「働き方」に関する記事一覧

障害児の年齢問わず時短勤務可、有休の積み立ても 広がる企業の働き方を選べる制度

障害児の年齢問わず時短勤務可、有休の積み立ても 広がる企業の働き方を選べる制度

 ワークスタイルが多様化する中、さまざまな事情を抱える社員も少なくない。企業側も従来の制度にとどまらない、仕事と家庭の両立支援に取り組み始めている。AERA 2022年10月31日号の記事を紹介する。

AERA

10/31

  • ワンオペ育児、週3勤務でも昇給を実現 事情を抱えた社員を支える企業の両立支援の今

     ペットの死別時に休暇は取れる? ワンオペ育児で中学受験乗り越えられる? さまざまな事情を抱えて働く社員を支えるため、企業側も従来の制度の枠を広げ、新たな両立支援の仕組みをつくり始めている。AERA

    AERA

    10/30

  • 「出戻り社員」再入社後の処遇に課題 離職時よりも職位や年収が下がる場合も

    「出戻り社員」を受け入れる再入社制度を導入する動きが、大手企業を中心に進んでいる。従業員が他社で培ったスキルを生かせるメリットがある一方で、再入社後の処遇が課題になっている。AERA 2022年10月

    AERA

    10/26

  • 中外製薬、明治、ベネッセも「出戻り」OK 「他社経験が財産」広がる再入社制度

     離職や転職など雇用関係の終わりをネガティブに捉えるのはもう時代遅れ。一度組織を離れた後に再入社する「出戻り社員」に熱い視線が注がれている。AERA 2022年10月31日号の記事を紹介する。*  *

    AERA

    10/25

  • NON STYLE石田明「僕は井上の説明書。もう必要なくなった」 週休2日を叶えたパパの仕事術

     新型コロナウイルスは働き方や家族関係を大きく変えた。元M-1グランプリ王者で、人気お笑いコンビのNON STYLE・石田明さん(42)が所属事務所の吉本興業に異例の「週休2日」を宣言したのもコロナ禍

    dot.

    8/2

  • これからは「FIRE」より「BOYA」だ…貯金がなくても、あくせく働く毎日をすぐにやめられる「5つの要件」

     経済的自立と早期リタイアを目指す「FIRE」という生き方に注目が集まっている。ライター・編集者の中川淳一郎さんは「『FIRE』は実現のハードルが高く、単なる世捨て人になる恐れがある。私は自身の経験か

    プレジデントオンライン

    6/23

  • 働く人の「自己肯定感」どうすれば高くなる? スペシャリストが教えるメンタル強化法

     ストレスフルな現代社会でも幸せに生きたい。その鍵を握るのが「自己肯定感」です。科学的に立証された方法を探ります。AERA 2022年4月25日号の記事から紹介。*  *  * 自己肯定感が低いから、

    AERA

    4/25

この人と一緒に考える

  • 社会人の学び直し モチベーションを維持できる人、できない人の違いとは?

     学び直したい社会人にとって、課題となるのはモチベーションの維持だ。仕事の忙しさを言い訳に勉強をおろそかにしないために、どのような視点を持つが大切なのだろうか。AERA 2022年3月21日号から。*

    AERA

    3/20

  • GAFA勤務経験者は瞑想、育休明け女性は速読習得も 忙しい人のための時間確保術

     学びを深める大人たちは、忙しい中でどう時間を捻出しているのか。仕事、家事、育児がありながら、学ぶ時間を確保する人たちのタイムマネジメントをのぞいてみよう。AERA 2022年3月21日号は、その実例

    AERA

    3/19

  • 810以上の資格を持つ専門家に聞く 「年代別取るといい資格」「ニーズが高い資格」

     自分の市場価値を上げるため、新たな知識や技能を獲得したいと思うビジネスパーソンも少なくないはず。これまで積み上げてきたスキルを軸に、何を学べばいいのだろうか。AERA 2022年3月21日号は、専門

    AERA

    3/19

  • 広報×デザイン、マーケ×資金調達…「複数スキル」の掛け合わせで起きた変化

     今持っているスキルに加えて、新たな知識や技能を獲得するスキルの足し算「リスキリング」に取り組む人が増えてきた。ビジネスパーソンたちは何を学び、どう仕事に生かしているのか。社会人の学びの実例を紹介しよ

    AERA

    3/18

  • 広告クリエイターがMBA取得で開けた道 CM制作だけでなく事業成長支援も

     一つの会社で一つの仕事をまっとうすればいい時代は終わった。変化の激しい時代に、必要となるスキルを求め、働きながら常にアップデートする人が増えている。大人の”リスキリング”に今

    AERA

    3/17

  • 「副業」で損する人が理解できていない サラリーマン副業ならではの強み3選

     多くのビジネスパーソンの支持を集める、登録者60万人超えの「サラリーマンYouTuber」、サラタメさん。 注目の処女作『真の「安定」を手に入れる シン・サラリーマン──名著300冊から導き出した人

    ダイヤモンド・オンライン

    3/15

この話題を考える

  • 退職者「アルムナイ」と交流する企業が増加 目指すは「終身信頼」関係

     会社を辞めることは昔なら、どこか後ろめたい響きを伴っていたかもしれない。しかし、近頃は退職者を「アルムナイ」(alumni)と呼び、協業や再雇用といった形でつながりを保つ企業が増えている。働く人と組

    週刊朝日

    1/12

  • 忘年会や新年会はもはや「必須ではない」 仕事飲み会はストレスとの声も

     コロナ以前の日常を取り戻しつつある今、飲み会での「飲みニケーション」不要の声が目立っている。従来型の飲み会に頼るコミュニケーションの在り方を見直した企業も出てきた。「ポストコロナ」特集のAERA 2

    AERA

    12/17

  • リモート+出社「ハイブリッド型」で進化する働き方 オフィスはアイデア創出の場に

     コロナ禍でリモートワークが普及したものの、最近では以前のように出社への切り替えを模索する動きもある。そうしたなか、コロナ後の働き方として、注目されるのはリモートワークと出社を組み合わせた「ハイブリッ

    AERA

    12/16

  • 50歳になったら“脱・会社優先” 「組織人」から「私人」になるリハビリを

     仕事や会社中心で50歳を迎えると、限界を感じ、壁にぶつかることがある。仕事とどう向き合い、どう働けばいいか。AERA 2021年8月2日号は「50歳からの戦略」特集。*  *  *「この先、55歳に

    AERA

    7/30

  • 職場の適応障害、上司の「無知」で症状悪化…「精神論」など四つのNG対応

     職場のストレスが要因で適応障害を発症する人は多い。上司の対応次第で症状をこじらせかねないため注意が必要だ。「適応障害」を特集したAERA 2021年7月19日号から。*  *  *「もりしたクリニッ

    AERA

    7/15

  • 「かまずよう」で会社の奴隷を辞めてみた 「ワーク・ライフ・バランス」の先の未来

     海辺のまち、鎌倉・逗子・葉山が、東京からの転出先として大きな注目を集めている。名付けて「かまずよう」。超高層タワーのないこの場所で、いま、「会社員一択」ではない、多様な生き方と仕事観が生まれている。

    AERA

    7/11

1 2 3 4 5

カテゴリから探す