「働き方」に関する記事一覧

50歳になったら“脱・会社優先” 「組織人」から「私人」になるリハビリを

50歳になったら“脱・会社優先” 「組織人」から「私人」になるリハビリを

 仕事や会社中心で50歳を迎えると、限界を感じ、壁にぶつかることがある。仕事とどう向き合い、どう働けばいいか。AERA 2021年8月2日号は「50歳からの戦略」特集。*  *  *「この先、55歳に

AERA

7/30

  • 職場の適応障害、上司の「無知」で症状悪化…「精神論」など四つのNG対応

     職場のストレスが要因で適応障害を発症する人は多い。上司の対応次第で症状をこじらせかねないため注意が必要だ。「適応障害」を特集したAERA 2021年7月19日号から。*  *  *「もりしたクリニッ

    AERA

    7/15

  • 「かまずよう」で会社の奴隷を辞めてみた 「ワーク・ライフ・バランス」の先の未来

     海辺のまち、鎌倉・逗子・葉山が、東京からの転出先として大きな注目を集めている。名付けて「かまずよう」。超高層タワーのないこの場所で、いま、「会社員一択」ではない、多様な生き方と仕事観が生まれている。

    AERA

    7/11

  • 「食えるシニア」になるために40代でやっておくべき2つのこと

    ■どんな人がシニアになっても引く手あまたなのか「人生100年時代」と言われるようになった現在、少し前は定年とされた60歳を超えて働くことが当たり前になってきました。企業もこれから人手不足が深刻になって

    ダイヤモンド・オンライン

    6/22

  • 意味がないのに横行しているムダな仕事トップ3

    朝9時に全社員が出社しても1円にもならない「新型コロナウイルスの出現で、仕事の『あたりまえ』が変わった」と語るのは「プレゼンの神」と呼ばれる元マイクロソフト業務執行役員の澤円さん。コロナ禍が始まって以

    東洋経済

    6/21

  • 「副収入が欲しい中高年」におすすめの3つの副業とは

     2018年、厚生労働省は「働き方改革」の一環としてモデル就業規則から副業・兼業を禁止する規定を削除。当時は副業元年と話題になった。特に最近は、コロナ禍や経済不安も相まって一人ひとりの副業への興味も高

    ダイヤモンド・オンライン

    6/8

  • “飲み放題付きテレワーク”は仕事になるか? テレワーク難民の記者が検証

     Wi-Fiと電源のあるカフェに、ビジネスパーソンがひしめきあう──。テレワークのニーズが高まっている。市場規模は今後10年で30倍に達する見込みだ。そんななか、飲み放題付きプランも登場した。AERA

    AERA

    4/2

この人と一緒に考える

  • 北原みのり

    北原みのり

    満員電車のほうがまし? カメラで常に監視のテレワーク 日本の企業体質が浮き彫りに

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、日本のテレワークについて。管理と監視が厳しくなってきているのを感じるという。*  *  *「最近、テレワークで体を壊す人が多いんですよ」

    dot.

    3/31

  • シニアの働き方が変わる! YKKは定年廃止、ノジマは80歳まで延長可

     シニアが働く機会はさらに増える。少子化で高齢者が大事な働き手として期待され、4月1日に「70歳就業法」が施行されるからだ。 同法は企業に対し、希望する社員が70歳まで働けるようにする「努力義務」を課

    週刊朝日

    3/26

  • 70代で正社員採用、78歳の今も現役 企業が定年制を廃止したワケ

     希望者が70歳まで働けるよう企業に「努力義務」を課す「70歳就業法」が、4月から施行される。それに伴い、企業では定年制の見直しや廃止などの動きも見られる。どんな働き方なのか、企業が求めるものは。70

    週刊朝日

    3/25

  • 医師の働き方は改革できる? 全職種トップ「超長時間労働」の深刻さ

     日本政府は重要政策の一つとして、働き方改革を推進している。多くの職業のなかでも、長時間労働が問題視される医師に関しても、働き方を見直す動きが活発化している。今後、実現すべき医師の働き方のビジョンや具

    週刊朝日

    3/7

  • コロナ禍で変わった、とある共働き夫婦の暮らしの形 仕事のスリム化で家族の時間を増やす

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年3月8日号では、

    AERA

    3/6

  • 女性蔑視発言、どう反応するのが正解? 「えっ!」と返すことで雰囲気に変化も

     森喜朗氏の女性蔑視発言が大きな波紋を呼んだが、職場などで実際にそうした言葉を投げかけられたという女性は少なくない。男女平等な社会をつくるためには、差別的な発言に出合ったときの受け答えを考えておく必要

    AERA

    2/28

この人と一緒に考える

  • 将来の子どもたちに寺と本屋が居場所になるように根を張りたい 僧侶と子ども本専門店の夫婦が描く未来

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年3月1日号では、

    AERA

    2/26

  • 週末に家族で過ごす時間が、患者さんに向き合う気持ちも変える 福島と東京で働く医師夫婦

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年2月22日号では

    AERA

    2/18

  • 出会いは、夫が来日した際に足を運んだレストランで イタリア菓子が結んだ夫婦の縁

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年2月15日号では

    AERA

    2/16

  • 東京離れ進む? 2021年は拠点の“地方シフト”で働き方も変化か

    「テレワーク」「ワーケーション」……。新型コロナの影響で、働く場所を選ばないライフスタイルが広がった。企業が集まる大都市圏にこだわらない“地方シフト&rdquo

    週刊朝日

    1/9

  • 「仕事に対する妻の理解に感謝している」 納棺士として働く夫の心を支えるもの

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、「働くこと」をテーマに夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2020年12

    AERA

    1/3

  • 「半農半X」が日本の農業強化の“切り札”に コロナ下の地方志向も追い風

     高齢化で細る農業の生産現場を強化しようと、政府が政策を転換した。新たな担い手に、別の仕事を持ちつつ農業もやる若い世代を期待する。コロナ下の地方志向も追い風になっている。AERA 2020年12月28

    AERA

    12/29

1 2 3 4 5

カテゴリから探す