「地震」に関する記事一覧

能登半島地震、避難生活の「トイレ問題」が健康に直結 災害関連死を防ぐための3要素
能登半島地震、避難生活の「トイレ問題」が健康に直結 災害関連死を防ぐための3要素

巨大地震が襲った能登半島。避難生活が長引くことで懸念されるのが災害関連死だ。どうすれば防ぐことができるのか。AERA 2024年1月22日号より。

AERA
新聞紙とラップを使って腹巻き、車に防寒着…専門家が語る「真冬の地震」と「低体温症予防」への備え
野村昌二 野村昌二
新聞紙とラップを使って腹巻き、車に防寒着…専門家が語る「真冬の地震」と「低体温症予防」への備え
地震は、時を選ばず起きる。真冬の地震に備えるにはどうすればいいか。防災コンサルタント事業を行う「防災クリエイティブマネージメント」(大阪府大阪狭山市)の防災アドバイザー、岡本裕紀子さんは「低体温症予防が何より重要」と強調する。
能登半島地震地震低体温症
AERA 1/6
「地滑りが発生しやすい」「海岸線ギリギリの家屋」 地震被害が大きくなりやすい能登半島ならではの特徴とは
野村昌二 野村昌二
「地滑りが発生しやすい」「海岸線ギリギリの家屋」 地震被害が大きくなりやすい能登半島ならではの特徴とは
元日の能登半島を、震度7の揺れが襲った。直後から懸命な救出活動が続いている。半島の下でいったい何が起きているのか――。
能登半島地震地震
AERA 1/5
輪島市・2階建てアパートが崩れ、生き埋めになった夫婦「スマホ一つと命だけが助かりました」
福井しほ 福井しほ
輪島市・2階建てアパートが崩れ、生き埋めになった夫婦「スマホ一つと命だけが助かりました」
能登半島沖を震源とする最大震度7の地震で甚大な被害が出ている石川県輪島市。同市の会社員男性(49)と妻は倒壊したアパートで生き埋めになり、地震発生から約2時間後に駆けつけた消防署員らに救助された。救助を待つ間X(旧Twitter)で救助要請のSOSを発信していた男性に話を聞いた。
能登半島地震地震災害
AERA 1/5
津波警報が出ても避難しない親「前も大丈夫だったから」の間違った心理 後悔させない「声かけ」<能登半島地震>
福井しほ 福井しほ
津波警報が出ても避難しない親「前も大丈夫だったから」の間違った心理 後悔させない「声かけ」<能登半島地震>
1月1日午後4時10分ごろ発生した、石川県能登地方を震源とする地震は最大震度7を観測。国土交通省は3日、津波に襲われた同県珠洲市と能登町で約100ヘクタールの浸水を確認したことを明らかにした。
能登半島地震地震災害
AERA 1/4
大地震で「在宅避難」サバイバル 手薄なのはトイレの備え、災害前の準備と発災後の手順
添田孝史 添田孝史
大地震で「在宅避難」サバイバル 手薄なのはトイレの備え、災害前の準備と発災後の手順
関東大震災から100年。今一度、防災への備えを見直したい。在宅避難を想定した場合、整えておきたい準備のなかでも、特にトイレの備えが重要だ。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/28
地震予知に光ファイバーが活躍 「リニア中央新幹線のトンネルに沿って張ったら面白い」地震予知連絡会・山岡耕春会長
添田孝史 添田孝史
地震予知に光ファイバーが活躍 「リニア中央新幹線のトンネルに沿って張ったら面白い」地震予知連絡会・山岡耕春会長
いつ起こるかわからない大地震。その発生を予知するために日夜研究に励む研究者たちがいる。地震予知連絡会・山岡耕春会長もその一人だ。地震研究の実情とこれからについて、山岡会長に聞いた。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/28
災害に強いエコハウス 電気代が安く、太陽光発電と蓄電池で近所の家に電力も供給
添田孝史 添田孝史
災害に強いエコハウス 電気代が安く、太陽光発電と蓄電池で近所の家に電力も供給
マンションよりも戸建ては、災害時の備えるための設備を導入しやすい。エコハウスにすれば、災害時はもちろん普段の生活でもメリットがある。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/27
大地震への備え、まずは自宅の家具固定を 親子で一緒に考える「防災教育」の必要性も
野村昌二 野村昌二
大地震への備え、まずは自宅の家具固定を 親子で一緒に考える「防災教育」の必要性も
今年は関東大震災から100年の節目の年。首都圏を襲う可能性がある「首都直下地震」に備えるためにも、改めて防災について考えてみてはいかがだろうか。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/27
真夏の停電時も耐えられる六本木・麻布台ヒルズ 空調も含めて普段通りの生活を維持
添田孝史 添田孝史
真夏の停電時も耐えられる六本木・麻布台ヒルズ 空調も含めて普段通りの生活を維持
大地震はいつ起こるかわからない。もし夏場ならどうだろう。大規模停電でエアコンが使えないことも想定されるが、真夏でも耐えられるビルがある。業界で「最強の防災レベル」と言われる森ビルの建物を紹介する。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/26
東京メトロの地震対策 大規模停電時でも列車を走らせる非常用バッテリー導入進める
野村昌二 野村昌二
東京メトロの地震対策 大規模停電時でも列車を走らせる非常用バッテリー導入進める
首都圏に未曽有の被害をもたらした関東大震災から100年。当時より通信や交通機関が発達した東京でいま、大地震が襲うとどうなるのか、各社に対策はあるのか。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/26
タワマンは「電源」とエレベーターが生命線 高層階で生き延びるマンション最前線
添田孝史 添田孝史
タワマンは「電源」とエレベーターが生命線 高層階で生き延びるマンション最前線
関東大震災のころと比べて都市の姿は様変わりし、タワーマンションに代表される集合住宅の形でタテに伸びて密集度を増した。南海トラフ地震が襲う名古屋や大阪の都市部も同様だ。高層階で生き延びるために必要な設備とは。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/25
「宗教施設を避難場所に」提言も 首都直下地震、帰宅困難者の受け入れ先なし約22万人をどうするのか
野村昌二 野村昌二
「宗教施設を避難場所に」提言も 首都直下地震、帰宅困難者の受け入れ先なし約22万人をどうするのか
関東大地震から丸1世紀。今また首都圏を襲うとされるのが「首都直下地震」だ。100年前と比べ、交通機関が発達した東京に大地震が発生すれば、多くの人が行き場をなくす。受け入れ先をどう確保するのか。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/25
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
首都直下地震 江東区、江戸川区、荒川区などで震度7想定 都市の揺れやすい場所
野村昌二 野村昌二
首都直下地震 江東区、江戸川区、荒川区などで震度7想定 都市の揺れやすい場所
1923(大正12)年9月1日に発生し、首都圏に甚大な被害をもたらした関東大震災。今年で100年を迎えるいま、首都圏を襲うとされるのが「首都直下地震」だ。大地震の発生可能性や揺れやすい場所などについて専門家に聞いた。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/24
首都直下地震、被害が大きいのは「山手線外側の木密地域」 専門家「一番のリスク」
野村昌二 野村昌二
首都直下地震、被害が大きいのは「山手線外側の木密地域」 専門家「一番のリスク」
1923(大正12)年9月1日、首都圏を襲った関東大震災から、今年で100年になる。東京に大地震がいま襲うと、被害が大きいところはどこか。東京都が3月に公開した「東京被害想定マップ」をもとにしつつ、専門家にも聞いた。AERA 2023年8月28日号より。
地震
AERA 8/23
東日本大震災から12年、警戒緩められぬ東北 今後も強い揺れや高い津波に注意が必要
添田孝史 添田孝史
東日本大震災から12年、警戒緩められぬ東北 今後も強い揺れや高い津波に注意が必要
あの「緊急地震速報」の嫌な音、最近やたら聞く機会が増えた。実は5月だけでも、震度5弱以上の地震が6回も観測された。東日本大震災から12年、「次」の大地震がいよいよ来るのか。AERA 2023年6月26日号の記事を紹介する。
地震
AERA 6/20
大阪・和歌山の原因不明の地震の正体 能登地震で注目の「流体」か?活断層への影響を専門家が指摘
吉崎洋夫 吉崎洋夫
大阪・和歌山の原因不明の地震の正体 能登地震で注目の「流体」か?活断層への影響を専門家が指摘
5月5日、石川県珠洲市をM6.5、最大震度6強の地震が襲った。気象庁や専門家からは「流体が関与している可能性がある」という声が上がっている。専門家を取材すると、熊本地震や阪神・淡路大震災でも流体の影響があったという。流体とは一体何なのか。流体が確認されている地域はほかにもあるのか。さらに、首都直下地震や南海トラフ地震など、大きな被害が想定されている地震への影響はあるのだろうか――。
南海トラフ地震地震大地震首都直下地震
dot. 5/11
「トルコ人優先の救出」に抗議すると集団暴行で鼻を折られ…地震被災地で高まるトルコ人とシリア人の対立
米倉昭仁 米倉昭仁
「トルコ人優先の救出」に抗議すると集団暴行で鼻を折られ…地震被災地で高まるトルコ人とシリア人の対立
トルコ・シリア大地震の死者数が4万人を超えた。地震発生から10日以上が過ぎた今も行方不明者の捜索が続いている。トルコには隣国シリアからの難民が多く暮らしているが、被災地の一部ではトルコ人とシリア人との対立が深まっている。ドキュメンタリーフォトグラファーの小松由佳さんは10年ほど前からトルコ南部で取材してきた。さらに、この地域にはシリア出身の小松さんの夫の親族が大勢暮らしている。震災直後から現地と連絡をとり続けてきた小松さんに聞いた。
シリアトルコトルコ地震地震
dot. 2/19
トルコ地震「がれきの中から『助けてくれ』の声も何もできず…」迫る72時間 日本で起きる地震との違いは?
米倉昭仁 米倉昭仁
トルコ地震「がれきの中から『助けてくれ』の声も何もできず…」迫る72時間 日本で起きる地震との違いは?
トルコ南部からシリア北部にかけて6日に発生した大地震で多くの建物が倒壊し、これまでに8000人以上が死亡した。救助活動が進むにつれて死者数はさらに増える恐れがある。フォトジャーナリストの小松由佳さんは10年ほど前からトルコ南部を取材してきた。さらに、この地域にはシリア出身の小松さんの夫の親族が大勢暮らしている。震災直後から現地と連絡をとり続けてきた小松さんに聞いた。
トルコ地震地震
dot. 2/8
1 2 3 4 5
カテゴリから探す
ニュース
ぐんま国際アカデミーでの小中高12年間で身につけられる1+10  のチカラ 卒業生の声も紹介
ぐんま国際アカデミーでの小中高12年間で身につけられる1+10 のチカラ 卒業生の声も紹介
1時間前
教育
〈受験シーズン〉東大理IIIに子ども4人合格の佐藤ママ「塾という魔法の箱に入れるだけではダメ」のワケ
〈受験シーズン〉東大理IIIに子ども4人合格の佐藤ママ「塾という魔法の箱に入れるだけではダメ」のワケ
佐藤ママ
AERA 1時間前
エンタメ
〈上田と女が吠える夜きょう出演〉「24時間マラソン」完走した中高年の星「ヒロミ」 復帰10年目で得た大称賛
〈上田と女が吠える夜きょう出演〉「24時間マラソン」完走した中高年の星「ヒロミ」 復帰10年目で得た大称賛
ヒロミ
dot. 15時間前
スポーツ
国内でも若手が台頭 瀬戸大也、パリへの切符も“盤石”ではない 「五輪の借り」は返せるのか
国内でも若手が台頭 瀬戸大也、パリへの切符も“盤石”ではない 「五輪の借り」は返せるのか
瀬戸大也
dot. 18時間前
ヘルス
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」
いい病院
dot. 19時間前
ビジネス
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均株価
dot. 2/25