コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。近著は『官邸の暴走』(角川新書)など

  • NEW

    菅総理と立憲の大勝負 横浜市長選 古賀茂明

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     五輪とコロナ騒動で隠れてしまった重要なニュースがある。横浜市長選が予想外の乱戦になっているのもその一つだ。 先週、横浜市の市民活動に携わる知人から電話をもらった。「古賀さん、共産党に立憲民主党の山中(竹春)さんじゃなくて田中康夫さんを応援するように言ってください」という驚きの内容だった。 横浜市長...

  • 日本国民の台湾への好意を戦争につなげる策略 古賀茂明

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     21年版の防衛白書が公表された。中国の防衛政策についての記述が、米国の3倍。中国の軍事力強化の驚異的状況をグラフや写真などで強調し、中国側の日本周辺での問題行動についてもデータを使って鮮明に描き出している。 表向きの言葉はともかく、この白書で政府が国民に伝えたいのは、中国の軍事力の強大化により、日...

  • 「暴言王」健在が政権交代への道 古賀茂明

    政官財の罪と罰 週刊朝日

    「またやったのか」。誰もがそう思っただろう。 麻生太郎副総理兼財務相の発言だ。 と言っても、「どの話?」ということになるくらい、この人は問題発言が多い。ここ数週間に限って紹介してみよう。 まず、6月22日の発言だ。森友学園事件に関する安倍晋三前総理夫人・昭恵氏の関与の記述などが公文書から削除された経...

  • 菅総理の「誇大妄想」が悲しい途上国日本 古賀茂明

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     6月18日、政府は、「経済財政運営と改革の基本方針2021」(骨太方針)と「成長戦略実行計画」を決定した。 しかし、その中身にはほとんど意味はない。これらの文書に書かれた項目のほとんどが、各省庁の予算要求の根拠にするための作文に過ぎず、何年か経って振り返ると、大きな目標のほとんどが未達成のままだか...

  • 菅総理と野党の悲しい丁半博打 古賀茂明

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     6月23日、菅義偉総理の素顔を描くドキュメンタリー映画「パンケーキを毒見する」の試写会があった。時の総理をテーマに選び、しかも、東京五輪真っ只中の7月30日に新宿ピカデリーほかで公開予定だという。 この話を始めたのは、実は、そこに居合わせた人々との会話がとても印象深かったからだ。その一部を紹介しよ...

おすすめの記事おすすめの記事