「尖閣」に関する記事一覧

中国は尖閣諸島をどうしたいのか? 地政学の視点で見れば「一目瞭然」の理由とは

中国は尖閣諸島をどうしたいのか? 地政学の視点で見れば「一目瞭然」の理由とは

 2010年代以降、尖閣諸島に近い日本領海への中国公船の侵入が激増した。2022年11月も、のべ4隻が領海に侵入している。中国はなぜ、この小さな島々に野心をみせるのか。その理由を、『ざっくりわかる 8

dot.

11/22

  • トランプ大統領誕生で米試す中国 狙いは尖閣奪取か?

     中国、トランプ、北朝鮮、日本を取り巻く環境がきな臭くなっている。専守防衛に徹し、海外に展開できる装備は持たない自衛隊。安保法とトランプ大統領の誕生で、どう変わろうとしているのか。AERA 12月12

    AERA

    12/7

  • 緊張続く尖閣周辺 尖閣専従班600人体制、海上保安庁の消耗戦

     尖閣諸島で繰り返される中国の領海侵入。現場で体を張るのは、海上保安庁の専従班。すさまじい勢いで海洋警察の組織強化を進める中国に対し、緊張が高まる。「貴船は我が国の領海に侵入している。日本領海内の無害

    AERA

    11/22

  • 尖閣諸島周辺に中国公船が集結 領土問題の再燃抑えるには

     尖閣諸島周辺での中国船の動きが活発化し、日本政府は警戒を強めている。今月23、24日の日中韓外相会談や、9月初旬の主要20カ国・地域(G20)首脳会議への影響も懸念されている。領土問題の再燃を抑える

    AERA

    8/23

  • 粛清終え、独裁の習近平主席 標的は尖閣と安倍政権

     2014年12月、中国が国家レベルとして初めて開いた南京事件の追悼式典で、習近平国家主席(61)は「30万人が虐殺された」とあらためて強調した。 南京事件の犠牲者数を巡っては日中双方で意見が対立して

    週刊朝日

    12/27

  • 中国は日本を完全に舐めている? 理解できない歩み寄りをする安倍外交

     9月29日開会の臨時国会冒頭、安倍首相は中国との「対話路線」に切り替えると宣言し、徐々に改善される日中関係。だが首脳会談実現には大きなハードルが待ち構える。中国側は最近、条件として安倍首相の「靖国へ

    週刊朝日

    10/22

  • 習近平が日本に仕掛ける局地戦を防げるのか

     中国の“暴挙”が止まらない。自衛隊機に「あわや」の距離まで異常接近したかと思えば、南シナ海ではベトナム相手に船をぶつけるなどやりたい放題だ。そんな習近平国家主席率いる中国を国際会議で強くけん制した安

    週刊朝日

    6/11

この人と一緒に考える

  • 田原総一朗 朝日新聞批判に見る「歯止めのきかない波」の怖さ
    田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗 朝日新聞批判に見る「歯止めのきかない波」の怖さ

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、朝日新聞に対するメディアの批判を認めつつも大きな流れを抑制する担い手は必要であるとその理由をこう語る。*  *  * 最近になって、保守系の新聞や雑誌で「朝日新聞批判

    週刊朝日

    6/5

  • 中国は「偽装漁民」を上陸させ尖閣諸島を“強奪”する?

     中国が11月23日に突然、東シナ海上空の空域を防空識別圏に設定したと発表した。尖閣諸島の上空を含み、日本の防空識別圏と重なるものだ。日本も米国も抗議をしたが、中国側はどこ吹く風。ただ着実に、尖閣諸島

    週刊朝日

    12/4

  • 蒋介石が隠したかった 尖閣の新事実

    蒋介石が隠したかった 尖閣の新事実

     尖閣諸島をめぐる日中関係の緊張は収まる気配がない。中国は従来、尖閣諸島は「古来、中国の固有の領土」であり、「日清戦争のときに盗み取られた」と主張。中国外務省は、「第2次世界大戦後、『カイロ宣言』と『

    AERA

    2/26

  • 中国レーダー照射事件 裏切った日本への怒り?

    中国レーダー照射事件 裏切った日本への怒り?

     1月30日、中国海軍のフリゲート艦が、海上自衛隊の護衛艦「ゆうだち」に対して、射撃管制用レーダーを照射した。2月10日、このレーダー照射事件をテーマにシンポジウムが行われた。そこでノンフィクション作

    週刊朝日

    2/18

  • 田原総一朗氏「尖閣問題『中国の思うツボ』は避けるべし」
    田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗氏「尖閣問題『中国の思うツボ』は避けるべし」

     2月5日、小野寺五典防衛相は、1月30日に東シナ海で警戒監視中だった海上自衛隊の護衛艦「ゆうだち」に対し、中国軍艦が射撃用の火器管制レーダーを照射したと発表した。こうした動きにジャーナリストの田原総

    週刊朝日

    2/15

  • 丹羽前駐中国大使 「尖閣問題は解決しなくていい」

    丹羽前駐中国大使 「尖閣問題は解決しなくていい」

     今も尖閣周辺で領海、領空侵犯を続けている中国。丹羽宇一郎前駐中国大使(74)はジャーナリストの田原総一朗氏との対談で、尖閣問題は解決しない、と断言した。*  *  *田原:中国は尖閣問題をどうしたい

    週刊朝日

    2/5

この話題を考える

  • 領土問題にも動じない? 日本のコスプレの強さ

     海外で高い評価を得ている文化のひとつ、コスプレ。単なる趣味ではなく、最近ではビジネスという視点からも注目を集めている。 12年10月、東京・六本木ヒルズなどで開かれた「クール・ジャパン マッチンググ

    AERA

    12/28

  • 「尖閣不況」はすでに起こっている 各党の対中政策は?

     尖閣問題以降、緊張した状況が続く日中関係に関して、自民を中心とした各党は対決姿勢をみせている。しかしその影響はすでに経済面で表れているようだ。元外務省国際情報局長の孫崎亨氏はこう話す。*  *  *

    週刊朝日

    12/14

  • 「日本に足りないのは成長ではない」エコノミスト浜矩子氏が指摘

    「日本に足りないのは成長ではない」エコノミスト浜矩子氏が指摘

     政党が乱立し、争点も消費増税にTPP交渉参加、尖閣問題に原発政策と多種多様な衆院選。民主党や自民党などでは「経済成長率」に関する政策を掲げているが、経済成長率を競うのは非現実的だとエコノミストの浜矩

    週刊朝日

    12/11

  • 香港の活動家 領土問題解決のため「尖閣は一度中国に」

    香港の活動家 領土問題解決のため「尖閣は一度中国に」

     日本の尖閣国有化を加速させた、香港活動家らによる島の上陸。中国政府と敵対している彼らの上陸の本当の狙いは何か。今回、香港で最も有名な民主活動家の一人、梁国雄(リョン・クオック)氏が来日、独占インタビ

    AERA

    11/20

  • 香港の活動家 尖閣上陸は「米国のアジア支配に対抗するため」

    香港の活動家 尖閣上陸は「米国のアジア支配に対抗するため」

     8月15日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張する「保釣(ほちょう)行動委員会」のメンバーが島に上陸、逮捕された。この事件が発端となり、日本の尖閣国有化に弾みがつき、日中国交正常化40周年を迎

    AERA

    11/19

  • 領土問題での団結をきっかけに自共連立政権もあり?

    領土問題での団結をきっかけに自共連立政権もあり?

     民主党が尖閣諸島、竹島、北方四島の領土問題を解決出来ないまま政権運営を続けている。そんな中、「領土問題を正面から認め冷静な外交交渉によって主張し、解決を図れ」と提起する、共産党の志位和夫委員長に領土

    週刊朝日

    10/18

1 2 3 4

カテゴリから探す