「大谷翔平」に関する記事一覧

大谷翔平のエンゼルス残留報道 現地メディアが「このオフには可能性がある」と報じた3つの理由

大谷翔平のエンゼルス残留報道 現地メディアが「このオフには可能性がある」と報じた3つの理由

 MLBトレード期限が2日(日本時間3日午前7時)に迫っているが、現地では「大谷翔平の今夏のトレード放出はない」という見方が強くなっている。エンゼルスの地元紙『オレンジカウンティ・レジスター』は、8月

dot.

8/2

  • イチローは「大谷翔平より恐れられた打者」だった? 敬遠数が物語る“大打者の証”

     野球のバッターとしては、ある意味「最大の敬意」の表れでもある敬遠。日本では世界のホームラン王である王貞治がシーズン記録の1位から3位までを独占し、通算記録も427個で、2位の張本勲(228個)、3位

    dot.

    7/31

  • 大谷翔平8月にトレードあるか 実力と人気を兼ねた大谷獲得の可能性がある3球団とは

    「二刀流」の大谷翔平の「トレード報道」が過熱している。大リーグ公式サイトは7月23日、「エンゼルスが大谷をトレードする予定はない」と伝えたが、どうなるか。AERA2022年8月1日号の記事を紹介する。

    AERA

    7/26

  • 期限迫る大谷翔平のトレード先に“世界一球団”が浮上 現地メディアの大胆予想とは

     ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は7月19日(現地時間:以下同)、ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで開催された「MLBオールスターゲーム2022」に「1番・DH」でスタメン出場し、2打席で1安打

    dot.

    7/23

  • 「大谷以外」もエンゼルスにはトレード候補 今夏メジャーで移籍の可能性ある“大物”は

     メジャーリーグでは今年も、シーズン途中に勢力図が大きく変わる可能性のあるトレード期限(今年は8月2日まで)が迫って来た。スーパースターが絡む超大型トレードが発生することも少なくないが今季はどうなるの

    dot.

    7/22

  • 高校野球報道での「二刀流」の使われ方に疑問 投打で注目される球児を「二刀流」と呼んでいいのか?

     米大リーグ・大谷翔平の活躍によって、最近は高校球児を取りあげた記事でも「二刀流」の文字をよく目にするようになった。ただ、昔から高校野球ではエースで主力打者というのは良くある話で、打撃を生かすため登板

    dot.

    7/20

  • 大谷翔平を見に行ったら軽い飲食で1万円以上 50歳で「子連れ」米留学 日本経済の行く末が心配に

     ドキュメンタリー映画監督の海南(かな)友子さんが10歳の息子と年上の夫を連れ、今年1月からニューヨークで留学生活を送っている。日本との違いに戸惑いながら、50歳になっても挑戦し続ける日々を海南さんが

    AERA

    7/11

この人と一緒に考える

  • 大谷翔平はエンゼルスを退団してしまうのか 当初の “青写真”が崩れた球団の決断は

     エンゼルス大谷翔平のトレードを含めた移籍ついての議論が過熱している。順調なら2023年オフにFAとなるが、エンゼルスの低迷やビジネス的な要素も絡み、FA前にトレードで放出される可能性についても言及さ

    dot.

    7/9

  • 大谷翔平は「早く出すべき」現地メディアに広がる”放出論”

     ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、6月21日と22日(現地時間:以下同)の2日で、MLBにまた新たな歴史を刻んだ。大谷は、1試合8打点(自己最多&MLB日本人最多)を記録した翌日に13奪三振(自

    dot.

    6/29

  • 勝てないエンゼルス、今年も「売り手」濃厚か トレード期限までにカギとなる“有望株”の動き

     大谷翔平が所属するエンゼルス。今季は開幕から好調をキープしていたが、5月25日から泥沼の14連敗を喫するなど、2014年以来となるプレーオフ進出に向け雲行きが怪しくなってきた。(文中の順位などは全て

    dot.

    6/26

  • 大谷翔平、肉体改造で“ガラスの肉体を”克服 二刀流で試合に出続ける強さを発揮

     2年連続で2桁本塁打を放つなど好調の大リーグ・エンゼルス、大谷翔平。投手としても高い奪三振率をマーク。以前のような故障もなくなり試合に出続けパフォーマンスを発揮している裏には肉体改造がある。AERA

    AERA

    6/8

  • 大谷翔平、抜群の投球スタイルとコースに逆らわない打撃 肉体改造で「鉄人」に進化

     大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が2年連続で2桁本塁打を放つなど好調だ。投手としても高い奪三振率をマーク。肉体改造で進化した「鉄人」ぶりを発揮している。AERA2022年6月13日号の記事を紹介する。

    AERA

    6/7

  • 大谷翔平は今季もMVP濃厚か 現地メディアは「昨年よりも印象的」と評価

     今季も活躍が期待される大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)だが、5月26日(現地時間:以下同)の出来事が今後の心配の種にはなったのは間違いないだろう。 大谷は、本拠地でのトロント・ブルージェイズ戦に

    dot.

    6/2

この話題を考える

  • 通算400本塁打以上で最も“犠打”が多いスラッガーとは? 強打者と犠打の歴史をひもといてみた

     5月13日、巨人の中田翔がプロ15年目、通算1521試合、6245打席目に初めての送りバントをした。中田は2021年まで通算264本塁打、打点王3度のスラッガーだ。スラッガーの犠打は、勝利のために当

    dot.

    5/28

  • 東尾修

    東尾修

    大谷翔平には強制的に休養日を作るべし? 東尾修の考え

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、大谷翔平選手が今季、より負担が増えることを指摘する。*  *  * エンゼルスの大谷翔平が5月1日(日本時間2日)のホワイトソックス戦の七回の走塁

    週刊朝日

    5/21

  • 大谷翔平がアメリカの「野球少年の母」にとことん好かれる理由

     2022年のメジャーリーグ開幕戦で、史上初の「1番・投手」で先発出場を果たしたエンゼルスの大谷翔平(27)。今季も、私たちの想像を超える記録を生み出してくれることだろう。実は、現地・アメリカでは日本

    dot.

    4/30

  • 大谷翔平がアメリカの小さな少年野球チームに与えた「希望」

     2022年のメジャーリーグ開幕戦で、史上初の「1番・投手」で先発出場を果たしたエンゼルスの大谷翔平(27)。今季も、私たちの想像を超える記録を生み出してくれることだろう。実は、現地・アメリカでは日本

    dot.

    4/29

  • 大谷翔平「本塁打王と15勝」狙えるルール導入も 投手陣の手薄で負担大の不安要素

     昨季は投手として9勝、打者として46本塁打の大活躍を見せたエンゼルスの大谷翔平選手。今季は「大谷ルール」の導入でさらなる飛躍が期待される。AERA 2022年4月25日号の記事から紹介する。*  *

    AERA

    4/19

  • 大谷翔平の初ホームランボールをめぐる 「おじさん建築員」と「9歳少年」の知られざる物語

    2022年のメジャーリーグ開幕戦で、史上初の「1番・投手」で先発出場を果たしたエンゼルスの大谷翔平(27)。開幕直後こそ、快音が聞かれなかったが、16日のレンジャース戦では一試合で2発の本塁打を放つな

    dot.

    4/19

1 2

カテゴリから探す