• 特集
  • ウクライナ侵攻

ウクライナ侵攻

ロシアによるウクライナ侵攻は終わりが見えない。国際的な緊張が高まる中、いったい何が起きているのか――。情勢を分析する。

  • 西側諸国の「上から目線」がプーチン氏の不満を蓄積 反リベラリズムが強固に

    西側諸国の「上から目線」がプーチン氏の不満を蓄積 反リベラリズムが強固に

     ロシアのプーチン大統領は国際社会から非難を浴びながらウクライナへの侵攻をやめず、民間人への攻撃も続けている。プーチン氏の暴挙の背景には何があるのか。AERA 2022年4月25日号は、浜由樹子・静岡

    AERA

    4/21

  • ウクライナ侵攻で増大する「中国の脅威」とは ジョン・ボルトン元米大統領補佐官に聞く

    ウクライナ侵攻で増大する「中国の脅威」とは ジョン・ボルトン元米大統領補佐官に聞く

     ロシアによるウクライナ侵攻が続くなか、静観する中国の今後の動きが注目されている。この戦争が中国にどのような影響を与えるのだろうか。AERA 2022年4月25日号の「世界情勢」特集は、安全保障の専門

    AERA

    4/21

  • 大前研一「マスコミが報道しない“ゼレンスキー大統領の素顔”」

    大前研一「マスコミが報道しない“ゼレンスキー大統領の素顔”」

    先入観を捨ててウクライナ危機を見よ 2022年3月23日、ウクライナのゼレンスキー大統領が日本の国会で演説した。戦争中の国の大統領がオンラインで他国の国民や政治家に語りかけるのは、いかにも21世紀のテ

    プレジデントオンライン

    4/20

  • プーチン氏はいかにして開戦に至ったのか? ジョン・ボルトン元米大統領補佐官が解説

    プーチン氏はいかにして開戦に至ったのか? ジョン・ボルトン元米大統領補佐官が解説

     多くの残虐な行為が連日伝えられるロシアによるウクライナ侵攻。停戦交渉の行方が注目されるが、そもそもなぜ欧米諸国はプーチン大統領の暴挙を阻止できなかったのか。AERA 2022年4月25日号の「世界情

    AERA

    4/20

  • プーチン大統領の逮捕が困難な理由 戦争犯罪を認定する意義は?

    プーチン大統領の逮捕が困難な理由 戦争犯罪を認定する意義は?

     破壊された村に残されていたのは、道端に放置されたままの多くの市民の遺体。凄惨な映像に言葉を失った人も多いのではないか。この非道の責任者が裁きを受ける道はないのか。世界を、強い者が好き放題できる「無法

    週刊朝日

    4/20

  • 浜矩子「狂気じみたプーチンの不安 巨人に宿るちっぽけな魂」

    浜矩子「狂気じみたプーチンの不安 巨人に宿るちっぽけな魂」

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 「あなたの不安が私の平和を脅かす」。かのロナル

    AERA

    4/19

  • プーチン氏を罪に問えても「逮捕状止まり」の可能性 「それでも意義はある」と専門家

    プーチン氏を罪に問えても「逮捕状止まり」の可能性 「それでも意義はある」と専門家

     ウクライナに侵攻したロシア軍による民間人虐殺が相次いでいる。「戦争犯罪」に該当する行為だが、プーチン大統領はどのような罪となるのか。AERA 2022年4月25日号は、同志社大学の浅田正彦教授(国際

    AERA

    4/19

  • ロシアの民間人虐殺は「戦争犯罪」にあたるも「ジェノサイド」該当は難しい理由

    ロシアの民間人虐殺は「戦争犯罪」にあたるも「ジェノサイド」該当は難しい理由

     ブチャやボロジャンカなどで民間人虐殺が相次いでいる。ロシア軍による残虐な行為は、国際法でどんな犯罪に該当するのだろうか。AERA 2022年4月25日号は、同志社大学の浅田正彦教授(国際法)に聞いた

    AERA

    4/19

  • 4歳娘、ロシアのウクライナ侵攻に「なぜよその家にはいるの?」 困る父親に論語パパがアドバイス

    4歳娘、ロシアのウクライナ侵攻に「なぜよその家にはいるの?」 困る父親に論語パパがアドバイス

    朝から晩まで「なんで?」「どうして?」を繰り返す4歳の娘を持つ40代の父親。最近はロシアによるウクライナ侵攻について質問攻めにあい、答えられず困っています。「論語パパ」こと中国文献学者の山口謠司先生が

    dot.

    4/17

  • 「私の街ブチャは私が守る」 避難先の米国からウクライナに単身で戻った元警察官女性の覚悟

    「私の街ブチャは私が守る」 避難先の米国からウクライナに単身で戻った元警察官女性の覚悟

    「私の身体中の血液は、今、グツグツと煮えたぎっている。私の愛する街ブチャの子どもや女性、老人を惨殺したロシア軍と戦うために母国に戻り、ウクライナ軍に志願した」 そう電話で語るのは、キーウ郊外の街、ブチ

    AERA

    4/16

5 6 7 8 9

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す