「岸田政権」に関する記事一覧

  • 幹事長退任で二階派が衆院選公認争いで負け組に「小池新党も選択肢」と幹部

     10月19日公示、31日に投開票と決まった衆院選挙―-。5年あまり幹事長を務めた二階俊博氏の退任で自民党内が混乱している。 党内の競合区に多くの候補者を抱える二階派は、2017年の衆院選で

    dot.

    10/7

  • 岸田新総裁の「ひ弱さと強情」に注目 星浩氏「安倍支配に屈するなら短命」

     岸田新政権の党役員人事は、「安倍・麻生」の影響を感じざるを得ないものだった。今後、岸田氏はどう向き合っていくのだろうか。AERA 2021年10月11日号は、政治ジャーナリスト星浩さんに聞いた。* 

    AERA

    10/7

  • 岸田新政権で経済・外交はどうなる バイデン米大統領との相性は「安倍―トランプ」以上でも難しい立ち回り

     岸田文雄新首相は今後どれだけ独自色を出していけるのか。各分野には難題が待ち受けている。 最注目は経済対策だ。岸田氏は総裁選で「新自由主義からの脱却」をスローガンに掲げ、総裁就任会見でも、「成長と分配

    週刊朝日

    10/6

  • 岸田新首相の真意は「安倍はずし」!? 脱・傀儡政権への秘策は「細田派分断」と「開成高校人脈」

      第100代首相に就任した岸田文雄氏。「安倍傀儡色」が濃厚な人事に早くも“ガッカリ”の声があがっているが、よく見るとそこには「安倍外し」の萌芽が…&hellip

    週刊朝日

    10/6

  • 岸田政権にいきなり大打撃!? 中国・恒大ショックで新興国も低迷へ

     9月29日、日経平均株価は一時800円超の大幅安に見舞われた。背景のひとつにあるのが、中国不動産大手の恒大集団の経営危機問題だ。歴史的に桁違いの負債額を抱える恒大が倒産ともなれば…&h

    週刊朝日

    10/6

  • 姜尚中

    姜尚中

    姜尚中「岸田新総裁が掲げる中間層の復権 アベノミクスを葬ることができるか」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 蓋(ふた)を開けてみればドラマなき総裁選でした。新総裁となった

    AERA

    10/6

この人と一緒に考える

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「安倍イエスマンの岸田新総裁。衆院選の苦戦は必至だ」

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、岸田文雄氏が下馬評を覆し、自民党総裁に選ばれた理由を語る。*  *  * 自民党総裁選は予想されていたとおり、岸田文雄氏が当選した。 ただ、1回目の投票でも岸田氏が首

    週刊朝日

    10/6

  • 岸田政権で進む最大派閥「大宏池会」構想 キングメーカー・麻生氏を安倍氏が警戒も

     岸田文雄首相が第100代総理大臣に就任し、岸田内閣がいよいよ始動した。しかし、顔ぶれを見ると、「派閥の意向を重視した印象ですね」と自民党の閣僚経験者。派閥別に見ると、清和政策研究会(細田派)4人、麻

    dot.

    10/5

  • 東浩紀

    東浩紀

    東浩紀「新総裁の決定で影が薄くなった野党 総選挙では野党起点で旋風を」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 自民党新総裁が岸田文雄氏に決まった。 菅義偉首相が不出馬の意向を示

    AERA

    10/5

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    岸田新総裁誕生でも変われない自民「5つの大罪」 古賀茂明

     自民党総裁選が終わった。党員票では河野太郎行革相が169票で、110票の岸田文雄氏に60票近い差をつけた。河野票には、安倍晋三元総理と菅義偉前総理の9年近くに及ぶ強権利権政治に終止符を打って欲しいと

    週刊朝日

    10/5

  • 岸田新政権の党役員「安倍・麻生」の影響色濃く 閣僚や政策も安倍政権に“先祖返り”か

     自民党新総裁は岸田文雄氏に決まった。党役員人事を見ても「安倍・麻生」の影響は明らかだ。今後の政権運営はどうなるのか。AERA 2021年10月11日号から。*  *  *「総理にはさせてやるから、人

    AERA

    10/5

この人と一緒に考える

1 2

カテゴリから探す