「鉄道」に関する記事一覧

  • 鉄道VS路線バス競合ひしめく千葉駅 房総への路線バスの今昔物語

     千葉駅は行政や商業の中心地などとして発展するとともに、房総各地への玄関としても重要な役割を担ってきた。JRと京成、千葉都市モノレールの鉄道各地線のほか路線バスとも多数乗り入れているが、京成千葉線の終

    dot.

    9/15

  • 日本全国低い駅ランキング 最低地点の駅はケーブルカー!

     鉄道の駅のホームは平地や高地だけではない。地下鉄では当たり前の低地にも設けられている。東京メトロ銀座線のような地下1・2階という浅いところから、30メートル以上の相当深いところにも設けられている。駅

    dot.

    9/14

  • 諸河久

    諸河久

    壇ノ浦、松山、別府… 歴史と風情に囲まれた街を走る50年以上前の路面電車

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。昨夏に引き続き特別編として、諸河さ

    AERA

    9/12

  • 鉄道他社の乗り入れ列車 便利になる一方でデメリットも? 

     昨年(2019)年11月30日、相模鉄道(相鉄)とJR東日本との間で相互直通運転がスタート。首都圏路線網に郊外と都心とを結ぶ新たな直通ルートが加わったことは話題になった。複数の既存路線のほか一部に新

    dot.

    9/7

  • 「青春18きっぷ」あえて値上げを提言! 旅はしやすく、地方活性化も図れる

     国鉄時代から続く企画乗車券のひとつに「青春18きっぷ」がある。春季、夏季、冬季に設定され、JR在来線の普通列車、JR西日本の宮島連絡船が乗り放題なので、老若男女問わず愛用、重宝されている。未来永劫続

    dot.

    9/6

  • 諸河久

    諸河久

    寒風ニモマケズ赤い橋を渡る53年前の光景 岐阜、静岡、福井…路面電車がある街並み

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。昨年に引き続き夏休み特別編として、

    AERA

    9/5

この人と一緒に考える

  • 「快速」「区間快速」の英語表記は? 列車種別の英語の不思議

     列車には、特急、急行、快速、各駅停車などといった「種別」がある。各駅停車や普通列車は各社でほぼ「Local」に統一されているが、なかには日本語と英語が一致しない列車種別もある。日本人は気に留めなくて

    dot.

    9/2

  • スイッチバック駅がナゼここに? その生い立ちには地形や廃線跡が見えてくる!

     7月23日、昨年の台風19号の被害を受け運休が続いていた箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅が運行再開を果たした。文字どおり箱根山に挑む同区間の標高差は445メートル、勾配は最大で80パーミルにのぼる。その

    dot.

    8/28

  • “多摩ニュータウンの足”小田急多摩線 VS 京王相模原線 ただいまヒートアップ中!

    “多摩ニュータウンの足”として、常にしのぎを削りあう小田急電鉄多摩線と京王電鉄相模原線。小田急と京王は、両社の多摩センターと新宿の間を競合する。2018年に入ると、京王は2月2

    dot.

    8/28

  • 日本最高地点の駅ランキング 高地の駅には線路があるとは限らない!

     日本の鉄道は山が多いこともあって、トンネルで突っ切る路線が多い。しかしながら、集落などの開発は山や丘の上に及ぶケースもある。その地に建設された鉄道は、当然のことながら標高が高い位置に存在する。「鉄道

    dot.

    8/27

  • 諸河久

    諸河久

    マイカー通勤と路面電車で激しい「密」に! 今では見られない新潟、長野、茨城の情景

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。昨年に引き続き夏休み特別編として、

    AERA

    8/22

  • 列車を降りたくても降りられない場所が! 「信号場」ってどんな施設?

    「信号場」をご存知だろうか。ちょっと不思議な名前を持つこの鉄道施設は、駅などと同じ停車場の一形態で、全国で170カ所以上を数える比較的メジャーな存在だ。具体的にどのような存在なのか、その実態に迫ってみ

    dot.

    8/12

この話題を考える

  • もはや伝説的存在 “超豪華編成”として活躍した「夢空間」ってどんな列車?

     JR東日本の超豪華編成として1編成3両のみが在籍していた「夢空間」。かの有名な「オリエント急行」をモチーフに1989年つくられたこの列車は、2008年の引退まで一般営業列車として走ったものの、運行実

    dot.

    8/11

  • シーズン到来「青春18きっぷ」 誰でも使えるのにナゼ「青春」?「18」?

     今夏もシーズンを迎えた「青春18きっぷ」。JR旅客全線の普通列車が乗り放題、気軽な日帰り旅行から“乗りテツ度”の高い長距離列車旅まで、使い方はアイデア次第。もちろん誰にでも使

    dot.

    8/8

  • 特急より速いのが超特急は昭和時代の話! 特急よりも上の私鉄の看板列車たち

     特急というのは「特別急行」の略である。昭和時代、特急より上をゆく列車は「超特急」と形容され、戦前の「燕(つばめ・正しくは旧字)」、東海道新幹線開業時の「ひかり」が燦然と輝き、国鉄の象徴と化した。一方

    dot.

    8/4

  • 駅に振られた「駅ナンバリング」 そもそも何の順番? 路線の増減で困りごとも発生!

     21世紀に入ると、日本の鉄道の多くは訪日外国人にもわかりやすく案内することを目的に、駅ナンバリングが導入されている。主に路線記号と数字を組み合わせたもので、なかには苦悩がにじみ出たものもあるほか、新

    dot.

    8/3

  • 諸河久

    諸河久

    53年前「北海道」の大地を駆けた路面電車の風景 函館の風物詩「ササラ電車」とは?

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。昨年に引き続き夏休み特別編として、

    AERA

    8/1

  • 通勤列車の東西格差!? 関東と関西で異なる通勤着席列車の方向性

     近年、通勤客の着席ニーズに応えるべく、「通勤ライナー」などと呼ばれる有料着席列車が増えている。関東地方は効率的な車両運用を重視して、編成全体を回転クロスシートとロングシートに転換できる「デュアルシー

    dot.

    7/29

3 4 5 6 7

カテゴリから探す