「働く女性」に関する記事一覧

「野球選手の妻なんだから…と厳しい意見も」板野友美がブランド経営で挑む“働く母の壁”
「野球選手の妻なんだから…と厳しい意見も」板野友美がブランド経営で挑む“働く母の壁”

結婚、出産を経て、2022年に自身のライフスタイルブランドの新会社を設立し、経営者としてもスタートを切った板野友美さん(31)。夫は今年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選ばれた東京ヤクルトスワローズの高橋奎二投手。手料理で家族の健康を守りつつ、「妻だからとバッググラウンドに囚われて、好きなことを諦めて後悔したくない」と仕事と子育ての両立に奮闘している。自身と同じく子育て中で、地方に住むデザイナーを採用するなど、多様な働き方も取り入れる思いとは。 

dot.
横澤夏子「飛びつきたい仕事なのに…」子育てとの両立に悩みも 目標を2035年にする理由【2022年 反響の大きかった記事22選】
横澤夏子「飛びつきたい仕事なのに…」子育てとの両立に悩みも 目標を2035年にする理由【2022年 反響の大きかった記事22選】
2022年も残すところあとわずか。ここでは、2022年にAERAdot.で配信された記事の中から「反響の大きかった記事」を22本選別して紹介します。(6月7日配信/※肩書年齢等は配信時のまま)
AERAdotベスト【2022】働く女性出産と子育て家事結婚
dot. 12/24
木村カエラ「一生懸命生きてると自分を認められるか」 働く母の罪悪感を消した娘の一言
木村カエラ「一生懸命生きてると自分を認められるか」 働く母の罪悪感を消した娘の一言
ポップでカラフルでポジティブ。いつもエネルギーに溢れ、まわりを笑顔にさせる――そんな明るいイメージを強く抱くのが、歌手の木村カエラさんだ。普段の生活では、細かいことまですべて関わりたくなる、自称・完璧主義。考えすぎて「物事をネガティブに捉える」こともあると言う。コロナ禍でライブやイベントなど大好きな歌を披露する場が減っていく中、どんな思いを抱え、どう消化していったのか。プライベートでは2児の子育て中で、「働く母の罪悪感」を抱えることもあるという。木村カエラ流の楽しく生きる術を聞いた。
働く女性出産と子育て
dot. 12/15
横澤夏子、子育てがつらい時「いったんCM行こう!」 芸人ならではの悩みとコツとは?
横澤夏子、子育てがつらい時「いったんCM行こう!」 芸人ならではの悩みとコツとは?
ちょっと鼻について笑える女たちのネタでブレークした芸人・横澤夏子さん(31)が母になった。インスタグラムで投稿する「#今日の連絡帳」をはじめ、子育て中の女性ファンも多い。子育てが大変な時、どうしたら笑えるのか。芸人ならではの悩みと笑いに変えるコツを聞いた。
働く女性出産と子育て家事結婚
dot. 6/7
横澤夏子「飛びつきたい仕事なのに…」子育てとの両立に悩みも 目標を2035年にする理由
横澤夏子「飛びつきたい仕事なのに…」子育てとの両立に悩みも 目標を2035年にする理由
コロナ禍で2児を出産し、復帰から3カ月。既に生放送のテレビ番組やCMでも活躍している芸人・横澤夏子さん(31)はどうやって仕事と家事・育児を両立しているのか。会社員の夫と保育園、ベビーシッターを頼りに、復帰後も「7時半消灯」を続けているという。「メンタルがえぐられる」つらさも飲み込んで、前に進む心の支えになっている計画とは。
働く女性出産と子育て家事結婚
dot. 6/7
川田裕美「人から見た自分」と「自分が思う自分」のギャップに悩んだ過去
川田裕美「人から見た自分」と「自分が思う自分」のギャップに悩んだ過去
ビジネス書『ゆるめる準備』ーータイトルだけ見ると、仕事にプライベートにがんばりすぎず、適度に力を抜いて生きることを勧める本だと思われるかもしれない。しかし同書の著者、フリーアナウンサーの川田裕美さんは言う。
仕事働く女性朝日新聞出版の本読書
dot. 12/24
情報は“寸止め” 川田裕美の無理せず好かれるコミュニケーション術
情報は“寸止め” 川田裕美の無理せず好かれるコミュニケーション術
倍率1000倍とも言われる超難関のテレビ局アナウンサーの採用試験。職種を絞って就職活動に挑戦したフリーアナウンサーの川田裕美さんは、面接官になかなか関心を持ってもらえず悩んだ末、それが、自分の情報を出しすぎているせいだと気づきました。就活時の発見は、今でも川田さんを助けてくれていると言います。
仕事働く女性朝日新聞出版の本読書
dot. 11/26
「後輩を叱れない」川田裕美が編み出したストレスのないコミュニケーション法
「後輩を叱れない」川田裕美が編み出したストレスのないコミュニケーション法
後輩に注意をしたい。でも言いづらい。フリーアナウンサーの川田裕美さんも局アナ時代、最初は言いたいことが言えずにストレスをためていたそうです。考えに考えた末、編み出したのが“叱る”のではなく“聞いてみる”方法。
仕事働く女性朝日新聞出版の本読書
dot. 11/19
「仕事も育児も30点…」 朝日新聞40歳男性記者が感じた葛藤
「仕事も育児も30点…」 朝日新聞40歳男性記者が感じた葛藤
子育てに関わる男性を指す言葉「イクメン」が「新語・流行語大賞」にノミネートされたのは2010年のことだ。あれから10年、女性の労働環境の改善と並行して、社会ではさらなる男性の育児への関わりを求める声が高まっている。
働き方働く女性出産と子育て夫婦
dot. 10/31
3歳で親が離婚、6歳で養父が亡くなり極貧生活、ようやく乗り越えたら大事故に…それでも夢を実現した伝説のメイクアップアーティストとは?
小林照子 小林照子
3歳で親が離婚、6歳で養父が亡くなり極貧生活、ようやく乗り越えたら大事故に…それでも夢を実現した伝説のメイクアップアーティストとは?
小林照子さん(撮影/写真部・片山菜緒子) ※写真はイメージです(Gettyimages)  東京・表参道の美容サロンで、85歳のいまも毎日立ち働いている女性がいる。現役の企業経営者にして、日本最高齢のメイクアップアーティスト・小林照子さんだ。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、その後独立。現在も新しいことにどんどんチャレンジしつづける小林さんの著書『人生は、「手」で変わる』も好評だ。そんな小林さんが自身の半生を振り返り、仕事・人生と向き合う姿勢について語った。
働く女性小林照子朝日新聞出版の本読書
dot. 10/19
部下を育てたいなら同じミスを二度させては駄目 その理由と対処法
小林照子 小林照子
部下を育てたいなら同じミスを二度させては駄目 その理由と対処法
小林照子さん(撮影/写真部・片山菜緒子) ※写真はイメージです(Gettyimages)  人生はみずからの手で切りひらける。そして、つらいことは手放せる。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、85歳の現在も現役経営者として活躍し続ける伝説のヘア&メイクアップアーティスト・小林照子さんの著書『人生は、「手」で変わる』からの本連載。今回は、部下や後輩のミスが心配で仕事が任せられないというひとたちに、上司や先輩としてどう考えればいいかをお伝えします。
仕事働く女性小林照子朝日新聞出版の本読書
dot. 9/21
たとえ自分の悪口を言っていたひとでも、困っていたら助けるべき理由
小林照子 小林照子
たとえ自分の悪口を言っていたひとでも、困っていたら助けるべき理由
小林照子さん(撮影/写真部・片山菜緒子) ※写真はイメージです(Gettyimages)  人生はみずからの手で切りひらける。そして、つらいことは手放せる。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、85歳の現在も現役経営者として活躍し続ける伝説のヘア&メイクアップアーティスト・小林照子さんの著書『人生は、「手」で変わる』からの本連載。今回は、孤立してしまったひとに率先して声をかけることの大切さについてお伝えします。
仕事働く女性小林照子朝日新聞出版の本読書
dot. 7/20
この建物、女性しかいない…コロナ禍で気づく日本の性差別はホラー状態
北原みのり 北原みのり
この建物、女性しかいない…コロナ禍で気づく日本の性差別はホラー状態
作家・北原みのり氏の連載「おんなの話はありがたい」。今回は、新型コロナウイルス感染拡大で気づいた「性差別」について。北原氏は、多くの職場の隅々に性差別が行き渡っていると訴える。
働き方働く女性安倍政権新型コロナウイルス
dot. 5/26
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
宇賀なつみが明かす息苦しかった中学時代「自分改革」のモデルは「冴島翠」<現代の肖像>
宇賀なつみが明かす息苦しかった中学時代「自分改革」のモデルは「冴島翠」<現代の肖像>
昨年3月にテレビ朝日を退社し、フリーアナウンサーになった宇賀なつみさん。テレ朝の看板アナの退社は話題になった。入社初日に看板番組の「報道ステーション」の気象キャスターとしてテレビに登場したのを皮切りに、早朝から深夜まで引っ張りだこだった。入社して10年、楽しいけれど、このままでいいのかな、と考えるようになった。旅先のベトナムでマイペースに生きる人を見て、心を決めた。もっと自由に生きていこうと。
働き方働く女性現代の肖像転職
AERA 4/13
昭和30年代初頭 化粧品を売るために編み出した、今では当たり前の手法とは?
小林照子 小林照子
昭和30年代初頭 化粧品を売るために編み出した、今では当たり前の手法とは?
小林照子(こばやし・てるこ)/美容研究家。ヘア&メイクアップアーティスト。1935年、東京都生まれ。東京高等美容学院を卒業後、小林コーセー(現・コーセー)に美容部員として入社。数々の大ヒット商品を手掛け、85年、同社初の女性取締役に就任。その後独立・起業し、美容ビジネスの企業経営や後進を育てる学校運営をおこなっている。『人生は、「手」で変わる。』(朝日新聞出版)、『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)、『小林照子流 ハッピーシニアメイク』(河出書房新社)ほか著書多数(撮影/写真部・片山菜緒子) ※写真はイメージです(Gettyimages)  人生はみずからの手で切りひらける。そして、つらいことは手放せる。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、85歳の現在も現役経営者として活躍し続ける伝説のヘア&メイクアップアーティスト・小林照子さんの著書『人生は、「手」で変わる』からの本連載。今回は、「会社の仕事がつまらない」と不満を抱える人へ贈ります。
働く女性朝日新聞出版の本読書
dot. 3/2
「腕時計」をなくしたおかげで伝説の美容研究家に… 山形で小学校の給仕をしていた女性に突然訪れた転機とは?
小林照子 小林照子
「腕時計」をなくしたおかげで伝説の美容研究家に… 山形で小学校の給仕をしていた女性に突然訪れた転機とは?
小林照子(こばやし・てるこ)/美容研究家。ヘア&メイクアップアーティスト。1935年、東京都生まれ。東京高等美容学院を卒業後、小林コーセー(現・コーセー)に美容部員として入社。数々の大ヒット商品を手掛け、85年、同社初の女性取締役に就任。その後独立・起業し、美容ビジネスの企業経営や後進を育てる学校運営をおこなっている。『人生は、「手」で変わる。』(朝日新聞出版)、『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)、『小林照子流 ハッピーシニアメイク』(河出書房新社)ほか著書多数(撮影/写真部・片山菜緒子) ※写真はイメージです(Gettyimages)  人生はみずからの手で切りひらける。そして、つらいことは手放せる。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、85歳の現在も現役経営者として活躍し続ける伝説のヘア&メイクアップアーティスト・小林照子さんの著書『人生は、「手」で変わる。』からの本連載。第4回は、年齢や自分の能力を気にして、夢を追うことをためらっている人へのメッセージ。
働く女性朝日新聞出版の本読書
dot. 2/17
【電通過労死から4年】高橋まつりさん母が今も後悔する「娘との最後の電話」
【電通過労死から4年】高橋まつりさん母が今も後悔する「娘との最後の電話」
「娘を失った悲しみはどんなに時が過ぎても癒えることはありません」
仕事働き方働く女性
dot. 12/26
子どもを置いて海外出張する40代の妻に「非常識」と憤る夫 脅しと話し合いの根本的な違いとは?
西澤寿樹 西澤寿樹
子どもを置いて海外出張する40代の妻に「非常識」と憤る夫 脅しと話し合いの根本的な違いとは?
夫婦で話し合いをしているつもりが、相手を説得しようと「脅しの言葉」を使ってしまっていないだろうか。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「話し合い」について解説する。
働き方働く女性夫婦男と女結婚
dot. 12/15
中2からパパ活で200人と会った25歳OL「まともな恋愛できない」 就職してもやめられない深刻な理由
中2からパパ活で200人と会った25歳OL「まともな恋愛できない」 就職してもやめられない深刻な理由
清潔感のあるシャツにパンツスタイル、肩まで伸びた茶色の髪。明るく好感が持てる雰囲気の営業女子(25)は、聞けば11年前から200人以上の男性にお小遣いをもらってきたパパ活女子だった。
働く女性女子貧困
dot. 10/30
1 2 3 4 5
カテゴリから探す
ニュース
〈国民と触れ合う皇室〉佳子さま、キリリとした表情で公務に励む 精力的な姿に辛酸なめ子さんが感じた「決意」とは
〈国民と触れ合う皇室〉佳子さま、キリリとした表情で公務に励む 精力的な姿に辛酸なめ子さんが感じた「決意」とは
佳子さま
dot. 2時間前
教育
万引きを繰り返す「クレプトマニア」の元受刑者の女性50歳が続ける「償い」 「たたかれるのは承知」
万引きを繰り返す「クレプトマニア」の元受刑者の女性50歳が続ける「償い」 「たたかれるのは承知」
クレプトマニア
dot. 4時間前
エンタメ
【ゲッターズ飯田】7月の開運のつぶやき「遠くにあるからよく見えることもある」銀のインディアン座
【ゲッターズ飯田】7月の開運のつぶやき「遠くにあるからよく見えることもある」銀のインディアン座
ゲッターズ飯田
dot. 2時間前
スポーツ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
メジャーリーグ
dot. 20時間前
ヘルス
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
いい病院
dot. 7/14
ビジネス
AIは本当にホワイトカラーの仕事を奪い始めたのか ? 過熱する「懸念」への現時点の回答 崔真淑
AIは本当にホワイトカラーの仕事を奪い始めたのか ? 過熱する「懸念」への現時点の回答 崔真淑
生成AI
dot. 2時間前