コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

古賀茂明

このエントリーをはてなブックマークに追加
古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。主著『日本中枢の崩壊』(講談社文庫)など

  • NEW

    古賀茂明「トヨタはトランプ派?ジョンソン派?」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     トヨタの豊田章男社長が好きなのは、米国トランプ大統領と英国ジョンソン首相のどちらか? その答えは、トランプ大統領だ、と私は思う。 TPPやパリ協定から離脱しアメリカファーストを掲げるトランプ大統領とEU離脱を主導したジョンソン首相は、その政治スタイルがよく似ていると言われる。 しかし、ある一点で両...

  • 古賀茂明「安倍政権の人事介入で、検察の反乱が起きる」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     ある検察官の定年延長が大きな問題になっている。 検察官は国家公務員だが、普通の公務員とは全く異なる。普通の公務員は、各大臣の指揮下で動き、人事権も政治家が握る。政治家が公務員の上に立つ仕組みだ。国民によって選ばれた政治家、そして、その政治家によって国会で選ばれた総理大臣がトップとなる内閣は、国民の...

  • 古賀茂明「『桜を見る会』で内閣府幹部“処分”はフェイク」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

    「桜を見る会」の招待者名簿の違法な管理をめぐって、内閣府の歴代人事課長が「厳重注意処分」を受けたというニュースは、実は「フェイク」だ。 というのは、人事院の「義務違反防止ハンドブック」によれば、「厳重注意」は「処分」ではなく、職員に対する指導、監督上の「措置」に過ぎないからだ。 実は、公務員の「処分...

  • 古賀茂明「安倍政権が甘くみた韓国の脱日本路線」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     日韓関係は、年が明けても改善の兆しが見えない。 世耕弘成元経産相がツイートしたとおり、フッ化水素、レジスト、フッ化ポリイミドの3品目の対韓輸出規制強化と「ホワイト国」除外措置は、徴用工問題に対する韓国側への事実上の報復措置だ。しかし、それは、韓国経済の生命線であるサムスン電子への攻撃であり、韓国へ...

  • 古賀茂明「最悪のタイミングとなった自衛隊の中東派遣」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     米軍がイラクの首都バクダッドで、イラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害した事件。主権国家イランの軍首脳を米軍が殺害したのは、国際法違反を問われる蛮行だ。 イランの米軍への報復攻撃により、米イラン開戦かという状況になった。ネットでも、第三次世界大戦(WWIII)がトレンド入...

おすすめの記事おすすめの記事