「職場で浮く」同僚はアスペルガー症候群? 心配する友人に精神科医は… (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「職場で浮く」同僚はアスペルガー症候群? 心配する友人に精神科医は…

連載「医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大石賢吾dot.#ヘルス#仕事
千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師

千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師

※写真はイメージです(写真/getty images)

※写真はイメージです(写真/getty images)

 職場の友人がアスペルガー症候群の特徴に当てはまる部分が多い……。そんなとき、友人としてどういった対応をするのがいいのでしょうか? 千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師は、「必ずうまくいくような方法はない」としたうえで、自身の診療経験をもとに、この相談に答えます。

【20代男性Aさんからの相談】同期で入社した職場の友人Bが発達障害ではないかという気がしています。変わり者というか、空気が読めていないというか。勉強はそれなりにできていたみたいですし、決して悪いやつではないんですけど、自分勝手なところも多くて正直浮いてしまっています。気になってネットで調べてみたら、アスペルガー症候群の特徴に当てはまる部分が多いようでした。今までも治療していたという話も聞いていないので確証が持てずなかなか言い出せません。このままでは、上司や周りのみんなの評価も悪くなる一方で心配しています。本人を傷つけないように切り出す方法はありますか?

*  *  *
 学業に一区切りをつけ社会人としてスタートするとき、私たちに必要とされる社会性は一段とひろがります。生活における仕事の占める割合が増え、なかには休日でも仕事のことで頭がいっぱいという人もおられるのではないでしょうか。

 さまざまな人がいるなかで、関係性を損なうことなく問題を解決していく。継続していくのは大変難しい作業です。ご友人に病気の可能性を伝えるうえで必ずうまくいくような方法はないと思いますが、今回はアスペルガー症候群と称される状態がどのようなものかご紹介しながら、どのような切り口があるか考えていきたいと思います。

 まず、アスペルガー症候群に該当する人は相手の気持ちを感じとったり、自分の気持ちを言葉で伝えたりすることを苦手とします。加えて、自分が親しんだ行動パターンを好むため、自分の予想と違うことに対して柔軟に対応することが難しく融通が利かないような印象を与えてしまうことがあります。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい