キレないためにしたい「腹式呼吸」「悪口ノート」!

仕事

2017/06/06 11:30

 コールセンターでは、怒声を浴びせられたり、キレられたりすることもたびたび。榎本さんは「悪口ノート」をつくり、心の平穏を保つよう心がけている。

 嫌なことを言われたら、ノートに書きとめる。言われた悪口が10個たまると、「マッサージに行く」とか「いつもより500円高いランチを食べる」などのごほうびを用意しておく。

 すると、発想が「嫌だ」から「集めるぞ」に変わる。相手からの罵倒すら、その表現がおもしろいと受け止められる余裕も出てくる。

「ノートの記録を振り返ってみると、そのときに『あぁ嫌だな』と感じたことが、ただ自分が否定的に捉えていただけだったと気づくこともあります」と榎本さん。

 今日もまた、どこかでだれかがぶつかり合う。世代も性格も境遇も違う人間同士。衝突し、思いがすれ違うのは自然なことだろう。

 それが当たり前とあらかじめ理解し、怒りを抑えるコツを身につけていれば、無用に激突せずにすむ。こだわらず、つっかからず、「ケ・セラ・セラ~」。これがいいのかもしれない。

週刊朝日  2017年6月9日号

1 2 3

あわせて読みたい

  • キレる上司や部下に負けない! “怒りのプロ”がテク披露

    キレる上司や部下に負けない! “怒りのプロ”がテク披露

    週刊朝日

    6/6

    「心」が元気になれば、がんでも長生き 心の平穏を保つ3つの方法

    「心」が元気になれば、がんでも長生き 心の平穏を保つ3つの方法

    週刊朝日

    12/8

  • カンニング竹山「私が『怖いおやじ』を目指すワケ」

    カンニング竹山「私が『怖いおやじ』を目指すワケ」

    AERA

    9/10

    キレやすいシニアへの処方箋 脳の老化で怒りが増加 イライラ運転、店員への八つ当たり あなたは大丈夫?

    キレやすいシニアへの処方箋 脳の老化で怒りが増加 イライラ運転、店員への八つ当たり あなたは大丈夫?

    週刊朝日

    10/28

  • お客様を怒らせ、地雷を踏む督促オペレータの特徴とは?
    筆者の顔写真

    榎本まみ

    お客様を怒らせ、地雷を踏む督促オペレータの特徴とは?

    週刊朝日

    1/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す