狙い撃ちされる専業主婦 年金改悪への対抗策は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

狙い撃ちされる専業主婦 年金改悪への対抗策は?

池田正史週刊朝日#シニア#終活
各地の年金事務所では相談を受け付けている。夜まで対応しているところもあるので、電話で予約してから行けばスムーズだ (撮影/多田敏男)

各地の年金事務所では相談を受け付けている。夜まで対応しているところもあるので、電話で予約してから行けばスムーズだ (撮影/多田敏男)

国民年金の被保険者の種類 (週刊朝日2019年6月14日号より)

国民年金の被保険者の種類 (週刊朝日2019年6月14日号より)

 まずやるべきは、個人型の確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」。私的年金の一つで、自分で運用する金融商品を選ぶ。掛け金は所得控除されるため、税制上のメリットが大きい。

 その次には、運用益が非課税となる少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」。今どき預金しても金利はほとんどつかない。投資信託などで運用し、老後資金を増やしていきたい。

 公的年金の受給額を増やす方法もある。国民年金の加入期間が満額もらえる40年に達していなければ、60歳以降でも「任意加入」できる。月額400円の「付加保険料」を納めることで、年金額を上乗せする制度もある。

「任意加入して加入期間を延ばすと1年あたり支給額は約2万円増えます。付加保険料を1年払い続けると支給額は年2400円(1カ月あたり200円)増えます。増加分は生涯にわたって受け取れるので、利点は大きい」(社会保険労務士・北村庄吾氏)

 生活費を節約する方法もある。生命保険料や携帯電話代、光熱費など削れる支出はたくさんあるはずだ。

 年金大削減時代にあきらめずに何ができるか。今日から考えてみよう。(本誌・池田正史)

週刊朝日  2019年6月14日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい