「地震」に関する記事一覧

  • 「3.11逃れて移住したのに、また被災…」“シニアの楽園”高級別荘地が壊滅

     4月16日未明、マグニチュード7.3の地震で大規模な土砂崩れに見舞われた熊本県南阿蘇村の高野台地区。見渡す限りの空間が茶色い土砂に覆われていた。数台のショベルカーが、家があったはずの場所を掘り続けて

    週刊朝日

    4/27

  • エコノミー症候群、心筋症…震災関連死を防ぐには

     被災者の健康で深刻化しているのが、“エコノミークラス症候群”。断続的に続く強い揺れへの不安から、避難所ではなく、狭い車内で夜を過ごす避難者が増えているためだ。 長時間、同じ姿勢を続けると、足の静脈に

    週刊朝日

    4/27

  • 国際基準では「動かしてはいけない」はずが…稼働続ける川内原発

     地震が頻発する中、震源域から80キロほどにある川内原発が、運転を続けている。活断層による直下型地震に、日本の原発は耐えられるのか。 熊本や大分で4月14日以降続いている地震は、震源域が南西側、北東側

    AERA

    4/26

  • 震度7の地震から身を守る「8つの知恵」 地震大国で暮らす上で知っておきたいこと

    大地震に見舞われた際、何が生死を分けるのか。九州・熊本大地震で2回記録した「震度7」の教訓は、これからも地震大国・日本で暮らす必須要件といえる。個人の防災スキルだけでなく、社会の総合力も含め、八つの知

    AERA

    4/25

  • 被災地にラップ10万本のなぜ 目からうろこの使用法とは?

     発生から1週間が過ぎ、現在も多くの人が避難生活を余儀なくされている熊本地震。各地で支援の輪が広がる中、総合化学メーカー、旭化成が同社の製品である食品包装用ラップフィルム「サランラップ」10万本と義援

    dot.

    4/22

  • 熊本、阿蘇大地震 川内、伊方、玄海 やっぱり原発は危ない

    「立ち上がったら携帯に緊急地震速報が入り、その瞬間、グラッと横揺れが来た。時間にして10秒ぐらい。それから20分ほどで余震も来ました。とにかく、ここに来てからいちばん大きな揺れでした」 国内で唯一稼働

    週刊朝日

    4/21

この人と一緒に考える

  • 巨大地震到来! 家族を守る防災術

     熊本地震は前震が14日午後9時26分、本震が16日午前1時25分と、いずれも夜間に発生した。日中に比べ、より深刻な被害が出やすいとされる就寝時間帯の地震に必要な対策とは何だろう。防災に詳しい愛知工業

    週刊朝日

    4/21

  • 余震続く熊本、阿蘇大地震 本誌が現場で見た、聞いた「これはいかんばい」阿鼻叫喚の被災地ルポ

     収まるどころか、不気味に活発化している熊本・阿蘇大地震。阪神大震災級のマグニチュードを記録した揺れは、いつになったら収まるのか。列島の震災連鎖は一体、どこまで広がるのか。死傷者1千人以上を出した阿鼻

    週刊朝日

    4/20

  • 地震直後、南阿蘇突入ルポ ガスの臭いが漂う中、倒壊家屋から女性の救出劇が始まった

     余震が続く熊本、阿蘇大地震。現場にいたジャーナリストの桐島瞬氏がその時の街の様子を明かす。*  *  * 熊本県八代市のホテルの部屋で取材の準備をしている時、机がグラリと揺れた。わずかな横揺れの直後

    週刊朝日

    4/20

  • まだまだ終わらない震災連鎖 地震研究の専門家が教える危険地帯

     火の国熊本、そして九州全土に繰り返し牙をむく熊本地震。列島直下が震源となる「活断層型」のため、震度が6~7と揺れが激しく、各地で甚大な被害を出している。東京大学地震研究所の古村孝志教授(地震学)は、

    週刊朝日

    4/20

  • 熊本地震 翌日の現場で記者が見たもの「地震対策ストッパーなんて役に立たない…」

     4月14日夜に九州一円を襲った最大震度7の「熊本地震」は、活断層の恐怖を改めて知らしめた。私たちの「備え」が問われている。 地震から一夜明けた4月15日。東京から福岡空港へ飛び、レンタカーを借りて現

    AERA

    4/18

  • 石積み職人集団「穴太衆」の末裔が語る「熊本城」修復にかかる課題とは!?

     難攻不落の名城と言われた熊本城が、熊本地震で大きな被害を受けた。石垣が崩れ、二つの櫓(やぐら)が倒壊、天守閣のしゃちほこが崩落……。目を覆う惨状に「修復できるのか?」と不安が募る。そこで、戦国時代よ

    dot.

    4/17

この話題を考える

  • 雨と風の警戒期間 熊本は夜間にピーク

    九州は、あす未明から明け方が雨のピークで、非常に激しく降る所も。また、今夜遅くから、あす明け方にかけては非常に強い風が吹く見込み。地方ごとに雨や風の警戒期間、注意点をまとめました。九州の雨

    tenki.jp

    4/16

  • 九州地方  雨雲接近

    九州地方に雨雲が近づき、熊本県内にも広がってきました。14日に発生した熊本地震後、初めての雨です。この後、今夜から明日の朝にかけて本降りの雨となり、局地的に雷を伴って非常に激しく降る恐れが

    tenki.jp

    4/16

  • 熊本地震の発生状況(~16日9時)

    14日に発生した「平成28年熊本地震」から2日が経過しました。現在も地震活動が活発になっています。揺れの大きかった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっています。今後の地震活動

    tenki.jp

    4/16

  • 阿蘇山でごく小規模な噴火

    4月16日8時30分頃、熊本県にある阿蘇山の中岳第一火口付近でごく小規模な噴火が発生しました。噴煙は火口から約100メートルの高さに上がりました。阿蘇山でごく小規模な噴火が発生気象庁による

    tenki.jp

    4/16

  • 熊本 今夜から日曜の朝 雷雨の恐れ

    今夜(16日)から西日本は雨。九州も明日(17日)の朝にかけて局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の滝のような雨。何かに掴まらないと立っていられない程の強い風。きょう(16日)の日中は広く

    tenki.jp

    4/16

  • "善意の暴走"は逆効果? 【拡散希望】『支援呼びかけデマ』に要注意!

     4月14日夜に発生し、甚大な被害をもたらした熊本地震。発生直後から現在まで、TwitterやFacebook 等のSNSで、タイムライン上に流れた多数の流言、いわゆる「デマ」を目にした方も多いのでは

    BOOKSTAND

    4/15

3 4 5 6 7

カテゴリから探す