今年の紅白の司会を務めることが発表された有吉弘行(左)と橋本環奈

 今年も大みそかに放送されるだろう「NHK紅白歌合戦」。ただ、大きな問題に直面している。ジャニーズ騒動にどう対応するか、だ。

【写真】“紅白復活”が期待されている昭和の歌姫はこの人

 一部報道では、ジャニーズ勢の出場がゼロになる可能性もあるという。もしそうなれば、例年とはかなり様変わりした番組になるはずだ。

 ちなみに昨年は、KinKi Kids、関ジャニ∞、King & Prince、SixTONES、Snow Man、なにわ男子が出場。白組22組中、6組を占めた。また、嵐の櫻井翔がスペシャルナビゲーターとして司会陣に参加。「ジャニーズ紅白」とも呼ばれる、近年の傾向を体現するものになっていた。

 では、この傾向はいつごろから始まったのか。

 1980年代のアイドルブームのなかで一気に躍進したジャニーズは、86年の「紅白」に4組を送り込んだ。田原俊彦近藤真彦、シブがき隊、少年隊という顔ぶれで、白組20組のうち5分の1にあたる。

 この回は、少年隊の「仮面舞踏会」を司会の加山雄三が「仮面ライダー」と言い間違えたことで有名だ。が、そのエピソードが示すように、躍進したとはいえ、司会を務めるほどの存在ではなかった。

 ジャニーズ勢で初めて司会をこなしたのは、SMAPの中居正広。グループとしては出場7回目となった97年のことだ。
 

著者プロフィールを見る
宝泉薫

宝泉薫

1964年生まれ。早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など

宝泉薫の記事一覧はこちら
次のページ
KinKi やV6が出るとTOKIOの枠が無くなる