糸井嘉男、衰え知らずの35歳はどこへ行く 巨人?阪神!?それとも… (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

糸井嘉男、衰え知らずの35歳はどこへ行く 巨人?阪神!?それとも…

dot.
大谷の日本最速となる164キロの速球を右前適時打とする糸井=白井伸洋撮影、2016年9月13日 (c)朝日新聞社

大谷の日本最速となる164キロの速球を右前適時打とする糸井=白井伸洋撮影、2016年9月13日 (c)朝日新聞社

 その他、豊富な資金力を持つソフトバンク、外野手が足りていない楽天、大島洋平や平田良介のFA流出が懸念されている中日も獲得に興味があるはずだ。可能性は低いかも知れないが、陽岱鋼のメジャー挑戦が囁かれている古巣・日本ハムも戦力的には欲しいところ。また、チームカラーではラミレス監督率いるDeNAがよく似合うようにも感じる。今季は球団初のCS進出を決めたチームに糸井が加われば、優勝へ向けて一気に盛り上がるはずだが…。

 いずれにしても判断するのは糸井自身。時に凡人には理解不能な発言とそのキャラクターで“宇宙人”とも言われる男の、今季の残り試合、そしてオフの動向から目が離せない。FA市場に出れば、激しい争奪戦が展開されることは間違いない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい