い、プロ転向を発表した。AERA 2024年5月27日号より。

宇野昌磨
AERA5/21
伸び悩む中日・根尾に他球団からトレード打診も?「野手でもう一度育てたい」の声
伸び悩む中日・根尾に他球団からトレード打診も?「野手でもう一度育てたい」の声

 5月16日の阪神戦。バンテリンドームが阪神ファンの大歓声に包まれる中、手痛い一発を浴びた中日・根尾昂はマウンドで何を感じたか。6年目右腕は、1軍生き残りをかけて背水の陣を迎えている。

根尾昂 中日
dot.5/23
札幌ドームがさらなる“窮地”に? 「日本ハムに続きコンサドーレも去る日」が来る予感も
札幌ドームがさらなる“窮地”に? 「日本ハムに続きコンサドーレも去る日」が来る予感も

 日本ハムが新本拠地に移転してから1年が経ち、想像以上の“苦境”に立たされている旧本拠地の札幌ドーム(以下ドーム)。赤字の幅も当初の見通しよりも膨らみ、市民や道民からは「解体」を望む声すら出ているほどだ。

札幌ドーム
dot.4/4
巨人の「貧打ぶり」ヤバかったシーズンは? 主軸の相次ぐ不振で“意外な打者”が最高打率の年も
巨人の「貧打ぶり」ヤバかったシーズンは? 主軸の相次ぐ不振で“意外な打者”が最高打率の年も

 毎年強力打線を看板にしているイメージが強い巨人だが、打撃は水物。今季もチーム打率.228がリーグ5位(5月9日終了時点)と打力不足に苦しんでいるが、これまでも貧打に泣いた年もある。

プロ野球 巨人 貧打
dot.5/12
「次の今永を探せ!」メジャーが“草刈り場”にする日本球界で「佐々木朗希より欲しい」投手とは
「次の今永を探せ!」メジャーが“草刈り場”にする日本球界で「佐々木朗希より欲しい」投手とは

 ドジャースに移籍した大谷翔平が話題のメジャーリーグで、強烈なインパクトを与えている日本人投手がいる。DeNAからポスティング・システムでカブスに移籍した左腕・今永昇太だ。

メジャーリーグ 今永昇太 佐々木朗希
dot.5/2
清宮幸太郎、中村奨成もトレードささやかれる…伸び悩むドラ1選手たち
清宮幸太郎、中村奨成もトレードささやかれる…伸び悩むドラ1選手たち

 昨年オフ、日本ハムの吉田輝星がオリックスにトレード移籍し話題になった。吉田は甲子園で「金農旋風」を巻き起こし、ドラフト1位で入団したスター選手。ファンの期待が大きかっただけに、トレードは賛否の議論を巻き起こした。同じようにドラフト上位で入団しながら伸び悩み、トレードがささやかれる選手たちがいる。

清宮幸太郎 中村奨成 トレード
dot.5/5
宇野昌磨の引退に影響を与えた5人のライバルたちとNHK杯の厳しすぎる「疑問の判定」
宇野昌磨の引退に影響を与えた5人のライバルたちとNHK杯の厳しすぎる「疑問の判定」

 「僕なりの全力のフィギュアスケート人生を送れたかな――」。フィギュアスケートの宇野昌磨(26)は、14日の引退会見でそう語った。五輪に2大会連続出場し、平昌で銀、北京で銅メダル。世界選手権では日本男子初となる連覇を果たし、昨シーズンの全日本選手権では6度目の優勝。日本スケート連盟が4月末に発表した、最もランクの高い「特別強化選手」に選出されたばかり。まさにトップ選手の引退発表だったが、会見中は終始、清々しい表情で、発言からは「やり切った感」も感じられた。

宇野昌磨 イリア・マリニン 本田真凛
dot.5/19
米国でも「多大な敬意」 もっと賞賛すべき、ブル中野のWWE殿堂入り ケタ違いだった「プロ意識」
米国でも「多大な敬意」 もっと賞賛すべき、ブル中野のWWE殿堂入り ケタ違いだった「プロ意識」

 女子プロレスラー・ブル中野が世界最大のプロレス団体WWEのホール・オブ・フェイム(殿堂)入りを果たした。レスラー部門として日本人5人目(女子では初)の快挙でレジェンドレスラーとして本場でも認められた形だ。

女子プロレス ブル中野 WWE
dot.4/24
巨人・小林誠司の“腐らなかった心” 原政権時に不遇も、阿部監督の信頼が不動だった理由
巨人・小林誠司の“腐らなかった心” 原政権時に不遇も、阿部監督の信頼が不動だった理由

 今シーズンのプロ野球が開幕して早くも1カ月半が経ったが、大きなトピックの一つとなっているのが巨人の“正捕手問題”だ。

巨人 小林誠司
dot.5/15
”崖っぷち”迎えたドラ1選手 中村奨成より苦しい状況なのは? 高卒3年目で”危うい立場”の2人も
”崖っぷち”迎えたドラ1選手 中村奨成より苦しい状況なのは? 高卒3年目で”危うい立場”の2人も

 毎年12人しかいないドラフト1位の選手。今年は草加勝(中日)、下村海翔(阪神)がトミー・ジョン手術を受けて長期離脱となったが、度会隆輝(DeNA)、西舘勇陽(巨人)、武内夏暉(西武)の3人は既にチームに欠かせない存在となっている。出遅れている選手もここから戦力になることも十分に期待できるだろう。

プロ野球 ドラフト1位
dot.5/1
中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も
中日ファンから愛されるビシエドのトレードに複数球団が熱視線 「西武で獲得すべき」の声も

 開幕から1カ月半が経ち、各球団の陣容、戦略プランが見えてきた。下位に低迷する球団は戦い方を見直し、弱点を補うために戦力補強を行う可能性がある。そこで、有効な手立てがトレードだ。

ビシエド 中日 西武
dot.5/15
巨人・秋広優人、阿部新監督のもとで“苦境”は続く? 昨季ブレイクから一転「二軍暮らし」に
巨人・秋広優人、阿部新監督のもとで“苦境”は続く? 昨季ブレイクから一転「二軍暮らし」に

 巨人の“未来の主軸打者”として成長が期待される秋広優人のキャリアはこの先どうなっていくのだろうか……。プロ入り4年目となる今季はさらなる飛躍も予想されていた「背番号55」だったがシーズン開幕は二軍で迎え、いまだ一軍に呼ばれる気配すらない。

秋広優人 プロ野球 巨人
dot.4/26
大谷を支える真美子夫人の「包容力」 「一平ショック」乗り越え目指すは世界一
大谷を支える真美子夫人の「包容力」 「一平ショック」乗り越え目指すは世界一

 新たな歴史を塗り替えた。ドジャース・大谷翔平が4月21日のメッツ戦で、3回に右翼席へ運ぶ5号先制2ラン。弾丸ライナーで消えた打球は右翼手が一歩も動かない完璧な一撃だった。メジャー通算176号となり、松井秀喜氏を抜いて日本人メジャーリーガーの最多記録を更新した。

大谷翔平 真美子夫人
dot.4/25
〈本田真凛さんま御殿初登場きょう〉堂々としてカッコいいのはなぜ? 宇野昌磨の「真凛」発言に見たブレないメンタルの軸
〈本田真凛さんま御殿初登場きょう〉堂々としてカッコいいのはなぜ? 宇野昌磨の「真凛」発言に見たブレないメンタルの軸

 21日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ・毎週火曜午後8時)のテーマは「食に変なこだわりを持つ有名人」で、プロフィギュアスケーター・本田真凜も初登場するのが話題だ。本田真凛のプライベートに興味津々の明石家さんまが切り込み、どんなトークが展開されるのか!? 交際が報じられる宇野昌磨の過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2023年4月1日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

本田真凛 宇野昌磨 踊る!さんま御殿!! フィギュアスケート 世界選手権
dot.5/21
清原和博の長男、慶応大の正吾に大化けの予感 スカウトが「指名の可能性ある」理由とは
清原和博の長男、慶応大の正吾に大化けの予感 スカウトが「指名の可能性ある」理由とは

 春の東京六大学リーグで、慶応大の4番打者、清原正吾(4年)に注目が集まっている。NPB(日本野球機構)の西武、巨人などで活躍し、通算525本塁打の記録をもつ清原和博氏の長男だ。プロのスカウトも、その「伸びしろ」に視線を注いでいる。

清原正吾 清原和博 慶応
dot.4/19
〈あのときの話題を「再生」〉日本ハムの“見切り”は正解? 西川ら実質戦力外となった3選手、見えてきた「決断の答え」
〈あのときの話題を「再生」〉日本ハムの“見切り”は正解? 西川ら実質戦力外となった3選手、見えてきた「決断の答え」

 西川遥輝(楽天)、大田泰示(DeNA)、秋吉亮(独立リーグ・千葉スカイセイラーズ)。

dot.5/11
FA移籍も数年で「トレード放出」や「戦力外」 権利行使も新天地で“立場を失った”男たち
FA移籍も数年で「トレード放出」や「戦力外」 権利行使も新天地で“立場を失った”男たち

 FA移籍後、新天地で主力として長く活躍する選手がいる一方、在籍2、3年で引退したり、別のチームに移籍する選手も少なくない。

プロ野球
dot.5/3
私たち3人は決して「アンチ大谷」ではない 疑問をぶつけることでファンに応える米番記者の報道姿勢
私たち3人は決して「アンチ大谷」ではない 疑問をぶつけることでファンに応える米番記者の報道姿勢

 新天地ロサンゼルスで好調なデビューを果たした大谷翔平だが、そのお祭りムードをかき消してしまうほどのインパクトがあったのが、銀行詐欺の疑いで訴追された水原一平・元通訳の違法賭博疑惑である。『米番記者が見た大谷翔平』(朝日新書)で米メディアの番記者による対談の進行役を務めた日本人ジャーナリストが、締切の都合上、書籍内に盛り込むことができなかった「水原事件」について、共著者たちの本音を聞いた。

大谷翔平 水原一平 ドジャース
dot.4/28
第2回現役ドラフト、 ここまで「戦力」になっているのは? 今後“ブレイク”期待の選手も
第2回現役ドラフト、 ここまで「戦力」になっているのは? 今後“ブレイク”期待の選手も

 2022年オフに初めて行われた現役ドラフト。昨年は細川成也(DeNA→中日)がチームトップの24本塁打、78打点を記録し、大竹耕太郎(ソフトバンク→阪神)が二桁勝利をマークする大ブレイクを見せた。果たして第2回現役ドラフトで移籍した選手はどうだろうか。結論から先に述べると、現時点で昨年の細川や大竹ほどのインパクトを残している選手は不在という印象を受ける。ただその中でも貴重な戦力となっている選手や、ブレイクの兆しを見せている選手がいることは確かだ。

プロ野球 現役ドラフト
dot.5/17
大城、坂本、甲斐… 捕手大豊作のFA戦線で「甲斐より争奪戦になる」選手は
大城、坂本、甲斐… 捕手大豊作のFA戦線で「甲斐より争奪戦になる」選手は

 今季、捕手の起用法がガラッと変わったのが巨人だ。現役時代に名捕手として球史に名を刻んだ阿部慎之助監督が就任すると、「不動の正捕手」だった大城卓三の出場機会が減少。小林誠司、岸田行倫が先発マスクをかぶる試合が急増した。大城は持ち味の打撃で打率.188、0本塁打、3打点と精彩を欠き、5月8日にファーム降格が決まった。

大城卓三 甲斐拓也 坂本誠志郎
dot.5/11
吉田正尚以上にトレード“あり得る選手”も メジャーで「今季移籍の可能性ある日本人」は
吉田正尚以上にトレード“あり得る選手”も メジャーで「今季移籍の可能性ある日本人」は

 今年の野球界の話題といえば、メジャー史上最高額の契約でドジャース入りした大谷翔平、同じく大型契約でドジャースと契約と結んだ山本由伸、そして日本時代以上の投球を見せ、現地でも話題となっているカブスの今永昇太など米国で活躍する日本人選手が中心となっている。(以下、文中の成績はすべて現地5月12日終了時点)

メジャーリーグ トレード
dot.5/13
筒香に続き日本球界復帰か マイナーで苦しむ藤浪晋太郎に「パ・リーグ複数球団」で争奪戦の可能性
筒香に続き日本球界復帰か マイナーで苦しむ藤浪晋太郎に「パ・リーグ複数球団」で争奪戦の可能性

 メッツ傘下3Aシラキュースに所属する藤浪晋太郎が苦境にあえいでいる。

藤波晋太郎
dot.5/12
水原容疑者「歯の巨額治療費」6万ドルを騙し取った手口 大谷翔平のまさかの時期に詐取
水原容疑者「歯の巨額治療費」6万ドルを騙し取った手口 大谷翔平のまさかの時期に詐取

 大リーグの大谷翔平選手の元通訳、水原一平容疑者が銀行詐欺などの罪を認めることに合意し、米連邦検察との司法取引に応じた。米司法省が発表した「アグリーメント」と題された文書には、ショッキングな新事実が列挙されていた。米国在住のジャーナリストが読み解く。

水原一平
AERA5/10
このまま退団も? DeNAオースティンは怪我、中日ビシエドは衰え 苦境の"愛され助っ人"の今後は
このまま退団も? DeNAオースティンは怪我、中日ビシエドは衰え 苦境の"愛され助っ人"の今後は

 今シーズン3年契約の3年目を迎えているDeNAのタイラー・オースティンと中日のダヤン・ビシエド。ともにチームの上位進出に欠かせない助っ人になれるだけの力を持っているが、オースティンは怪我で長期離脱が濃厚となり、ビシエドも開幕から二軍での調整が続いている状態だ。

プロ野球 助っ人
dot.4/30
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
カテゴリから探す
ニュース
〈あのときの話題を「再生」〉秋篠宮ご夫妻英国戴冠式へ ドレスは新調? 同行者は? 素朴な疑問を皇室解説者が紐解く
〈あのときの話題を「再生」〉秋篠宮ご夫妻英国戴冠式へ ドレスは新調? 同行者は? 素朴な疑問を皇室解説者が紐解く
秋篠宮家
dot. 1時間前
教育
「ゲームや動画に夢中な子には、どんな本をすすめたらいい?」小学校の現役司書に聞く“読書のお悩み”
「ゲームや動画に夢中な子には、どんな本をすすめたらいい?」小学校の現役司書に聞く“読書のお悩み”
読書
AERA with Kids+ 1時間前
エンタメ
〈フジテレビ「ミュージックジェネレーション」きょう出演〉美ボディ披露の倉科カナ 女性から「キレイ」と絶賛でファン急増中!?
〈フジテレビ「ミュージックジェネレーション」きょう出演〉美ボディ披露の倉科カナ 女性から「キレイ」と絶賛でファン急増中!?
倉科カナ
dot. 17時間前
スポーツ
元阪神・高山、元広島・薮田らは難しい?  二軍の新規参入球団から「NPB復帰が可能」な選手いるか
元阪神・高山、元広島・薮田らは難しい? 二軍の新規参入球団から「NPB復帰が可能」な選手いるか
プロ野球
dot. 19時間前
ヘルス
〈性とカラダSP〉「不妊治療の弱音を吐けない」男性の孤独 親や親友、妻にすら本音で相談できない
〈性とカラダSP〉「不妊治療の弱音を吐けない」男性の孤独 親や親友、妻にすら本音で相談できない
不妊治療
dot. 5/20
ビジネス
「ウーバーイーツと連携強化 欠品対策と品目増でより便利に」ローソン社長・竹増貞信
「ウーバーイーツと連携強化 欠品対策と品目増でより便利に」ローソン社長・竹増貞信
竹増貞信
AERA 5/20