今季がプロ入り3年目となる阪神・森木大智

 ここ数年、日本球界のエースと言える存在だったのはやはり山本由伸(ドジャース)だろう。昨年までは3年連続で沢村賞とMVPを受賞し、チームのパ・リーグ三連覇にも大きく貢献している。また山本に限らず絶対的なエースとなり、メジャーに移籍した選手は圧倒的に高卒の選手が多く、今シーズンメジャーでプレーしている日本人投手を見ても高卒ではないのは今永昇太(カブス)だけである。

【写真】岡本和真でも村上宗隆でもない…「最も嫌な4番打者」はこの人

 高卒の選手と言えば数年間は二軍で体力をつけてから一軍に昇格するというイメージが強いが、エース格になるような選手に共通しているのは一軍の戦力になるまでの期間が短いということだ。現役の主な投手がブレイクするまでに要した年数と、その年の成績をまとめてみると以下のようになっている(所属は当時)。

・ダルビッシュ有(日本ハム・2年目):25試合12勝5敗 防御率2.89
・涌井秀章(西武・2年目):26試合12勝8敗 防御率3.24
田中将大楽天・1年目):28試合11勝7敗 防御率3.82
・前田健太(広島・2年目):19試合9勝2敗 防御率3.20
・藤浪晋太郎(阪神・1年目):24試合10勝6敗 防御率2.75
大谷翔平(日本ハム・2年目):24試合11勝4敗 防御率2.61
・千賀滉大(ソフトバンク・3年目):51試合1勝4敗1セーブ17ホールド 防御率2.40
・山本由伸(オリックス・2年目):54試合4勝2敗1セーブ32ホールド 防御率2.89
・戸郷翔征(巨人・2年目):19試合9勝6敗 防御率2.76
・宮城大弥(オリックス・2年目):23試合13勝4敗 防御率2.51
・佐々木朗希(ロッテ・3年目):20試合9勝4敗 防御率2.02

 田中や藤浪のように1年目からいきなり二桁勝利をマークするという例は珍しいが、大半の投手が3年目以内に一軍で一流と呼べる結果を残していることがよく分かるだろう。まだ今シーズンは少し苦しいスタートとなったものの、山下舜平大(オリックス)も3年目の昨年ブレイクしている。

著者プロフィールを見る
西尾典文

西尾典文

西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から専門誌に寄稿を開始。修了後も主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間400試合以上を現場で取材し、AERA dot.、デイリー新潮、FRIDAYデジタル、スポーツナビ、BASEBALL KING、THE DIGEST、REAL SPORTSなどに記事を寄稿中。2017年からはスカイAのドラフト中継でも解説を務めている。ドラフト情報を発信する「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも毎日記事を配信中。

西尾典文の記事一覧はこちら
次のページ
例外的に“遅咲き”だったのは?